プログラミング

CodeCamp|コードキャンプで初心者にオススメのコースは2つ

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2005年よりIT企業の経営をしています。

ITビジネスで稼ぎ続けて、今年で15年目になりました。

 

昨年はプログラミングで3000万ほどを稼ぎました。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

そこで本記事ではプログラミングスクールのCodeCamp(コードキャンプ)で「どのコースを受講すれば良いのか分からない」プログラミング初心者向けに、オススメコースを2つだけ解説したいと思います。

 

本記事を読めば、CodeCamp(コードキャンプ)の膨大にあるコースの中から「どのコースを受講すれば最短最速でエンジニアとしてのスキルが身に付くのか?」が明確に理解できるようになります。

プログラミング初心者の場合は「上記のコースのうち、どれを受講すれば良いのか」は、絶対に分からないですよね。

 

結論をいうと

CodeCamp(コードキャンプ)でプログラミング初心者が受講すべきコースは「Webマスターコース」か「Rubyマスターコース」のどちらかになります。

 

3〜4分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

※本記事の情報は2020年5月時点のものとなります。最新情報についてはCodeCampの公式サイトをご確認ください。

 

 

今すぐCodeCamp(コードキャンプ)
の無料体験に申し込む

※無料体験はお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

【断言】CodeCamp(コードキャンプ)のオススメコースは2つのみ

プログラミング初心者がCodeCamp(コードキャンプ)を受講する際のオススメコースは以下の2つだけです。

 

選び方はご注意ください。

  • エンジニアとして転職(就職)したい場合→Rubyマスターコース
  • プログラミング副業で稼ぎたい場合→Webマスターコース

以上です。

 

ということで、それぞれのコースについて具体的に解説していきます。

その前にCodeCampの紹介動画も貼っておきますね。

 

エンジニアとして転職(就職)したい人はCodeCamp(コードキャンプ)のRubyマスターコースがおすすめ

エンジニアとしてIT企業に就職したい(転職したい)人は、CodeCamp(コードキャンプ)のRubyマスターコースが超絶オススメです。

CodeCamp(コードキャンプ)のRubyマスターコースではIT企業が求める「Webアプリケーションを開発できるエンジニア」として必要なスキルが全て身につきます。

 

具体的には以下のスキルですね。

  • HTML/CSSの基礎理解とコーディングのスキル
  • Rubyの基礎理解とプログラミングのスキル
  • Ruby on Railsの理解とオリジナルWebサービスの構築

実際に、私が日々の業務でも多様しているプログラミング言語のRubyをガッツリ学習することができるコースとなっています。

 

初心者がRubyを使って作れるWebアプリを解説【実例から学ぶ】でも紹介している通り、RubyはITのベンチャー企業などで多く使われる人気のプログラミング言語です。

そのRubyとフレームワークのRuby on Railsを使って以下の4つのWebサービスを開発していきます。

  • 出品・購入機能付きフリマサイト
  • 料理レシピ検索サイト
  • 画像投稿サイト
  • いいね機能、フォロー機能

ざっくり言えば「TwitterのようなWebアプリや、食べログのようなWebサービスが1人で作れるようになる」という感じです。

 

プログラミング初心者の方は「そんなサービスを完全未経験からでも作れるようになるのか不安」だと思いますが、CodeCamp(コードキャンプ)では現役エンジニアとのマンツーマンレッスンが受けられるので、未経験でも「しっかりスキルが付いて理解できるようにサポート」してくれます。

 

しかも、カリキュラムで作った上記の4つのWebサービスは、そのまま「あなたのオリジナルのポートフォリオ」になります。

この「ポートフォリオ(作品集)」は、そのままエンジニアとしての転職時の武器になります。

 

ポートフォリオを作る価値についてはプログラミング初心者に必須のポートフォリオの作り方【経営者の本音】を合わせてご覧ください。

 

さらにIT企業に就職後に2年ほどの実務経験を積んで、そこから「Rubyエンジニアとしてフリーランス」になれば年収1000万は現実的な目標になります。

例えば以下はフリーランスの求人案件を探せるレバテックフリーランスに掲載されているrubyエンジニアの求人情報です。

いかがですか?
月収100万以上を現実的に目指せるのがRubyという言語の大きな魅力です。

それくらいRubyはエンジニアとしての需要が多いわりに、人材の供給が足りていない状況なので、チャンスですね。

 

レバテックに登録していない方は、学習を始めると同時に登録しておきましょう!学習のモチベーションアップにも繋がりますよ。

» レバテックフリーランス

 

これで「エンジニアとして転職を目指すならRubyマスターコースの受講をオススメする理由が分かったと思います。

 

プログラミング副業で稼ぎたい人はCodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースがおすすめ

プログラミングの副業で稼ぎたい人にWebマスターコースがオススメです。

なぜなら、CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースで身に付くプログラミングスキルを使えば、クラウドソーシングで発注されている「Web構築」の案件を受注して稼ぐことができるからです。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースで身に付くスキルは下記の通り。

  • HTML/CSSの基礎理解とコーディングのスキル
  • JavaScript/jQueryを利用したアニメーション演出のスキル
  • PHPを使ったデータベースとの連携スキル
  • WordPressの構築スキル

HTML、CSSでコーディングができて、JavaScript/jQueryでアニメーションが使えると、それだけでも「Web構築」の仕事で稼ぐことができます。

さらにPHPを使えば、Wordpressの開発もできるので企業サイトの構築やWebメディアを開発することもできます。

 

普通に副業レベルでも月20万円以上は稼ぐことがでると断言できます。

 

特に初心者の場合は、いきなりWordpressの開発案件ではなく、1ページだけを構築して稼げるランディングページ(LP)の構築案件を狙いましょう。

この辺りはプログラミング副業はLP案件がベスト【マーケティング込みで稼げ】で詳しく解説していますが、LP(ランディングページ)構築の場合は必要なスキルが比較的簡単に習得できます。

 

具体的には、「HTML/CSS、JavaScript/jQuery」が身に付いていれば、LP(ランディングページ)の案件は受注できます。

受注方法はクラウドソーシングを使いましょう。

 

案件を探す方法

クラウドワークスとかランサーズに登録して「仕事を探す」から[コーディング]というキーワードを入れて検索します。

そうすれば、構築だけで稼げる案件が出てきます。

実際に気になる案件があれば、詳細を見て「この条件なら仕事を取れそう」と思えば、提案してみましょう!

 

ざっくりで「70%くらいの割合で納品できそうだな」と思えば積極的に提案していきましょう!

 

また、よくある質問で「クラウドソーシングはなかなか良い案件が受注できない」という声をいただきますが、その質問への回答としてランサーズで受注できない人の特徴を解説【受注テンプレを無料配布】で解説しましたので、合わせてご覧ください。

 

 

※無料体験はお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

【断言】CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめコースは2つです


CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめコースは下記の2つです。

  • エンジニアとして転職(就職)したい場合→Rubyマスターコース
  • プログラミング副業で稼ぎたい場合→Webマスターコース

 

「Rubyマスターコース」はエンジニアとして転職して収入をあげたい方にオススメです。
プログラミング初心者でも比較的覚えやすいRubyを学ぶことができるので、Webアプリを開発するエンジニアとして必要最低限のスキルを身に付けることができます。

「Webマスターコース」はアニメーション演出など動きのあるプログラミングスキルを学ぶことができるので、初心者でも2ヶ月ほどで「副業で稼げるレベル」にまで成長することができます。

 

動きのある画面を作成できるようになれば、それだけでもクラウドソーシングで月10万ほどは稼げるようになりますので、ぜひチャレンジしていきましょう。

» CodeCamp(無料体験に申し込む)

 

CodeCamp(コードキャンプ)の受講が不安な人へ


本記事ではプログラミング歴20年、そしてIT企業を15年経営する経営者視点で

CodeCamp(コードキャンプ)のオススメコース

を解説しました。

 

結論は以下の2つのコースでしたね。

  • エンジニアとして転職(就職)したい場合→Rubyマスターコース
  • プログラミング副業で稼ぎたい場合→Webマスターコース

それでは、最後に「新しい物事に挑戦する」上で大切なお話をして終わりたいと思います。

 

悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます

現段階では「本当にCodeCamp(コードキャンプ)を受講しようかな・・・」「自分には他にも安いスクールの方が良いのでは」など、色々と検討して悩んでいると思います。

もちろん、冷静に比較して「見極めること」は重要ですが、それ以上に注意があります。

それは「悩んでいる時間がめちゃくちゃもったいない」ということです。

 

先日に即行動で結果を出し続ける与沢翼さんが、すごく良いツイートをされました。

この言葉は「人生を変えるための本質」です。

 

  • 自分はCodeCamp(コードキャンプ)を受講しても失敗しないだろうか・・・
  • 受講費を支払う価値があるのだろうか・・・
  • 副業で本当に稼げるようになるのだろうか・・・

色々とCodeCamp(コードキャンプ)を受講する前に不安があると思います。

 

悩む気持ちも痛いほど理解できますが、事実として「悩んでいる間にスキルは身に付きます」ので時間がもったいないと思っています。

 

それこそCodeCamp(コードキャンプ)は無料体験があります。

悩むくらいなら、まずは無料体験を受けて、実際に「自分で不安点を講師に質問」したり、自分のスキルレベルでも問題なく受講できそうかを確かめれば良いだけです。

無料体験をやってみて「自分には合いそうにないな」と思えば、そこで辞めたら良いだけです。

無料なのでリスクはありません。

 

そもそも、あなたが悩んでいる数週間で、他の人がプログラミングスキルを着々と身に付けてエンジニアになっていますよ。

行動する前から悩むのではなく、実際に行動して「自分で確かめて」から存分に悩んでみてくださいね。

» CodeCamp(無料体験に申し込む)

 

CodeCamp(コードキャンプ)の入学金はどんどん値上がりしています

もう一点だけ補足です。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験は1日でも早く申し込みしてくださいね。

 

理由は副業やプログラミングが流行っていることから、プログラミングスクールを受講する人が急増しており、どのプログラミングスクールも値上げをしているからですね。

CodeCamp(コードキャンプ)も実際に1年前より値上げしています。

CodeCamp(コードキャンプ)入学金:10,000円 → 30,000円

 

今後もITエンジニアの市場価値は高まり続けますので、こうしたプログラミングスクールの需要も増えます。そうなると、更なる値上げも十分に考えられますよね。

なので、行動は1日でも早く「少しでも興味がある」なら無料でできる範囲でも動いていきましょう。

 

それでは本記事は以上です。

 

※無料体験はお金は一切かかりません
※無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

ちなみにCodeCampの講師によるLIVE放送もありますので、これからCodeCampの受講を検討される方は「どんな人から教わるのか?」を体感してみてくださいね。

CodeCamp(コードキャンプ)の関連記事

CodeCamp(コードキャンプ)のその他の関連記事のリンクを貼っておきますので、たくさん情報を集めて、理解を深めてもらえればと思います。

 

副業で稼ぎたい人向けのCodeCamp(コードキャンプ)の関連記事

 

CodeCampのWebマスターコースが副業で稼げる理由【月30万を目指す】

CodeCampのWebマスターコースが副業で稼げる理由【月30万を目指す】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampのデザインマスターコースが副業で稼げる理由【月10万を目指す】

CodeCampのデザインマスターコースが副業で稼げる理由【月10万を目指す】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|コードキャンプを受講して副業で月10万稼ぐ方法

CodeCamp|コードキャンプを受講して副業で月10万稼ぐ方法こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|コードキャンプでフリーランスになり月30万を稼ぐ手順

CodeCamp|コードキャンプでフリーランスになり月30万を稼ぐ手順こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

転職(就職)したい人向けのCodeCampの関連記事

 

CodeCampを受講すればエンジニア転職できるか?即戦力は厳しい

CodeCampを受講すればエンジニア転職できるか?即戦力は厳しいこんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampのRubyマスターコースなら転職で月80万を目指せる理由

CodeCampのRubyマスターコースなら転職で月80万を目指せる理由こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp(コードキャンプ)についての関連記事

 

CodeCampのリアルな評判をまとめて解説【講師に問題点あり】

CodeCampのリアルな評判をまとめて解説【講師に問題点あり】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampの講師のレベルは高いの?講師選びで失敗しない方法

CodeCampの講師のレベルは高いの?講師選びで失敗しない方法こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|のコードキャンプ受講料は相場よりも高い?安い?

CodeCamp|のコードキャンプ受講料は相場よりも高い?安い?こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampの無料体験は全てのコースが見放題【1万円も割引】

CodeCampの無料体験は全てのコースが見放題【1万円も割引】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|コードキャンプのプレミアムプラスを受講しなくて良い理由

CodeCamp|コードキャンプのプレミアムプラスを受講しなくて良い理由こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

 

人気記事CodeCamp|コードキャンプを受講して副業で月10万稼ぐ方法

人気記事CodeCamp|コードキャンプのプレミアムプラスを受講しなくて良い理由

合わせて読みたい記事