脳科学マーケティング

【売り上げ5倍は可能】近所のたこ焼き屋を勝手にコンサル!売り上げを伸ばす4つの方法とは?

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

2ヶ月前くらいに家の近くに、新しくたこ焼き屋がオープンしました。

若い夫婦でお店をやってる感じでお店の内装とかも雰囲気が良くて、もちろん味もGOOD!

常連になりそうです。たこ焼きがむちゃくちゃ好きなんですよね。

オープン当初はかなり長蛇の列になっていましたが、2ヶ月もすると結構ガラガラな感じですぐに買うことができます。

そこで、職業柄なのかここから勝手に妄想です。

たこ焼き屋をコンサルするなら?

まずは立地ですが、最寄りの駅周辺には別のたこ焼き屋はありませんが、人気のお好み焼き屋があります。

でもお店で食べるお好み焼きと、お持ち帰りがメインのたこ焼きです。顧客の奪い合いはそこまでないかなと思いました。

 

そこでお会計時に店内やお店のPOPなどを見てみます。

なぜ「このお店が1ヶ月もすると顧客が来なくなったのか」すぐにわかりました。

そもそもビジネスの素人ということもあると思いますが、何よりリピーター対策をまったく出来ていません。

味に自信があるお店ほど、リピーター対策を忘れがち

せっかく美味しいたこ焼きを提供しているのに、多くのお客さんに食べてもらう営業努力をしていません。

そもそも味に自信があるお店ほど「一度食べれば、また来てくれる」と思い込んでいます。

ホームページは持っていましたが、素人が作ったものでお店へのアクセスとかお店の写真やメニューだけではあまり意味がありません。

だって、そもそもですけど「たこ焼き食いてーーー」となった時に、ホームページを検索する人なんかいるのかな?と思います。

 

だから、こういった職業はもっとプッシュ型だったり、企画を作って一緒に盛り上がる感じの方が面白いかなと思いました。

ここは後述します。

売り上げを伸ばすビジネスの基本とは?

基本的にビジネスで売り上げを伸ばすには以下の方法しかありません。

  1. 新規の顧客を集める
  2. 顧客の購入頻度をあげる
  3. 顧客の購入単価をあげる
  4. 流出する顧客を減らす

リアル店舗を構えるビジネスでも不動産でも駄菓子屋でも、ネットビジネスでも全て同じです。

売り上げを伸ばすには、これらのどこかに改善する余地がないかを検証しましょう。

アフィリエイトや転売も同じです。それでは、このたこ焼き屋で考えていきましょう。

1)新規顧客を獲得するために

・移動型の営業販売

これで地域のお祭りやイベント毎に出店して新規顧客を開拓したり、最寄り駅周辺にある保育所や幼稚園の近くで販売。
子育てで忙しいお母さんたちが買ってくれるはずです!

2)購入頻度をあげる

・LINE@やメルマガ導入

リピーター獲得のために、その場で登録してくれた人にはたこ焼き2個無料追加サービスなどなど。

こうして集めたリストに向けては当然ですが、営業日のお知らせや、雨の日は半額などのキャンペーン情報の発信!

期間限定のクーポンなど、なんでもできます!

さらに

・企画を打ち出す

新しいたこ焼きの具の開発のアイデアを募集して採用されるとその人が商品名を決められるとか、その人は生涯無料などで話題を作って巻き込んでいく!

こうなるとリピート顧客がSNSを通じて、新規顧客を連れてくるサイクルにもハマると思います。

3)顧客の購入単価をあげる

これも2の購入頻度をあげることで必然的に改善されますが「企画を打ち出す」部分で、単価の高い付加価値のついた商品を作ることも可能です!

また、たこ焼き屋って、たこ焼きしか売っていませんが「たこ焼きのカロリーを気にする女性にセットでダイエット茶を販売」したり、サイドメニューを作っても良いですよね。

吉野家だってメインの牛丼よりもサラダや卵、けんちん汁が高利益です。

こうしてサイドメニューだったりで単価はあげれます。サイドメニューさえも、企画を打ち出して顧客と一緒に考えるのも良いですよね。

4)流出する顧客を減らす

これを改善するには、やはりファン化させることが一番です。それもお店の味ではなく、お店の存在自体にファンになってもらうということです。

店長のキャラだったり、地域の名物店になるとか!

近所に中学や高校もあるので、そういった学生を対象に学割をすることも良いと思います。

学割、さらにカップル割、部活割、先生割などなど。

リピーターを増やす努力をすれば、今より10倍は稼げる

こうしてレジのお会計の1分くらいの間にでも、これだけのことを考えてみましたが、こうした勝手にコンサルティングは、自分の引き出しを増やす練習にもなるのでおすすめです。

 

コンサルとなると「SNSやりましょう!」「LINE@やりましょう!」とツールの利用ばかりを言う人がいますが、本質はそこではなく「どうすれば売り上げが伸びるのか?」です。

そのために、どんなツールが使えるのか?

ブランディングをするのであればオリジナルのキャラクターを作ったり、話題性も含めるなら、高校生の軽音部の子達にタイアップ曲を作ってもらい、その子たちはずっと無料で食べてもらい、代わり学校で宣伝しまくってもらうなども出来ます。

 

こうやって考えるだけでも、なんか勝手にワクワクしてきますし「もっとやれることがあるのになー!」と応援したくなる気持ちになります。

 

ということで、最近少しリバウンドしてきましたが、またダイエット&筋トレも引き続き頑張ります。

あわせて読みたい