自由な人生について

【若い人たちへ】将来の心配よりも先に自分が価値を提供できるスキルを身につけよう

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

 

先日「若い世代はメルマガを読まない!」という記事を書きました。

【メルマガは終わるのか?】メルマガ嫌いの若い世代をメルマガ読者にするたった方法こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 先日、かつての私の生徒だった大学生の子(現在は大学卒業して投資家...

 

今日は、その続編ですが「今の若い世代の悩み」について解説します。

本記事の内容
  • 若者だって将来の不安を抱えて生きている
  • 10年後なんて誰も分からない
  • ユーチューバーが立派な職業になっている
  • 価値を提供できる人間になろう

就ける仕事がないという恐怖心

親戚に高校3年生の女の子がいるんのですが、受験勉強していると聞いて冷やかしに行ってきました(悪い親戚です)。

で、そこで彼女がすごく思い悩んでいるんですね。

「将来がむちゃくちゃ不安!そもそも自分が就ける仕事ってあるのか不安やねん!」

その悩みを聞いて衝撃を受けました。「すげー悩み抱えて大学受験するんやなー!」と思わず言ってしまいました。

 

だって自分が大学生に入学した2000年当時はそんな悩みなんて皆無でしたよ!とりあえず大学に行くことしか考えてなくて、就職なんて大学3年生くらいから考え始めるのが普通という価値観です。

でも、今の時代は情報が溢れ返っているので、高校生の間から将来の就職を見越した上で受験勉強をしているんですね。

 

一見、優秀な子に思えるのですが彼女の不安を増長させてあげるべく(極悪な親戚)こんなメッセージを伝えました。

「まぁ、今ある職業のほとんどなくなるよ!親世代もたくさん仕事を失うと思うで!でも、その分どんどん新しい職業が出てくるから!」

iPhoneが登場した、たったの10年前・・・今の時代想像しました?

スマホという概念が一般化されてなかった10年前。iPhoneが登場したときに、今の時代をあなたはどこまで想像できましたか?

携帯電話ではなく、スマートフォンが主流となり、メールがLINEに置き換わった。

見逃したテレビは1時間後にはYoutubeで見れて、漫画はアプリで読む。

子供のなりたい職業にユーチューバーですよ!ヒカキンですよ!

もはや「ユーチューバーとかあんなの仕事じゃない!」って言ってる人がいれば、時代錯誤も満開ですね。

そんな人はネットビジネスには向いていないので、すぐにこのブログも閉じてください。

 

これから10年後、いや5年後には「今では考えられない、想像もできないことが仕事になっていて、子供たちの憧れになっている」という可能性はこれからもどんどん出てくるはずです。

常に新しいものが登場すると、はじめは批判を受けたり、疑いの目で見られますが、だんだん時間の経過と共に当たり前のものになります。そのスピードも年々早くなっています。

コンサルタントは詐欺ですよ

そもそも日本でも数年前までは「コンサルタントなんて詐欺」だと言われてました。

でも、今では「仕事はコンサルタントをやっています!」と言えば「すごいですね」と返答されるほどに市民権を得ました。

情報コンテンツ(商材)は詐欺ですよ

また、これもひと昔前は「情報コンテンツなんて詐欺」とも言われてましたが、そもそもKindleとかで電子書籍(情報コンテンツ)にお金を支払うのが当たり前になった時代です。

人の価値観なんて、今まで経験したことでしか測れないので慣れるまで時間がかかるだけです。

 

もはや今の時代は「履歴書にも職業ユーチューバーと書いたら採用する企業は山ほど」あるんじゃないかなと思います。

マーケティング力、コンテンツ作成能力、発信力、拡散力が優れているわけですし!

 

そもそも、男は汗水流してこそ働くべき!って言ってる旧時代の思考の人ほど注意しないといけなくて、そうやって汗水流して働く仕事はすべて、機械と外国人労働者に持っていかれる時代になるということです。

これからの時代はどんどん新しい職業が出てきて、逆に今ある職業がなくなる、もしくは機械化されます。

だからこそ、若い世代の子たちが就職のときに「これから成長する職業って何?」とか悩んでいるのは無意味です。それよりも、どういったスキルを身につければ価値を提供できるのか?ということを考えて行動するだけで大丈夫です。

勉強できる人ほど旧時代の価値観で資格を欲しがる

自分で価値を生み出せる人間=お金を払う価値がある人

という方程式さえ理解すれば、これからの時代を生き抜くことはできると思っています。それはつまり信頼をしてもらう人間になるということです。

だって、本当にお金を支払う価値があるかどうかは「お金を払った後に感じるそれぞれの感覚次第」だからです。

信頼を先にしてもらう必要があります。

 

医者なんか、医師免許を持っているだけで「先生」って言われて無条件に信頼されています。

中身は単なるドラッグディーラーだとしても「この薬を飲んでくださいね!」って言うだけで、患者は先生の言うことを信頼してちゃんと薬を飲んでくれます。

 

こういった信頼を得やすい資格のもとにある仕事はだいたいこんな感じで、最初から価値を提供しているのではありません。

だから医者や弁護士、税理士などが「本当の価値を提供しているのか?」ということは別の議論にもなっちゃいます。でも勉強できる人ほど、こういった資格とか信頼の仕組みが大好きで、こんな仕事に飛びつきます。

 

でも、これからの時代はこういった資格を取っ払い、完全にゼロの状態からでも自分の力だけで価値を生み出せる人が圧倒的に活躍する時代になります。

まずは、今ある職業や会社から「自分が就く仕事を選ぶ」のではなく、誰かに価値を提供できるスキルを身に付けることからはじめてみましょう。

知識やスキルが身についた頃には「今の仕事」から人生を選ぶ選択肢が自然になくなって、もっと自由な視点で生き方を選択できるようになりますよ。

あわせて読みたい