プログラミング

CodeCamp|コードキャンプのプレミアムプラスを受講しなくて良い理由

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2005年よりIT企業の経営をしています。

ITビジネスで稼ぎ続けて、今年で15年目になりました。

 

昨年はプログラミングで3000万ほどを稼ぎました。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

そこで本記事ではプログラミングスクールのCodeCamp(コードキャンプ)のプレミアプラスを受講しようか迷っている人向けに「CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアプラスが微妙な理由」について解説していきます。

 

本記事を最後まで読めばCodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスを本当に受講すべきかどうかがしっかり理解できるようになります。

逆に本記事を読まないままだと、CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスを受講してしまい、後悔するかもしれません。

 

記事自体は3〜4分で読み終えることができますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスとは?

まずはじめにプログラミングスクールCodeCamp(コードキャンプ)の概要を説明します。

CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンライン型のプログラミングスクールです。

講師は全員が現役のエンジニアで、特徴としては「他のスクールよりも受講費が安い」ということです。

 

同じオンライン型のプログラミングスクールであるTechAcademy(テックアカデミー)などの受講料が30万円程ですが、CodeCamp(コードキャンプ)の場合は20万円以下で受講することができます。

» 参考:テックアカデミーのフロントエンドコースで月10万を副業で稼ぐ方法

 

ただ、受講料が安いからといっても、講師の質は高く「講師の採用率17%」という狭き門を通過した現役エンジニアばかりなので、実際に受講生のレッスン満足度は94.6%と高い評価を得ています。

 

それでは、CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスについて、解説をしていきましょう。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは全てのコースが受講できます

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは、CodeCamp(コードキャンプ)で学ぶことができるすべてのコースが自由に受講できる、まさに「プレミアム」なコースです。

 

学べるプログラミング言語やスキルは以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • Javascript
  • Bootstrap
  • Swift(iOSのアプリ開発)
  • Android
  • PHP
  • MySQL
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • Java(基礎と応用)
  • Javaサーブレット
  • Photoshop
  • Illustrator

とにかく「Web開発で使われる、ありとあらゆる言語やスキル」を網羅的に学習できますね。

 

ちなみに、過去に15年近く、IT業界で稼ぎ続けていますが、これらのスキルを全て持ったエンジニアに出会ったことがありません。

なので、これら全てのスキルが身に付くと、かなり市場価値の高い貴重な人材になれると思います。
※これら全てのプログラミング言語のスキルがあっても、稼げるかどうかは実は別問題になります。この辺りは後述します。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスはオンラインマンツーマンレッスンも受け放題

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスを受講すると、講師とのマンツーマンレッスンが受け放題になります。

 

通常コースの場合は

  • 2ヶ月プラン:20回
  • 4か月プラン:40回
  • 6か月プラン:60回

というように回数制限がありますが、プレミアムプラスならマンツーマンレッスン回数が

  • 2ヶ月プラン:無制限
  • 4か月プラン:無制限
  • 6か月プラン:無制限

全て無制限で受け放題になります。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスなら複数のコースを個別に受けるよりも断然お得

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスの場合は、当然ですが個別にコースを受講するよりも「複数を受講する場合」は受講料が安くなります。

例えば、

  • Webマスターコース
  • Rubyマスター
  • デザインマスター

というように3つのコースを受講した場合の受講料は

  • 2ヶ月プラン:444,000円
  • 4か月プラン:744,000‬円
  • 6か月プラン:894,000円

になりますが、プレミアムプラスの場合は受講料が

  • 2ヶ月プラン:398,000円
  • 4か月プラン:498,000‬円
  • 6か月プラン:698,000円

になります。最大で約20万円近くも安くなります。

 

まとめると、CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスのメリットは以下の3つです。

  1. CodeCamp(コードキャンプ)の全てのコースが受け放題
  2. 講師とのオンラインマンツーマンレッスンも受け放題
  3. 複数のコースを個別に受けるなら受講料が安い

それでは、メリットが多く感じられるCodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスですが、受講する価値はあるのか?

15年以上プログラミングで稼ぎ続けている私自身の本音を紹介します。

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは受講しなくてOKです

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは受ける価値はあるのでしょうか?

結論は簡単です。

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは受講しなくて良いです。
目的から逆算して、的確なコースだけを受講しましょう。

 

理由は以下の通りです。

  • まずもって期間内で全てのカリキュラムを受講するのは不可能
  • 複数のプログラミング言語を学んでも稼げない
  • 勉強することよりも、1つのスキルを身につけて稼ぐ方が重要

それぞれを詳しく解説します。

 

まずもって期間内で全てのカリキュラムを受講するのは不可能

もう一度、CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスで受講できるプログラミング言語を確認しましょう。

いかがですか?

もちろん、1つのスキルよりも上記全てのスキルを身に付ける方が良いと思いますが、これら全てのスキルを習得するには、あまりにも時間がたりません。

 

1つのスキルだけでも最低でも100時間はかかります。

14スキル × 100時間 = 1400時間

という膨大な時間が必要になります。

 

もちろん、全てのスキルでなくても半分だけでも良いです。それでも700時間です。

 

働きながら空いた時間で勉強しようと思っている場合でも、1日に2〜3時間が限界ではないでしょうか?

休日に6時間くらい勉強できても1週間で学習できる時間は20時間ほどです。

とてもじゃないですが、無理ですよね。

 

最大で6ヶ月というプランがありますが、半年の間これらのスキルを身に付ける為に毎週20時間以上の学習を継続できますか?

まず持って100%無理だと断言できます。

 

実はCodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは「全てのコースが受講し放題でお得」に感じるかもですが、中身は「消化しきれない量」を無制限に与えられる学習の制限オーバーのコースということです。

食べ放題のレストランに割高の料金を支払って、全然食べれない状況と同じですね。

 

複数のプログラミング言語を学んでも稼げない

これら全てのプログラミング言語やスキルを「趣味で身につけたい」なら、どうぞご自由にどうぞ!と思いますが、ぶっちゃけ全てのスキルを身につけても稼げるとは限りません。

そもそもプログラミングを学ぶのであれば、まずは1つのプログラミング言語をしっかり身につけるべきです。

特にプログラミング初心者がいきなり大量の選択肢と情報を与えられても、知識が定着しません。

 

初心者の場合は、まず1つのプログラミング言語を3ヶ月から6ヶ月かけて、じっくり身に付けるべきです。6ヶ月の時間をかけても、1つのスキルさえ完全には定着しません。

 

そして、プログラミングスキルを身に付けることと、プログラミングを使って稼ぐことは別問題です。

複数のスキルを持っていても「稼ぐ方法」を知らなければ、宝の持ち腐れ状態で、単なるノウハウコレクターになってしまいます。

まずは幕の内弁当が良さそうな錯覚を持ちがちですが、欲張ることなく、1つのスキルをじっくり身に付けるという意識を持ちましょう。

いきなり多くを吸収することなんてできませんよ。

 

勉強することよりも、1つのスキルを身につけて稼ぐ方が重要

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスで「複数のプログラミング言語やスキルを学ぼう」という意欲は大切ですが、勉強してスキルや知識を身に付けることが目標ではないですよね。

目標は「スキルを使って稼ぐこと」だと思います。

  • スキルを身につけてエンジニアとして転職して年収を上げる
  • スキルを身につけてフリーランスで自由に働いて稼ぐ
  • スキルを身につけて副業で空いた時間で効率的に稼ぐ

それが本当の目的だからこそ、いつまでも勉強していたらダメですよ。

 

何度も言いますが勉強は、目的を達成する手段です。

スキルが豊富なエンジニアになるのではなく、稼げるエンジニアになってください。

 

プログラミングスクールで一生懸命に勉強を続けるよりも、最低限のスキルを身につけたら「実際に稼ぐための行動」をすることが重要です。

いくら教科書と机を開いても1円のお金にもなりませんよ。

 

だからこそCodeCamp(コードキャンプ)を受講して、最短期間でスキルを身につけて稼ぎましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講する

現役エンジニアの講師に年収が上がる転職方法を教えてもらう

エンジニアに転職する

実務業務でスキルアップ

稼げるエンジニアとして、さらに転職(orフリーランス)

こんな感じで「2年後にはフリーランスになる」くらいがベストです。

 

あなたがCodeCamp(コードキャンプ)に通う理由は「スキルを身に付けること」ではなく

プログラミングスキルを身につけて、エンジニアになって稼ぐこと

だということを必ず強く意識しておいてください。

 

そのためにCodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスが本当に有益な自己投資になるのか?

受講できるコースの多さに迷うことなく、正しい判断をしてもらえればと思います。

» CodeCamp(無料体験に申し込む)

 

CodeCamp(コードキャンプ)受講が不安な人へ


本記事ではプログラミング歴20年、そしてIT企業を15年経営する経営者視点で

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは受講する価値があるのか?

について解説しました。

 

結論は「CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムプラスは受講しなくてOK」ということでしたね。

それでは、最後に「新しい物事に挑戦する」上で大切なお話をして終わりたいと思います。

 

悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます

現段階では「本当にCodeCamp(コードキャンプ)を受講しようかな・・・」「自分には他にも安いスクールの方が良いのでは」など、色々と検討して悩んでいると思います。

もちろん、冷静に比較して「見極めること」は重要ですが、それ以上に注意があります。

それは「悩んでいる時間がめちゃくちゃもったいない」ということです。

 

先日に即行動で結果を出し続ける与沢翼さんが、すごく良いツイートをされました。

この言葉は「人生を変えるための本質」です。

 

  • 自分はCodeCamp(コードキャンプ)を受講しても失敗しないだろうか・・・
  • 受講費を支払う価値があるのだろうか・・・
  • 副業で本当に稼げるようになるのだろうか・・・

色々とCodeCamp(コードキャンプ)を受講する前に不安があると思います。

 

悩む気持ちも痛いほど理解できますが、事実として「悩んでいる間にスキルは身に付きます」ので時間がもったいないと思っています。

 

それこそCodeCamp(コードキャンプ)は無料体験があります。

悩むくらいなら、まずは無料体験を受けて、実際に「自分で不安点を講師に質問」したり、自分のスキルレベルでも問題なく受講できそうかを確かめれば良いだけです。

無料体験をやってみて「自分には合いそうにないな」と思えば、そこで辞めたら良いだけです。

無料なのでリスクはありません。

 

そもそも、あなたが悩んでいる数週間で、他の人がプログラミングスキルを着々と身に付けてエンジニアになっていますよ。

行動する前から悩むのではなく、実際に行動して「自分で確かめて」から存分に悩んでみてくださいね。

» CodeCamp(無料体験に申し込む)

 

CodeCamp(コードキャンプ)の入学金はどんどん値上がりしています

もう一点だけ補足です。

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験は1日でも早く申し込みしてくださいね。

 

理由は副業やプログラミングが流行っていることから、プログラミングスクールを受講する人が急増しており、どのプログラミングスクールも値上げをしているからですね。

CodeCamp(コードキャンプ)も実際に1年前より値上げしています。

CodeCamp(コードキャンプ)入学金:10,000円 → 30,000円

 

今後もITエンジニアの市場価値は高まり続けますので、こうしたプログラミングスクールの需要も増えます。そうなると、更なる値上げも十分に考えられますよね。

なので、行動は1日でも早く「少しでも興味がある」なら無料でできる範囲でも動いていきましょう。

 

それでは本記事は以上です。

» CodeCamp(無料体験に申し込む)

 

CodeCamp(コードキャンプ)の関連記事

CodeCamp(コードキャンプ)のその他の関連記事のリンクを貼っておきますので、たくさん情報を集めて、理解を深めてもらえればと思います。

 

副業で稼ぎたい人向けのCodeCamp(コードキャンプ)の関連記事

CodeCampのWebマスターコースが副業で稼げる理由【月30万を目指す】

CodeCampのWebマスターコースが副業で稼げる理由【月30万を目指す】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampのデザインマスターコースが副業で稼げる理由【月10万を目指す】

CodeCampのデザインマスターコースが副業で稼げる理由【月10万を目指す】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|コードキャンプを受講して副業で月10万稼ぐ方法

CodeCamp|コードキャンプを受講して副業で月10万稼ぐ方法こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|コードキャンプで初心者にオススメのコースは2つ

CodeCamp|コードキャンプで初心者にオススメのコースは2つこんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|コードキャンプでフリーランスになり月30万を稼ぐ手順

CodeCamp|コードキャンプでフリーランスになり月30万を稼ぐ手順こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

転職(就職)したい人向けのCodeCampの関連記事

CodeCampを受講すればエンジニア転職できるか?即戦力は厳しい

CodeCampを受講すればエンジニア転職できるか?即戦力は厳しいこんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampのRubyマスターコースなら転職で月80万を目指せる理由

CodeCampのRubyマスターコースなら転職で月80万を目指せる理由こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp(コードキャンプ)についての関連記事

CodeCampのリアルな評判をまとめて解説【講師に問題点あり】

CodeCampのリアルな評判をまとめて解説【講師に問題点あり】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampの講師のレベルは高いの?講師選びで失敗しない方法

CodeCampの講師のレベルは高いの?講師選びで失敗しない方法こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCamp|のコードキャンプ受講料は相場よりも高い?安い?

CodeCamp|のコードキャンプ受講料は相場よりも高い?安い?こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

CodeCampの無料体験は全てのコースが見放題【1万円も割引】

CodeCampの無料体験は全てのコースが見放題【1万円も割引】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

人気記事CodeCamp|コードキャンプを受講して副業で月10万稼ぐ方法

人気記事テックキャンプのカリキュラムを学ぶとエンジニアとして稼げるのか?

関連記事