プログラミング

【楽しく学べる】小学生の子供のプログラミング学習に役立つ本を紹介

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

子供に対しては、親が教えるべき3つのスキルがあると確信しています。

そこで先日に以下のツイートをしました。

子供に対して身に付けてもらいたいスキルの1つがプログラミング。

なるべく幼少期からプログラミングの楽しさだったり可能性を「遊びレベル」から教えてあげたい。

そして高校生くらいからは英語と金融のお金のスキルを教えたい。

もちろん運動も基礎体力で大切だけど、スポーツは難しいかな。

 

本記事では「子供に人気の習いごと」でも上位に入ってきた「プログラミング学習」について「親が子供に提供してあげれる環境」という視点で解説していこうと思います。

 

そもそも論として

  • 本当に子供にとってプログラミングは必要スキルなのか?
  • どうやって子供にプログラミングの興味を持ってもらうのか?
  • 最初は何から勉強させたら良いのだろうか?

といった悩みを抱える親御さんも多いと思います。

 

この記事を書く私はプログラミング歴20年で、IT企業を経営して今年で15年目になります。

そんな「プログラミングで稼ぎ続けてきた」立場から「子供とプログラミング学習」について本音で書いていきたいと思いますので、ぜひ子供の教育の1つのアイデアとして参考にしていただければと思います。

 

小学生にプログラミングを教えるメリット

2020年以降もエンジニア需要が伸びる理由を解説【年収の増やし方】でも紹介している通り、今後もプログラミングの需要は高まる一方です。

なぜなら5GやAI、自動運転など、これからの時代を牽引する技術に必要スキルがプログラミングだからです。

 

ITサービスは生活の隅々まで浸透して、今や水道、ガス、電気と合わせてインターネットがインフラになりました。

その一方で、IT人材の不足は慢性的に加速しています。

 

そこでプログラミングができる人材を増やそうと、政府による「小学生のプログラミング学習の義務化」が決定されました。

今後も、ITスキルを持った人材やプログラミングができる人材は重宝されるということです。

 

もちろん小学生の子供だけではなく、親御さんも「プログラミングの勉強をしてスキルを身に付ける」ことは、今からでもキャリアを作るためにもありな選択です。

下記の記事では「副業からプログラミングで稼ぐ方法」について詳しくまとめておりますので、合わせてご覧ください。

» 参考:副業したいサラリーマンへ!稼ぐスキルとキャリアを伸ばす9ステップ

 

プログラミングができない親でも大丈夫なのか?

小学生の子供にプログラミングを教えたいけど、そもそも親がプログラミングを分かっていない・・・
それって大丈夫なの?

そう不安に感じる方も多いと思いますが、結論は「全然大丈夫」です。

親御さんがプログラミング未経験でも小学生がプログラミング学習をすることはできます。

 

その1つの手段が「習い事」としての子供向けプログラミングスクールの受講です。

この辺りは後述しますが「小学生のプログラミング学習」は年々、人気の習い事の1つになっています。

» 参照:「プログラミング教室」が1番に。2018年に話題になった子どもの習い事、2019年にさせたい習い事

ちなみに英会話教室よりも「プログラミング教室」の方が人気がある時代です。

 

ただ「親は習わせたい」けど、実際の子供が「スクールを気に入って通い続けてくれるのか?」は今の段階では分からないと思います。

そもそも、親が分からない事に対して、子供にやらせるのも不安ですよね。

 

だからこそ、まずは親御さん自身が「少しでもプログラミングに触れて理解を深める」ことが重要です。

もちろん親御さんにプログラミング経験がなくても小学生の子供の学習には何ら影響はありませんが、お子さんが取り組んでいるプログラミングについて、少しでも理解が深まれば「何を子供に習わせようとしているのか」も分かるので、安心して通わせることができます。

 

この辺りは「簡単に触れてみる」だけでOKですので、テックアカデミーの無料体験に取り組んでおきましょう。

詳しい情報はテックアカデミーの無料体験を徹底レビュー【割引とアマギフ特典付き】でまとめておりますので合わせてどうぞ。

 

効率的に小学生にプログラミング学習をしてもらう方法

親御さんがプログラミングスクールの無料体験で「プログラミングについての理解が深まった」段階で、小学生の子供向きに「プログラミングの勉強ができる環境」を用意してあげましょう。

もちろん、子供向けのプログラミングスクールを習い事として通わせるのもありです。この辺りのスクール情報は後述します。

 

ただ、子供向けであればプログラミング学習は親御さんで用意することもできます。

 

無料学習サイトを活用する

1つの手段は子供向けの学習サイトを活用することです。

こうしたサービスが充実しているのも、プログラミング人気が高い証拠ですね。

学習サイトを利用すれば、プログラミングについての知識やスキルを自分で身に付けることができます。

もちろん、子供のペースで学習できるので、楽しみながら勉強することもできます。

 

オススメの学習サイトは以下の通りです。

  • scratch
  • プログラミン
  • Code.org
  • Scratch Jr(スマホアプリ)

それぞれを簡単に解説しておきますので、気になるサイトがあればぜひ登録してみてください。

小学生向けのプログラミング学習サイト1:scratch

» https://scratch.mit.edu/

 

プログラミングの世界では、システムをゼロから完全オリジナルで開発することを「スクラッチ開発」と言いますが、このscrachは世界中で利用されている「プログラミング学習サイト」の1つです。

特徴は「視覚的にプログラミングが学べる」というもので、小学生でも簡単に理解しやすい後世になっています。

※子供向けの本格的なゲームも作ることができます。

 

海外のサイトですが、日本語対応もしていますし、キャラクターが視覚的にプログラミングを教えてくれるので、小学生のプログラミング学習のスタートとしては最適な学習サイトです。

 

小学生向けのプログラミング学習サイト2:プログラミン

» http://www.mext.go.jp/programin/

 

このプログラミンは行政が運営するプログラミング学習サイトです。

こちらもキャラクターを組み合わせるだけでプログラミングについて直感的に学習できます。

先ほどのscrachは小学生高学年向きに対して、こちらはキャラクターをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作なので小学生低学年向きと言えます。

プログラミングの知識が全くない状態でも「分かりやすく理解」することができるサービス設計は素晴らしいと思います。

 

小学生向けのプログラミング学習サイト3:Code.org

» https://code.org/

 

こちらはアメリカで人気のプログラミング学習サイトです。もちろん日本語対応しています。

子供が好きなディズニーキャラクターがプログラミングを教えてくれます。

さらに学習レベルも子供の発達段階や学年に応じて細かく区分されているので「お子様に合ったレベル」が把握できる場合は、こちらのサービスをどうぞ。

 

小学生向けのプログラミング学習サイト4:Scratch Jr(スマホアプリ)

こちらは上記で紹介したscratchのアプリ版で、より対象年齢を下げた幼稚園からでも学べるレベルとなっています。

スマホからでも学習できるのでパソコンが自宅にない場合でも気軽に「子供にプログラミング環境を提供」できます。

 

プログラミングの本を活用する

ここからは「小学生がプログラミングを学べる本」を紹介します。

無料のWebサイトとは違って「自主的に学習する」というスタンスが求められますが、それでも費用負担も少なく「プログラミングを順序立てて学べる」という点では参考書も有益です。

ここでは、特に小学生でも読みやすく理解しやすいプログラミング学習本のみに厳選しておりますので、ぜひご参考ください。

 

いちばんはじめのプログラミング ~Scratch(スクラッチ)で、作る楽しさ、考える楽しさをそだてる Scratch2.0対応~


こちらは上述したプログラミング学習サービス「scratch」の使い方が学べる参考書です。

小学生でもscratchを使いこなせるように丁寧に説明されているのでscratchを試してみて「子供がプログラミング学習を楽しんでいる」様子であれば、合わせてこの本を購入してもらえればと思います。

 

ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング

3〜4歳のお子さんから小学校高学年までが対象で「絵本」形式でプログラミングについて学習することができます。

コンセプトとしては「子供が最初にプログラミングに興味を持つためのきっかけ」ですが、本の後半では「プログラミングの練習」もあるので、親御さんも一緒にプログラミングについての理解を深めることができます。

「まずは子供にプログラミングの興味をもってもらいたい」という親御さんに、ぜひオススメする1冊です。

 

10才からはじめるプログラミング図鑑:たのしくまなぶスクラッチ&Python超入門

こちらの本は無料学習サイトなどで「プログラミングに興味を持っている小学生」を対象に、さらに深掘りして学習できる本です。

「自分でどんどんプログラミングをやってみたい」という興味を持った段階で、ぜひどうぞ。

ちなみに、この本では「Python」という機械学習(人工知能でも使われる)のプログラミング言語を学ぶことができます。
将来的にも市場価値の高まるプログラミング言語の1つを小学生から学べるという点でも、オススメできる1冊です。

 

5才からはじめる すくすくプログラミング

最後は、この本です。
「ひらがな」で説明されているので、文字が読めるお子様なら1人で学習することもできます。

スマホアプリScratch Jrを使ってプログラミング学習を説明しているので、アプリのダウンロードと合わせて子供に与えても良いですね。

 

習い事としてのプログラミングスクールも小学生には有益です

これまでご紹介してきた方法でも、プログラミングを学習することは十分に可能です。

ただ無料サイトや本の学習は「基本的に独学」での勉強になるので、相当に興味を持った子供出ない限りは「勉強を継続する」ことが難しくなります。

実際に大人のプログラミング学習でも「初心者による独学は90%以上が挫折する」という統計データがあるほど、独学は困難です。

この辺りの理由はプログラミングの独学は正直にきつい【挫折しない3つの戦略も紹介】もどうぞ。

 

そこで子供が「挫折することなく、継続的に勉強できる環境」としては、やはり習い事としてのプログラミングスクールも選択肢の1つとしては検討できます。

もちろんプログラミングスクールなので「体系的に学べて挫折も防ぐ」ことができます。

この辺りの子供向けのスクールは【LITALICOワンダー】やサイバーエージェントの子会社が運営するTech Kids School【テックキッズスクール】など様々なスクールがありますので、興味がある方は【人気の習い事で1位】小学生向けのプログラミングスクール徹底比較をどうぞ。

【人気の習い事1位】小学生向けのプログラミングスクールを徹底比較こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 プログラミング教育必修化の流れから小学生からプログラミ...

 

それでは本記事は以上です。

 

人気記事【学習時間を半減できる】初心者向けのプログラミング学習の基礎知識

人気記事Webデザインを最短最速で効率的に学習するためのスクールの選び方

合わせて読みたい記事