ネットビジネス

【初心者向けビジネス】無在庫転売を副業にするメリットとデメリットを解説

初心者にオススメのネットビジネスとして転売ビジネスが良いって聞きましたが実際は稼げるのでしょうか?
転売のメリットとデメリットもあれば教えて欲しいです。

この疑問にお答えします。

本記事の内容まとめ
  • 転売は稼げる
  • しかし中国勢がかなり進出している
  • ツールを使えば誰でも稼げる
  • 稼げてもビジネススキルは身につかない
  • 稼いだお金で自己投資しよう
  • オススメの無在庫転売の情報紹介

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

最近、Twitterでも「転売(無在庫転売)で稼いでいます」といった投稿を頻繁に見かけます。特に「初心者でも稼げる」と言われているので興味がある人も多いのではないでしょうか?

そもそも転売ビジネスは稼げるのでしょうか?

 

お小遣いレベルは簡単に稼げる

メルカリやAmazonでも競合分析をして、価格を調査して、正しい設定をすれば余裕で毎月30万円くらいは稼げます。

しかし現状の問題としては転売は「自動化ツール」が乱立した中で、プラットフォーム側のシステムの隙間を付いたビジネスモデルです(メリットとデメリットを後述します)。

顧客対応と発送業務を含めても、初心者でも稼ぎやすいので副業にオススメと言われるのも納得です。

 

中国人たちの戦略も知っておきたい

ここで面白い情報を提供します。中国人業者に向けて、無在庫転売でAmazonに出品して稼ぐセミナーがあり、面白そうなので参加してきました。

転売に取り組む前に、こういった人たちが競合になることも知っておきましょう。

 

中国業者のAmazon進出手順

  1. Amazonに出店すると同時に100円程度の低価格の商品を大量に出品。
  2. それを大量に作った評価用のアカウント(50アカウント以上)で購入
  3. 出店者は実際に商品は出荷せずに出荷連絡をして、評価用アカウントはその出店者に全部★5のレビューをつける。
  4. 出店者のお店の評価は99%以上のユーザーが★5をつける優秀ストアになり、自社の出荷ながらAmazonの倉庫からの出荷と同じ信用力のある「マーケットプレイス プライム業者」の資格を受けて、Primeマークをつけて商品の出品ができる。これで購入する人を騙す下準備が完了
  5. 評価用アカウントからAmazonへの代金支払いはあるが、出店者側は商品コストも発送コストもかからない。Amazon側から商品の購入代金も振り込まれるので、100円の商品を50個、評価用アカウントで購入した場合はAmazon手数料(50円)×50=2500円で信用されるストアが作れる
  6. 日本人のAmazonで購入する人の多くは、レビューの星の数と、Primeマークだけを見て信用できるお店を判断するので、新規ショップでも最初から実績ある信頼度の高いお店と見られ、実際の商品の品質や対応に問題があっても、その後はどんどん売れる。さらに顧客の個人情報も簡単に集めてリスト化できる。
  7. 自社と競合する販売者がいる場合、そこから商品を購入し、発送連絡が来ると同時に「商品が届かない」「品質が悪い」と嘘の内容で、その販売者のレビューに★1で他のお客さんが不安に思うレベルまで評価を落とす。その後は返品、返金の手続きをする。
  8. Amazon JAPANは、これらのあきらかに虚偽、不当なストアレビューであっても、Amazonから出荷されない自社商品は一切関与しないので、評価を下げられた業者は泣き寝入り
  9. この評価上げ、評価下げを請け負う業者もある。
  10. このノウハウで日本人の顧客は、新規参入であっても評価の高い中国業者を信用して、商品を買う。なぜなら、評価が高いから。

 

このメンタルの相手に個人で戦わなければいけない

明らかにビジネスにおいての様々な倫理感を無視して、日本人からお金を奪うノウハウを中国人は展開しています。

Amazonでもメルカリでも、多くのプラットフォームでこの戦略が横行している状況です。

 

無在庫転売のツールとは?

でも無在庫転売ビジネスは自動化ツールもあるし、やっぱり初心者でも稼ぎやすいのでは?

確かに無在庫転売ビジネスはツールが発展しているのでビジネススキルがない初心者の人でも、こうしたツールを使うことで簡単に稼ぐことができます。

例えばAというプラットフォームとBというプラットフォームで無在庫転売をするなら

 

  1. 両プラットフォームで価格差のある商品を出品する
  2. 何が売れるか分からないけど無在庫なので片っ端から出品する(大量出品のツールを使う)
  3. 仕入れ側のプラットフォームで価格が変わったり在庫切れになると販売側のプラットフォームも自動的にツールで修正される
  4. 片っ端から出品するので何かしらは必ず売れるし、無在庫なので売れてから仕入れるのでリスクがなく、高利益率なので売れたら儲けが大きい
  5. 顧客対応と仕入れと発送のみに集中

 

こうしたツールを使った無在庫転売で毎月100万円ほど稼ぐ人もいますし、特にビジネススキルは必要としないので初心者にオススメなのは納得です。

もっと言えば、発送も顧客対応もツールの操作も外部の業者に外注すれば、何もしなくてもお金を稼ぐことができてしまいます。

 

特にビジネス初心者の場合は、綺麗ごと抜きに「お金を稼がないと意味がいない」という人が大多数だと思います。面白いとか、やりがいあるとか、ビジネススキルが付くとか関係なく、とにかく稼げることが重要な人にとっては良いと思います。

無在庫転売で稼ぐデメリットとは?

しかし、自動化で誰でも簡単に稼げるというメリットの反面、当然ですがデメリットもあります。

 

市場が飽和しやすい

簡単に誰でも稼げるということは市場が飽和しやすいというデメリットもあります。
初心者の参入が増えるということは、一番稼いでいるのはツールを提供する人になります。

 

ビジネススキルが身に付かない

またツールを使って何も考えずに稼いでも、ビジネススキルは全く付いていません。ツールを使っているので何を出品しているのかすら把握できない状態で稼げてしまいます。

「1ヶ月で100万円稼げた」と聞くと、これまでのネットビジネスならビジネススキルや知識も相当な実力が付いているはずですが、ビジネス力がなくても稼げる状態は簡単に崩壊することを意味します。

 

長続きは絶対にしない

これはどんなビジネスにも言えるかもしれませんが、無在庫転売はとくに限りなくグレーに近いやり方なので、プラットフォームに規制される可能性は高いと思います。

例えば数年前は詐欺的な情報商材でもYahooやGoogleの検索エンジンに広告を出せていましたが、今ではこの手法は絶対に使えません。規約が変更した瞬間に収入0になることは頻繁にあります。無在庫転売も1年後には使えなくなる手法になりそうです。

 

初心者はちょっと稼ぐと満足してしまう

Twitterで「無在庫転売で月100万年超えました」と喜んでいる人は、それで満足してしまっている感じがあります。お金を簡単に稼げるようになったのは素晴らしいことですし、嬉しいことですが、ここで止まってしまうと大変なことが待っています。

ある日突然、規約が変更されて収入がゼロになってしまったときに、ツールに依存してビジネススキルが身についていない状態です。

無在庫転売で自動化して稼いでいる間に次の準備をしよう

転売ビジネスは自動化できる部分も多く、ある程度の時間が作れます。

その間に稼いだお金を自分のビジネススキルと知識に自己投資をして次のビジネスに取り組んでいきましょう。

情報発信ビジネスをしても良いですし、ブログでアフィリエイトをしても良いと思います。ユーチューバーをすることも面白いと思います。

初心者にとっては先立つお金が必要ですし「稼ぐ」という結果を掴むことは重要です。

無在庫転売で稼いだら、欲しいものを買ったり、行きたい場所に旅行したり、自分にご褒美をあげましょう。

 

その次は自己投資ですよ。

無在庫転売で稼ぎつつ、腰を据えて取り組むビジネスを準備する。大変ですが、やるしかありません。

 

初心者にオススメの無在庫転売の情報は?

無在庫転売はツールは山ほど種類があるので、どれが実際に良いのか初心者の方には選べません。無在庫転売の仕組み構築から学べるものや、完全自動化を目指すものまで多種多様あります。

まとめ:転売は初心者が稼ぐには最適だけど、稼いだお金で自己投資しよう

以上、転売を始める際にオススメの情報源を最後にまとめましたが、どの情報も販売価格としては高くありませんね。

失敗しないためにも、最初にこうした情報を買うというのは時間を買うと同義語です。

初心者が失敗する1番の理由は「独学でやってしまう」ということです。

【プロになる最短方法】独学だけで成功した人は1人もいないこんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 以前に「本当に自由な人生を手に入れるためには、ルールを作る思考に...

 

実際にスキルを身に付ければ簡単に回収できますしね。
転売をはじめた人の平均的な収入は月収50万円から80万円です。すぐに回収できることが分かると思います。ぜひ、この機会にお試しください。

 

記事で紹介した無在庫転売の情報

関連記事

あわせて読みたい