SEO対策

Google for Jobsで転職・就職アフィリサイトが生き残る方法

転職系のアフィリサイトを運営する人
転職系のアフィリサイトを運営する人
Google for Jobsが日本市場に導入というニュースを聞いて、就活、転職系のアフィリサイトは全滅するのでは?と恐れています。
実際に転職や就職系のアフィリエイトはもう終わりでしょうか?

Googleが検索結果に求人情報を表示すれば、もはや勝ち目はないと思っています。

この疑問にお応えします。

本記事の内容まとめ
  • Google for Jobsによってアフィリエイトは成立するのか?
  • 打撃を受けたメディアはどこか?
  • Google for Jobsからアフィリエイトで稼ぐために知っておくべき視点

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。

2019年の1月に「Google for Jobs」といった求人情報を探しているユーザーに対して、Googleがそのユーザーに適した情報を検索結果で直接表示する機能がリリースされました。

求人情報を探す手段が大きく変わる可能性がある

そして、このGoogle for Jobsの導入によって、求人情報を探すために数多く存在している求人メディア(Indeedやdoda、ビズリーチ、タウンワークなどなど)から情報を探す以外にも、検索ボックスにキーワードを入れるだけで、そのユーザーの住む地域で合致した求人情報を探すことができるようになってしまいました。

上記が「Google for Jobs」で表示される検索結果です。

アルバイト、転職、キャリアアップなど、仕事探しの理由は様々ですが、条件にあった求人情報を求めて、何時間もスクリーンとにらめっこをした経験は誰しもあるでしょう。本日より、Google しごと検索 の提供を開始します。この新機能は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等から求人情報を探して、検索結果に分かりやすく表示します。

Google JAPAN Blog

 

これまではSEOや検索連動広告で検索結果の上位に表示されれば、そこから大量のユーザートラフィックを獲得できていたのが、検索結果の画面に「Google for Jobs」が差別化をした枠組みで求人内容を掲載し始めたことで、たとえSEO上位に表示できてもサイトへの来場者数が減ってしまう状態になるはずです。

 

そこで本記事ではGoogle for Jobsの登場にとって転職・就職系のアフィリエイトサイトを運営する人の将来性について詳しく解説していこうと思います。

SEOだけで稼げる時代の終わりが見えた中で、個人がアフィリエイトで稼ぐための方法を2つの具体的な戦略で紹介しますので、最後までご覧ください。

 

Google for Jobsによってアフィリエイトは成立するのか?打撃を受けたメディアはどこか?

まずはじめに、Google for Jobsが登場したことで、一番のダメージを受けるのはリクルートが運営する求人情報の検索エンジン「indeed」ではないでしょうか?

人気お笑い芸人を使ってCMを流しまくったことで「指名検索」を増やして成長している求人検索エンジンです。

しかし、問題点は彼らはGoogleのプラットフォームを使って集客しているということです。

 

つまり、Google for Jobsのライバルになってしまいます。
そして、ユーザーからすればindeedでもGoogle for Jobsでも「どちらでも良い」というのが本音でしょう。

 

indeedが生き残る方法はただ1つ!
Google for Jobsとは戦わずに「違う付加価値を付けて生まれ変わる」しかありません。

この「付加価値を付ける」という視点こそが、本記事の重要な要素なので、詳しくは後述します。

 

転職・就職系のアフィリエイトサイトで生き残る方法

Google for Jobsのリリースを受けて「これで転職や求人系のアフィリエイトサイトは全滅する」みたいな記事を見ますが、生き残る方法はあります。

 

それはアフィリエイト収益だけのために、ひたすら転職サイトを紹介するのではなく「どういったキャリアがこれからの時代でベストなのか?」といった人生提案を一緒にするという方法です。

そして、ネタバレになりますが当ブログではこの手法を使うことで安定して成果を出していますので、該当記事を下記に貼りますので、ぜひご覧ください。
» 【成功する転職】IT業界に転職したい人におすすめの転職エージェント【行動してから考える】

 

上記の記事では

  • IT業界への転職に強い転職エージェントを紹介
  • 会社は個人を守ってくれない
  • 会社で働きながらステップアップできる転職先を探せ

といった視点から「いかに転職が人生において合理的なステップアップになるのか?」を解説しています。

ようするに「会社に利用されるのではなく、逆に会社を上手く利用しながら、さらにステップアップするために転職を上手に活用しようぜ」という訴求提案ですね。

 

もちろん賛否両論あると思いますし、この提案が全て正しいとも限りませんが、この訴求提案は私自身の本音です。

そして、この本音こそが「付加価値」になって差別化に繋がっているということです。

 

情報に付加価値がないものは不要になる

やはり大切なことは「付加価値」をいかに付けるか?視点です。
これは転職や就職系のアフィリエイトに限らず、ビジネス全般にも言える本質です。

 

例えば、SEOを強化することで「検索順位の上位表示」を獲得しただけのサイトなら、別のSEOをさらに強化したサイトが登場した瞬間に不要になります。

 

大切なことは「付加価値」であり、いかにユーザー(読者)に対して選ばれる存在になるかということです。シンプルですよね。

 

CMをバンバン打って、サービス名を覚えてもらった(=SEOを強化)だけで、中身のサービスがいまいち市場に浸透していないindeedのビジネスモデルでは、今回のGoogle for Jobsの登場によって存在価値が薄れてしまうリスクが大きいということです。

 

 

Google for Jobsの登場からアフィリエイトで稼ぐ人が知っておくべき重要な視点

Google for Jobsが登場したことで、一部のブロガーなどで「定番ワードはGoogleに取られるので、感情を訴求したキーワードを狙うしかない」といった議論が起きています。

  • 定番キーワード:エンジニア 転職看護師 転職など
  • 感情キーワード:上司 うざい 辞めたい会社 行くのが辛いなど

もちろん、感情系のキーワードはGoogle for Jobsが攻めていけない領域なので、ここのキーワードを抑えることも重要な戦略の1つです。

 

しかし、当ブログでの検証結果から見ると、定番キーワードと感情キーワードの両記事では、圧倒的に「定番キーワードから収益が発生」している状況です。

感情キーワードは読者の悩みに直接的に訴求できるのですが、なかなか次の行動(アフィリエイトリンク経由で転職サイトに登録する)には繋がりません。

 

感情キーワードで集客しつつも、定番キーワードの記事に送客して収益化に繋げる戦略も意識的にやっていくべきです。

この辺りは戦略として重要なので別記事の【月100万稼げる】アフィリエイトでビッグキーワードを上位表示させる方法【2019年最新版】をご覧ください。

 

SEOだけで稼げるアフィリエイトの時代は終わりを迎える

2019年に入り、企業のマーケティングの流れに大きな変化がありました。

Twitterで話題になったZOZOの前澤社長による「総額1億円のお年玉キャンペーン」やPayPay「100億円キャンペーン」などの成果から、企業が広告代理店(アフィリエイター含む)などの仲介を通して情報発信をするよりも、顧客に直接的に利益を還元する方が効果が出ることを理解し始めたのです。

  • 旧来:企業 → アフィリエイターが変わりに情報発信 → 利益の一部をアフィリエイターに還元
  • 新時代:企業 → 顧客に利益の一部を還元することで直接マーケティングが可能

 

こうした時代に変わると、企業は「検索上位にいるだけのメディア」に対して価値を感じなくなってくるはずです。

なぜなら、検索上位にいるだけなら、ユーザー(読者)に対して何も価値を提供できていないからです。

 

今まではPPCアフィリエイト(検索連動広告を買う → 1ページのサイトに飛ばす → アフィリページへ誘導)などの、付加価値が何もないアフィリエイトサイトでも「検索上位にいるだけで稼ぐことができる時代」でした。

しかし、これからの時代は「より読者に価値を提供できる人」だけが正当に評価されて稼ぐことができる時代に変化していきます。

 

そして、読者に価値を提供できる人になれば、アフィリエイトをしてわざわざ他企業の商品やサービスを売らなくても、自分で商品を作って売ることも可能になります。

 

Google for Jobsからアフィリエイトで稼ぐ2つの戦略

ということで、これからの時代でアフィリエイトで稼ぐには「自分の発信する情報に付加価値をつける」という本質を理解しつつ、その上で以下の戦略を実践していきましょう。

  • 月10万を稼ぐ場合:自分なりの視点で付加価値を付けたコンテンツを作って、セールスライティングを身につけてアフィリエイトを運営する
  • 月100万を稼ぐ場合:自分の情報発信そのものに付加価値を付けて読者の信頼を獲得した上で自分の商品を作って販売する(SEOよりもSNSが重要になる)

ベストは、この両方の戦略を同時に行いながら収益を伸ばしていくことです。

 

そして、この両方の戦略を伸ばすために必要になるのが「日々の積み上げ」です。

ぶっちゃけ「1ヶ月頑張れば爆稼ぎできる」みたいな手法ってたくさんありますが、こうした裏技みたいな稼ぎ方に取り組んでしまうと、規約の変化などがあった瞬間に即効で死にます。

 

そういった不安定なビジネスに取り組むよりも

  1. 自分に付加価値を付ける
  2. 付加価値から信頼が積み上がる
  3. その信頼をもとにコンテンツを量産する
  4. 1つ1つのコンテンツが継続して収益を生み出す

といった「成果が出るまでに時間がかかる」方法で戦う方が、より確実に成長できます。

そして「成果までに時間がかかる=競合がいない状態を作り出すことができる」という状態に繋がります。なぜなら、ほとんどの人が継続することができないからです。

 

インターネットビジネスの本質は「行動する → 検証・分析する → 改善する」といった地道な積み上げモデルです。

「インターネット=1クリックだけで稼げる魔法がある」といった欲望で行動してしまうと確実に詐欺師たちの餌にされてしまいますよ。

» 参考:稼げない人の思考と稼げる人の仮説の立て方【脱ノウハウコレクター】

 

ということで、本質的にアクセスを増やして、自分のファンを作りながらネットで稼ぐための基礎情報から勉強したい方は下記のリンクをどうぞ。

SEOで質の高いコンテンツを量産する4要素を解説【価値を理解して上位表示】 この疑問にお応えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten)です。 SEOで重...
【2019年最新版】最適なSEOキーワードを選ぶ方法!具体的に5ステップで解説【初心者向け】 この疑問にお応えします。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 「ブログ...

 

人気記事SEO対策で検索結果の上位表示を獲得する記事の書き方【キーワードの選定からライティング】

人気記事【SEOで最重要】読者の検索意図を理解して読まれる記事を書く方法

あわせて読みたい