稼ぐための心理学

10000枚のチラシを手配りして充実感は最高!でも結果はゼロの理由。

こんにちは、ヒロキング(@hiroking10ten)です。

28歳の時にスポーツ向けの情報ウェブサイトを作りました。

ユーザー数を増やして広告で売り上げを作ろうと、色々と施策をしました。

mixiとかで告知したり、当時出たばかりのツイッターでも宣伝しましたね。

でも、あまりネット上での効果はなくて、「やっぱり一番効果があるのはチラシのて配りでは?」というアイデアから、見込みユーザーがたくさんいる、スポーツイベントとか、試合会場でチラシを配ることにしました。

 

スタッフ総出で、10000枚のチラシを数日間で配り終えて、それはそれは充実感はありました!

だって、朝から夜遅くまで、街に出て、「お願いしまーす!」って頭を下げながらチラシを配ります。正直、チラシってなかなかもらってくれないんですよ。

 

その代わり、「お前らネット使わねーじゃねーか」という子供は、なんか貰えると思って、わんさか貰ってくれるんですよ(笑)。

で、すぐにお母さんに奪われて、読まずにカバンの中へ・・・。

 

1万枚もチラシを配ると、どうやって渡せば受け取るか!
といったスキルは嫌でも身につきましたよ!

期待感MAXでアクセス数を見てみる

スタッフみんなで、このチラシ配りの効果のアクセス増加数を見てみます。

「え?????」
「アクセス取得、壊れてないですか?」

現実は、反応がほぼ0でした。

チラシを作る時間、費用、配る人件費のすべてが無駄になりましたよ。

それはそれは、落ち込みましたし、

「このウェブサイトはダメだな!」なんて、社長なのに弱気発言しまくっていました。

成果が出ないのは、オファーをしていないから

今なら、すぐに分かりますし、もっと効果が出る施策を同じチラシ配りでも出来ます。

でも、当時は無知でした。

要するに、

・ウェブサイトのサービス告知はチラシでは無理

・ツイッターから集客できない

・mixiも難しい

今だと

・SNSマーケティングに向いてない

・LINE@からは集客が難しい

ということが、問題の本質ではないということです。

 

多くの人が、流行りのツールを使って、今ならツイッター、Facebook、インスタ、LINEなどで集客したり、マーケティングしようとします。

で、ちょっと試して失敗して「やはり、うちには向いていない」と諦めます。

 

いやいや、違うんですよね。効果を出すには、基本的なルールがあります。

それが、「オファーを必ず入れる」ということです。

受け取る人のメリットを盛り込んでいますか?

チラシを10000枚配りましたが、そのチラシにはオファーがありませんでした。

・このチラシからウェブサイトに着てくれた人には●●をプレゼント!

・このチラシを近くのお店に持っていくと●●をプレゼント!

・このチラシで、試合を無料観戦!

などなど。

こうしたオファーがあれば、結果は違いました。

 

飲食店であっても、

・LINE@にご登録いただくと、すぐにビール1杯無料!

・インスタグラムをフォローされると10%オフ!

などのオファーを盛り込むことが重要です。

 

でも、多くの場合は、このオファーがなくて、

・インスタグラムでは毎日のお店の様子をアップしていまーす!

・LINE@ではお得な情報を配信しています!

というように、自分たちのサービスの中身ばかり宣伝しているんですね。

 

「そんな情報、いらねーよ!」というのが、消費者の一般の声じゃないですかね!

 

こうしたマーケティングにおける効果を出すための科学的な技術が存在します。

こういったスキルは知っているのと、知らないで、大きくお金も時間も失う可能性があります。

あわせて読みたい