プログラミング

侍エンジニア塾のフリーランスコースの評判【実際に稼ぐ手順を解説】

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

数あるプログラミングスクールの中で「受講後にフリーランスとして稼ぐ」ことに特化しているのが侍エンジニア塾です。

そこでプログラミング未経験からでもフリーランスとして活動したい人向けに、本記事では「侍エンジニア塾のフリーランスコースを受講することで、就職経験がなくてもフリーランスで稼げるのか?」という点について深掘りして解説していきたいと思います。

 

また侍エンジニア塾だけではなく「他のフリーランス向けのプログラミングスクール」についても合わせて紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

フリーランス特化のプログラミングスクールは侍エンジニア塾だけ

未経験ながらプログラミングの勉強をしてエンジニアとして稼ごうと思っている方の中には「就職ではなく、いきなりフリーランスになりたい」という方も少なくないはずです。

 

なぜなら就職するよりも、フリーランスとして自分で動いて案件を受注した方が稼げるからですよね。

もちろんプログラミングは儲かります【時給で10万円を稼ぐ人の思考を解説】で紹介している通り、プログラミングは確実に効率良く稼ぐことができるスキルです。

最初は就職から経験を積もうと思っている人でも、将来的にはフリーランスになりたいという目標を持っているはずです。

 

そんなフリーランスエンジニアに未経験からなれるカリキュラムを用意しているのが侍エンジニア塾となります。

※オンライン型や通学型など、様々なプログラミングスクールがありますがフリーランスで稼ぐという一点突破のカリキュラムは侍エンジニア塾のみです。

 

そもそも大半のプログラミングスクールでは「ハードルが超絶に高い未経験からの、いきなりフリーランス」は推奨していませんので、当然ですが「フリーランスになるためのカリキュラム」なんて最初から用意されていません。

 

クラウドソーシングの案件獲得をサポート

侍エンジニア塾の特徴は「フリーランスとして稼ぐために、クラウドソーシングを使って案件を受注するノウハウ」を教えてくれることです。

 

クラウドソーシングはクラウドワークスランサーズなどのWebサービスで「案件を発注したい企業(個人)」と「仕事を探したい個人(フリーランス)」を繋げるプラットフォームです。

これまでの仕事の受発注との大きな違いは「全てがオンライン上だけで完結する」ことです。

相手と顔を合わせて名刺や打ち合わせをすることなく、案件の発注と、その後のやりとり全てを「オンラインのシステム」だけで行います。

ちなみに報酬の支払いと受け取りも、全てWebサービスの中で行います。

 

こうしたクラウドソーシングサービスが浸透したことで、フリーランスは「場所に関係なく、仕事を受注することができる」ようになりました。

例えば地方に居ながらも、東京のクライアントの仕事を受注して稼ぐことができるということです。

それこそ営業が苦手なクリエイターにとっては、自分のスキルだけで仕事が獲得できるので強力な営業ツールになるわけです。

 

侍エンジニア塾では、このクラウドソーシングを使って「効率的に仕事を獲得するノウハウ」を徹底的に教えてもらうことができます。

 

侍エンジニア塾のサポート

  • クラウドソーシングで案件を受注する方法
  • 案件受注後の円滑なコミュニケーション
  • 納品するまでの手順
  • 納品後の円滑なコミュニケーション
  • 継続して仕事を受注する方法

これらを侍エンジニア塾の講師が徹底してサポートしてくれます。

 

もちろんですが、クラウドソーシングで案件を受注して納品すれば、報酬を得ることができます。

ということは、プログラミングの学習をしながら、同時に効率的にお金を稼ぎ始めることができるということです。

※当然、侍エンジニア塾へのサポート料の支払いなどは一切ありません。

 

そういう意味では侍エンジニア塾はカリキュラムを受講する期間中に、稼いで利益を出せるという、実は最強のコスパを誇るプログラミングスクールだったりします。

 

未経験からフリーランスを目指している人にとっては、

  • プログラミングスキルを短期間で身に付けたい
  • フリーランスとしての稼ぎ方を教えて欲しい
  • フリーランスとしての動き方を教えて欲しい
  • 案件の受注から納品まで丁寧にサポートして欲しい

というニーズがあると思いますが、こうした受講者の不安を全てサポートしてくれるという意味において「侍エンジニア塾こそフリーランス向け」と言えるはずです。

» 侍エンジニア塾(公式サイト)

 

20代は侍エンジニア塾でフリーランスを目指す前に就職がおすすめ

侍エンジニア塾では「受講後にフリーランスとして活動できる」レベルを目指すカリキュラムが用意されているわけですが、本音を言えば「20代」であれば、まずは就職して欲しいと思います。

その理由は、Web業界の独特な商習慣について学んで経験を積んで欲しいからです。

 

フリーランスエンジニアの仕事は主に「企業の案件を受注する」ということです。つまりクライアント企業の外注スタッフになるということです。

この時点でフリーランスに仕事を発注するクライアント企業は、フリーランスに対して「即戦力で成果を出してくれる存在」と考えて期待しています。

 

社会経験が未経験なので、分からないことも多々ありますが、宜しくお願いします

はフリーランスでは一切通用しません。

 

逆に就職の場合は、先輩エンジニアからアドバイスをもらえたり、長い目で育成してもらえる環境があります。

 

エンジニアとしての勤務経験がないまま、雇用契約のない外注(フリーランス)になるということは「いきなり完璧な成果」を求められるし、技術的なアドバイスを教えてもらうこともできないので、フリーランスという働き方は未経験の人にとっては、かなりのハードルになるということです。

 

もちろん就職するよりも時給単価は高いし、効率的に稼ぐことは可能ですが、20代の場合は「エンジニアとしての成長」のために、1〜2年だけでも良いので、どこかIT企業に就職して様々な経験値を積んでもらえればと思います。

 

30代以上の未経験の方はフリーランスが近道です

30代でプログラミングが未経験の場合は、逆に就職が難しくなります。

テックアカデミーは最悪で就職できない!その悪評が出回る4つの理由でも解説していますが、30代以上になると極端に求人案件が少なくなってしまいます。

もちろんプログラミング経験が豊富なエンジニアの場合はいくらでも転職先はありますが、未経験の場合は、これまでの実績がないので「同じ未経験なら20代を取る」という結論になってしまいます。

 

なので30代以上の場合は最初からフリーランスを目指すべきです。

フリーランスとしてスキルを伸ばして案件の実績が増えれば、そこからでも転職は可能です。

この場合は一番「フリーランスとしての案件需要」が多いWordpressのスキルを身に付けておきましょう。

この辺りは【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由を合わせてご覧ください。

 

侍エンジニア塾のフリーランスコースと他コースの違い

プログラミング学習を受講後にフリーランスとして活動するための専用コースが、侍エンジニア塾のフリーランスコースです。

公式サイトをみると、フリーランス向けは「Advance」コースとして期間は3ヶ月となっています。

 

しかしながら、侍エンジニア塾に受講期間について問い合わせをしたところ

実際にフリーランスとしてすぐに活動したい人は【Expertコースの6ヶ月】を選ばれています

という返答がありました。

 

理由としては副業レベルで稼ぎたい人はフリーランスコースを選ぶそうですが、就職よりも難易度としては高くなるフリーランスの場合は「スキルや知識の習得に時間がかかってしまう」ということです。納得ですね。

ということで、20代で就職できるレベルを目指す場合は3ヶ月コース、フリーランスとしてガッツリ稼ぎたい場合は6ヶ月のエキスパートコースがオススメです。

 

ちなみに侍エンジニア塾ではデビューコースという1ヶ月期間のプランがありますが、未経験の人はオススメできません。1ヶ月でプログラミングが習得できるほど甘くはありません。

» 参考:【初心者向け】1ヶ月でプログラミングを独学できるのか?【無理です】

 

侍エンジニアの講師はフリーランスです

侍エンジニアの講師は100名以上のフリーランスエンジニアで構成されているそうです。

他のプログラミングスクールの場合は大学生だったり、すでに現役を引退したエンジニアが講師をしています。

※たしかテックキャンプは大学生の講師が多かったはず。

 

現役でフリーランスとして活動しながらも、侍エンジニア塾で講師をしているので「フリーランスという視点」でのアドバイスだったり、実際に案件を受注するコツなどをリアルタイムな情報として教えてくれます。

フリーランスを目指す人にとっては、こうした思考部分から相談できるのは、他スクールにはない大きな魅力ではないでしょうか?

 

無料カウンセリングがあるので、まずは「フリーランスとして活動」について相談するのもありですね。

» 侍エンジニア塾の無料体験レッスン

 

他のプログラミングスクールでフリーランスは目指せるのか?

ぶっちゃけ「フリーランス」という働き方に特化して、プログラミングスキルを学べるのは侍エンジニア塾だけになりますが、オススメというとテックアカデミーになります。

この辺りは【完全版】テックアカデミーを受講してフリーランスで稼ぐ手順を解説で具体的に情報をまとめておりますので、侍エンジニア塾と比較検討する意味でもぜひご覧ください。

 

ということで本記事は以上です。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

人気記事【受講者の本音】テックアカデミーのネット上の評判を全て分析まとめ

人気記事テックアカデミーを受講した感想を本音で暴露【公式よりリアルな口コミ】

関連記事