プログラミング

プログラミング副業はLP案件がベスト【マーケティング込みで稼げ】

副業したい人
副業したい人
副業で稼ぐためにプログラミングを勉強していますが、効率的に稼ぐには、どんな案件を受注すれば良いですか?
クラウドソーシングを見て、どんな案件が稼ぎやすいかを探しています。

この疑問を本記事で解決します。

 

本記事の内容まとめ
  • 副業で稼ぎたい人はLP案件を受注しましょう
  • プログラミングの副業でLP案件を受注して稼ぐ手順

 

こんにちは、副業の王様を運営するヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

2005年からWebマーケティングやプログラミングで稼ぎ続けてきました。

最近はブログを書いたり、株式投資にも挑戦していますが、基本的には今でもプログラミングを本業に稼いでいます。

ちなみに去年は3000万ほど稼ぎました。

» 14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

そこで本記事では「プログラミング」というスキルを活用して、副業で稼ぐための「案件の取り方」について解説しようと思います。

 

結論を言うと「プログラミングの副業で稼ぐなら、LP構築の案件を受注しましょう」ということです。

実際に私自身は企業のLP構築の案件で月200万ほどを稼いでいますので、十分に再現性は高いと思っています。

その辺りのLP案件の受注のコツも含めて詳しく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

副業で稼ぎたい人はLP案件を受注しましょう

プログラミングの副業で稼ぐならLP案件がベストです。

明確な理由があります。

 

  • プログラミング初心者でも対応できる
  • 制作の需要がたくさんある

具体的に解説します。

 

理由1:プログラミング初心者でも対応できる

LPの構築は、基本的なHTMLとCSSのスキルがあれば十分に対応できます。

※最近は写真や文字に動きを付けることが主流になっているので、簡単なJavaScriptも理解できれば最高です。

 

基礎的なHTML/CSSができて、JQueryなども使うことができれば大丈夫です。

あとは問い合わせフォームですが、外部のフォームサービスを使っても良いですし、PHP対応のフォームもあるので、それを使えば余裕ですね。

» PHPメールフォーム(PHPを対応するサーバーにアップするだけで使えます)

 

理由2:制作の需要がたくさんある

企業のWebサイト構築の案件はほとんど需要がありませんが、LP案件はいまだにたくさんあります。

定期的に広告を出す企業の場合だと、毎月LPを作り変えることもあります。

 

LPは「商品やサービスを売りたい企業」にとっては、公式サイトとは別で必要になるページです。

「売ること」に特化しているので、需要が常に安定しています。

 

企業の公式サイトは1回作ればOKですが、LPは常にリニューアルが必要になります。

 

例えばEXPAというライザップが提供する女性専用ジムがありますが公式サイトはこちら!

» https://expa-official.jp/

 

そして、このEXPAのLPサイトがこちら!

» https://expa-official.jp/lp/lp04/

 

見てもらえればすぐに分かりますが、公式サイトよりも「今すぐ入会してもらう」ということにフォーカスしてサイトが作られています。

 

そして、LPサイトの方のコーディングレベルは初心者向けだと分かります。

HTMLとCSSの基礎が理解できていれば、すぐに対応できるということです。

 

LP案件こそむちゃくちゃ稼げます

上記のLPページを見てもらって「こんな初心者でも対応できるレベルのプログラミングで稼げるの?」と思った方が多いと思いますが、事実は儲かります。

稼ぐフリーランスに共通するのは技術力より営業力【仕事を取る方法】でも解説していますが、プログラミングスキルが伸びたからといって、収入が増えるとは限りません。

 

プログラミングのスキルを伸ばすことは、売上を作る1つの手段に過ぎません。

大切なことは「需要があるところに価値を供給すること」です。

 

初心者でも対応できるプログラミングのレベルでありながらも、LP案件に需要があるのは事実です。

繰り返しになりますが「なぜ需要があるのか?」というと、売ることに特化しているからです。

 

企業は常に「商品やサービスを売る」ことが目的です。

だからこそ売れるLPを作ることができれば、稼ぐことができます!

 

20ページで10万円の公式サイト構築と、1ページで50万円のLPサイト構築

1ページあたりの作業費でプログラミングの仕事を受注する感覚に慣れてしまうと「LP案件は儲からない」という答えになります。

LPの場合は基本1ページです。
※その代わりに1ページのボリュームは莫大になるので、超縦長のページになります。

 

その1ページに「売れる仕組み」を詰め込むので、当然ですが「公式サイトの1ページ」とは価値が異なります。

この価値を理解できない人は「LP案件は儲からない」という判断になってしまいます。

 

実際に私の場合は1ページ5000円から簡易的な会社サイトも作っていますが、LP案件の場合は1ページで50万で受注しています。

 

では「なぜ1ページのサイト構築が50万円で売れるのか?」というと、Webマーケティングの知識があるからです。

単純にコーディングだけなら3万くらいになるはずなので、残りの47万はWebマーケティングという「売れる仕組み作り」に対する価値になります。

 

LP案件で稼ぎたいならWebマーケティングのスキルは必須

副業で効率よく稼ぐならLP案件をどうぞ。

単なるコーディングだけじゃなくて、LPページに「売れる仕組み」を提案できれば1ページで50万円以上稼ぐことができます。

1ページしか作ってないのに、それで50万を稼げれたら、副業としても美味しいですよね。

 

では、どんなWebマーケティングのスキルが必要か?というと以下の通りです。

  • 購買心理のマーケティングスキル
  • セールスライティングスキル
  • 広告運用のスキル

この3点ができる人は、基本的にLP専門のフリーランスとして活動すれば、月に数百万は稼げます。

 

ただ「1ページで50万とか、マジで余裕やん!」と思った方は、少し残念です。

現実をお伝えしておきますが、実際に仕事を受注した企業の商品やサービスごとにセールスライティングを考えて、売るための導線を作るのは、相当に骨の折れる作業になります。

競合他社を分析したり、ターゲット顧客の心理を分析したり、商品が欲しくなる言葉や写真を考えたりしないといけません。

 

「1ページ50万」とは言っても、その背景では「相当な時間を思考に使う」ので、やってみると「割りが合わない」と感じることも多々あります。

さらに広告運用も兼ねてやると、実際は100万くらいの予算をお願いしないと成立しないと思います。

 

ただ、アフィリエイトとかをしてきた人は、日常的に企業のLPサイトを見ているので「売れる仕組み」についての理解がしやすいと思います。

しかも自分で広告運用もできるので、LP案件は「それほど難しくない」と思っています。

 

プログラミングの副業でLP案件を受注して稼ぐ手順

LP案件は、副業でも稼ぎやすいプログラミング案件の1つだと思います。

そこでLP案件を受注するまでの手順について解説しようと思います。

 

LP案件を受注するまでの手順

  1. 手順1:プログラミングの基礎を学ぶ
  2. 手順2:まずは作るだけの案件を受注する
  3. 手順3:Webマーケティングを学ぶ
  4. 手順4:企業の案件を受注する

それぞれを詳しく見ていきましょう!

 

手順1:プログラミングの基礎を学ぶ

まずはプログラミングの基礎を学習しましょう。

ProgateのHTML/CSSを見て自分で勉強してもOKです。

基礎知識は基本的にプロゲートで無料で学んでください。

» 参考:【初心者向け】プログラミング学習時のProgateの正しい使い方

 

ただ初心者の場合で「何から勉強して良いかわからない」という不安もある場合は、プログラミングスクールに課金するのもありです。

 

オススメするのはテックアカデミーのフロントエンドコースです。

とりあえず、このコースを受講しておけばLP案件で必要なスキルは完全網羅できます。

 

「テックアカデミーってなんぞや?」という場合は【副業に最適】テックアカデミーのフロントエンドコースが初心者に最高の理由も合わせてどうぞ。

テックアカデミーのフロントエンドコースで月10万を副業で稼ぐ方法 この疑問にお応えします。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 ...

 

手順2:まずは作るだけの案件を受注する

基礎が終われば、さっそくですがLP案件を受注しましょう。

ここではクラウドソーシングを使えば、初心者でも案件を受注することができます。

 

案件を探す方法

クラウドワークスとかランサーズに登録して案件を探しましょう!

そして「仕事を探す」から[コーディング]というキーワードを入れて検索します。

そうすれば、構築だけで稼げる案件が出てきます。

実際に気になる案件があれば、詳細を見て「この条件なら仕事を取れそう」と思えば、提案してみましょう!

 

ざっくりで「70%くらいの割合で納品できそうだな」と思えば積極的に提案していきましょう!

 

また、よくある質問で「クラウドソーシングはなかなか良い案件が受注できない」という声をいただきますが、その質問への回答としてランサーズで受注できない人の特徴を解説【受注テンプレを無料配布】で解説しましたので、合わせてご覧ください。

 

手順3:Webマーケティングを学ぶ

クラウドソーシングでコーディングの案件を受注していくと、だんだんと「売れるサイト」と「売れないサイト」の違いが見えてきます。

そのタイミングで、同時にWebマーケティングの勉強もはじめてください。

このWebマーケティングの知識がないと、1ページで50万を稼ぐみたいな付加価値の高いLP案件を受注することができません。

 

この辺りの学習手順は効果の出るランディングページの作り方が学べる本を紹介【厳選5冊】をご覧ください。

 

手順4:企業の案件を受注する

クラウドソーシングでのLP案件の実績が増えて、Webマーケティングの理解も深まれば、どんどん仕事の幅を広げていきましょう。

企業の案件も積極的に受注すればOKです。

 

例えば、Web構築だけでなく

  • デザイン
  • ライティング
  • 運用と修正

などがトータルで受注できれば、かなり仕事の幅が広がっていきます。

実際に私はWebマーケティングやコーディングだけでなく、デザインやライティング、サイトの運用、サーバー管理まで全てできるので、企業にも重宝されます。

 

そうなると、自分から営業をしなくてもリピートでどんどん仕事が入ってくる状況を作ることができますので月100〜300万ほどの売上を安定してLP案件だけで生み出せるようになります。

 

LP案件で稼げる人は、行動できる人です

ということで、LP案件を副業で稼ぐための情報をまとめましたが、実際に本記事で紹介した手順をしっかり辿れば、副業でも十分に稼ぐことは可能です。

ただ、ほとんどの人は「稼げる情報」を知っても、なかなか動くことができません。

 

  • 今の仕事が忙しい
  • 新しいことを勉強する時間がない
  • 本当に稼げるか分からない

いくらでも動かないことの言い訳ができます。

 

行動できない人を、どうこうする気はありません。ご自由にどうぞです。

 

もし「副業でも稼いで、人生を安定したい」という気持ちがある場合は、今から行動に繋げてもらえればと思います。

3ヶ月も頑張ればLP案件をクラウドソーシングで受注して、月3〜5万くらいは確実に稼げるようになりますよ!

この月5万が、数ヶ月後の1ページで50万という案件に繋がるわけです。

 

ということで、サクッと行動していきましょう!

まずはプログラミングの基礎学習ですね。

学習の時間短縮をしたい方はプログラミングスクールをどうぞ。

スクールはたくさんあるので悩む場合は乱立するプログラミングスクールの中で本当にスキルが身に付く2校を紹介をどうぞ。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

人気記事【完全版】テックアカデミーを受講してフリーランスで稼ぐ手順を解説

人気記事初心者でも稼げるランディングページの作り方【独学と外注方法も解説】

関連記事