自由な人生について

【仕事探しで収入アップ】フリーランスエンジニアが案件を受注する方法【4パターンから選べる】

フリーランスで働きたいエンジニア
フリーランスで働きたいエンジニア
フリーランスのエンジニアとして働きたいのですが、独立後にどうやって案件(仕事)を探せば良いのでしょうか?
また安定的に収入を得るための働き方も教えてください。

フリーランスなので、案件を受注できなければ収入は0になるリスクがあるので最初にしっかり情報を集めて準備しておきたいと思います。

この疑問にお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • フリーランスのエンジニアが案件を受注する方法とは
  • 仕事が多いフリーランスエンジニアの共通点とは
  • まとめ:エンジニアは常に人手不足なので稼げます

 

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

本記事ではフリーランスとして自由に働きたいエンジニアが「仕事はどうやって受注すれば良いのか?」といった独立前の不安に対する回答として詳しくまとめました。

基本的にWeb業界はエンジニア不足なので、フリーランスの方は積極的に営業すれば仕事は間違いなく受注できます。

仕事が安定的に受注できれば収入は飛躍的に上がるので人生の自由度はかなり増します。「フリーランスエンジニア向けの、仕事(案件)の探し方、受注の仕方」といった情報は以外に少ないので本記事を読みながら、できる範囲で行動してみてください。

 

フリーランスのエンジニアが仕事(案件)を受注する方法

フリーランスのエンジニアは以下の4パターンから仕事を探すことができます。実際にこの4つで行動すれば、ほぼ100%間違いなく仕事は取れます。

  • 仕事案件サイトから受注する
  • ブログで情報発信
  • 自分で営業する
  • 営業パートナー(代理店)や知人の紹介

それでは順番に解説していきます。

 

仕事案件サイトから受注する

フリーランスエンジニアの人にとって、一番簡単に仕事を受注することができます。実績もしっかりあれば高単価の案件を取れると思います。

実際に、こういった仕事案件サイトから受注できれば、サラリーマン時代よりも年収は100〜200万円は上がるので、フリーランスのエンジニアとしてはベストな働き口になるのでオススメです。

まだ未登録に場合は、とりあえず登録だけでもしておきましょう。年収1000万超えも現実的に達成可能です。

 定番の仕事案件情報サイト

 

ブログで情報発信

ブログは成果が出るまでは、ある程度に時間がかかるので先に作って始めていきましょう。

エンジニアとしてブログを書くメリットはいくつかあります。

  • 情報発信をすることで信頼が積み重なる
  • Webマーケティングのスキルが身につく
  • ライティングのスキルが身につく
  • 優良な情報や人が集まりやすくなる

アクセスが増えるまでは大変な時期がありますが、PVが増えてくると安定してブログからも収入を得ることができます。毎日ではなく週1本記事を書くだけでも良いので、リーランスのエンジニアこそブログを書きましょう。

» 参考:WordPressでサイトアフィリエイトを始めよう!収益アップとSEO対策もセットで解説【決定版】

自分で営業する

フリーランスのエンジニアで自主的に営業をしている人はほとんどいません。

人とのコミュニケーションが不得意だったり、売り込みが嫌だという人もいると思いますが、営業しないことは機会損失です。

異業種交流会に出ましょう!名刺をたくさん配って顔を覚えてもらいましょう!ということではなくて、実績をまとめたポートフォリオサイトを作って、制作会社や代理店にメール営業するだけでOKです。

 

制作会社は慢性的に人材不足に悩んでいるので、優秀なパートナーは1人でも確保したいので、すぐに案件を振ってくれると思います。複数の制作会社や代理店とパートナー提携できれば、それだけで月収50〜100万円は達成です。

フリーランスのエンジニアが仕事を受注するための営業方法は【エンジニアの悩み解決】仕事がないフリーランスエンジニアの月収100万円を達成するメール営業術【効果実証済み】をご覧ください。

営業パートナー(代理店)や知人の紹介

上述のように制作会社や代理店は基本的にエンジニアの人材不足で悩んでいます。それくらい仕事の案件は溢れているので、良い仕事をするエンジニアに関してはすぐに口コミで広がるので必然的に紹介が多くなります。

 紹介を増やしてもらうポイント

紹介してくれる相手(制作会社の営業担当や中小企業の社長など)にもメリットを必ず提供しましょう。

「案件を回してもらえたら紹介料を15%支払うので、どしどしお願いします!」と伝えておけば、それだけでも紹介率は飛躍的に上がります。

 

またフリーランスのエンジニアの知り合いから「●●の案件があるんだけど対応できる?」といった形で紹介案件が回ってくることも多いので、フリーランスのエンジニア同士の繋がりも作っておきましょう。

現時点でフリーランスの繋がりがない場合は、SNSでコミュニケーションを取ったり、交流会やイベントに参加するなど、積極的に輪を広げていきましょう。

継続案件の受注を目標にする

フリーランスのエンジニアにとっての営業期間は1ヶ月に1回くらいで十分です。

基本的には1度仕事をした制作会社や代理店からの継続案件を受注することで収入が安定していきます。

  1. ポートフォリオを作りメール営業する
  2. 仕事を受注する
  3. しっかりと対応して顧客満足を提供する
  4. 制作会社や代理店との間に信頼関係が積み重なる
  5. 継続案件や紹介がもらえる
  6. 1つの仕事が次の仕事を呼び売り上げが伸びる

もし案件が増えてきたら、今度はあなたが他のフリーランスエンジニアに仕事を紹介してあげたり、1つの案件の単価を上げていきましょう。

 

仕事をたくさん抱えているフリーランスエンジニアの共通点

最後に、仕事が集まるフリーランスエンジニアの特徴を解説します。

  • 特徴1:信頼がある
  • 特徴2:情報発信を積極的にする
  • 特徴3:何かしらのサービスを自分で作っている

仕事が集まるエンジニアとして優秀むちゃくちゃ稼いでいる

ということなので、順番に解説していきます。

特徴1:信頼がある

やはり信頼がなければ仕事は集まりません。制作会社、代理店、クライアントに対しての日々の対応すべてが信頼に繋がります。

 仕事を通して信頼獲得する方法

  • 対応が早い(メールの返答や電話の折り返しが素早い)
  • 納期を遅れない(納期ギリギリも問題です。常に余裕を持ったスケジュールで)
  • 仕事が丁寧(制作会社がそのままクライアントに報告の転送できるようにメールを送るなど気を利かせた丁寧な対応をする)
  • スキルが高い(常に新しいスキルの知識が技術を習得して仕事に取り入れる)

 

基本的なことですが、フリーランスのエンジニアは意外とできない人が多いです。特に毎回納期ギリギリの対応だったり、電話しても出てくれなかったり、メール送っても返信が3日後だったり・・・。

この辺りをしっかりと意識して仕事をしていけば、安定して仕事を受注することができるのでぜひ取り入れましょう。

特徴2:情報発信を積極的にする

ブログやSNSを使って自己PRをしっかりやりましょう。あなたに素晴らしいスキルがあっても、それを相手に伝えない限りは、あなたの価値に気づけません。

 自己PRの方法とは

  • ブログやSNSで技術系の情報発信をする
  • GithubやQiitaで他のエンジニアに役立つ情報をまとめる
  • 自分でサービスを開発する(SNSで拡散)

こういった形で自分のスキルや知識をどんどん周りに提供して人の元には仕事も情報も集まっていきます。

特徴3:何かしらのサービスを自分で作っている

少し難易度が高くなりますが、知識の学習だけでなく、アウトプットとして自作のサービスを作ることで、フリーランスエンジニアとして大きく周りと差別化ができます。

何かしら学んだ知識をサービスに昇華させることで、あなたの完全な技術力の証明になります。また作ったサービスが話題になれば、最強の実績になると同時になるのでスキルと余力がある人は絶対にサービスを作りましょう。

この辺りはアイデアが重要なので、マーケティングスキルも必要になってきますね。

 

まとめ:エンジニアは常に人手不足です

現在、エンジニアの数以上に仕事が溢れる中で、フリーランスとして働くエンジニアは簡単にお金が稼ぎやすい時代になっていると思います。

上記の仕事をたくさん抱えるエンジニアの共通点の全てを完璧に目指す必要はありませんが、特徴1の「信頼」だけでもしっかり積み重ねれば、当たり前のように仕事と収入は比例して伸びていきます。

 

フリーランスという働き方は「サラリーマンよりも稼げる」というメリットと合わせて、人生を自由に生きることができるのも大きな特徴です。

  • 自宅で働けるので通勤ラッシュが無関係になった
  • 家事や子育てをする時間もある
  • 平日でも休むことができる
  • お金も自由に稼げる

こうした働き方を手に入れることで「人生の質」が上がり、豊かに生活することができます。

 

これから「フリーランスのエンジニア」として自分で稼いでいこう!と考えながらも、大切なことは「行動する」ということです。

フリーランスはサラリーマンのように上からの指示を受けて仕事をするのではなく、常に自分から自主的に動き始めなければいけません。

 

今の仕事が忙しいなら、できる範囲で動き出しましょう。
スキルが足りないなら、足りないスキルを明確にして学習しましょう。

考えると同時に動く!
そして動きながら、また考える!

人生をより豊かにするのも、お金をもっともっと稼ぐのも、あなたの行動次第です。今できる範囲で精一杯動いて未来を変えていきましょう。

 

 フリーランスエンジニア向けの仕事案件サイト(登録必須)

※実際に登録して案件を見れば、自分が今すぐ目指せれる年収が分かるので、それだけでも調べる価値あります。

 

 フリーランスエンジニアのブログでの情報発信の始め方

WordPressでサイトアフィリエイトを始めよう!収益アップとSEO対策もセットで解説【決定版】 この疑問にお応えします。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 「サイト...

 

人気記事【無料あり】ネットで稼ぐためのプログラミングスクール3社

人気記事【成功する転職】IT業界に転職したい人におすすめの転職エージェント【行動してから考える】

あわせて読みたい