ネットビジネス

ランサーズで受注できない人の特徴を解説【受注テンプレを無料配布】

ランサーズで仕事が受注できないフリーランス
ランサーズで仕事が受注できないフリーランス
フリーランスとして活動をしていますが、ランサーズで仕事が受注できずに悩んでいます。
どうすればランサーズで仕事を効率的に受注することができますか?

この疑問にお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • ランサーズで受注できない人の理由
  • ランサーズでプロジェクト案件を効率的に受注するポイント
  • ランサーズで受注率を上げるための提案テンプレ【無料配布】
  • ランサーズで案件が受注するプロフィールの重要性

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

本記事ではランサーズを使って仕事を受注したいフリーランスや副業サラリーマン向けに「効率的に仕事を探す方法」と「受注に繋げる提案方法」をテンプレートにして公開します。

ランサーズは2016年から1年だけ使って30案件ほどを受注してきましたので、そのノウハウを元に解説していきます。また本記事のノウハウ通りに実践すれば、ランサーズ初心者でも1ヶ月で10〜15万円は目指せる内容ですので是非ご覧ください。

 

ランサーズで受注できない人の理由

ランサーズで案件を受注できない理由は以下の4点です。

  • ランサーズでの実績がない
  • 信頼できる情報がない
  • 案件を受注した経験がない
  • 数件提案して受注できずに諦めた

こうやって羅列すると、結果が出ないのは当然ですよね。

また実績や経験があっても継続的に仕事を受注できない場合は「提案回数の少なさ」が原因の場合がほとんどです。10件提案して1件受注できれば、かなり良いレベルです!最低でも1件の受注のために20件は貪欲に提案していきましょう。

 

ランサーズで稼ぐにはタスク案件は無視してプロジェクト案件を狙おう

ランサーズには単発的な仕事を受注するタスク案件(提案なしで募集されている案件の作業をすることができる)と、発注者が依頼して選ばれた人だけが案件を受注して作業できるプロジェクト案件があります。

本記事では月10〜15万円を継続的に稼ぐためのノウハウとして、タスク案件は単価が安すぎるので無視をしてプロジェクト案件に特化して解説していきます。

 

ランサーズでプロジェクト案件を効率的に受注するための3ポイント

  1. 発注率50%以下のクライアントは選ばない
  2. コミュニケーションが雑なクライアントは選ばない
  3. 発注者の問題を解決する提案をする

※本記事ではプログラミングの案件を例に解説しますが、どのジャンルの案件も同じなので、自分の受注したい案件カテゴリーに置き換えてご覧ください。

 

発注率50%以下のクライアントは選ばない

ランサーズの仕事を探す際は、必ずクライアントの仕事発注率を確認しましょう。発注率が低いクライアントは提案が無駄になってし依頼文の言葉が雑だまうリスクが高くなります。

普通にランサーズを使っているクライアントで発注率が50%を下がることはないので、50%以下のクライアントの案件は無視してOKです。

発注率が75%のクライアントです。

このクライアントは661件の案件で100%の発注率です。安心して提案ができますね。

このクライアントの発注率は39%なので、提案が無駄になる可能性が高くなりそうだと判断できます。

 

コミュニケーションが雑なクライアントは選ばない

案件の依頼文の言葉が雑だったり、依頼内容がわかりにくいクライアントは避けましょう。

理由は、コミュニケーションが雑なクライアントはお互いの意図が伝わりにくいので認識のズレが生まれやすくなるからです。

結果的に相互のコミュニケーション回数が増えるので利益率が下がります。

発注率が低いクライアント
発注率が低いクライアント
対応ページは分からないから相談して決めたいです。
提案者
提案者
それでは先にTOPページを構築していきますね。奥ページを提案しますので予定しているページのリストをお願いします。
発注率が低いクライアント
発注率が低いクライアント
うーーん!予定ページはだいたい●●というページと、■■の2ページくらいかな!
提案者
提案者
わかりました!それではその2ページも作っておきますね!

数日後・・・

発注率が低いクライアント
発注率が低いクライアント
そろそろ構築できそうですか?どのような感じでしょうか?
提案者
提案者
TOPページと●●と■■の2ページも一緒に作っております!
発注率が低いクライアント
発注率が低いクライアント
あれ??その2ページを元に他の▲▲や★★のページも作って欲しいのに・・・。それくらい予想して作ってもらえると思っていました。
提案者
提案者
えっ???それなら最初からそう言ってもらえたら・・・。最初のプロジェクト予算よりも仕事量が増えているし、追加の作業依頼は厳しい!

 

このような感じで、テキストベースのやりとりになるクラウドソーシングではコミュニケーションが雑なクライアントに当たると、多大な時間を無駄に消費してしまいます。

また「分からないので、相談して決めさせていただければと思います。」といった記述が多い発注者もコミュニケーションコストが増える可能性があるので注意しましょう。

 

発注者の問題を解決する提案をする

ランサーズで案件を受注するためにも一番重要なポイントです。

ランサーズでは基本的にクライアントと提案者のお互いの顔が見えないまま案件が進んでいきます。
だからこそ提案する際は「クライアントのニーズを解決すること」を常に意識しなければいけません。

 

 クライアントのニーズを解決する提案例

下記のページを例に解説します。

依頼の目的・背景
女性限定のオンラインサロンの集客ページとして、ランディングページの作成をご依頼させていただきたいです。
ただ単に制作するというわけではなく、お問い合わせが来るような設計やデザインを組める方を希望します。

このクライアントのニーズを切り分けてみましょう。

  • 女性限定のオンラインサロンの集客をしたい
  • 問い合わせが来るページが欲しい

さらに

補足説明
素材や、原稿はこちらで用意しておりますので、相談して進めさせていただければと思います。

  • 素材や原稿は提出できる
  • しかし、それ通りではなく、あくまで問い合わせが来る状態にアレンジして欲しい(マーケティングスキルを求めている)

 

このような感じで細かく切り分けて見ていくと、クライアントの本当のニーズが見えてきます。

 

 クライアントに選ばれる提案

依頼内容やクライアントとのコミュニケーションから、発注者の本当のニーズを引き出して、最適な提案をすれば受注できます。

  • 30代、40代の女性をターゲットに問い合わせが来る設計ができることを伝える
  • できれば女性向けの集客サイトの実績を出す
  • クライアントから受け取った素材以外にも、プラスでアイデアを提案する
  • マーケティング施策やSNSでの集客、リスティング広告も合わせて提案する

 

こういった提案をすることは最初は難しいかもしれませんが、以下のテンプレを使えば解決することができます。

 

ランサーズで受注率を上げるための提案テンプレート【無料配布】

まずは、以下の3点を意識して提案文を考えていきましょう。

  1. 相手が信頼できる自己紹介をする
  2. 発注者の本当のニーズを解決する提案をする
  3. 自分が仕事をした時の価値(付加価値)を提案する

もう一度、上記の案件を元に解説していきましょう。

 

依頼の目的・背景

女性限定のオンラインサロンの集客ページとして、ランディングページの作成をご依頼させていただきたいです。
ただ単に制作するというわけではなく、お問い合わせが来るような設計やデザインを組める方を希望します。

参考サイト:
https://shiny-stellar.jp/stellar/

業務の範囲:
企画・デザイン構成
デザイン
コーディング

補足説明:
素材や、原稿はこちらで用意しておりますので、相談して進めさせていただければと思います。

この発注者の本当のニーズを考える

表面的な依頼(顕在ニーズ)はLPページを作ることですが、発注者の本当のニーズは「オンラインサロンへの参加者を増やすこと」です。

こうした課題の本質を理解した上で、テンプレートに沿って提案してみましょう。

 

受注率を上げる提案文テンプレート

 

 自己紹介をする(目的は相手に信頼してもらうこと)

はじめまして。●●(必ず本名で)と申します。
現在は関西を拠点にWebプログラマーのフリーランスとして活動しております。
2005年から合計500社以上のWeb制作とWebマーケティングに携わってきた経験がありますので、本案件でもオンラインサロン会員様獲得のお力になる提案ができると思います。

 提案する(発注者のニーズを解決する)

私の方ではオンラインサロンの会員獲得に効果的なLPサイトを構築することが可能です。
特に30〜40代の女性をターゲットとした集客サイトは過去にも○○や□□といった案件の実績もあります。

また構築と同時に、LPサイトへの集客戦略として、SNSの効果的な活用方法や予算がある場合はリスティング広告の使い方も合わせてご提案することが可能です。

写真や動画データも用意頂けるとのことですが、こういったオンラインサロンの集客で結果に繋がる写真や動画のコンテンツもディレクションすることも可能です。

納期は1週間以内に可能となります。

※提案では、LPサイトを作れるスキルがあること、実績の紹介だけではなく、集客やSNSの活用法まで合わせて指導することができる点と、納期も早いことを強調する。

 付加価値(自分が仕事をする価値を伝える)

過去の30〜40代女性向けの集客サイトの制作と集客効果の実績は下記にまとめておりますのでご覧ください。
>過去のポートフォリオの実績URLを紹介

今回は、○○様(発注者の名前)の案件をはじめてご提案させていただきましたので、下記を無料にて対応させていただきます。
・成約に繋がる文章編集サポート
・追加ページ(3ページ以内)の無料対応
・サイトSEO対策
・SNS集客施策
・広告運用におけるディレクション

※ポートフォリオと過去の実績数値で信頼性を高めて、さらに自分が対応すれば構築だけではないマーケティング施策まで対応することができるメリットを強調する。

 

この提案クオリティーで1日50件の提案をする

上記の提案テンプレート通りに1日50案件ほどを提案していけば、確実に受注して稼ぐことが可能です。

1回しか提案せずに「受注できなかった」と諦めているようでは問題外ですよ。高クオリティの提案を継続して繰り返すことでようやく案件は受注することができます。

 

サラリーマンとフリーランスの働き方は全く違います!

サラリーマンの場合は、会社という仕組みの中で降りてきた仕事をするだけで一定の給料を得ることができます。しかしクラウドソーシングで仕事を受注して稼ぐには根本から考え方を変えなければいけません。

サラリーマンはどれだけ仕事を受注して頑張っても固定給ですが、フリーランスの場合は複数社から受注すればするほどに個人の実績が蓄積されて、稼ぎも比例して増えていきます。

「副業を推進する」時代の流れを考えると、頑張れば頑張るほどに個人に信頼と実績が貯まり、稼ぐスキルが磨かれる価値はどんどん大きくなります。

ランサーズで案件が受注できない人は、プロフィールを盛りましょう

仕事を獲得するときは、自分ができることを大げさに言えるくらい自信を持って提案しなければいけません。

  1. サロンの問い合わせが来るかは分かりませんが、一応サイトは構築できます。
  2. サロンの集客戦略まで組み立てれるので問い合わせが増えるサイトを作ることができます。

あなたが発注者の場合、どちらの提案に仕事をお願いしたいですか?
絶対に2番目ですよね。

 

「プログラミングが出来ます」「サイトを構築できます」と提案したところで、誰も仕事を発注なんかしてくれませんよ!

「プログラミングは当然できますが、マーケティング施策まで作り込むことができるので、他の人よりも圧倒的にメリットがありますよ!」くらい大げさに提案できなければ勝てません。

スキルや実績や納期の嘘はダメですが、発注者が「安心して任せたいと思える」提案をしていきましょう。
1つ1つ結果を出していけば、リピートで案件が入ってきたり、別のクライアントを紹介してくれるようになって、収入もどんどん増やしていけます!

 

副業でもフリーランスでも稼ぐために登録すべきサイト

稼ぐ人はランサーズ以外にも下記のサイトは必須で活用しているので、登録して先に情報収集しておきましょう。

サイト登録するだけでも、案件情報が入ってくるので合わせてテンプレートを活用して以下の5サイトを使って今すぐ提案していきましょう!

 

人気記事TechAcademyのフロントエンドコースをオススメする理由【副業で稼ぐスキル習得に最適】

人気記事【成功する転職】IT業界に転職したい人におすすめの転職エージェント【行動してから考える】

あわせて読みたい