自由な人生について

努力できない理由は遺伝や病気ではない【明確な目標がないだけです】

こんにちは副業の王様を運営するヒロキ(@hiroking10ten )です。

子供時代から努力を積み重ねてきました。

もちろん、努力した結果が必ず報われるとは限りませんが、努力をすれば確実に自己成長には繋がるので「努力のコスパ」は最高だと思います。

 

しかしながら、大半の人は「努力をすること」ができません。

努力ができない理由をググってみると「遺伝で決まってる」とか「脳の病気だ」みたいな説もありますが、本当の理由は「明確な目標がない」ということです。

 

がむしゃらに頑張ることは努力ではありません。

明確に自分が決意した目標に向かって、何をするべきか?が分かった状態で行動を継続することが本当の努力です。

 

そこで本記事では「努力できない人」向けに、その理由と「どうすれば努力ができるようになるのか?」について解説していきたいと思います。

 

努力できない理由は遺伝や病気ではありません

努力ができない原因は「明確な目標がない」からです。

目標があれば、誰でも自然に努力ができます。

 

「努力ができない」と悩む人は、以下の質問に答えてみてください。

  • 本当に達成したいことですか?
  • 何が何でも成果を出したいことですか?
  • 人生をかけて到達したい目標ですか?

少しでも言葉に詰まるなら、努力ができなくて当然です。

逆に「もちろん」と応えれる人は、自然と努力が継続できるはずです。

 

ブログで稼ぐための努力

1つの事例として、私は2018年の8月から、毎日ブログの記事を書き続けています。

1日も休んでいません。

なぜなら「ブログで稼ぎたい」という明確な目標があるからです。

なので、毎日ブログを書き続けることは当然であり、苦痛とすらも感じていません。

多分、他の人からすれば猛烈な努力に見えるかもしれませんが、至って本人は日常の中の作業の1つとして記事を書くことを継続しています。

 

明確な目標があれば、他人よりも努力を続けることができます。

  • 休日も朝からブログの記事を書き続ける
  • 遊びの誘いが来ても断ってブログの記事を書き続ける
  • 体調が悪い日でもブログの記事を書き続ける

その1日1日の積み重ねが、将来に大きな差となって開きます。

 

努力を積み重ねている人のシャワーを浴びよう

類は友を呼ぶではないですが、努力ができる人の周りには努力ができる人が集まります。

当然、逆もしかりです。

 

Twitterやオンラインサロンに入れば、意識を高く持って努力を続ける人たちの熱量に触れることができます。

「意識高い人間は嫌われる」みたいな低俗な思考が蔓延していますが、ぶっちゃけ一度きりの人生です。

自分の人生くらい、しっかり意識を高く持って生きてはどうでしょうか?

 

ホリエモンやキングコングの西野さんが批判されますが、彼らを批判している人間は総じて「努力できない」人間です。

自分が努力できないのは、目標なく生きているだけで、まさに僻(ひが)みそのものですね。

 

努力できない人は考えるより、先に行動しよう

努力ができるような明確な目標を作るためにも、まず行動しましょう。

すぐに質問する人は知識が付かず相手の時間を奪うので仕事も減りますでは、自己成長のために必要な要素として「自分で考えること」について解説しています。

 

つまり「努力ができないので、努力できる方法を教えてください」と言ってる時点で終わってるわけです。

 

じゃ、どうすればいいのか?

というと、自分で行動して見つけるしかありません。

 

「ブログで稼ぎたい」なら、稼げるかどうかを悩む前に、まずは行動して挑戦してみること。

「プログラミングスキルを身につけて転職したい」なら、自分はパソコンが苦手とか言ってる前に、プログラミングの勉強をはじめてみることです。

 

何でも成果を出してる人って、行動力が鬼速かったりします。

 

東京で消耗したので地方に拠点変更【売上3倍を達成した地方の魅力】では東京から関西に戻ってきた実話を書いていますが、実際に「東京に出よう!」と思った時は決断した2日目には東京の不動産屋で物件を見ていました。

東京で仕事をしよう → 決断した、その日のうちに翌日の新幹線のチケットを取る → 東京に行って不動産屋に行く → その日のうちに物件を周り決める

マジで、このスピード感で決断して行動しました。

 

東京に行って、新しくベンチャー企業を立ち上げる際には、アプリ開発ができるエンジニアを見つけるために、100人以上のエンジニアに直接メールをしてアポを取り会いに行きました。

資金調達をするためにも、毎日ベンチャーキャピタルの担当者に会って、事業内容をプレゼンしました。

とにかく行動しまくりました。

 

行動しまくると、目標が明確になる

そうやって頭で考えるよりも、先に行動して、課題を見つけて、それを乗り越える。

そんな日々を繰り返していると、次第に「自分が達成したい明確な目標」が鮮明に見えてきました。

その当時の目標は「スポーツベンチャーで上場する」という目標でした。

 

自分が好きだったスポーツと、ITを掛け合わせ大きな事業を作り上げる。

そのために、行動を繰り返し、様々な人に会いました。

有名な大企業の経営者の方々にも会うことができました。

色々な話が聞けました。

 

その中で、自分の未熟な部分や成長しなければいけない部分も明確に課題として見えてきました。

今度は、その課題を乗り越えるために行動を繰り返します。

 

他人が見れば、想像を絶する努力だったかもしれませんが、当の本人は「本気で目標を達成するための過程」を頑張ってるだけです。

 

もちろん「効率的に成果を出す方法」なんてググれば、いくらでも情報は出てきますが、その情報に沿って死ぬほど行動できる人は、本当にごく少数です。

 

ということで、努力ができない!と頭だけで悩んでる人は、まず必死に行動してみてください。

目標を見つけるために行動するのもありです。

人に会ってください。

サロンに入ったり、SNSで意識高く生きてる人の情報を毎日浴びてください。

 

私は与沢翼さんの情報を浴びると不思議とモチベーションが上がるので、定期的にYoutube見たりしています。

それも1つの手段だと思います。

 

ということで、自分の一度きりの人生です。

甘えることなく、妥協することなく、惰性を捨てて、本気で生きていきましょう!

 

人気記事30代でやりたいことが見つからない!見つけ方を徹底的に教えます!

人気記事貧乏人の考え方になっていませんか?挑戦しない人間の言葉に価値なし

関連記事