自由な人生について

サラリーマンが毎月の生活費を稼ぐだけの人生を変える手順【実践編】

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

先日、以下のツイートをしました。

自分の人生や生活は自分で守る
生活に必要なお金は自分で稼ぐ

という自立的な考え方は持っているかどうか?

サラリーマンが毎月の生活費を稼ぐだけの人生を変えたいなら、まずはこの思考と覚悟がスタートライン。

自分では無理。
会社に頼らないと無理。

それなら来月の生活のために働くしかない。

 

本記事では「生活費のためだけに毎月、会社で働くことに疑問、不安、不満」を感じているサラリーマン向けに、人生を変える手順を詳しく解説していきます。

 

ツイートの繰り返しになりますが、あなたは「自分の人生や生活は自分で守る」といった自立的な思考を持っているでしょうか?

会社に頼ることもなく、いざとなれば「自分でお金を稼ぐことができる」といった自信は、人生を豊かに生きる上でも重要な思考になります。

 

それでは、この思考を手に入れるための手順を深掘りしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

90%のサラリーマンが生活費を稼ぐだけで精一杯

毎日毎日、朝から夜遅くまで一生懸命に働いて、何とか来月の生活に必要なお金を稼ぐ。

家賃、食費、携帯代、ちょっとした買い物をしてしまうと、今月に稼いだお金のほとんどを消費してしまう。

また来月も一緒で、その翌月も同じ。
稼いでも稼いでも、ほとんど残らずに消えて行くお金。

将来のために貯金をしたいので、欲しいものは我慢する生活。
その結果、毎月5万円が貯金できれば人生は万々歳!!!

 

今と同じ場所を必死に走っているけど、人生がまったく前進している感覚がない生き方を、多くのサラリーマンが痛感していると思います。

これこそが、ラットレースと呼ばれる生き方そのものです。

 

そんな日常の中でも、辛いことも悲しいこともありますが、もちろん楽しいことだってたくさんあります。

それこそが人生であり、今の状態でも「十分に幸せに暮らせているから贅沢は言えない」という考えも全然あると思います。それで良いとも思っています。

 

今の人生に疑問を持つサラリーマンが最初にやるべきこと

私がこのブログを書いているのは「上記の今の人生に疑問を持って生きている人たち」であって、今の生活を変えて、より豊かに人生を生きたいと願う人たちに向けています。

人の価値観はそれぞれだからこそ私はたった1度きりの限られた時間の人生で

  • お金がないことで我慢する時間
  • お金がないことで巻き起こる多くの不幸
  • お金がないことで崩壊する人間関係

に心を悩まして生きたくはありません。

 

だからこそ、やるべきことは「未来に花を咲かせるための種まき」です。

もちろん、昨日も今日も「未来に向けての種まき」を続けています。

 

人生を変えられるのは種まきをした人だけ

「今の人生を変えたい」という言う人に対して

今現在で何か、未来を豊かにするための種まきしていますか?

と聞くと半数以上の人が「まだ何もできていません」「何をしたら良いかも分かりません」と答えます。

 

しかしながら、自分の人生を変えて、経済的にも自由になった人は、例外なく「過去に種まき(仕込み)をしてきた」人たちです。

成功は行動する前に決まっている!成功を掴むための11要素を公開!でも解説していますが、ほとんどの人はこの種まきをしていません。

 

「成功したい!人生変えたい!お金持ちになりたい!」と言っているにも関わらず、何ら、結果を出すための種まきをしていないのです。

あなたはいかがでしょうか?

 

未来に向けての「種まき」をしていますか?

種まきとは、成果を出すために必要な手順になります。

 

知識を学び、スキルを身につけて、失敗を恐れずに挑戦して、失敗から学ぶことです。

今、未来に成果を出すための「知識の学習」に時間を使っているでしょうか?
「スキルの習得」に自己投資をしているでしょうか?

もしかしたら「何らかの行動」をしたことがあるかもしれませんが「すぐに結果が出ずに」諦めて辞めてしまっていませんか?

 

種まきの前にやるべきことは土壌を耕すこと

こうした種まきに関するお話をすると以下の質問をいただきます。

  • 私は読書が好きで、いっぱい本を読んでいるので、これは種まきですよね?
  • ビジネススクールで勉強しています!種まきをしています!

 

こういった前向きに取り組む人たちは一定数います。

では、なぜ読書をたくさんしたり、勉強をしっかりしている人でも成功できる人は一握りなのでしょうか?

 

答えは、これらの学習は、実は種をまく前の「土壌を耕す段階」だからです。

もちろん、土壌を耕すことで、種を巻いた時に収穫できるスピードも品質も変わります。

だから土壌を耕すことも重要です。

でも、田畑を耕しても、肝心の種を蒔かなければ収穫はできません。

 

人生とは因果で成り立っています。

土を耕したあとで種を蒔いたからこそ収穫ができるのです。

 

種を蒔いてもすぐには収穫できません

しかしながら、土を耕して種を蒔いてもすぐに発芽して収穫できるわけではありません。

水を与え続ける(継続)ことも必要です。
まいた種が「正しい種なのか?」を疑い検証することも必要です。
耕した土壌に肥料を与えることも必要です。

 

ただ、ほとんどの人は種を撒いて、翌日に芽が出ないと「あの種はダメだ」と否定して辞めてしまいます。

 

人生は短期的に欲求を叶えようとすると、必ず崩壊します。

「月収20万円のサラリーマンが半年後に1億円の資産を手に入れよう」とすると、必ず歪んだ行動を始めてしまいます。

誰かを騙そうとしたり、まったく意味のないことに取り組んでしまったり、ギャンブルに手を出したり、勉強もせずに株式投資を始めたり。

「短期的な欲求は叶わない」ように人生はできています。

 

しかし逆に「長期的な欲求」は叶いやすくなります。

「月収20万円のサラリーマンが10年後に1億円の資産を手に入れよう」とすると、正しい順番の種まきをすることができます。

ゆっくり失敗と成長を積み重ねて、試行錯誤を繰り返しながら、自分の知識や行動のステージを徐々にあげて成功に近付くことができます。

 

だから種まきにおいては、すぐに収穫しようとするのではなく、長期的に自分の思考と行動を成長させながら取り組む思考が必要になります。

 

例えば「金持ちになろう」と端的に考えてパチンコに通うことは正しい種まきでしょうか?

そこに向けて必勝法の勉強をして田畑を耕してきたとしても、ギャンブルというのは悪い種になるので、収穫した実には毒が含まれています。

この毒によって、借金漬けになったり、家族を崩壊させたり、うつ病になったり、自殺に向かってしまいます。

 

リスクを取らなければ成功は手に入れられない

しかし、こういった悪い種を蒔いてしまうことを恐れてしまうと、逆に行動ができなくなります。

もちろん毒素を含んだ悪い実を収穫しませんが、良い果実も収穫できません。

実はこうした「分からないから何もしない」という層が圧倒的に多く、いわゆる一般の人生に終始してしまいます。

 

ここで、話は最初に戻りますが「来月の生活のために延々と仕事をするという生き方」になるわけです。

「来月の生活費で20万円が必要な人が、今月に20万円を稼ぐので精一杯」という状況では人生が好転することはありません。

 

やはり、今の人生を変えるためには、小さくてもリスクを取って、良い種を蒔くために、事前に土壌を耕し、収穫するために種を蒔く!という行動が必要になります。

限られた時間と体力の中で、生活のための仕事だけに忙殺されるのではなく、将来の収穫に向けた種まきの時間を生み出す努力をする。

人生とは、不思議なもので、こうした種まきをした人だけが成功者となり、自由な人生を手に入れています。

 

だからこそ、冒頭のツイートです。

この自立的な考え方を持って、未来の収穫に向けての準備を今からしなければいけません。

ということで本記事は以上です。

 

抽象的な思考のお話になりますが「今から何をすべきなのか?」が明確に分かったと思います。

種をまく前に、まずは土を耕しましょう!

 

本を読む、スキルを身に付ける、自己投資をする。自分の成長にお金と時間を使う。

他人が遊んでいる時に勉強して、未来の成果のために「今の時間を使う」ということです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

人気記事【30代でも間に合う】お金持ちに共通する自己投資はスキルへの投資

人気記事【簡単】人生を変えたいなら自分が変われば良い話【無意識を変える方法】

合わせて読みたい記事