本当は教えたくない話

世の中を変える天才に子供を育てる共通点3つ【子育ての極意を解説】

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

日々、株式投資の学習を続けています。

同時に子供の親として「最適な子育て」についても日々思考を深めています。

 

そこで「最適な子育てとは何か?」というと、将来に子供が1人の「自立した大人」として社会の中で自由に生きることができるようにしてあげることだと痛感しています。

決して、親の援助がなくても「自分の力だけで自由に生きる」ための知識、スキル、経験を身につけさせてあげることこそが「最適な子育て」だと思っています。

 

そこで本記事では脳科学という論理的な世界の観点から「世の中を変えるほどの天才」が子供の頃に共通して持っていた共通点から「最適な子育てとは何か?」について解説していきたいと思います。

 

天才が生まれる3つの共通点【子育ての意識】

それでは、さっそく脳科学の観点から「天才が育つ」3つの共通点について解説します。

  1. 好奇心が異常に強い
  2. 周りとの協調性がない
  3. 周りへの反抗心が強い

この共通点だけを見ると「問題児」に感じてしまうはずですが、まずはそれぞれの個別に解説していきます。

 

天才の共通点1:好奇心が異常に強い

好奇心が強い人ほど、社会への不満、疑問を持ちやすく「この問題を解決するには、どうすれば良いのか?」という思考になります。

何事にも感性のアンテナを張っているので、常に世の中に対して「疑問」を持って生きています。

 

好奇心とは自分の常識と、世の中の現状のギャップから生まれる感情です。

この感情が「新しい価値観」を世の中に提供する土壌になるわけです。

 

天才の共通点2:周りとの協調性がない

そもそも日本社会は「協調性がある」ことを良しとする社会です。

集団生活の中で「輪を乱さず」に「歯車として正しく機能する」人を評価します。

 

学校教育や子育ては、まさにこの「協調性を育む」ことを前提に進んでいます。

 

例えば子供のサッカースクールなども「集団の中で協調性を養う人間に育てる」という言葉を常に協調していたりします。

サッカースクールの選び方という記事では

サッカーは一つのボールをみんなで協力してゴールへ運ぶ競技です。必然的に仲間との協調性を養う事が出来、「思いやりの心」を持つ事が出来るようになります。
現代は共働きのご家庭も増え、お子様一人で通える習い事としてのサッカースクールは大切な存在だと思います。運動能力を高める事はもちろんですが、礼儀や社会性を団体競技スポーツを通じて学ぶことが重要だと感じます。

といった言葉が並べられており、至極真っ当な「子育て論」だと感じます。

 

ただ上記にも書かれている通り、協調性がある人間とは、常に「周りの環境に自分を合わせて生きる」ということです。

「みんなと同じ考えをして、みんなと同じ行動をすることが、ひいては大人になって社会に出た時に重要です」という価値観に立脚する限りは、どうしても独創的な創造性は減少してしまうわけです。

 

将来にサラリーマンとして、周囲と合わせて働く大人に育てたい場合は、この協調性を身に付けて、自分の考えよりも周囲の価値観に合わせて生きるべきです。

 

しかしながら、日本の社会は資本主義です。

残念ながら資本主義では「みんなが足並み揃えて一緒に成功する」という構造にはなっていません。

成果を出して、人よりも自由に生きるには「大衆から抜け出す」ことが最低条件です。

だからこそ大人になって成果を出すためにも、実は協調性が害になり得るということです。

 

天才の共通点3:周りへの反抗心が強い

親の言ってることに、そのまま従う状況では、親の価値観を超えることはできません。
※この時点で、親である自分自身が社会的にも大きな成果を出している場合は、親の価値観に従うことがベストな選択肢であり教育だと思います。

ただ、目上の人や肩書きで偉い人(会社の上司など)の言葉に、そのまま従ってしまう時点で、大衆と同じ状況から抜け出せません。

 

自分なりの世界観や価値観を生み出すには、当然ですが「すでに存在している価値観」に沿っている場合ではありません。

 

例えば、新しい挑戦がしたい!新しいアイデアを思いついた!
そんな時に目上の人が反対している、偉い人に否定された、親が反対している!そこで反抗心もなく諦めて辞めてしまうのであれば、何かを成し遂げるなんて夢のまた夢です。

 

新しいことを思いついたとしても、目上に人が反対している、偉い人に否定された!
そこで反抗心なく、辞めてしまえば物事を成し遂げるなんて無理ですよね。

 

以前にダウンタウンの松本人志さんがラジオ番組で「アホの連鎖」について語っていました。

ピンクレディーの「ペッパー警部」って歌あるやろ。
あれの作詞が阿久悠さんなんやけど、あの歌詞を男が書いていることが本当に凄いなと思うねん。
ペッパー警部って言葉もそうやけど「邪魔をしないでね。私たちこれからいいところ。」ってアホが書く言葉やん。

それで思ったのが「アホの連鎖」って何かを生み出す上で大切やなということやねん。
あのアホみたいな歌詞を書く阿久悠さんがいて、その歌詞を見て「良いやん」と評価するアホのディレクターが必要やん!そこで「こんな歌詞あかんぞー」と言えば、そこで終わってしまうわけで。

やから、ゴッツええ感じでも、あのアホみたいなコントとかを考えて、それを会議でみんなが「面白いやん」ってなって、それをテレビに流してしまうテレビ局もアホで、こうしたアホの連鎖があったからこそ、あれだけの現象になったわけで。

 

この松本人志さんの言葉は「何かを生み出す」上では本質的な話であり、反抗心に対して、それを押さえつける常識がある限りは、当然ですが反抗心は単なる「悪」とカウントされてしまいます。

この辺りは詳しく後述しますが、まずもって「反抗心が必要である」ということだけでも理解してもらえればと思います。

 

まとめると、天才が育つ共通点として

  1. 好奇心が異常に強い
  2. 周りとの協調性がない
  3. 周りへの反抗心が強い

自分の子供が、この3つの共通点に当てはまると想像してみてください。
「面倒だな」と感じる親が多いと思います。

実際に脳科学の研究から、こうした共通点があることが分かっているのですが、先ほどの「アホの連鎖」というポイントも合わせて「子育ての参考」にするための情報を共有していきます。

 

壮大な物語を読むことが子育てに重要

天才を育てる子育てのポイントとして、子供の頃に読み与える本が「子供の脳」へ多大な影響を与えることが分かっています。

その中でも重要なポイントは「主人公がユニークな目標を達成する壮大な物語」です。

 

ユニークな物語を達成するというのは、単なる事実としての歴史などではなく、ファンタジー的な物語です!例えばロードオブザリングだったり、スターウォーズだったりですね。

「現実世界から切り離された想像の世界の物語」を子供の頃に好んで読んだ人は、大人になってからも独創的なアイデアを思い付く傾向が高いことが研究で判明しています。

 

また、こうした物語に子供の頃に触れた回数が多い人ほど「特許を取得する割合が66%も高くなる」という結果も出ています。

テスラモーターズを筆頭に、数々の有名企業を生み出すイーロンマスクや、投資家ピーターティールなどは幼少時代にロードオブザリングを愛読していたそうです。

 

こうした本や小説から、壮大な物語、ファンタジーに触れた人ほど、現実社会においても「壮大でファンタジー溢れるアイデア」が思いつくということです。

何となく納得できますね!

ただ、ここで「アホの連鎖」に繋がる重要な視点を解説します。

  1. 好奇心が異常に強い
  2. 周りとの協調性がない
  3. 周りへの反抗心が強い

当然ですが、子供がこの3つの共通点を持っているだけでは、成功することはできません。
成功するには環境が最重要になります。

 

この3つの共通点を理解して伸ばしてくれる人が周りにいることが必須

それは「好奇心の強さから、協調性がなく、反抗心がある人間性」を理解して、認めて、それを大きく増大させて育ててくれる人が周囲にいないといけないということです。

 

好奇心の強さを「集中力がない」と潰されたら、将来の花は咲きません。

協調性のなさを「迷惑になる」と否定されると、新しいチャレンジはできません。

反抗心を「わがままだ」押さえつけると、問題解決の糸口は見つけられません。

 

あなた自身、こうした理解者がいましたか?
あなたの子供に対して、こうした可能性、個性を押さえつけていませんか?

好奇心に面倒がり、周りとの協調性を求め、反抗心を潰すようなことはしていませんか?

 

結局のところ、人を育てるのは人と周囲の環境です。

あなた自身が成功するためにも、周りに誰がいるのか?その人たちは理解してくれるのか?
こうした環境を手に入れ、人生の目的に進むことが重要です。

子育てにおいては「子供に1番の影響を与えるのは親」です。
親が子供の可能性を潰しておきながらも「あなたのためを思って言ってるのよ」と、大人の主張を正当化させてしまいます。

天才を育てる子育ての1つのアイデアとして、本記事が参考になれば幸いです。

 

【お小遣いは手持ち資金の1%】父から子供へのマネー教育

補足として、ネット上で話題になっていた「ネットユーザのお父さんが教えるマネー教育・投資教育」を紹介します。

 

私もこの教育を子供に試してみようと思います。

子育ての参考になれば幸いです。

 

人気記事勉強したいけどモチベーションが続かない人の対策【完璧を壊す思考】

人気記事【自己投資できない人向け】正しく比較する力を身に付ける方法を解説

関連記事

あわせて読みたい