プログラミング

ECサイトの構築で比較すべきは金額ではなく提案力【売れる仕組み】

こんにちは副業の王様を運営するヒロキ(@hiroking10ten )です。

最近は株式投資ばかりやっていますが、普段はIT企業の経営者をしています。

数年前まではガンガンにプログラミングをしていましたが、コードを書くことよりも「売れる仕組み」を考えるマーケティングの方が得意です。

 

そこで先日に以下のツイートをしました。

「ECサイトのリニューアルをしたい」という案件が来て、他社見積もりはEC CUBEカスタマイズで50万!

私の提案は自社ECは無意味なのでcolor me shop使って構築。その代わり売れる商品ページ作りをコンサルするので70万!

競合より高い値段で受注完了ですが、大切なことは構築よりも仕組み作りです。

 

上記の通り、Webサイトの通販ページ(ECサイト)の構築案件の相談が来ました。

すでに他社に相見積もりを取ってるらしく、EC CUBEを使った独自サイト構築で50万でした。

そこで私の出した提案は

  • 独自ECサイトは無意味(厳密には御社の現状には合わない)
  • ランニングコストがかかり過ぎるのでリスクが大きい
  • 独自の通販サイトだから売れる!という時代ではない
  • ECサイトを作ることが目的ではなく、商品が売れることが目的
  • ゆえにコストは最小化するべき(=月額1000円程度のcolor me shopでOK)
  • その代わり私は売れる商品ページ作りを徹底的に教えます

といった「EC構築」ではなく、構築後に重要となる「売れるサイトに向けての戦略作り」を中心にしました。

 

もちろんクライアントの本質的な課題を解決できるのは、相見積もりの競合ではなく私の提案です。

ということで、本記事では「ECサイト構築」において比較すべきポイントは構築料金ではなく「売れる戦略」の提案という視点で解説していきたいと思います。

 

  • ECサイトを作りたいけど、どうやってお願いしたら良いかわからない
  • 見積もりが出たけど、そこにお願いして良いのか不安
  • 構築費ってこんなにかかるの?作るだけでお金が出るのは嫌だ

そんな不安を感じながら「ECサイト 構築 比較」とググった方向けに、しっかりと有益な情報を提供していきますので、ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

ECサイトの構築費用を比較しても答えは出ません

「EC構築費用 相場」とか「EC構築費用 比較」とかでググってみると、色々な相場料金が出てきますよね。

 

下記は私が一緒に仕事をしている代理店の販売価格です。

  • オリジナルのEC構築:400〜500万くらい
  • 外部のECシステム利用:100〜300万くらい
  • モール出店:30〜100万くらい

ざっくりこんな感じですが、制作会社ではなくフリーランスにお願いすれば、同じECサイト構築の内容でも20万くらいで作ってくれたりもします。

一方で有名なWeb制作会社さんだと、同じ内容でも10倍以上の値段を提示されたりしますが、有名なWeb制作会社さんだから質が良いのか?というと、そうでもありません。

 

ロゴを作るのに300万かかった事例

先日にクライアント企業で「新しく会社ロゴを作り変えよう!」ということで、ロゴを作れる有名なデザイン会社さんにオーダーをしました。

そのデザイン会社さんは、大手企業の会社や製品のロゴを作っている実績が豊富な会社なので、クライアント企業の社長も「この会社に任せたら、素晴らしいロゴができるに違いない」と期待を膨らませていました。

 

ロゴ制作の打ち合わせ当時は、なんと4名の担当者が会社に足を運んでくれました。

営業担当2名(新人とベテラン)、デザイナー1名、ディレクター1名です。

そのデザイン会社の過去の実績のプレゼンから始まり、ヒアリングに入ります。

 

2週間後、そのデザイン会社さんから新しいロゴが3案ほど提案されました。

そこでクライアント企業の社長は激怒してしまいました。

「何これ?有名なデザイン会社だから期待していたけど、こんなロゴはダメだろ!これに300万もかかるとか、ありえない!」

 

有名な会社の仕事をしてきた実績があるからといっても、必ずしも自分の会社に合うとは限りません。

また大きな会社は動く人数が多くなるので、それだけ費用もかかってしまいます。

 

つまり、WebサイトやECサイトもロゴ制作と同じくで「高い値段を支払えば良いものができる」とは限らないということです。

 

なぜECサイトを構築する必要があるのか?

まず、最初にやるべきことは「目的を明確にする」ということです。

上述した事例、新しくロゴを変えたいクライアント企業の場合の目的は「イメージを一新したい」という社長の想いがありました。

さらに、その本質を深掘りすると「ロゴを変えることで、社員のモチベーションを高めたい」という狙いが本質的な目的になります。

それなら、本質的には「大企業のロゴを作ってるクリエイター」にロゴ作り任せるよりも極論を言えば「社員にロゴを作らせる」という方が良かったりします。

「社員のモチベーションを高めたい → 新しいロゴ作りを社員参加型で作る」

そのロゴ作りの方向性のかじ取り役ができるディレクター兼デザイナーが1人いれば問題は解決します。

 

それでは、話を戻して「あなたがECサイトを作りたい(作り変えたい)」その本来の目的は何ですか?

 

売上を今よりも伸ばしたい

この1点に尽きるはずです。

 

売上が今よりも毎月1000万増えるなら、EC構築費用として300万は安い買い物と判断できるかもしれません。

ECサイトを作り変えた結果、売上が減ってしまえば10万円でも高い買い物になります。

 

そもそも論ですが、自社で独自のECサイトを作っても「まず売れません」ので、前提の認識から考えるべきです。

今まで多くのITスキル、知識のない人と打ち合わせをしてきましたが、大半の人が「良いECサイトを作れば売れる」と妄想しています。

 

良い商品があるなら、集客と売る戦略を考えるべき

それこそ「素晴らしい商品がある」と自信を持っているなら、ECサイト構築よりも、集客と販売戦略に力を注ぐべきです。

 

デザイナーを入れて、綺麗なサイトを作っても人が来ないのでは売上は伸びません。

 

逆に人がたくさん来る仕組みができていれば、商品写真1枚とカートボタンだけでも売上は伸びます。

それならばAmazonに出店したり、BASEでお店を作ればOKです。

私の知人はBASEを使って、月に200万売上を出していますが、初期構築コストは0円です。

 

ECサイトの必要性はなくなっています

ECサイト構築をしている制作会社さんには申し訳ないですが、そもそも独自サイトって価値がなくなりつつあります。

余程のブランドがある会社なら、自社でECサイトを作っても良いと思いますが、そんな有名ブランドでも今やZOZOなどに出店している時代です。

 

あなたが顧客なら自社ECかモール、どちらで買いますか?

【初心者でも簡単】Wordpressでデジタルコンテンツを販売する方法でも解説していますが、同じ商品でも自社の公式ECサイトではなかなか売れないのに、楽天やAmazonに出店すると売れるということが不思議と多々あります。

これは購入する顧客が楽天やAmazonというプラットフォームに対して「決済や配送」含めての信頼を持っているからです。

 

逆に独自のECサイトだと「本当にこのサイトは大丈夫なのかな?商品が届くのかな?クレジットカードを入れても大丈夫かな?」といった不安が潜在的にあるはずです。

 

「いや、うちは楽天やAmazonでは出さずに、自社で出すことでブランドを作りたい」

そういう意見も分かりますが、こういう主張は実益のない単なるプライドに過ぎません。

※プライドだけでビジネスがしたい方は是非頑張ってください。それも素晴らしいことだと思います。

 

なぜなら、今や一般顧客は「楽天に出ているからブランドがない」という思考プロセスにならないからです。

逆に「楽天、Amazon、ZOZOで売っていない」方が、企業としてどうなの?とブランド低下に繋がります。

 

数年前とは違って、そもそもECサイトを自社運営するよりも、顧客の利便性と購入時の心理負担(クレジットカード情報を打ち込んでも大丈夫?)を考えると、楽天やAmazonなどのモールの方がベストな選択になり得ます。

 

それでも「どうしても自前でECサイトを作りたい」場合は以下をどうぞ。

  • color me shop:月額費用はかかります
  • BASE:月額無料ですが決済手数料はかかります
  • note:文章、画像、音声などのデータ販売はおすすめ

ぶっちゃけ、これのどれかで十分です。

 

BASEだと、オシャレなサイトを作れないのでは?」

と不安に感じる方はhttps://www.herlipto.jp/を見てみてください。

元AKBの小嶋 陽菜さんプロデュースのアパレルサイトですが、BASEを使っています。

全然OKじゃないですかね?

» BASE

 

もし独自のブランドを作りながら、決済システムも自社で抱えたい場合はWordpressを使ってECサイトを作ることもできます。

この辺りは以下の記事をご参考ください。

【初心者でも簡単】Wordpressでデジタルコンテンツを販売する方法 この質問にお応えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 先日に以下のツイート...

 

ECサイト構築に高額な費用を支払う前に、やるべきこと

ECサイト構築と聞くと、普通のWebサイトよりも複雑なイメージがありますが、やるべきことは「売れる仕組み」を考えることです。

 

前提条件として

  • 独自ドメインのECサイトだから売れるわけではない
  • 綺麗なデザインのECサイトだから売れるわけではない
  • ゆえにECサイトを作ることには意味がない

ということを理解しておきましょう。

 

「ECサイト構築」でググると多くの制作会社のページが表示されます。

それこそ「格安で作れる会社」はいくらでもあります。

 

フリーランスの人でも格安で作ることはできます。

しかしながら、作っても99.999%のECサイトが売れません。

制作会社は儲かりますが、あなたは赤字です。

 

それでは、どうすれば良いのか?

 

最低限は自分で勉強すること

厳しい話をしますが、最低限は「ネットで商品(サービス)を売るにはどうすれば良いのか?」というマーケティングについて自分で勉強しましょう。

この「知識の吸収」を怠る人間は、制作会社から見れば「カモ」そのものです。

  1. 適当にググる
  2. 値段の相場が分からない
  3. 比較サイトなどに登録する
  4. 営業された中で安い会社にお願いする

これが、史上最悪のパターンです。

制作会社の思うツボです。

彼らは、それっぽいサイトを納品して、数十万から数百万の請求書を出して終わりです。

 

もし、綺麗に作ったサイトが売れない場合は「商品(サービス)が悪いから売れません」と言ってきます。

 

ネットショップ運営の勉強本

完璧にネット通販を理解する必要はありませんが、何をすべきか?は明確に理解しておきましょう!

とりあえず、初心者の間はこれを読みましょう的な本を並べておきますので、気になるものがあれば、ぜひ手にとってみてください。


事前に読書をしておくだけでも、Web構築の制作会社との打ち合わせの精度が全然変わってきます。

微妙な営業担当者とか余裕で見分けることができるようになりますよ。・

 

ECサイト構築は、あくまで売上を作る手段です

最後に、もう一度振り返っておきましょう。

ECサイトを作ることが目的ではないです!
目的は売上を伸ばすことです。

 

本当に売れる商品(サービス)なら、ブログやSNSで集客して、サイトにメルアドかLINEアカウントを記載して「連絡ください」だけでOKです。

例えばfragment designというブランドを展開する藤原ヒロシさんとか究極的にそんな感じですよね。

別にECサイトはないし、SNSアカウントだけですが、発売するアイテムが全て即日完売します。

 

では、彼はブランド力があるのか?というと、その通りですが、何よりも優れている部分は「売れる仕組み」を作っていることです。

@fujiwarahiroshi(インスタ)

 

なぜ、彼は売れるのか?

そういう視点を勉強することの方が、ECサイト構築よりも100倍重要であり本質になります。

ということで、本記事は以上です。

 

ECサイト構築で比較する前に、まずやるべきことが明確になったはずです。

この辺りの方向性や考え方が整理できない場合は、私も相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

最後に軽く営業して終わっておきます。

ビジネススタートにおけるWeb制作・運用設計をサポート Web制作代行のサービスについて 初期構築費用30万円から、あなたのビジネスを始めるためのWeb制作、運用の設計をトータルサポート...

 

人気記事【失敗しない通販サイト】WordpressでECサイトを構築する前にやるべきこと

人気記事有料ブログコンサルを受けるとブログで稼げるのか?【ほぼ無理です】

関連記事