稼ぐための心理学

【お金とは何か?】自分が成長すればする程に受け取れるお金のキャパが増える

ストレートに聞きます。
お金ってどうすれば稼げるんですか?
そもそもお金って何なのかすら最近は分からなくて・・・。

そんなビジネス初心者の方がハマりやすい疑問にお答えします。

本記事の内容
  • お金は物を買うのではなく自己成長に使うべき
  • お金の本質が理解できる
  • お金を稼げる臨場感をあげる

 

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

今日は、誰もが一番関心のある「お金」についてお話します。

「お金の使い方こそが、その人の生き方につながる!」と言われるのですが、私自身はお金はなるべく自分の成長に繋がること、そして関わる人が喜んでくれることに使いたいなと心がけています。

物を買うことは、あまりないです。ブランド物も昔は好きで買ってました。

特に靴が好きなんですけど、ヴィトンやグッチのスニーカーを買ってましたが、ぶっちゃけナイキの方が100倍履きやすいです。

 

なので、ここ数年はブランド物も買いませんし、どれだけ収入が増えても生活レベルも極力上げません。

高級レストランとかも興味ありませんし、親戚の子供を引き連れてガストにもよく行きます。

 

その代わり、知識やスキルを学ぶ自己投資(自己資産)とか、体験価値があるものには、お金が高くても迷うことなくお金を使うようにしています。

そもそもお金とは何か?

今回の記事はあえて抽象度を高くしています。

表面だけを受け取ってしまうと、怪しいスピリチュアル的な内容になり兼ねないので、自身の頭の中でイメージしながら読んでみてください。

【貧乏は連鎖する】お年玉の使い方で人生が決まる こういった疑問にお答えします。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 前...

 

お金は単なる道具でしかない

よく言われる言葉ですが、本質を理解することは簡単ではありません。

なぜなら、多くの人が道具だとイメージしにくいのは、やっぱり単なる道具以上の何かがあると体感しているからだと思います。

お金は人のエネルギー(欲望、本能)が物質化したもの

例えば、ブログを書いて情報発信をしたり、メルマガの中で価値ある情報を無料で提供することで、多くの人に感謝をされると、どんどん目には見えないエネルギーが溜まっていきます。

これを言葉にすると「信頼残高」とか「徳を積む」という表現になります。お金はこのエネルギーが目に見える形に変化したものと考えられます。

同じ金額でもエネルギーが違う場合がある

例えば年収10億円以上ある、大金持ちの資産家の人にとっての1万円と、高校生が一生懸命に働いて、やっと稼いだ1万円ではエネルギーが違ってきます。

当然、高校生が一生懸命に働いて稼いだ1万円の方が高いエネルギーを持っています。

このエネルギーの高さの違いは受け取った時の感動の大きさだと思っています。

お金を支払う方と受け取る方のエネルギーが合わさることもある

それこそ、高校生が一生懸命に汗水流して頑張って働いてくれると、

お金を支払う側も「たくさん返してあげたい」って気分になります。

受け取る方も「1万円ももらえるんだから、もっと頑張らないと」と思います。

こうして行き来する1万円のエネルギーがどこかの社長がキャバクラで支払う1万円と同じとは思えません。(かなり偏った説明ですが:汗)

お金の使い方は、稼ぎ方で決まっている


さらに、お金は使うことで、やっとその価値を見出すことができるのですが、使い方はすでに、稼ぎ方(手に入れ方)の時点で決まっています

 

例えば多くの人に感謝されながら100万円を稼ぐ人と、詐欺的なことをして、人を騙して100万円を手にした人では、当然ですが使い方に差が生まれます。

前者の場合は、「このお金は多くの人の思いがあるのだから、大切に使おう」という意識になりますが、後者の場合は、「あれ買って、これ買って、あれにお金を使ってしまえ!」とストレス発散だったり、自分の欲望を満たすだけのことに消費してしまいます。

成長するときや、緊急事態に直面するとお金は平気で捨てられる

いくら普段から「お金が大事」「人生で一番大切」と言っていても、大切な家族や子供、嫁、彼女、親友などが病気になってしまい「今すぐ手術しないと死んでしまう!」というような極端な緊急事態などに直面すると、今まで必死に苦労して貯めたお金であってたも、平気で全てのお金を使うことができます。

それくらい、一般的にはみんなお金よりも大切なものはあって、お金はそのための道具でしかないと知っているわけです。

お金って、結局はその程度の価値なんですね。

お金を利用して、思いっきり成長した人にお金はさらに増えて戻ってくる

人は、そもそもお金よりも大切なものがあるけど、その大切なものを手に入れるためにはお金が最良の道具である!ということを潜在意識ではわかっています。

でも日常の中では、どうしても人生の長期的スパンから将来への不安だったり、恐怖心への保険から「お金は貯めておく方が安全だ!」という考え方に落ち着いてしまいます。

しかし、お金はあくまで大切なものを手に入れるための道具だと認識できれば、お金を上手に使って、まずは自分をどんどん成長することに使えば自分の人間的な器も大きくなり、その器に入るお金のキャパが増えることで、もっと大きくなった器にお金が舞い戻ってくるという法則を実感できます。

未来は臨場感の高い方へ引き寄せられる

今までのお話の中で、あなたがお金に対して感じる認識はどのように変化したでしょうか?

「言ってる意味がよくわからない」という場合は、意味が自分の中で理解できるまで何度も読んでみてください。

それくらい重要な内容です。

 

私たちの未来というのは、臨場感が高い方へどんどん引き寄せられていきます。

人生で成功する人は「私の人生が成功するのは当然だよ!」と普通に思っています。

 

臨場感の高さとは、頭の中だけのイメージ力ではなく、実際に5感も含めて体感することです。

 

例えば「明日、17時に東京駅まで来てください!」と言われたらどうでしょうか?

12時に新大阪の新幹線に乗れば15時までには東京駅に着くな!
そこから待ち合わせの場所まで移動して、16:30までには到着できるな!

こんな風に普通に想像できると思いますし、何より行動するイメージも鮮明にできると思います。

それでは「10日後にイタリアまできてください!」と言われたら、今度は色々と頭の中で考え始めると思います。

「本気で言ってるのかな?」
「どれくらいお金がかかるんだろうか?」
「どうやって行けば良いんだろうか?」
「現地ではどんな感じで迎えてくれるんだろうか?_」

これが臨場感の違いです。臨場感が低いと目的達成が難しくなることが理解できると思います。

成功者は成功に対しての臨場感が高い

そして、経済的に成功している人は、成功する(お金を圧倒的に稼ぐ)ことへの臨場感が当然ですが、高いのです。

当たり前に稼げるし、何より「明日の17時に東京駅に行く」と同じくらい、目的達成までの道順が明確です。

 

だからこそ、このお金に対しての臨場感をあなたが当然のように高くすれば、すぐにでも経済的な成功への道順までも見えてきます。

 

今回はかなり抽象度も高く、意識して読まないと、ちんぷんかんぷんになる内容をわざと書きました。

というのも、この抽象度のイメージができない人はやっぱりビジネスにおいてもお金を稼ぐことは難しいと思っています。

 

だからといって、お金を稼ぐことも、ネットビジネスをすることも、自由な人生を手に入れることも、まったく諦める必要なんてありません。

ゆっくりでも、着実に学習と思考を繰り返すことで、どんな人であって、理解はどんどん深まります。

まずは、お金に対しての認識と稼ぎ方、使い方について学習を続けながら、今後もビジネスの本質を一緒に学んで成長できればと思います。

あわせて読みたい