本当は教えたくない話

成果を出す人と出せない人の違いは観察力【成功者の思考量から学ぶ】

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

日々、成果を出すことにフォーカスして生きています。

何をやっても成果を出せる人と、何をやっても成果が出せない人の間にある最大の違いは「観察力」。

これから何をすれば良いのか?
今は何をするべきなのか?
成功している他の人はどうなのか?

とにかく観察して、分析して、自分なりに仮説を立てて行動を続けるだけ。

考えて考えて考えるだけ。

 

今日の記事は「成果を出す人の共通点」として、観察することについて解説していきたいと思います。

また成果を出せない人向けに「ガンガン成果を伸ばすための方法」も丁寧に紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

成果を出す人と出せない人の違いは観察力です

成果を出せる人と出せない人の違いは「観察力」の差です。

 

圧倒的な作業量の前に圧倒的な思考量が必要になる

ほとんどの人が観察と思考をすっ飛ばして、すぐに行動(作業)に入ってしまいます。

何も考えずに動き出す状態ですね。

これだといくら頑張っても成果は出せません。

※時々、運良く当たるかもしれませんがギャンブル状態ですね。

 

例えば「ブログで稼ぎたい」なら「とにかくブログを作って100記事書こう」とかマジで無駄ですよ。

Youtubeなら「動画を100本アップしよう」と適当に始めても意味ないです。成果は出ません。

 

行動する前に必ず「観察」と「思考」が必須になります。

 

ほとんどの人は考えません

「考える」というのは、簡単に聞こえますが、実際にやってみると奥が深いというか、難しいので、大半の人が出来ません。

なので、考えることを拒否して、すぐに成果を出せるような「答え」だけを求めてしまいます。

情報商材とかサロンが売れる理由は、まさにこの「答え」を提供してくれる雰囲気があるからですね。

 

「ブログで稼ぐ」なら、どうすればブログで稼げるようになるのかをまずは考えてみましょう。

100記事を書くというのは、ブログで稼ぐための1つの要素に過ぎません。

それ以上に、もっと考えなければいけないことは山ほどあります。

 

  • どんなジャンルが稼ぎやすいのか?
  • どんなジャンルなら自分は戦えるのか?
  • どういった記事を書けば稼げるのか?
  • どういった商品を売れば稼げるのか?
  • すでに稼いでいる人は何をしているのか?
  • どういう手順を踏んで稼げるようになったのか?
  • 日々何をしているから稼げているのか?

これら全ての問いに対して、自分なりの回答(=仮説)を打ち立てた後に、はじめて行動(作業)に入ることができます。

 

ほとんどの人が、この思考を面倒がって飛ばしてしまうので、成果を出すことができません。

 

ブログで稼いでいる人を徹底的に観察した

2018年の8月からブログを始めて、1年ほどで月60万ほどを稼げるようになりました。

下記は、とあるアフィリエイトASPでの1ヶ月分の収益です。

左下の今月の確定報酬額を見てもらうと、このASPの確定報酬は44万円ですね。

なぜ1年足らずで成果を出せるようになったのか?というと「すでに成果を出している人を徹底的に観察した」からだと思っています。

 

ブログは8月から始めましたが、実は6月頃から観察をしていました。

例えばイケハヤさんのブログマナブさんのブログ鈴さんの不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログなどです。

とにかく全ての記事を読んで観察して分析しました。

 

  • どの記事が収益を作ってる記事なのか?
  • 収益する記事にどのように内部リンクを貼ってるのか?
  • どうやって読者に商品を売ってるのか?
  • それ以外の記事の書き方はどうなのか?

2ヶ月間はひたすら観察して、自分なりに仮説を立てて分析しました。

 

すぐにWordpressをサーバーにインストールしてブログを作って、記事を書きたい気持ちをグッと我慢して、とにかく観察して考えていました。

 

2ヶ月も観察を続けると、いくつかの法則だったり「こういう記事を書けば稼げる」という仮説が出てきます。

こうして「勝つための答え」を自分で導き出せば、そこから「自分の強みを、答えに掛け合わせる」ということをします。

 

「どういう記事を書けば読者が食いつくのか?」は分かったけど、その記事を自分が書く理由は何か?読者が読むに値する理由は何か?

イケハヤさんも、マナブさんも、鈴さんも「読者が読むべき理由」が明確にキャラクターとして確立しています。

自分はどういう立ち位置で戦うのか?

 

ここでも、とにかく他者を観察して分析して、考えまくります。

ひたすら24時間考え続けます。

お風呂に入っている時も、それこそ寝ている時にも考えています。

 

成果を出す人は勝つべくして勝っています

こうした思考を積み重ねた結果、1つの自分が導き出した「答え」にたどり着くことができます。

この「答え」は自分にしか適応できないオリジナルの答えになります。

なので、他の人がこの答えを聞いても成果を出すことはできません。

 

「答え」とは誰でも通用する魔法のノウハウではなく、その人が思考を積み上げてたどり着いた1つの仮説です。

 

自分が思考の果てに出した「仮説」だからこそ、その後に繋がる行動力が加速します。

当然ですが、仮説を持って行動すれば、成果は必ず出ます。

最初は失敗しても、仮説を修正して再度行動すれば、2度目は大きく成功に近づきます。

 

成果を出す人は行動する前から、すでに成果が出る状態を作り出しているわけです。

 

24時間、ひたすら成果を出すために考えていますか?

この記事を読むあなたは、成果を出すために徹底的に考えることをしていますか?

それこそ24時間、考え続けていますか?

寝ている時間だけは考えることを止めてもOKです(笑)。その代わりに起きている時間は常に考えていますか?

 

成果を出すために、ありとあらゆる物事を観察していますか?

成果をすでに出している人の行動、思考を分析していますか?

 

多分ですが、ほとんどの人は「自分はそんなに考え続けることができない」と思うはずです。

考え続けたいけど、そもそも仕事が忙しいし、プライベートの時間も必要だし物理的に無理ですよね?

そうですね。できない理由はたくさんあると思います。

言い訳ではなく、物理的に「考え続けること」が難しい状況も理解できます。

 

ただ1つだけ「考え続ける」ことができる方法があります。

それは「自分が楽しい」と思えることに挑戦することです。

 

ブログでも、Youtubeでも、Twitterでも投資でも何でもOKです。

とにかく「楽しむこと」が最重要です。

 

楽しいから続けることができます

2018年の8月から私は1日も休むことなくブログを書き続けています。

当然ですがブログを書き始めた頃はアクセスも集まらないし、稼げないし、寂しい状態でしたが、それでもブログを書くことをひたすら楽しんでいました。

» 参考:【300日連続で記事を投稿】ブログを毎日書き続けるのは楽しいから

 

じゃ、なぜ「楽しい」と感じたのか?というと、最初に思考を積み上げて「勝つための法則」が明確に分かっていたからだと思います。

 

「こうやれば必ずうまくいく」って自分の中で確信が強いものだと積極的に挑戦できますよね?継続することができますよね?

継続したら、必ず将来に成果が出ると分かっていれば前向きに行動できますよね?

 

こうして前向きに行動を積み重ねると、当然ですが正しく成果を出すことができるようになります。

 

成果を出すためにやるべきこと【手順を紹介】

成果を出すための方法を解説します!

結構、泥臭い方法もありますが、私は全てやってきました。

 

何度もおさらいをしますが「観察すること」と「考えること」は前提条件として全てに必須となります。

 

チャンスはお金を支払ってでも掴みにいく

「チャンスが来た」と感じれば、自分がお金を支払ったとしても、そのチャンスを掴みにいくべきです。

例えば私が起業した当初は、とにかく仕事が無かったので「仕事をくれるかもしれない」という案件に対しては、逆に自分が持ち出しのお金(Web制作は無料で受注して1年分のサーバー費用を自分が支払う条件)を出してでも案件を受注しに行きました。

 

もちろんクライアントからすれば破格の条件です。

普通はクライアントがお金を支払ってWebサイトを作ってもらうのに、私がお金を支払って無料で作るわけです。

しかも、Movable Typeという管理システムと予約システムを入れて完璧のクオリティーで納品しました。

 

ただ、この時はハッキリと「この案件を取れば、他の仕事がたくさん入る!だからチャンスだ!」と事前に分かっていました。

というのも、そこは多くの経営者が集まる和食の隠れ家的なお店だったからです!

 

当然ですが作ったサイトを多くの経営者が見ます。

お客さん:マスター!この店のWebサイト凄く良いよね!

マスター:ありがとうございます!そうなんですよ!凄く良いサイトを作れる子がいて作ってもらいました!

お客さん:うちの会社もお願いしたいね!

マスター:凄く良い腕を持ってるのでぜひ紹介しますよ!

 

こうして、このお店から多くの見込み客を紹介してもらい20件ほどの案件を受注することができました。

成果を出すためには、チャンスに対して一時的に損失を出したとしても全力で掴みにいく泥臭が必須になるということです。

 

できないことでも、即答で「できます」と言う

何かをお願いされた時に「できないです」「難しいです」「ちょっと考えます」と言ってる時点で、成果はスルスルーとすり抜けていきます。

成果を出したいなら、即答で「できます」だけでOKです。

自分のスキルや知識の無さ、忙しさ、時間の無さに保険をかける思考は捨てるべきです。

 

常に「相手の立場」になって考えましょう!

相手:この仕事をお願いします!

私:任せてください!大丈夫です!

相手:納期は1週間でいけますか?

私:そうですね!1週間以内で仕上げます!

このやり取りと以下を比較してください。

相手:この仕事をお願いします!

私:ちょっと難しいですね。できそうかどうか一度考えてみますね。

相手:納期は1週間でいけますか?

私:1週間は難しいですね。それも含めて持ち帰って検討しますね。

 

どうですか?後者の人間に仕事をお願いしたい!と思えますか?

自分なら不安で仕方ないので絶対にいやです。

 

チャンスを掴み、成果を出すなら「まずは即答」すること!

そして、その後は納期に間に合わせるために超絶努力で帳尻を合わせるだけです。

私が好きなパインフィールズの松原さんの言葉があります。

「結果を決めて 努力で帳尻」

まさに、この精神で挑戦して成果を出し続けて行こうと思います。

 

※松原さんの書籍が販売されたそうです。ゲットします。

 

成果を出している人は、誰よりも泥臭く努力を続けてきた

最後に少しだけ!

今、何らかの成果を少しでも出している人は、必ず見えないどこかで猛烈な努力をしてきたという過去があります。

例えば総資産70億と言われ、ドバイに住んでる与沢翼さんも、数年前までは「詐欺師」と世間からバッシングされていました。

それでも、そこから這い上がり、バッシングして批判するだけの人たちが見ていないところで血のにじむような努力を人並み以上に続けたからこそ、今の成果があるわけです。

 

「運が良かった」のではなく、世の中の流れを見極めて、先に思考を深めて考えて、行動を続けたからこそ、最大の結果を出せたわけです。

 

例えば仕事付き合いの飲み会を断る人が勝ち組になれる時代【嫌われません】でも解説していますが「副業で稼ぎたい」なら、わいわい楽しくお酒を飲んでる時間なんて本来はありませんよ。

休日に遊びにいくのは成果が出せない人の行動です。

 

24時間考え続ける!

他人が遊ぶ時間に本気で行動する!

他人が挫折しても、自分は継続する!

こうした他人との思考、行動の違いが「成果を出す人と出せない人」の差になって出るだけです。

そこには「成果が出せる魔法」なんて存在しません。

 

圧倒的な思考と行動のみです。

 

ということで、成果を出したい人は、この2点を脳みそのど真ん中に突き刺して、これからも挑戦を続けてもらえればと思います。

 

私もまだまだ成果が出せているレベルではありませんので、引き続き他者を圧倒する行動をひそかに続けて行きたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

人気記事【在宅副業もOK】サラリーマンが副業込みで月100万稼ぐ方法を教えます!

人気記事【年収とキャリアを伸ばす】サラリーマンが月3万を稼ぐ副業の選び方

関連記事