稼ぐための心理学

【満たされない世の中】キャバ嬢とスマホゲームの課金の関係性

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

 

20代の経営者をしていた頃はよく先輩経営者に連れられてキャバクラに行ってました。

若くして会社経営していたので「すごーーーい!社長さんだーー!お金持ちなんですねーーー」とクソ中身のない無意味なトークでした。

満足をけっして与えない

キャバクラにおいて、多くの指名を受けるホステスの共通点は「満足を満たさない」ということです。

コミュニケーションが上手いとか、可愛いとか、愛想が良いとか色々な要素はあれど、一番は「相手の心を満たさない」絶妙な駆け引きです。

 

「●●ちゃんが好きだよ」と言われても

「私の本音を言っちゃうと、この仕事できないからダメ」と返します。

すると「おっ!もしかして俺のことが好きなのかYO〜」と勝手に妄想スタート。
もう少し通えばこれは付き合えるかもしれない!と思わせて通わせます。

 

もしここで「私も好きだよ!」と返答してしまうと、相手の心に満足を与えてしまい、それで満たされてしまいます。

もう少し通えば付き合える=もう少し課金すれば・・・

一方で、スマホゲームに課金をする人を見ると「3万も出したのに出ないぞ!でもそろそろ出るでしょ!よしもう1万円だ!」

「きたーーーーーーー!」というように、もう少しお金を払えれば満たされるのでは!?という絶妙な心理をくすぐることで売り上げをアップします。キャバ嬢と課金の仕組みは同じだなと思った次第です。

 

キャバクラの接客も、スマホゲームのガチャ課金も共通点は「もう少し通えば(回せば)手に入るかも」と思わせること!

ネットビジネスにおいても、そういった仕組みが何か導入できないかな?と考え始めています(笑)。

ということで、スマホ課金のお金を稼ぎたい方はサラリーマンが副業でアフィリエイト収入月10万円を目指す方法でまとめましたのでどうぞ。

おすすめ記事

ABOUT ME
ヒロキ【IT企業の経営者、株式投資家】
2005年にITビジネスで起業。経営者14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信中。 上場企業のWebマーケティングを行いながら、様々な企業のプログラミング案件を受注して稼いでいます。 現在は本業と合わせて、株式投資も行い資産を運用中。
あわせて読みたい