未分類

たった1言で1億円のコンサルティング費を支払ってもらう方法

こんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama)です。

先月にメジャーリーグで大活躍の大谷選手の逆転3ランホームランを見て、感動しました。


投げても凄い投手なのに、さらに打ちまくるとか・・怪物というか、もはや漫画ですよね。

でも、大谷選手ってシーズン前は「活躍は無理だろう」って言われていた選手ですよね。

人の可能性ってわかりませんし、世間の評価なんて全くアテになりませんね。私自身も、こうした日本人が世界を舞台に大暴れする活躍を見ると、もっともっと貪欲に頑張ろうと思います。

1言1億円の報酬

そういえば、夏の甲子園でも始球式をしていた元メジャーリーガーのゴジラ松井さんは、大谷選手とは逆で、かなり期待されて入団下にも関わらずに、不調なシーズン開幕となり「なんで、あんな奴に大金を払ったんだ?」とバッシングがすごかったですよね。

そんな中で、ヤンキースのトーリ監督は松井さんに対して「バッターボックスでもう半歩だけ前に出てバッティングしてみてくれ!きっと良い結果が出るよ!」と声をかけたそうです。

松井さんは「あの言葉が魔法のようだった」と振り返っていますが、その助言通りに、半歩前に出たことで年間で31本のホームランを樹立。

野球のバッティングに関してはプロの松井さんでも、こうしたちょっとした助言で大きく結果を変えることができます。

 

当時の松井さんからすれば、この「半歩前に」という1言をもらうだけのために1億円を出しても、十分にお釣りが出るコンサルティングだと思います。

 

私も生徒の方に「この部分を、こう変えましょう」と伝えただけで、月収が8万円だったのが翌月に30万円を突破したような出来事は山ほどあります。

松井さんのようなプロ中のプロでさえ、たった一言のアドバイスで結果を変えられるのだからこそ、一般のビジネスにおいては、こうした結果を出した人からのアドバイスには大きな価値があると思っています。

そのアドバイスを受け取るために、コンサルを受けたり、ノウハウを教えてもらったりすることにお金を支払える人は、どんどん成長していきます。

 

いま、あなたが独学などでアフィリエイトなどの副業をはじめても、なかなか思うように結果が出ていないときは客観的に把握して、アドバイスをもらうことをおすすめします。

【プロになる最短方法】独学だけで成功した人は1人もいないこんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama)です。 以前に「本当に自由な人生を手に入れるため...

思い悩む時間なんて一番もったいない時間ですし、お金を支払うだけで貴重な時間と最良の答えも同時に買い取れます。

お金って結局はこうやって自分の成長のために時間と問題解決法を買うことで、さらに増えて自分のもとに戻ってくるので、経済は面白い仕組みだと感じます。

合わせて読みたい記事

無料体験ができるプログラミングスクール
あわせて読みたい