プログラミング

【現役社長がオススメ】フリーランスエンジニア専門エージェント3選

フリーランスエンジニアとして仕事を安定して獲得したいけど、フリーランスエージェントって、ぶっちゃけどうなの?

この疑問を本記事で解決します。

 

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

15年以上、Webマーケティングとプログラミングの会社を経営をしています。

つまりプログラミング歴は勉強期間を入れると20年で、現役のエンジニアです。

プログラミングでは年間で3000万ほど稼いでいます。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

特に最近では「新型コロナウイルス」の影響から

  • 在宅で稼げるスキル
  • リモートワークで働ける環境
  • 好きな時間に働ける稼ぎ方

として「フリーランスエンジニア」を目指す方が増えています。

 

中には大学生がアルバイト感覚で、フリーランスエンジニアとして働いて、毎月100万以上を稼ぐ事例もあります。

つまり「フリーランスエンジニアは確実に稼げる」ということです。

 

もちろん、フリーランスという働き方は、独立開業や起業とも言い換えることができるので

  • 経験がない自分には無理だろう
  • 独立って、特別なスキルが必要では?

といった不安を感じる方も多いはず。

 

ただ結論を言えば、エンジニアとして1年ほどの実務経験がある人なら、フリーランスエンジニア専門のエージェントを上手に活用すれば、最低でも月収50万円、さらには月収100万を目指すことができます。

これは、実際にフリーランスとして働いている現役エンジニアでも、知らない人の方が多い情報になります。

 

ということで、本記事では「フリーランスエンジニアのエージェントにも詳しい」IT起業のエンジニア経営者が「本音でオススメできる、フリーランスエンジニア専門エージェント」の活用法を丁寧にお伝えしていきます。

 

フリーランスエンジニア専門エージェントを使えば年収が増える理由

エンジニアとして1年以上の実務経験がある場合は、絶対に「フリーランスエンジニア専門エージェント」を活用してください。

 

なぜなら「あなたの年収が飛躍的に伸びる上に、安定的に仕事(案件)を獲得してきてくれるから」です。

 

フリーランスエンジニア専門エージェントが、あなたに変わって案件を受注する営業をしてくれます。

営業が苦手な人でも、安定的に仕事が来るので、生活も安心ですよね。

 

フリーランスエンジニア専門エージェントは、どうやって稼ぐのか?

フリーランスエンジニア専門エージェントとは、言い換えると「フリーランスエンジニアに仕事を取ってきてくれる営業代行」になります。

なので、エージェントは企業からの受注額から手数料を取るわけですね。

 

例えば、以下のような感じですね。

企業から100万円で案件を受注

フリーランスエンジニアに90万円で発注

受注額の10%の10万円を手数料で受け取る

だいたい、手数料の相場は10〜20%くらいですね。

 

フリーランスとしての活動で、一番不安に感じるのが

仕事を安定して取れるのだろうか?

という不安ですよね。

 

特に営業が苦手、お金の交渉をするのが苦手、というエンジニアにとっては「高単価の仕事を安定して受注してきてくれる営業代行」はありがたい存在になります。

つまり、フリーランスエンジニア専門エージェントを活用すれば、フリーランスとして独立、起業をしても「仕事がなくてヤバイ」という状態を回避することができるわけです。

 

何より、紹介してくれる案件をしっかり対応していけば、年収1000万だって現実的です。

それくらい安定して高収入を目指すことができるのが、フリーランスエンジニアという働き方です。

 

現役エンジニア社長が選ぶ、フリーランスエンジニア専門エージェント3選

それでは、数あるエージェント会社から、どこを選べば良いのか?

 

現役でプログラミングで稼ぐ会社の社長をしている私が

  • 付き合いのあるエージェント会社
  • 実際に仕事をしてみたエージェント会社
  • 代理店に紹介されたエージェント会社

から厳選して、3社だけ紹介したいと思います。

 

中には、10社も20社も紹介する記事がありますが、そんなに多く出されても選べませんよね。

なので、私の実体験を元に「ここのエージェントは信頼できる」「安定的に高単価の案件を持ってきてくれた」という視点から紹介していきますね。

 

フリーランスエンジニア専門エージェントの利用手順

その前に、下記で紹介するフリーランスエンジニア専門エージェントの利用手順だけサクッと解説しておきます。

基本的にエージェントの利用は無料です。

上述した通り「エージェントは手数料ビジネス」なので、フリーランスエンジニアから登録料などを取ることはありませんので、ご安心ください。

 

しかも、まだフリーランスとして独立していない段階でも、エージェントに登録することは可能です。

というか、独立前であっても「フリーランスになった場合を想定」して、必ず事前登録しておきましょう。

メリットは以下の通りです。

  • フリーランスになれば、どれくらい稼げるのか?を教えてくれる
  • どんなレベルの案件が来るのかを、事前に教えてくれる
  • 自分のスキルレベルに合った案件を教えてくれる

 

とにかくフリーランスエンジニアになる前から「エージェント登録」を済ませておくことで、独立後の自分の収入や、キャリアアップのイメージを掴むことができます。

 

何度も言いますが、この段階でもすべて無料です。

エージェントに登録する流れはこちらです。

  1. 下記で紹介するエージェントに登録をする
  2. エージェントと面談をしてスキルレベルや理想の働き方を伝える
  3. エージェント登録が完了次第に案件がどんどん紹介される
  4. 受注したい案件を選んで、契約をする
  5. 実際に案件を納品して完了→報酬が振り込まれる

 

ということで、私がオススメでるきる、信頼できるフリーランスエンジニア専門エージェントを紹介していきます。

 

一番信頼できるエージェント:レバテックフリーランス

» レバテックフリーランス【公式サイト】

 

数あるフリーランスエンジニア専門エージェントの中でも最大手で、案件数も豊富です。

何より担当者が「フリーランスエンジニアに合った案件を必死に営業して探してきてくれる」ので、信頼できます。

 

特にレバテックは高単価の案件が多く、レバテックと契約するフリーランスエンジニアの平均年収は862万円になります。

というか、私の周りのエンジニアでレバテックを利用しているフリーランスは、全員が年収1000万を余裕で超えています。

 

とにかく「自分で営業するよりも高単価の案件を取ってきてくれるので、重宝している」という評価ばかりです。

 

ということで、まずは「まだフリーになるか決めていない」「フリーランスエンジニアの情報収集だけしたい」という人でも無料登録できますので、今すぐ登録だけしておきましょう。

 

案件を見ているだけでもテンション上がりますよ。

» レバテックフリーランスに無料登録【公式サイト】

 

レバテックと合わせて登録すべき:ギークスジョブ

» ギークスジョブ【公式サイト】

 

こちらは上場企業のギークスが運営するエージェントですね。

とにかくレバテックと同じく「高単価の案件が多い」のが特徴です。

というか、レバテック1社だけでなく、ギークスジョブも合わせて登録しておくことで「案件の比較」ができるので、賢く稼ぎたい場合は、両方を登録しておきましょうね。

 

あなた専属の営業代行が1人よりも、2人の方が安定的に案件を受注できますよね。

そういうことです。

 

ギークスジョブは担当者が優秀なイメージがありますね。レバテックと合わせてオススメです。

» ギークスジョブに無料登録【公式サイト】

 

フリーランスでも保証は欲しい:Midworks

» Midworkds【公式サイト】

 

Midworksの特徴は「フリーランスエンジニアとして独立したいけど、正社員のような保証や福利厚生がなくなるのは辛い」という方向けに保証が整備されていることです。

具体的には、フリーランス向けの賠償責任補償や健康診断優待のある「フリーランス協会」や、会計サービスのfreeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」、「保険補助」、交通費や書籍代を支援する「経費補助」、映画やレストランが割引される「リロクラブ」への加入、ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」などです。

 

とりあえず、正社員で雇用されるような保証を受けながらも、フリーランスエンジニアとして活動することができます。

特に「社会保険料を半額負担」してくれるサービスはありがたいですよね。

さらに打ち合わせや移動の経費も月3万円(書籍購入代などは毎月1万円まで)出ますし、正社員のように給料も保証してくれます。

 

で、この状態でも「フリーランスエンジニア」として活動できるので、もはや意味不明ですよね。

  • フリーランスエンジニアとしての良いところ
  • 正社員としての良いところ

を上手に合わせたサービスを展開しています。

もちろん、レバテックやギークスジョブよりは案件数は少なくなりますし、受注単価も落ちてしまいますが、その分だけ「安心して保証を受けながらフリーランスにチャレンジしたい」人にとっては最適だと思います。

 

» Midworksに無料登録【公式サイト】

 

【まとめ】複数のエージェントに登録することで安定収入を作ろう

昨今のIT業界における人材市場は「完全に売り手」市場です。

エンジニアの数が不足しているので、どんどん案件単価が上昇しています。

なので「エンジニアとして稼ぎきるなら、フリーランスエンジニア専門エージェントに登録して、最速で効率的に稼ぐ」ことが賢い選択肢です。

 

自分で一生懸命に企業や代理店に営業している時間と労力がもったいないですよ。

エンジニアの仕事はプログラミングです。

そのプログラミングに集中しながら、効率的に稼ぐからこそ「収入の最大化」を達成することができます。

 

というか、稼げないエンジニアほど無駄な作業を続けていますよね。

プレゼン資料を作ったり、営業の打ち合わせにいくとか、まじで無駄です。

 

それは得意な人(=エージェント)に任せた方が良くないですか?

 

1年以上の実務経験があれば、問題なくエージェント登録できます

本記事で紹介したレバテックやギークスジョブ、Midoworksは、エンジニアとしての実務経験が1年以上あれば、問題なく登録できて、案件を受注することができます。

なので、絶対にチャレンジするべきですよ。

 

コロナ禍で、世の中の働き方が大きく変わりましたよね。

正社員でも一生安泰って無いですよね。業績が落ちれば人員解雇をするのは当然です。

なぜなら、会社にとって「人件費」が一番重いからです。毎月、利益が出ようと、出てなくても、人件費だけは支払い続けないといけません。

 

私もそうですが、経営者にとって「会社を存続させるために真っ先に切るのは人件費」になってきます。

 

特に、テレワークや在宅勤務ができると分かった昨今、会社に必要な人材と不要な人材がハッキリわかるようになりました。

 

それでも、会社は仕事を進める必要があります。

特にコロナの影響で「オンラインサービス」が重要視されています。

リアル店舗よりもオンラインのECサイトの立ち上げが必須ですよね。

 

そうなると、プログラミングの案件は今後も加速して増えていきます。

そこで重宝されるのが「フリーランスエンジニア」です。

 

なぜなら企業にとっては正社員で採用するよりも、フリーランスエンジニアの方が割安の人件費で、クオリティの高い仕事をしてくれるからです。

そんな市場価値の高いフリーランスエンジニアに、ノーリスクでチャレンジできるのが、フリーランスエンジニア専門エージェントというサービスです。

 

稼ぐフリーランスエンジニアは大半が利用していますよ。

もし、チャレンジした後に「自分はフリーランスではなく正社員で働く方が良いかな」と感じたら、そこで辞めたら良いだけです。

いくらでも後戻りはできますよ。

 

チャレンジはノーリスクです。しかし得られるメリットとリターンは大きいと断言できます。

 

ということで、本記事は以上です。

さっそく、あなたの未来を変えるための行動につなげていきましょう。

 

どれも、無料登録で、利用も永久に無料です。

 

 

人気記事フリーランスは不安定ではない3つの理由【個人で稼ぐ力の身につけ方】

人気記事【仕事探しで収入アップ】フリーランスエンジニアが案件を受注する方法【4パターンから選べる】

合わせて読みたい記事