プログラミング

大学生がこれからどう生きるべきか徹底解説【新時代のお金の稼ぎ方】

将来どうやって生きるべきか悩む大学生
将来どうやって生きるべきか悩む大学生
今、大学生ですが将来のことを考えるとむちゃくちゃ悩んでしまいます。

どう生きるべきか?どんな仕事をするべきか?全く想像できないのですが、何から始めれば良いでしょうか?インターンも学生起業もすでにありきたりなのかな?そもそもやりたいことがないのに起業なんてできるわけがない・・・。

この悩みにお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • どう生きるべきか悩む大学生は自分で稼ぐ力を身につけよう
  • 大学生は、とにかく経験値を積むことだけにフォーカス

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。

高校時代の通学が思いっきりサラリーマンの通勤ラッシュと重なった3年間のトラウマから「絶対に満員電車に乗りたくない」と決めた人生。

大半の人が求める安定した人生とは程遠いかもしれませんが、今のところ収入も上位5%に入りつつ、満員電車や人間関係のストレスとは無縁の人生を謳歌できています。

 

先日に以下のツイートをしました。

人生を楽に生き抜くにはポイントがあって

どんな場所でも稼げるスキルを身に付ける
生活の固定費は極力下げる
自動で入り続ける固定収入を作る
これら3つの要素を手に入れる為に努力を最大限する

この考え方をできる限り若いうちから持てれば人生は時間の経過と共に豊かになる。

 

ということで、本記事では「将来どう生きるべきかで悩む大学生」向けに、2005年に起業してから10年以上、生き残り続けている経営者としての立場で役立つアドバイスを書いて行こうと思います。

内容としては「大学時代の自分が、こんなアドバイスを聞けてたら、もっと早く豊かになれたのに」といった内容です。

3分ほどでサクって読んでもらうだけで、人生は大きく変化するはず。
それくらいの気合いを入れて記事を書こうと思います。

 

どう生きるべきか悩む大学生こそ、自分で稼ぐ力を身につけるべき

大切なので、もう一度ツイートを見てみましょう。


人生をイージーモードにする為には、いかに若い時期から3つの要素「どんな場所でも稼げるスキル・生活コストを上げない整った思考・自動で入る固定収入を作る仕組みを作るスキル」を正しく理解して、そのスキルを身につけるために努力できるのか?が重要になります。

会社に頼らずに、個人で稼ぐ力が身につけば、人生の自由度は一気に上昇します。

 

変化の激しい時代だからこそ「安定」という幻想を捨てる勇気を持て

時代の変化が激しく、将来の見通しが難しい中で「安定」を求めてしまうのは人間の本能です。が無意識に働く「安定した方が生存確率は高くなる」といった認識を手放すことは不可能です。

しかしながら、安定の本質とは字のごとく「安く定まる」ということです。

大企業や公務員になれば「安定」した最低限の生活を保証してくれる人生になる反面、その「安定」を継続するための大きな代償があるのも事実です。

  • 世間と同じ時間に出勤(満員電車)
  • 1年後も、5年後も、10年後も見通せる何も変わらない人生(定年までの労働)
  • 別に自分でなくても成立する組織の歯車として生きる人生(自分の価値とは)
  • 一緒にいたくもない人と離れられない働き方の制限(人間関係のストレス)
  • 自分がやりたいことよりも、行きたくない飲みを断れない人生(決定権がない)

大学を卒業した後の50年以上の長い月日を考えて「自分は本当にこの生き方で良いのか?」と問いかけてみてください。

しかも、現代はその安定のレベルさえもどんどん低下してきていますよね。

話題になったツイートですが、安定を求めた挙句の現実がこれでは、人生に迷走するのは当然です。

 

安定を捨てる決断をした方が、人生は豊かになる

私は19歳の時に早々と「安定」を捨てました。
大学時代はバンド活動に明け暮れて、その後就職した会社は1年も持たずに退職。
起業した最初の3年は大変なことのオンパレードでしたが、今では月の自動収入は7桁以上です。
豪華な暮らしには興味なく、生活コストを抑えているので、貯蓄も資産もどんどん増える一方です。

人生レベルでは安定はしていないかもしれませんが精神的にはストレスもなく生きています。

というよりも万が一ですが、今の仕事が全てなくなったとしても、資本主義の仕組みにおけるお金の稼ぎ方を熟知しているので全く不安はありません。

「1ヶ月後にすぐに7桁の収入に戻す」自信があるので、自分で稼ぐ力があることの恩恵を十分に味わえています。

 

しかし、一般的な社会人で「今の職場を辞めても、自分で稼ぐ力があるから全く問題ない」と言い切れる人はどれだけいるのでしょう?

そもそも、本当にそう思っているのであれば、人間関係や仕事のストレスを抱えてまで今の仕事を継続する人なんていないはず。

 

自分で稼ぐ力が人生に与えてくれるもの

先述したように私が「自分で稼ぐ力」を身につけたモチベーションは「自由に生きたい」という強い願いでした。

  • 満員電車に絶対に乗りたく無い
  • でも一般の人よりも稼ぎまくりたい
  • 欲しいものは迷わず買いたい
  • 住む場所もその時々で変えたい
  • 嫌いな人間とは1秒も同じ時間を共有したくない

ワガママだと言われても、人生において「譲れない価値」がどうしてもあって、その欲望を実現させるために自分の人生から安定を捨ててチャレンジして来ました。

 

もちろん、1つの企業に定年まで働き続けるサラリーマンの人生を否定しませんが、自分は定年までの長い人生をひたすら企業の利益のために働き続けることを考えてしまった時に「人生に絶望」を感じてしまいました。

 

自分で稼ぐ力を与えてくれた2つのスキル

私の場合はどんな場所でも稼げるスキル、そして身につけたスキルが資産となり、固定収入さえも生み出せるスキルとしてプログラミングとブログを大きな資産に成長させることを決めました。

例えば、月収100万円を稼ぎ続けながら、毎月の生活コストが20万円なら80万円を毎月貯金することができます(年間で960万円)。
大半の人は収入が増えると、年に何回も旅行に出かけたり、外食が増えたり、タワマンに住んだりと無駄に生活コストを上げてしまいます。

※実際に年収1000万円クラスの人は生活コストを増やしてしまうので、実体としては生活が苦しい家計が多くなります。

 

人生における心の安定とは生活コストを低くしながらも多くの収入を得ることです。

自分で稼ぐ力を身につけて収入を増やしながら、同時に貯金も増やす。そして余裕が生まれた時間の中で新しく収入が生まれる仕組みを作り上げ、安定性を増やしていく。

この記事では深掘りはしませんが、ブログを運営することや、自動化したアフィリエイト収入の仕組みを作ることは誰だって可能です。

 

アフィリエイトのブログを始めることに興味がある方はこちら

 

プログラミングの学習に興味がある方はこちら

 

将来、どう生きるべきか分からない大学生は、とにかく経験値を積むことだけにフォーカスしよう

大学生の間は経験値を積むことにフォーカスしましょう!

ビジネスの世界では、どんなに頑張っても社会経験が未熟な学生が成功できる確率なんて、かなり低いです。

ビジネスは若い人が勢いでチャレンジすれば絶対に成功するなんて甘い世界ではありませんよ。

 

私自身も過去に多くのチャレンジと失敗を重ねて経験値を積んできました。

  • バンド時代にフェス開催(集客失敗)
  • Webメディア30個作り28個で失敗
  • PPCアフィリエイト(広告の仕様変更で撤退)
  • 投資家から資金調達のITベンチャー(2年でサービス閉鎖)
  • FXで20万円を一気に350万円にした挙句、翌月にロスカットに(損切りで失敗)

 

今現在はアフィリエイトの自動収入の仕組み・ブログ・そして投資で稼いでいますが、これまでに本当にたくさんの失敗、挫折を味わってきました。

しかし、失敗はしてきましたが今の自分自身にハッキリと残っているのは行動によって得られた圧倒的な生の経験値です。

 

どう生きれば良いのか分からない大学生が、軽く行動してビジネスをしても、いきなり稼げるなんてほぼありません。でも経験値だけは確実に残ります。

そして、これらの経験値こそが今後の人生で、大きな価値となるのです。

だから若い間にどんどん行動すべきなんです。

経験値がないと、人生でやりたいことなんて見つからない

よく大学生が就活に向けて「自己分析」をしていますが、そもそも経験値がない人間が自己分析をしたところで、何の指標も見えて来ないですよ。

自己分析シートの質問に答えるよりも、お金と時間をかけて経験を積み上げる方を優先すべきです。

 

私の行動と得た経験のまとめ

  • ギターを練習しながらライブ活動を年間80本こなす
    → 家で練習するよりもお客さんの前で演奏することでパフォーマンス力が向上
  • 実績も経験もないままIT企業を立ち上げる
    → 立ち上げの事業を失敗するも、Web開発事業で生き残り
  • 組織拡大のために新しい体制を作り上げる
    → 立ち上げメンバーの反対に合い、スタッフ引き連れ退職される
  • 東京でITベンチャーを立ち上げアプリ事業を開始
    → VCや個人投資家から8桁の出資を受けながらも事業を撤退
  • PPCアフィリエイトと情報商材事業を開始
    → 月収300万の売上達成も広告の規約変更で事業を撤退

ほとんど失敗ばかりです!
でも、この10年間でチャレンジしたことで、経験値は確実にどんどん積み重なっている事は、何よりの大きな収穫です。

 

人生で大切なことは、何回チャレンジできるか!しかない

ということで、人生を豊かなものにしたいなら行動(チャレンジ)回数をとにかく増やしましょう!

なかなか行動できない人って、気づかない間に完璧主義にハマってますよ!まじでもったいない。

私たちの将来なんて、綿密にプランを組み立てても必ず変更を余儀なくされますよ。悩んで考えても、その通りになんて絶対にならないのだから「自分がやりたい」と思ったなら即行動して、結果が出なくても損切りして、また別の事をチャレンジすればOKです。

 

人生を俯瞰で見れば、仮に失敗してしまった行動であっても確かな経験値は貯まるので、迷って悩んで全く動けない人よりも確実に前進できています。

失敗という言葉を日本人はネガティブに考えすぎている。
「上手くいかないことが分かった成功」みたいな認識で、失敗を捉えることができたら、どんどん行動できると思う。

by 本田圭佑(プロフェッショナル仕事の流儀での言葉)

 

別に学生の間は危険なビジネスの話や、詐欺っぽい案件でも経験値のため、積極的に関わって勉強すべきです。別に失敗しても若ければいくらでもリカバリー可能です。

アフィリエイトしても良いし、ブログ書いても良いし、情報商材を販売しても問題ないです。

FXでレバレッジかけて、一瞬で稼いだアルバイト代を溶かすことも確かな経験値です。

「何をしたら、失敗するかが分かる」

これこそが実は最強の成果物だと気付くべきです。

 

動いてみて→考えて→また動いて→たまにちょっと稼げて→失敗して→また動いて→すこし稼げて→また動いて→また稼げて・・・という繰り返しです。

 

今ビジネスで結果を出してる人は、過去に圧倒的なチャレンジを積み上げていますよ。

一戦一勝の人なんていません。とにかく「失敗を積み重ねるほどに成功が近付いてる感覚」を楽しみながら味わえれば、もう最強モードです。

とにかく、過去の失敗を忘れてしまうくらい、行動→失敗を若い間に積み重ねておきましょう。

 

ということで、私は2019年はFXと投資系にフルコミットしながらも、失敗を楽しんで経験値を貯めにいこうと思います。

 

ドラクエだって、全滅してお金は半分に減ってた経験値は張りませんよね。そして、諦めずに継続したら、ラスボスも倒せるんですよ。

 

大学生の皆さん、今から【どう生きるべきか】で悩む日まであるなら、自己投資を意識して行動回数を上げていってください。

 

人気記事【経営者が語る】高校生や大学生がプログラミングを独学すべき理由と手順【無料で学習可能】

人気記事【就活向け】将来が不安な学生は今すぐプログラミングを学ぶべき理由

あわせて読みたい