プログラミング

CodeCampGATEのリアルな評判をIT経営者がまとめて解説

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。
ちなみに現在はコロナの影響で爆損をくらっておりますので、全然上手くないです(汗

 

この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2005年よりIT企業の経営をしています。

ITビジネスで稼ぎ続けて、今年で15年目になりました。

 

昨年はプログラミングで3000万ほどを稼ぎました。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

そこで本記事ではプログラミングスクールのCodeCampGATE(コードキャンプゲート)を受講した人の評判や口コミについてネット情報を全て網羅した内容をまとめて紹介していきます。

 

本記事を読めば、CodeCampGATE(コードキャンプゲート)のリアルな実態、カリキュラムの質、受講者の本音をまとめて確認することができます。

 

最初はCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の特徴からしっかりと解説していきます。

3分ほどで読み終わりますので、最後までどうぞご覧ください。

 

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)に関する関連記事は以下のリンクをどうぞ。

» CodeCampGATEで未経験からエンジニア転職を成功させる手順

 

今すぐCodeCampGATE(コードキャンプゲート)
を受講したい方はこちら

※無料相談はお金は一切かかりません
※無料相談はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の特徴を解説

まずはCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の特徴をまとめてみます。

  • 講師(メンター)は全員が現役エンジニア
  • しかも通過率17%の狭き門をくぐった者のみ
  • そんな現役エンジニアからマンツーマンレッスンが受けれる
  • さらに現役エンジニアとのチーム開発も体験できる
  • 完全オンライン学習なので自由な場所と時間に受講できる
  • 専属のキャリアアドバイザーによる転職支援が受けられる
  • 受講期間は4ヶ月で完全未経験からエンジニア転職を目指す

 

CodeCampGATE(コードゲートキャンプ)は、会社勤めをしながらでも、空いた時間を使ってプログラミング学習ができる、オンライン完結型のプログラミングスクールです。

 

ちなみにCodeCampGATEと同じくエンジニア転職に特化したスクールとして「テックキャンプ エンジニア転職」がありますがテックキャンプは教室型のスクールになり、受講コースは短期コースと夜間休日コースに分かれています。

テックキャンプについてはテックキャンプの評判と悪評までを徹底分析【転職まで徹底サポート】を合わせてご覧ください。

 

CodeCampGATEでは4ヶ月という期間を使って「本業の仕事を続けながらも、空いた時間で学習できる」ことが大きな特徴です。

講師も全員が現役エンジニアなので、講師の質も問題ありませんね。

» 参考:CodeCampの講師のレベルは高いの?講師選びで失敗しない方法

 

CodeCampGATEを受講すると本当に転職できるのか?

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)では、プログラミング未経験でも4ヶ月間という短い期間で「エンジニア転職できるまでのスキルを身に付ける」ことができます。

 

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)で転職できる理由が以下の通りです。

  • Webエンジニアになることに特化したプログラミングスクール
  • 就活に使うポートフォリオ制作まで支援してくれる
  • 就職支援を専属のキャリアコンサルタントがサポートしてくれる

やはり、エンジニアの就職活動で必須となる「ポートフォリオの作成」をスクールがサポートしてくれるのが良いですね。

 

プログラミング初心者に必須のポートフォリオの作り方【経営者の本音】でも解説していますが、就活時にポートフォリオがないと、あなたのスキルレベルを企業へ証明することはできません。

逆に、これまでエンジニアとしての勤務実績がない人でも、クオリティの高いポートフォリオを作ることができれば大手企業でも内定を得ることができます。

それくらい、エンジニアとしては「ポートフォリオ」が重要になります。

 

ちなみに、大半のプログラミングスクールでは「ポートフォリオの作成」をカリキュラムでサポートすることはありませんので、この点は「エンジニアとして就職したい人」にとってはCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の優位性が高くなると思います。

 

※無料相談はお金は一切かかりません
※無料相談はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

CodeCampGATEの良い評判をまとめる

それでは、まずはCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の良い評判から見ていきましょう。

まだ受講検討中の方のツイートですが、キャリア相談での対応が良かったという評価です。
初心者にもわかりやすく、カリキュラムの流れや、どういうスキルが身に付くのか?を伝えてくれています。

 

次は、CodeCampGATEの受講を終えた人ですが、教材がわかりやすかったということで、受講を迷っている人にもオススメしていますね。

 

この方はCodeCampGATEでスキルを身につけて、無事に企業に内定をもらえたとのことです。

特に「自社サービス」を開発しているIT企業は優秀なエンジニアであれば、どんどん採用しているので「プログラミングスキルを身につけた人」には総じてチャンスがあると思っています。

 

CodeCampGATEの事務局も祝福していますね。

 

CodeCampGATEの受講を検討している方は、まずは無料受講相談を必ず申し込みしておきましょう。

無料相談でもマンツーマンレッスンを受講できるので、CodeCampGATEが自分に合うかどうかを確認することができますよ。

 

※無料相談はお金は一切かかりません
※無料相談はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

CodeCampGATEの悪い評判をまとめる

良い評判だけではなく、CodeCampGATEの悪い評判も見ていきましょう。

一番多い「マイナス評価」が、上記の「受講料が高くなっている」という点ですね。

ちなみに、悪い評価を隅々まで探しましたが、この受講料以外の「悪い評判」が見当たらなかったので、CodeCampGATEの評価は全体的に高いと判断できそうです。

 

CodeCampGATEの評判を全部まとめる

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の評判まとめると、下記の通りですね。

  • 講師(メンター)もカリキュラムも教材も全体的に高評価ばかり
  • マンツーマンレッスンは受講者に高評価
  • 自社開発企業への転職実績もあり
  • ただし、受講料が以前よりも値上げしている

悪い評判を探しましたが見当たらず、講師が現役エンジニアという点も含めてカリキュラムは「エンジニアとして就職できるレベル」ということです。

全体的に評判はかなり良いですね。

 

受講を検討されている方は、まずは無料相談に必ず申し込みをしておきましょう。

» CodeCamp GATE(無料で受講相談をする)

 

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職実績を確認する

それではCodeCampGATEでエンジニア転職に成功した方々について調べていきましょう。

 

家事も仕事もプログラミングも。29才、未経験からのエンジニア転職に再挑戦

まずは、これまでのお仕事の経験と、ブログラミングを学習しようと思った理由を教えてください。

関西の会社で営業職や広報として働いた後、結婚を機に2年前に上京して事務職として働いていました。

そこでチームリーダーを任されていたのですが、1年半経って「自分はこのまま事務として働き続けるのか」と悩んでいました。将来を考えた時に、今の仕事を続けることができるのかなって。

そう考えるうちに、自分が夢中になれることや「私にはこれが出来ます」と言える専門性を身に付けたいと思っていました。

これまでの経験を振り返ると、Excelで関数を組むことがあったり、広報でIllustratorを使ったり、HTMLやCSSを使って会社のサイトの更新をしたことがあって、自分はパソコンで何か作っている時間がとても好きだと感じていました。

そこで、ずっと気になっていたプログラミングを学びたい、将来のことを考えてエンジニアに転職したいと強く思うようになりました。

» インタビューの続きを読む(公式サイトへ)

 

公務員からデータサイエンティストに転職。28歳で安定より成長を選ぶ

まずはじめに、これまでのご経歴を簡単に教えてください。

理工系の大学を卒業して国家公務員として働いていました。もともと進学も就職もあまり深く考えずに決めていて、公務員は「安定」しているしキャリアとしても先が見えているので「とりあえず」選んだ感じでした。

でも、実際に働きはじめてみると逆にキャリアの先が見えていることが「つまらない」と感じるようになって、民間企業に転職して違う世界を経験したいと思うことが増えていました。

転職を決意したきっかけは、民間企業に行ってAIや機械学習の研修を受けたことです。

出向のような形でAIについて研究している会社に通い、エンジニアの方からこれからなにが実現できるようになるか話を聞くうちに、エンジニアという職業に興味が湧きました。

研修を受ける前は「難しそうだな」と思っていたのですが、技術を自分の仕事にどう活かしていけばよいかを考えていくうちに楽しくなっていって。

公務員としての働き方は良くも悪くも安定していたので、もっと目の前のお客さんの役に立ったり、ビジネスや利益について考えたり、成長や達成感を日々の仕事で感じられるような職場で働きたい。

ちょうど社会人になって5年目の年だったので、転職するならば今しかないと決意しました。

» インタビューの続きを読む(公式サイトへ)

 

25歳で営業職からプログラミングに挑戦。新しい目標に向けて駆け抜ける

まずは前職での経験やプログラミングを勉強しようと思ったきっかけを教えてください。

文系の大学を出て新卒で入った会社では、電力会社での営業職として働いていました。

入社した当時は、日本で初めての“電力の自由化”に向けて新しい事業を立ち上げる時期だったので、営業のほかにも、WEBシステムの仕組みを整えたり、マーケティングについて考えたりといったことを幅広く経験できました。

そんななか、お客さんを獲得できても管理システムが正確に動かなかったり、コールセンターと連携するための顧客管理システムがないとビジネスとして成功しないということを感じていました。

そこで、営業ですがVBAなどのツールを作るなど、自身でも試行錯誤しながらシステムの改善に取り組むようになりました。

» インタビューの続きを読む(公式サイトへ)

 

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の受講が不安な人へ

本記事ではプログラミング歴20年、そしてIT企業を15年経営する経営者視点で

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の評判や口コミ

について解説しました。

 

最後に「新しい挑戦」についての成功者の考え方を紹介して終わりたいと思います。

 

悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます

現段階では「本当にCodeCampGATE(コードキャンプゲート)を受講しようかな・・・」「自分には他にも安いスクールの方が良いのでは」など、色々と検討して悩んでいると思います。

もちろん、冷静に比較して「見極めること」は重要ですが、それ以上に注意があります。

それは「悩んでいる時間がめちゃくちゃもったいない」ということです。

 

先日に即行動で結果を出し続ける与沢翼さんが、すごく良いツイートをされました。

この言葉は「人生を変えるための本質」です。

 

  • 自分はCodeCampGATE(コードキャンプゲート)を受講しても転職できるのだろうか?
  • 受講費を支払う価値があるのだろうか・・・
  • 変な会社に就職させられるのではないか?

色々とCodeCampGATE(コードキャンプゲート)を受講する前に不安があると思います。

 

悩む気持ちも痛いほど理解できますが、事実として「悩んでいる間にスキルは身に付きます」ので時間がもったいないと思っています。

 

それこそCodeCampGATE(コードキャンプゲート)は無料相談があります。

悩むくらいなら、まずは無料相談カウンセリングを受けて、実際に「自分で不安点を講師に質問」したり、自分のスキルレベルでも問題なく受講できそうかを確かめれば良いだけです。

無料相談をやってみて「自分には合いそうにないな」と思えば、そこで辞めたら良いだけです。

無料なのでリスクはありません。

 

そもそも、あなたが悩んでいる数週間で、他の人がプログラミングスキルを着々と身に付けてエンジニアになっていますよ。

行動する前から悩むのではなく、実際に行動して「自分で確かめて」から存分に悩んでみてくださいね。

» CodeCamp GATE(無料で受講相談をする)

 

CodeCampGATE(コードキャンプ)の入学金はどんどん値上がりしています

もう一点だけ補足です。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の無料相談は1日でも早く申し込みしてくださいね。

 

理由は副業やプログラミングが流行っていることから、プログラミングスクールを受講する人が急増しており、どのプログラミングスクールも値上げをしているからですね。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)も実際に1年前よりかなり値上げしています。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート):198,000円 → 478,000円

 

今後もITエンジニアの市場価値は高まり続けますので、こうしたプログラミングスクールの需要も増えます。そうなると、更なる値上げも十分に考えられますよね。

なので、行動は1日でも早く「少しでも興味がある」なら無料でできる範囲でも動いていきましょう。

 

それでは本記事は以上です。

 

※無料相談はお金は一切かかりません
※無料相談はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

また、CodeCampの講師による「エンジニアをしていて良かったこと」のLIVE配信も行われているので、気になる方はぜひどうぞ。

講師の人柄も伝わりますね。

 

人気記事CodeCampGATEで未経験からエンジニア転職を成功させる手順

人気記事CodeCamp|コードキャンプで初心者にオススメのコースは2つ

合わせて読みたい記事