未分類

Webマーケティングで稼ぐために必要な心理学の学習方法【必須】

Webマーケティングで稼ぎたい人
Webマーケティングで稼ぎたい人
Webマーケティングを勉強して稼ぎたいのですが、どういった勉強をして知識を身につければ良いでしょうか?
また最短最速でマーケティングスキルを付けるために実践すべきことがあれば、合わせて教えてください。

この疑問にお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • Webマーケティングで稼ぐためになぜ心理学が必要なのか?
  • Webマーケティングで稼ぐための心理学が学べる本【入門編】
  • おまけ:最短最速でWebマーケティングと心理学を学べる本【無料】
  • まとめ:Webマーケティングや心理学を身につける方法

 

こんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama)です。

先日に下記のツイートをしました。

このツイートからWebマーケティングで稼ぐには、なぜ心理学が重要なのかを具体的に解説していきます。

私自身は2005年からWebマーケティング一筋でIT業界で生きてきました。300社以上の企業コンサルやWebマーケティングの実績があるので、そういった現場で培ってきた経験を軸に解説しますので「まぁ信頼できそうだな」といった具合で読んで頂ければと思います。

 

Webマーケティングで稼ぐためになぜ心理学が必要なのか?


Webマーケティングのゴールは、相手に行動してもらうことです。

  • 商品(サービス)を買ってもらう
  • コミュニティーやイベントに参加してもらう
  • ある場所まで来てもらう(移動してもらう)
  • 何かアクションをしてもらう などなど

繰り返しになりますが、冒頭のツイートのとおり「人は論理ではなく感情で行動する」という大前提を理解する必要があります。

 

感情で行動するとは?

具体的な例として、人の購買(買い物)における感情の動きから解説します。

 

想像してみてください。
好きな芸能人のインスタを見ていると、その芸能人が着ているTシャツが可愛くて、その服を自分も着たいという気持ちになりました。

zozoタウンで、そのTシャツは販売されていましたが、値段は15,000円です。
Tシャツとしては値段が高いと思いつつも、あなたの思考は揺れ動きます。

待てよ、、、先週の買い物で欲しいカバンがあったけど我慢したよな。それに今月は残業もいっぱいしたし仕事を頑張ったんだから、自分へのご褒美として買っても良いはずだぞ。
このTシャツを買えば、来週のデートにも着ていけるし、想像するだけでもテンション上がるなー!
でもどうしようかな・・・。15,000円は高いなーー!でも欲しいなーーー。
もう一度、あのインスタを見てみようかな!
あっ、やっぱり良いなーー!可愛いなーー!
よし!買おう!!!!

どうでしたか?

この買い物において、Tシャツの素材の良さ、サイズなどの論理的な視点はなく、買うといった意思決定を感情のみで行っています。

 

人の購買における心理の順番

人が商品やサービスを購入する際の意思決定の順番は

  1. 感情が動いて欲しくなり
  2. 論理で購入を正当化させる

になります(最重要です)。

 

先に感情が動いて「欲しい」という気持ちになり、その「欲しい」気持ちを自分自身で正当化させるために論理を使います。

  1. 感情が動く=この車を買えばモテそうだ!
  2. 論理で正当化=燃費が良いし、最新設備を搭載!サポートも付いてて、値段も割引してくれているから今買うのがお得だ。

人の購買心理を理解すれば、何でも売ることができる

こうした人の心の動きを理解している営業マンほど当然ですが結果を出します。

逆に売れない営業マンほど、見込み客に対して必死に論理面を伝えようとします。

この車は低燃費でお得ですよ!
アフターサポートも充実しております。
また、この色も特別カラーなので期間限定価格で販売しております。

人間心理を掴む営業マンは、見込み客の感情を動かすことだけにフォーカスしていることを覚えておきましょう。

 

心理学のスキルを身につけると、人生は生きやすくなる

自分が消費者にまわった時に購買心理学を理解していると、圧倒的に人生における損失を回避することができます。

全てにおいて「販売者の意図」が見えるので、冷静に対応することができるということです。

 

例えば「7月の土用の丑の日にうなぎを食べる」という風習の裏側にある、販売者の意図「7月はうなぎの味も落ちて1年で1番売れない時期なので、イベント化して「いつ食べるの?今でしょ」状態で盛り上げて最高値で販売する!といったことが分かり、冷静に「冬の冬眠に向けて一番脂が乗る10月のうなぎが一番美味しい」と判断することができます。

  • 期間限定
  • イベント化
  • 値引き中

そんな販売者の意図に簡単に乗せられて「無駄な買い物をしてしまう」ことを回避するためにも心理学スキルを学習するメリットは十分にあると感じます。

 

ということで、Webマーケティングで稼ぐための心理学を学習する具体的な方法をここから解説していきます。

 

Webマーケティングで稼ぐための心理学が学べる本【入門編】


Webマーケティングや心理学を学習できる本を紹介する前に、もう一度「何のために学習するのか?」を振り返りましょう。

 

本を読む目的は?

人それぞれに学習する意図はあると思いますが、目的は明確にしておきましょう。

私の場合だと「Webマーケティングを学んで、クライアント企業のコンサルに役立たせる!その学習する過程をブログにアウトプットすることで、知識の理解度を深くする。」ということを考えながら本を読んでいます。

本を読みながら「この知識は、あの企業のコンサルに使えそうだ」「このスキルをブログで書けば多くの人に役立ちそうだ」といったアウトプット先を考えて、役立つ部分はメモをしていきます。

 

またメモは、いつでも取り出せる形で残すことも重要です。私はEvernoteで「クライアントに使えるもの」「ブログでアウトプットする要点」などの項目ごとに要点をまとめています。スマホで簡単に知識を取り出せるので、クライアントと打ち合わせの際にも事前メモとして活用しています。

目的は学者になることではなく、お金を稼ぐこと

難しい用語とか覚えなくてもOKです。「利用可能性の誤謬(ごびゅう)」とか、そんな言葉を覚える必要ありません。

大切なことは知識王になるのではなくて、知識を使ってお金を稼ぐことです!

また真面目に最初から最後まで読む必要もありませんよ。目次を見て、興味が出たところから読んでいきましょう。

 

学習すべき、Webマーケティングに必要な5つのスキル

Webマーケティングで稼ぐには、以下の5つのスキルが必要です。

  • マーケティングのスキル
  • 購買心理のスキル
  • セールスライティングのスキル
  • コピーライティングのスキル
  • 人を動かすスキル

5つ全てのスキルがWebマーケティングに必要ですが、全てが関係しているので読み進めれば、勝手に理解が深まっていきます。

 

P.S:月に10冊は本を読みますが、本から得られる知識の費用対効果は抜群です。飲みでビールを1杯でも我慢すれば本の1冊は買えるので、こういった自己投資を惜しまないようにしましょう。
※自己投資をケチる人で、お金を稼いでいる人はいないので。

 

各スキル毎に、厳選した5冊+おまけ1冊の紹介

まずは、入門編として、この5冊を読みましょう。

 

 マーケティングのスキルを学ぶ入門編の1冊


漫画なので、入門編としてはこちらから読みましょう。この本だけでもマーケティングの基礎知識をできます。

 

 購買心理のスキルを学ぶ入門編の1冊


情報商材の業界で使われている購買心理テクニックが学べます。情報商材は「怪しい」と思われがちですが、情報という価値を売ることができる人はマーケティングのプロです。
この業界には1つのメールだけで1億を稼ぐマーケターもいるので、こういった知識は必ず学んでおきましょう。
この辺りは中級編になりますが「新しいマーケティングの形と言われるプロダクトローンチ」という手法もあるので「ザ・ローンチ」も合わせて読んでみてください。

 

 セールスライティングのスキルを学ぶ入門編の1冊


売ることに特化した文章を書く知識を学べます。集客からクロージングまで徹底的にセールスライティングに落とし込んでいるので「何のために記事を書くのか?」を深く理解するのにオススメです。

「なぜコンテンツマーケティングをあなたが学びたいのか?」その答えが「お金を稼ぎたいから」なら、読むべき1冊です。

 

 コピーライティングのスキルを学ぶ入門編の1冊


2008年に日本版が発売されている古めの本ですが、内容は普遍的なマーケティングにおけるライティングが学べます。紹介されている事例はかなり昔のアメリカの広告ですが人間心理の根源は変わらないので、Webマーケティングにおいてもそのまま参考にできる部分が多めです。

 

 人を動かすスキルを学ぶ入門編の1冊


ペンシルベニア大学のアダムグラント著の他者志向コミュニケーションからリーダーシップ、営業、交渉、事業の立ち上げ、昇進まで、全てのシーンで活用できる具体例を紹介しています。ビジネスにおけるギブ&テイクの根底から理解できる優れた本なので、人の心理を動かすという点では、かなり良本です。

 

まとめ:Webマーケティングや心理学を身につける方法

最後に、最短最速で知識とスキルを身につける方法は、本を読んでインプットしながら同時にアウトプットすることです。

いくら本を読んでも、アウトプットしなければスキルとして身につきません。
せっかく時間を作って本を読むのだから、知識を身につけてお金を稼ぎましょう。

そこで、アウトプットできる環境を作りませんか?

ブログを書くのが1番のアウトプットになる

すでにブログをやっている人は、本を読んで学んだ知識をブログでアウトプットしていきましょう!購買心理で読んだ知識をそのままアフィリエイトで使って「商品を売る」のも素晴らしいと思います。

もしブログを持っていない人はWordPressでサイトアフィリエイトを始めよう!収益アップとSEO対策もセットで解説【決定版】をご覧ください。この記事通りに実践するだけで簡単にオリジナルのブログが作れます。

 

ライティングを副業にして稼ぐのもあり

ライティングの知識を本から学べば、副業でお金を稼ぎながらスキルアップを目指すこともできます。
ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトに登録をして、ライティングの案件を受注することで、確実にお金を稼ぎながらも実践からスキルを磨くことができます。
詳しい方法はWebライターを副業にして稼ぐ手順【完全初心者向けに解説】をご覧ください。

 

Webマーケティングの会社で働く方法もある

最後はWebマーケティングの会社に就職して、働きながらスキルを磨く方法です。

会社の仕事からノウハウを学び実践していくので、成長スピードは早くなります。

また会社で働くと同時にブログを副業にして、会社で得たノウハウを使ってアフィリエイトをすることでダブルで稼ぐことができます。

 

さらに副業の収入が会社の給料を超えたら、会社を辞めてフリーランスになっても良いので、圧倒的に人生の選択肢が増えます。

このあたりの考え方は【独立への道】会社勤めのエンジニアがフリーランスになる最適なタイミングとはで解説しています。

 

 Webマーケティング会社の就職に便利な求人サイト

 

こんな感じで、本を読んでインプットしながら、アウトプットする環境(ブログを書く or ライターで副業する or Webマーケ会社で働く)があれば、成長スピードは圧倒的に早くなります。

この記事を読むだけではスキルは身につきませんので、必ずノウハウとセットで書籍を読むという行動に繋げてみてくださいね。

 

 マーケティングのスキルを学ぶ入門編の1冊

 購買心理のスキルを学ぶ入門編の1冊

 セールスライティングのスキルを学ぶ入門編の1冊

 コピーライティングのスキルを学ぶ入門編の1冊

 

 

人気記事フリーランスのマーケターはどれくらい稼げるのか?【月収400万越えの実話で解説】

人気記事Webマーケティングとライティングスキルの習得方法【お金を稼ぐための必読書9冊】

合わせて読みたい記事

無料体験ができるプログラミングスクール