本当は教えたくない話

情報発信でお金を稼ぎたい人向けのライティングスキルの上げ方を解説

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

2018年の8月から毎日欠かさずブログ更新を続けています。

現時点で約560記事以上を書き上げてきたわけですが、これだけの「文章書き」を継続すると、いやでもライティングスキルが上がるわけです。

 

そこで本記事ではブログでもSNSでもYoutubeでも、情報発信をすることでお金を稼ぎたい人向けに、ライティングスキルを上げる本質的なセンターピンについて解説しようと思います。

 

情報発信で稼ぐということは、結局のところは「自分の言葉(文章、動画、音声)を通じて、相手の心を動かして行動させる」ということです。

この人の心を動かすための手段として「ライティングスキル」を情報発信者が身につけなければいけない理由も理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

情報発信でお金を稼ぎたい人向けのライティングスキルの上げ方

SNSを通じて、毎日のように個人が情報発信をしている時代の中で求められることは「個人で生きる力」を身に付けるということです。

 

これまでの時代は日本経済という大きな成長の波に乗って、働いて普通に生活をしていれば問題なく生涯を終えることができました。

しかしながら、現状はお分かりの通り「このままではヤバイ」と誰もが痛感しているはずです。

 

日本という国をマクロで見ても

  • 全体的に高齢化
  • 将来貯蓄が優先
  • 消費は先細り

という状況の中で「このまま見て見ぬ振りをしておけば大丈夫」とは全く言えない状態です。

 

多分ですが、仕事をしていても、普通に生活をしていても「贅沢できる生活」なんて想像もできないだろうし、特段に必要性も感じていませんよね。

だけど「このままでも大丈夫」と言えない状態で、何となく将来が不安という感情だけが日々強くなります。

 

そんな中で個人が「取るべき行動」というのは、たった1つだけで「自分の身は自分で守る」ということに行き着きます。

 

「副業を始めたい」のも、このまま行けば将来が何となくヤバイ!という直感がどこかで働いたからであって、会社が自分の人生を最後まで面倒見てくれるなんて確実に幻想と分かったわけです。

正社員と非正規社員の賃金と待遇格差がなくなる時代【実力主義です】でも解説していますが、すでに大企業でもリストラは進んでいます。

早期退職というのは、柔らかい言い方ですが「クビ宣告」ですよね。

 

そんな時代背景の中で、このブログを読んだり、何かしら「自己成長するための情報」を求めている人は、情報感度が高く、危機意識をしっかり持っている人に限定されます。

とはいっても、大半の人は「将来が不安」と言いながら、改善しようと行動することは一切ありません。

 

「情報を探す」というのも立派な危機意識を持った行動です。

そんな危機意識の上でやるべきことは、先述した通り「個で生き抜く力」を高めることです。

 

国に依存するのではなく、会社に依存するのではなく、クライアントに依存するのではなく、家族に依存するのではなく、自分の力だけで稼いで人生を切り開くスキルと知識です。

 

消費税増税だったり、年金の先送りだったり、じわじわと気付かれないように逃げ場を埋められている現実の中で、個人が最初にやるべきことは「人生の理想を見つけて、そこに向けて生きる力を身に付ける」ということです。

 

個人が生き抜くためにやるべきこと

理想とは個人ごとに違って当然です。

例えば日本という国以外にもチャンスを広げるために語学を学ぶこと。

様々な国の文化に触れて、自分の世界観を広げること。

それ以前に、まずは目の前のビジネスの仕組みを知って実践して、実際に自分で稼ぐということもそうです。

 

そもそも、どうやって自分が勤める会社が利益を上げて、自分に給料として支払われているのか?すら理解していない人が大半です。

自分の会社の年商はいくらですか?
毎年どれくらいの成長率ですか?
利益を伸ばすためにどんな施策をしていますか?
会社のビジョンと世の中のニーズはマッチしていますか?

これらに即答できない状態で、自分の人生の理想なんて作れるわけがありません。

 

ぶっちゃけ、綺麗事を抜きにして、こうした「個人で生き抜く力」は必須になります。

 

誰でも簡単に稼げる方法を求める人生を卒業【搾取されたくない人向け】でも解説していますが「自分が今仕掛けられている」という意識がない人は、常に無意識で仕掛けられて搾取される側にいるということです。

 

逆に言えば、知識を持って、他人の心を動かして、仕掛けられる人は、これからの人生はどんどん豊かになるということです。

良い悪いの話ではなく、それが現実です。

 

これからの時代はさらに世の中全体で余裕がなくなります。

芸能人の不倫や不祥事、事件に対して必要以上に反応してストレスを感じている時点で、すでに生活全体で余裕がない証拠です。

ぶっちゃけ芸能人が不倫をしたところで、あなたの人生には1ミリも影響がないはずです。

 

余裕がなくなる社会になると、不思議なことに富は一極集中していきます。そして貧しい人、普通の生活をしている人は、さらに貧しくなっていきます。

富める人たちは、今よりも加速度的に富が集まっていきます。

 

そんな時代の中で、今から何をすべきでしょうか??

 

ライティングスキルで人の心を動かす方法

例えば、これまでの本文を読んで、少なからず「自分の人生」や「将来」を考えたと思いますが、こうした悪いシナリオを見せられると人の心は不安な状態になります。

そして不安は、人の行動を駆り立てることに繋がります。

 

こうした「負の情報」で人の心を動かすライティングが存在することを理解してください。

 

そして、情報発信をしてお金を稼ぎたい人は、こうした「人の感情を動かすライティング能力」を確実に身につけましょう!という話です。

 

SNSでもYoutubeでも情報発信を頑張っても、まったく心に響かない人の発信には、この「厚み」が根本的に足りていません。

例えば情報発信で心を惹きつけるストーリーライティングの作り方【本質論】でも解説していますが、物語を使うのも1つの「人の心を動かす手段」です。

 

ライティングスキルの上げ方を知らない人、そもそも価値を知らない人は「ライティングで人の行動をコントロールできる」という事実すら知らないのだと思います。

そういう人は自分が気付かない間に、行動を操作されていることすらも気付いていません。本当におめでたい人生です。

 

こうした人の心を動かして、実際に行動させるための知識なんかは、いくらでも本を読めば勉強することができます。

例えば以下の本とかどうぞ。

※別に興味がない人は買わないでOKです。


私自身はこうした人間心理だったり、購買心理学というものを徹底的に勉強して、人間の心が動いてしまう原理を論理的に理解することができています。

そうなると、仕掛けられた瞬間に「あら?こうやって仕掛けてくるのね」と相手の戦略が手に取るように分かるので、上手に回避したり、逆に巻き込んで相手に仕掛けたりすることができます。

※例えば会社に商品(サービス)を売りにきた営業マンに自分の会社の商品を買わせることができます。

 

人の心が動くメカニズムとしては、本記事で紹介したように「不安」や「恐怖」といった負の情報があります。

他にも「快楽」は「渇望」といった生の情報でも人の心を動かして行動させることができます。

 

ということで本記事ではこれくらいで終わりたいと思いますが、この辺りを興味があって、情報発信でお金を稼ぎたい!という方はWebマーケティングとライティングスキルの習得方法【お金を稼ぐための必読書9冊】も合わせてご覧ください。

本記事は以上です、

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

人気記事SEO対策で検索結果の上位表示を獲得する記事の書き方【キーワードの選定からライティング】

人気記事【収入爆上げ作戦】アフィリエイトで結果にコミットするセールスライティングとは

関連記事