プログラミング

プログラミングで稼げない人はスキルよりも営業方法を学習すべき理由

プログラミングで稼げない人
プログラミングで稼げない人
プログラミングで稼ぐ自信がありません。
プログラミングの学習を独学で頑張ってみたけど、仕事はどうやって取れば良いのかも分からない。さらに仕事を受注できたとしても、ちゃんとクライアントの要望通りに納品できるかも不安。

さらに最適な見積もりの出し方、請求書の出し方も何も分からない。いったいどうしたら良いのか・・・。まじで不安しかない。

この疑問にお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • プログラミングで稼げない人に足りないのはビジネススキル
  • プログラミングで稼げない人は優秀な営業マンと提携しよう
  • プログラミングで稼げない人はスキルアップを目指しても無駄
  • まとめ:プログラミングで稼げない人は営業スキルを意識しよう

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。

2005年に知識なし、人脈なし、実績なし、お金なしの状態からプログラミングで起業した私ですが、手探りでもがき苦しみながらも頑張って収益を伸ばし、2018年はプログラミングだけで2000万越えの収益となりました。

今現在は一般的なプログラマーよりも営業スキルはあると思っていますが、起業当初は営業が苦手で、外部の営業マンと提携していました。

 

しかし、自分で営業するようになってからは営業スキルのレベルアップと顧客満足の両方が伸びて売上が安定するようになったので、こういった実体験を踏まえて「プログラミングで稼げないエンジニア」向けの記事を書いていこうと思います。

 

プログラミングで稼げない人に足りないビジネススキルについて

プログラミングで稼げない人はビジネススキルが圧倒的に不足しています。

特に「営業スキル」がないエンジニアが多すぎます。

 

仕事の獲得には営業が必須であり、仕事を進めるにもクライアントや代理店とのコミュニケーションが必要になります。自分で対応できないレベルであれば外注できる人脈があれば解決できます。

見積もりの作り方や、テンプレートは他社の事例を活用すればOKです。
※私は他社の見積もりの出し方が素晴らしかったので、それを参考に見積書を作り直しました。

 

では、どうすれば「こういったお金を稼ぐことができるビジネススキル」をプログラマーが身につけることができるのか?その方法を本記事では具体的に解説していきます。

 

プログラミングで稼げない人は優秀な営業マンと提携してビジネススキルを学ぼう

プログラミングで稼げない人は優秀なエンジニアと提携することで、彼らの持つビジネススキルを間近で学ぶことができます。

優秀な営業マンは「売る」ことに関してはプロ中のプロです。彼らの働き方を真似ることはオススメです!

 

そこで優秀な営業マンと繋がる2パターンを解説します。

  • Web系企業で働くサラリーマンが優秀な営業マンと繋がる方法
  • フリーランスが優秀な営業マンと繋がる方法

 

Web系企業で働くサラリーマンが優秀な営業マンと繋がる方法

まずは同じ会社内の営業マンに「個人でビジネスをして仕事を取って稼ぐには、どうすれば良いですか?」と相談してみましょう。

優秀な営業マンであればノウハウを持っているし、営業マンに相談がきた案件を個別に流してくれる可能性もあります。

フリーランスが優秀な営業マンと繋がる方法

フリーランスの場合は、営業マンが集まりやすい交流会、勉強会に参加してみましょう。特にJCや同友会などは「経営者向けに営業したい人」が多く集まる場所は繋がりを作りやすいので狙い目です。

※私は20代の時に戦略的に同友会に入り浸って、先輩経営者との繋がりを作り、そこから仕事を多く受注できていました。

 

エンジニアの大半は「プログラミング勉強会」に参加しようとしますが、ほぼ意味ないです。同業者の集まりよりも、異業種との交流の方がビジネスチャンスは広がりやすいと実体験から確信しています。

» 参考:エンジニアの勉強会への参加は完全に無駄【信頼を積む3つの方法】

 

また、営業マンと繋がる際は必ず「自分の実績、スキルの販売価格、販売時のキックバック手数料」も一緒に提示しましょう。あなたの優秀な販売パートナーになると同時に、営業マンからスキルを学べるチャンスが手に入ります。

 

プログラミングで稼げない人は、これ以上スキルアップを目指しても無駄です

プログラミングで稼げない人の多くは「自分が稼げないのはビジネススキルがないのではなく、まだまだプログラミングスキルが不足しているからだ」とビジネス自体に背を向けてしまっています。

しかしながら、現実的にプログラミングスキル=収入とはなりません。

※ギターの演奏スキルがむちゃくちゃ上手な人が必ず売れますか?それと同じくで大切なことはあなたの持っているスキルをいかに売るか?といったビジネススキルです。

 

実践を怖がってノウハウコレクターになってしまっては本末転倒です。基礎スキルがあるのであれば実務をガンガン積み上げて経験値を今すぐ上げるべきです。案件を多くこなせば、それだけ多くのスキルを学ぶことができるからです。

 

現代は、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングでいくらでも仕事を取ることはできますし、レバテックフリーランスを活用すれば月50万を目指す案件もたくさんあります。

ぶっちゃけ少し動くだけで、何もしなくても自動で仕事案件が手元に届く仕組みが作れる時代ですよ。スキルを必要以上に磨くよりも「今の自分のスキルをお金にいかに変えるか?」のビジネス視点の方が大切です。

 

頑張って学習したスキルが1年後には無価値になる時代

あなたがHTML/CSSのプログラミングスキルを持っているのであれば、今すぐにでもランサーズクラウドワークスに登録して、スキルをお金に変えましょう。1ページ構築すれば3〜5万円ほどのLP案件なら簡単に受注できるはずです。

しかし、もしペライチのような誰でも簡単にLPが作れるサービスが大衆化すれば、あなたのHTML/CSSスキルに価値がなくなってしまい、お金を稼ぐことができなくなるかもしれません。

ということで、得た知識、身につけたスキルは温存せずに、すぐにお金に変えるための行動に繋げるべきです。

 

もし、クラウドソーシングを頑張っているけど、なかなか案件を受注できなくてお悩みの場合はランサーズで受注できない人の特徴を解説【受注テンプレを無料配布】をご覧ください。

効率的に案件を獲得するためのテンプレを無料で公開しているので、参考になると思います。

まとめ:プログラミングで稼げない人は営業スキルを意識すれば人生を変えられる

本記事の内容をまとめましょう!

  • プログラミングで稼げない人はスキルが足りていないのではなくビジネススキルが不足している
  • ビジネススキルは優秀な営業マンから学ぶのが一番
  • 優秀な営業マンと提携すれば仕事獲得とスキル習得の一石二鳥
  • スキルアップに励むよりも、実績を積むために案件をたくさん獲得しよう
  • 勉強して得た知識をすぐにお金に変えることを強く意識しよう

 

プログラミングで稼げない人でも営業スキルを中心としたビジネススキルを学ぶことで、収入を劇的に向上させることは可能です。

そもそも私自身もプログラミングやデザインといった職人感覚が強い人間だったので「営業(自分のスキルを積極的に売ること)は自分がすることではない!」と思い込んでいました。

でも、この考え方は根本から間違っていて、大切なことは「自分の価値をいかに相手に伝えるか?」といった市場原理の視点でした!

 

プログラミングという今の時代で最強のスキルを持っていながらも「稼げない」もしくは「稼げても、収入が少ない」という人は営業力を先に磨き上げましょう。

エンジニアはそもそも自分を売り込む営業が苦手な人ばかりなので、営業スキルがあるだけでも他エンジニアと差別化できます。

そして、差別化できるエンジニアに仕事は集まってくるので、この記事をきっかけに付加価値があるプログラマーとしてビジネススキルを頑張って身につけていきましょう。

 

ということで、今すぐスキルをお金に変える行動に繋げましょう。

 

自分の今のスキルをお金に変える行動

営業方法をさらに深く理解したい人

 

人気記事プログラミングが伸びない人の共通点と解決方法【質問力の付け方】

人気記事【初心者向け】効率的にプログラミング上達する2つのコツを徹底解説

あわせて読みたい