未分類

【資産運用】サラリーマンが300万円の貯金から投資を始める為にオススメの書籍

将来のために投資を始めようと思いますが、何も分かりません。
そんな時は何から勉強すれば良いですか?

この疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 貯金の無意味さが分かる
  • 貯金よりも投資の方がベストチョイスと理解できる
  • 投資をする前に初心者が読むべき本を紹介

 

こんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama)です。

ここ数年はビジネスよりも投資活動の方に重点を強めにおいているのですが、そうなると同世代サラリーマン(30代中盤から後半)と話が噛み合わなくなります。

ブログ界隈では投資ブログも増えてきて、世間的にも投資への注目度が増していると思いますが、肌感覚としてはまだまだ「投資=ギャンブル=危ない」という感覚値が強そうです。

投資よりも貯金信仰が強い日本人

日本政府は毎年2%のインフレを目指す政策に絶賛取り組んでいます。インフレ(物価の上昇)とは、つまりお金の価値が下がるということです。

10年後には銀行に預けている100万円の価値は82万円まで低下します。だから銀行にお金を貯金して眠らせていれば、お金は減ることがあっても増えることは100%ありません。

え??銀行にお金を預けているのだから、利息で増えるのは分かるけど、なんで減るんですか??

 

インフレ(インフレーション)に日本が向かっているからです。インフレになると物やサービスの価格が上がるので、お金の価値が目減りします。

今、1個100円で売っているりんごが、10年後に200円に値上がりした時、銀行で眠らせたままの100円は10年後も100円のままなので、りんご1個すら買えなくなります。

そう考えると、貯金をするということはリスクであり、ベストな選択肢とは言えないことが実感できると思います。

 

だから結論として、貯金は絶対にすべきでない!と確信しています。

1年間くらいの生活費だけ残して、残りの銀行に貯金しているお金はすべて投資に回す方がお金も増えるし、どんどん自由な時間も手に入ります。

昔の私も「投資って怖い!お金がなくなるリスクもあるしな〜!」と完全に情報弱者でした。というのも、過去にFX投資で250万円を一瞬で飛ばした経験があるので、そのトラウマから投資に対してはかなり消極的でした。

しかし勉強すれば、自分がやっていたことは「投資ではなく、投機であり完全なギャンブルだった」と理解できてからは投資への恐怖心が完全になくなりました。

今では一番リスクなく安全に資産を増やせる最良の手段と思っています。

300万円は貯めよう

まずは、この元手となるお金を用意しましょう。

300万円がない人は、まずはネットビジネスをするなり、支出を抑えるなりして貯金してください。

【副業の結論】ネットビジネスのメリットとデメリットを詳しく解説 この疑問にお答えします。 こんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama)です。...
【完全初心者向け】ネットビジネスだけが持つ3つのリスクゼロ この疑問にお答えします。 こんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama...

 

投資をする前に、最初は必ず勉強する

投資を始めて、失敗する人の典型は勉強せずに勢いだけでいきなり取り組んでしまう人です。

投資の世界ではプロ中のプロがウヨウヨいます。普通に考えて、そんな世界で素人が登場すれば、一瞬でお金を食い尽くされるのは当たり前ですよね。

 

スポーツで考えてみましょう。

プロのサッカー選手を相手にどうやって素人が点を取れますか?
プロのボクサー相手にどうやって素人が勝つんですか?

1ラウンドも経たない間にノックアウトで死亡ですね。

しかし、なぜか投資の世界では、これと同じことをやってる人があまりにも多くいます。昔の私もまさにこれでした。そのくせノックアウトさせられたら「投資はやはり危険だった」って言うので、滑稽ですよね。

まずは絶対に勉強しましょう!

 

定年後に退職金を持って銀行に話を聞きに行く人がいますが、あれは絶対にNGですよ。銀行からすれば、カモがネギを背負ってご来店です。

今日は初心者でも投資が安全に始められる3つの書籍をご紹介しますのでご参考ください。

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

マンガなので読みやすいですし、1時間くらいで読めます。

読み終えた頃には「貯金は意味ない」ことや「投資の安全性」が理解できます。

正直、基本中の基本ですが、このレベルの金融リテラシーがない日本人が多いので、お金で損をする人生が嫌な人は最初に読むことをおすすめします。

臆病者のための億万長者入門

かなり論理的です。数値的な証明からの事実だけを述べてくれるので納得しながら読めると思います。

投資においては高度なテクニックやスキル、知識が必要なのも事実ですが、最初の資産が1000万円未満であれば必要ありません。
そんな「数字が苦手」な人でもシンプルにできる資産運用を教えてくれます。

要するに、「手数料が安い方法で、幅広くリスク分散して投資するだけでOK」という理解です。

お金は寝かせて増やしなさい

個人投資家の方の著書ですが、投資初心者の方にとってのバイブルになると思います。

上記と同じく「手数料が安い方法で、幅広くリスク分散する」という内容を、さらに踏み込んだ実践的な内容になりますので、「臆病者のための億万長者入門」を読んだ後に見れば、より深く理解できます。

 

デイトレード

投資初心者が読んでもOKですが、投資歴3年くらいの人が読む方が本質の理解ができます。

かなり良書ですが、テクニック本ではなく「投資で勝つための思考法」を学習できる内容です。

タイトルの「デイトレード」とありますが、デイトレの本ではないです。お金の本質を勉強したい人はどうぞ。


 

手数料の安い証券会社とは?

この2社のどちらかでOKです。

内容に大差ありませんが、今後IPO投資なども考えるのであれば、SBI証券の方がオススメできます。

 

まとめ:将来に向けて今から取り組もう

  • 1)300万円の元手を作る
  • 2)書籍を読んで勉強する(1と同時にする)
  • 3)インデックス投資をする(書籍から知識を仕入れてください)

この流れが一番ベストです。

サラリーマンとして働きながらも、将来に向けて資産を安全に増やす方法を論理的に解説してみました。

この記事のとおりに行動すれば、収入は高い確率で安定的に増やせられるので、ぜひ行動していきましょう!

合わせて読みたい記事

無料体験ができるプログラミングスクール