プログラミング

Python特化のプログラミングスクール.Proが未経験にオススメの理由

AIプログラミングに興味があるけど、どうやって勉強すれば良いか分からない。

Pythonが良さそうだけど、未経験からでも短期間でスキルを伸ばす方法があれば教えて欲しい。

この疑問を本記事で解決します。

 

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

本記事は15年以上、Webマーケティングとプログラミングの会社を経営をしている私の実体験から「AIプログラミングとして人気のPythonを学ぶ方法」として、Python特化型のプログラミングスクール.Pro(ドットプロ)がオススメの理由を解説していきます。

 

私個人もPythonには興味があり、先日にAidemy(アイデミー)のPython入門コースを受講しました。

» 参考:AidemyのPython入門コースを受講した感想【AIの基本】

 

率直な感想は以下の通りです。

Pythonはプログラミング経験者でも難しいので、専門のスクールでAIプログラミングのプロ講師から学んだ方が良い!
独学は、ほぼ挫折するので辞めた方が良い。

 

ということで、Pythonを短期間で学び、AIエンジニアとして就職(転職)して年収を高めたい方は、是非最後までご覧いただければと思います。

 

 本記事の目標

  • Pythonを効率的に短期間で学びたい
  • プログラミング歴15年の視点から費用対効果の高い学習法を紹介
  • Pythonに特化したスクールがあるので、そこを徹底紹介

それでは、さっそくはじめていきましょう。

 

この記事の目次
  1. Pythonを学ぶなら特化型プログラミングスクールの.Pro(ドットプロ)が最強
    1. .Pro(ドットプロ)を受講すれば稼げるAIエンジニアになれる理由
    2. なぜ.Pro(ドットプロ)がPython初心者にオススメできるのか?
  2. .Pro(ドットプロ)で学べるコース3つ
    1. .Proコース1:Pythonを学ぶ「AI×Djangoコース」
    2. .Proコース2:Webサービス開発を学ぶ「Web Expertコース」
    3. .Proコース3:Webデザイナーを目指す「Designerコース」
  3. .Pro(ドットプロ)のサポート3つ
    1. .Proのサポート1:オンラインでも質疑応答ができる
    2. .Proのサポート2:学習期間の延長ができる
    3. .Proのサポート3:AIエンジニアとしての転職サポート
  4. .Pro(ドットプロ)を受講するまでの賢い手順
    1. 手順1:受講申し込みの前に必ず個別の無料相談会を受ける【割日特典あり】
    2. 手順2:Progateを使って基礎スキルの予習をする
    3. 手順3:無料相談会で具体的な受講のイメージを掴む
    4. 手順4:納得できれば受講を申し込む
  5. こんな人は.Pro(ドットプロ)の学習はオススメできません
  6. .Pro(ドットプロ)での受講が不安な方へ
    1. 悩む時間でスキルは身につきます
    2. .Pro(ドットプロ)の受講料はどんどん値上がりしています

Pythonを学ぶなら特化型プログラミングスクールの.Pro(ドットプロ)が最強

Pythonを学ぶなら特化型プログラミングスクールの.Proが最強

AIプログラミングの主軸言語「Python」のスキルを身につけて、AIエンジニアとしての転職(就職)を目指すなら、.Pro(ドットプロ)をどうぞ。

» .Pro(公式サイト)

 

.Pro(ドットプロ)を受講すれば稼げるAIエンジニアになれる理由

本記事の目的は「Pythonを効率的に学び、AIエンジニアとして転職(就職)を成功させる」ために最適な手順を紹介することです。

そのためにも、大切なポイントは「いかにプログラミング学習で挫折しないか?」です。

特にPythonはプログラミング初心者には難しい言語なので、独学は99%挫折します。

 

では、どうすれば良いのか?

絶対に挫折しない学習環境で学べばOKです。

 

Python特化型のプログラミングスクール「.Pro(ドットプロ)」では実践型スクールとしてプログラミング技術はもちろん、ビジネスを意識した実践的な講義によりAIエンジニアとして即戦力になる、市場価値の高い人材を目指すことができます。

 

なぜ.Pro(ドットプロ)がPython初心者にオススメできるのか?

Pythonを学べるプログラミングスクールはいくつかあります。

テックアカデミーPythonコースの特徴と学ぶ価値、料金を徹底解説で紹介しているTechAcademyや【無料で学べる】Aidemy|アイデミーのPythonの学習手順で紹介しているAidemyが有名ですね。

 

特にJDLA E資格を取得したい方はAidemyのPremium Planに専門コースがあるので、AidemyならE資格を3ヶ月で取れます【業界初の合格保証付き】を合わせてご覧ください。

 

ただ上述したPythonを学べるプログラミングスクールと比較しても、.Pro(ドットプロ)がオススメの理由が以下の4つです。

  1. 初心者が安心して学べる対面型の講義スタイル
  2. 初心者でも安心のクラスのレベル分け学習
  3. 1クラス10人の小人数制プログラム
  4. 学習だけでなく手を動かしまくるカリキュラム

ということで、それぞれを簡潔に解説します。

 

.Proの特徴1:初心者が安心して学べる対面型の講義スタイル

.Pro(ドットプロ)の受講生のうち80%以上がプログラミング未経験からスタートしています。

 

つまり、完全初心者からでも短期間の学習でAIエンジニアを目指すことに特化しています。
その1つが「対面型での受講スタイル」になります。

  • 初学者がPythonの学習において、どこでつまずくのか?
  • AIプログラミングで理解が難しいのはどこか?

こうした初心者の特性を熟知しているので、.Pro(ドットプロ)の講師は、初心者が完全に理解できるまで、丁寧に対面で向き合い説明をしてくれます。

 

当然ながらオンライン完結型のスクールより、対面型の方が1つ1つのカリキュラムに対しての理解度は深まります。

分からない箇所があれば、目の前の講師にすぐに質問ができるので、成長スピードも速くなります。

 

.Proの特徴2:初心者でも安心のクラスのレベル分け学習

.Pro(ドットプロ)では受講生のスキルレベルに合わせたクラス分けをしています。

Cランク→Bランク→Aランクと3つのクラスに分かれており、入学して最初はCランクからスタートとなります。

 

クラスが上がる条件としてはクラス毎に学んだ内容のアウトプット(サービスを開発する)をして、その成果物のレベルや開発スピードによって評価が行われます。

例えば、AI×Djangoコースの場合だと「学んだLINEbot技術を生かし、自分のアイデアでLINEbotを作成」という感じですね。

基本的に.Pro(ドットプロ)は全てで実践型(手を動かす)の講義となるので、何かを作成する・アウトプットする作業がとても多いのが特徴です。

 

.Proの特徴3:1クラス10人の小人数制プログラム

.Pro(ドットプロ)は対面型のスクールですが、もう1つの特徴が「受講生を最小人数に限定している」ということです。

少人数制にすることで、講師と受講生が、より密にコミュニケーションを取ることができます。

 

また.Pro(ドットプロ)ではカリキュラムを通じて「受講生同士がコミュニケーションを深めて教え合う」ことを重視しています。

他の受講生に質問をしたり、逆に教えてあげるような学習環境を構築することで、エンジニアとして重要なチーム開発のスキルを自然と伸ばすことができます。

 

ちなみに少ない人数での受講になるので、気兼ねなく講師に質問をすることもできますよね。

多数の生徒が一緒に勉強する学習塾よりも、個人の対面式の学習塾の方が生徒の学力が伸びることと同じですね。

 

.Proの特徴4:学習だけでなく手を動かしまくるカリキュラム

.Pro(ドットプロ)では、カリキュラムの中で受講生が自分で作った成果物(アプリやWebサイトの実績)を他の受講生に発表する場を用意しています。

知識やスキルを講師から習ってインプットするだけなく、身につけたスキルをアウトプットしてサービス化することで、よりプログラミングスキルの理解度を深めることができます。

 

また制作発表会も定期的に開催しており、Bランク以上の受講生は発表対象となるのでオリジナルアプリ、サイト、サービスの発表が必須となります。

もちろん、自分で考えたアプリやサービスを発表することで、プレゼン能力も伸ばすことができます。

 

自分で開発した成果物は自身のポートフォリオとして、エンジニア転職の活動時に大いに活用できます。

この辺りは別記事になりますがプログラミング初心者に必須のポートフォリオの作り方【経営者の本音】も合わせてご覧ください。

 

» 超実践型プログラミングスクール .pro【公式サイト】

 

.Pro(ドットプロ)で学べるコース3つ

Python特化型のプログラミングスクール「.Pro(ドットプロ)」ではPythonだけでなく、合計で3つのコースに分かれています。

それぞれのコースで現役のプロエンジニアやデザイナーが講師を務め、ドットプロが開発したオリジナルのカリキュラムによる講義を行っています。

 

  • Pythonを学ぶ「AI×Djangoコース」
  • Webサービス開発を学ぶ「Web Expertコース」
  • Webデザイナーを目指す「Designerコース」

それぞれのコースも簡単に解説しておきましょう。

 

.Proコース1:Pythonを学ぶ「AI×Djangoコース」

.Pro(ドットプロ)で一番人気のコースがPythonを学べる「AI×Djangoコース」です。

AI言語のPython以外にも、Pythonのフレームワークである、Django・Flaskを利用したWebアプリケーションを中心に学びます。

 

講義の特徴としては、.Pro(ドットプロ)からアプリケーション内容の指定することはなく受講生がそれぞれで「こんなアプリがあったら自分は利用する」「世の中にこんなアプリがあったら売れるだろう」という形で自発的にアイデア出しをして開発していきます。

Python及びDjangoのスキルを学び、短期間の受講でもAI・webアプリケーションに特化した最先端で活躍できる市場価値の高い人材を目指すことができます。

 

過去に受講生が実際に作成したアプリケーションの事例

  • Twitterの呟きから解析する話題作りLinebot
  • 画像認識 Linebot
  • 1週間で1キロ減量できるダイエットbot
  • Pythonを利用したロールプレイングゲーム
  • 仮想通貨価格予測
  • AI顔分析を利用した見た目年齢認識アプリ
  • Pythonを利用した画像の色別分類
  • Webカメラをラジコンに搭載し、自動ブレーキシステムの開発

このようなアプリを開発できるようになるコースです。

 

参加上限人数 10人
参加条件 ①毎週、最低でも1回は講義に参加できること
※受講期間中にカリキュラム終了までに必要な学習時間を確保できること
②ノートパソコンを持っていること(Mac推奨)
参考:プログラミングにオススメのパソコンはMacbook【初心者向け】
受講料 6ヶ月:498,000円
その他サポート ・オンラインでの質疑応答
・学生の場合はインターンサポート
・エンジニア転職(就職)サポート
・期間延長サポート

 

 

.Proコース2:Webサービス開発を学ぶ「Web Expertコース」

.Pro(ドットプロ)で一番人気のコースがPythonを学べる「AI×Djangoコース」です。

プログラミングが完全に未経験からでも、自由にWebサイトやWebサービスの開発ができるエンジニアを目指すコースです。

HTML/CSS/JavaScriptなどのフロントエンドスキルだけでなく、Wordpressを使った開発スキルまでをトータルで学ぶことができるので、受講後はエンジニア転職はもちろん、プログラミング副業でも稼げるフリーランスエンジニアになることができます。

 

カリキュラムのスタートは既存サイトの模写から着手していき、制作だけではなく制作のタイムトライアル(どれだけ短期間で開発できるか)も行います。

その後自分自身を紹介するコーポレートサイト、親戚のお店のサイト等のオリジナルサイトを制作していきます。

 

参加上限人数 10人
参加条件 ①毎週、最低でも1回は講義に参加できること
※受講期間中にカリキュラム終了までに必要な学習時間を確保できること
②ノートパソコンを持っていること(Mac推奨)
参考:プログラミングにオススメのパソコンはMacbook【初心者向け】
受講料 4ヶ月:399,800円
6ヶ月:498,000円
その他サポート ・オンラインでの質疑応答
・学生の場合はインターンサポート
・エンジニア転職(就職)サポート
・期間延長サポート

 

.Proコース3:Webデザイナーを目指す「Designerコース」

Web開発に必須のWebデザイナーを育成するコースです。
Webデザインのスキルはもちろん、Webデザイナーとして必要な網羅的なスキルを身につけていきます。

受講後は、Webデザインーとしての転職だけでなく、フリーランスで稼ぐこともできるようになります。

参加上限人数 8人
参加条件 ①毎週、最低でも1回は講義に参加できること
※受講期間中にカリキュラム終了までに必要な学習時間を確保できること
②ノートパソコンを持っていること(Mac推奨)
参考:プログラミングにオススメのパソコンはMacbook【初心者向け】
受講料 4ヶ月:198,000円(学生)
4ヶ月:298,000円(社会人)
その他サポート ・オンラインでの質疑応答
・学生の場合はインターンサポート
・エンジニア転職(就職)サポート

 

.Pro(ドットプロ)のサポート3つ

.Pro(ドットプロ)では上述したすべてのコースで、以下のサポートが適応されます。

どれもプログラミング初心者にとっては嬉しいサポートになりますね。

 

.Proのサポート1:オンラインでも質疑応答ができる

.Pro(ドットプロ)は講師との対面型のプログラミングスクールですが、教室での講義以外でも、予習や復習の効率化を考慮して、オンラインでの質疑応答サポートを対応しています。

講師が対応できる時間であれば、いつでも質疑応答ができます。

授業で分からなかった部分を、後でも自由に質問ができる学習環境は、プログラミング初心者にとっては学習効率を最大化できるので、助かりますね。

 

.Proのサポート2:学習期間の延長ができる

最大で6ヶ月(180日間)のカリキュラムが終了した後でも、さらに学習を深めたい、ドットプロの講師のサポートを受けたい場合は、学習期間を延長することができます。

月額で1ヶ月更新になりますが、スキルの定着や転職活動を成功させるために、多くの受講生が延長サポートを受けています。

 

.Proのサポート3:AIエンジニアとしての転職サポート

.Pro(ドットプロ)では、エンジニアの転職をサポートする人材会社と提携しているので、カリキュラムを受講しながらでも、学生の場合は優良企業へのインターンを紹介したり、就職(転職)を徹底サポートしてくれます。

自分ひとりでエンジニア転職をするよりも、AIエンジニアに特化したスクールがバックアップしてくれる方が、圧倒的に転職の成功確率が高まりますよね。

 

.Pro(ドットプロ)を受講するまでの賢い手順

小人数制で対面型学習ができる.Pro(ドットプロ) ですが、効率よくスキルを身に付けるまでの手順を解説します。

 

  1. 受講申し込みの前に必ず個別の無料相談会を受ける(割引特典あり)
  2. Progateを使って基礎スキルの予習をする
  3. 無料相談会で具体的な受講のイメージを掴む
  4. 納得できれば受講を申し込む

それぞれを解説します。

 

手順1:受講申し込みの前に必ず個別の無料相談会を受ける【割日特典あり】

.Pro(ドットプロ)の申し込みを検討している場合は、まずは無料相談会を必ず申し込みましょう。

個別相談後、2日以内でのお申し込みなら、なんと受講料を2万円オフキャンペーンを実施中です。

 

無料相談会では.Proの実際の講義風景も見学することができます。

基本的に無料相談会は土日で開催されていますので、働きながらの受講を考えている方でも、気軽に参加することができます。
※もし平日しか無料相談会に参加できない場合はお問い合わせにてご相談ください。
対応してくれるそうです。

開催時間は約1時間です。

 

※無料面談会はお早めにどうぞ
※2万円OFFキャンペーン開催中

 

手順2:Progateを使って基礎スキルの予習をする

無料相談会に申し込みができたら、相談会の当日までに無料プログラミング学習サイトProgateを使って、基礎スキルを勉強しておきましょう。

Progateでは無料でPythonの基礎を学ぶことができます。

» Python学習|Progate

 

ここでは完璧にプログラミングスキルを理解する必要はありません。さくっと学んで、Pythonの基礎を理解できればOKです。

この事前学習をしているかどうかで、今後のスクールでの学習効率が大きく変わってきます。

 

手順3:無料相談会で具体的な受講のイメージを掴む

無料相談会の当日は、プログラミング学習の不安点や、学習時間の確認、どのようなキャリアを目指しているのか?を担当者に話していきましょう。

  • なぜPythonを学びたいのか?
  • 1週間でどれくらい学習時間が取れるのか?
  • 受講後にどんな会社で働きたいのか?

あなたの目的を達成するためのヒントや、受講した場合のポイントなどを丁寧に教えてくれますよ。

 

ちなみに、無料相談会に来たからといって、無理な営業や勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
※脱毛サロンなどは、無料体験に来た顧客が契約するまで、帰らせないみたいな強引な勧誘があるそうですが、ドットプロはその点でも信頼できそうです。

 

手順4:納得できれば受講を申し込む

無料相談会で、自分が受講した場合のイメージが掴めて、ドットプロなら成長できると確信できれば、そこから申し込みをしましょう。

何にせよ、まずは無料相談会への申し込みからスタートになるので、都合が付く土日に日程を公式サイトで確認してみましょう。

» .proの無料相談会への申し込み【公式サイト】

 

こんな人は.Pro(ドットプロ)の学習はオススメできません

まず最初に、ドットプロは講師との対面型のプログラミングスクールになります。

つまり「教室に通う」必要があります。

 

.Pro(ドットプロ)の教室は渋谷になります。

アクセスだと、渋谷駅より徒歩10分ですね。

なので、そもそも論になりますが、関東在住で渋谷まで通える人でないと受講はできません。

 

また小人数制の受講スタイルなので、他の受講生とのコミュニケーションが面倒だったり、ストレスに感じてしまう方にもオススメできません。

 

そういった方の場合は、オンライン完結でPythonなどのAIプログラミングを学べるAidemy(アイデミー)のPremium Planがベストです。

Aidemyはオンライン完結で、オンライン無料相談もありますよ。

» Aidemy Premium PlanはAIエンジニアへの近道と断言

 

.Pro(ドットプロ)での受講が不安な方へ

.Pro(ドットプロ)での受講が不安な方へ

本記事では「Python特化型のプログラミングスクール.Pro(ドットプロ)」について解説してきました。

最後に「人生を変える上で大切な本気の行動」という視点をお話して終わりたいと思います。

 

悩む時間でスキルは身につきます

現段階では「本当に.Pro(ドットプロ)を受講しようかな・・・」「自分には他のスクールの方が良いのでは」など、色々と検討して悩んでいると思います。

 

もちろん、冷静に比較して「見極めること」は重要ですが、それ以上に注意があります。

それは「悩んでいる時間こそが、めちゃくちゃもったいない」ということです。

 

先日に即行動で結果を出し続ける与沢翼さんが、すごく良いツイートをされました。

この言葉は「人生を変えるための本質」です。

 

  • 自分は.Pro(ドットプロ)を受講してスキルアップするのだろうか?
  • .Pro(ドットプロ)の受講費を支払う価値があるのだろうか・・・
  • .Pro(ドットプロ)でキャリアアップできるのか?転職できるのか?

色々と.Pro(ドットプロ)を受講する前に不安があると思います。

 

悩む気持ちも痛いほど理解できますが、事実として「悩んでいる間にプログラミングのスキルは身に付きます」ので時間がもったいないと思っています。

 

それこそ.Pro(ドットプロ)は無料相談会があります。

 

悩むくらいなら、まずは無料相談会を受けて、実際に「自分から不安点を講師に質問」したり、自分のスキルレベルでも「難しい」と感じることなく受講できそうかを確かめれば良いだけです。

無料相談会を受けてみてから「やっぱり自分には合いそうにないな」「自分には思った以上に難しいな」と思えば、そこで辞めたら良いだけです。

無料なので全くリスクはありません。

 

そもそも、あなたが悩んでいる数週間で、他の人がスキルを身に付けて、着々とキャリアアップして稼いでいるわけです。

 

行動する前から悩むのではなく、実際に行動して「自分で確かめたあと」に存分に悩んでみてくださいね。

 

» .proの無料相談会への申し込み【公式サイト】

※無料面談会はお早めにどうぞ!2万円OFFキャンペーンも開催中です。

 

.Pro(ドットプロ)の受講料はどんどん値上がりしています

.Pro(ドットプロ)に限った話ではなく、プログラミングスクール全体として、受講費が年々、値上がりしています。

理由は「プログラミングブーム」から相対的に需要が増えているので、スクール側が値上げをしているからです。

実際に.Pro(ドットプロ)も1年前と比べて値上げしています。

 

.Pro(ドットプロ)AI×Djangoコース

  • 6ヶ月:432,000円 ⇒ 498,000円

実は2019年の4月から6万円以上も値上がりしています。
もしかすると、現在のプログラミングスクールの価格から、さらに値上がりも考えられます。

 

やはり「今すぐ」行動することが、金銭的にもベストと断言できます。

 

1日でも早く決断して行動できる人が結果を出すことができるということですね。

 

それでは本記事はこれで終わりにしたいと思います。

是非「あなたの将来を良くするための行動」を今からしていきましょう。

» .proの無料相談会への申し込み【公式サイト】

※無料面談会はお早めにどうぞ!2万円OFFキャンペーンも開催中です。

 

 

人気記事Aidemy|アイデミーの口コミと評判をIT経営者が徹底的にまとめる

人気記事Aidemyを受講してAIエンジニアに転職すると年収いくらになるの?

合わせて読みたい記事