プログラミング

ギークジョブGEEK JOBの就職支援の評判と違約金について解説

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

本記事では無料プログラミングスクールのGEEK JOB(ギークジョブ)の転職コースへの評判について深掘りしていきます。

実際にGEEK JOB(ギークジョブ)は無料でプログラミングが学べて、かつ就職支援もしてくれるということで人気のプログラミングスクールの1つとして評判です。

 

しかしながら

  • ギークジョブは無料で魅力的だけど、落とし穴があるのでは?
  • ギークジョブを受講後に就職できる企業はどこ?
  • ギークジョブには違約金があるらしい・・・
  • そもそも他のプログラミングスクールとギークジョブは何が違うの?

といった疑問や不安もたくさんあると思いますので、本記事ではプログラミング歴20年、かつIT企業の社長歴14年の視点からギークジョブについての評判を解説していきます。

 

また情報の信頼性として、私自身はGEEK JOB(ギークジョブ)を利用したことはありませんので、GEEK JOBの電話問い合わせ(03-6380-9557)に直接連絡をして「学べるプログラミング言語、卒業後の就職先の目線、問題の違約金」など気になる点を深掘りして確認しましたので、その辺りも交えて深く解説しきますので、ぜひご参考ください。

 

※本記事の情報は2020年5月時点のものとなります。最新情報についてはGEEK JOBの公式サイトをご確認ください。

 

今すぐGEEK JOB(ギークジョブ )の
社会人転職コース(無料)
プログラマーコース説明会申込
【完全オンライン対応】の申し込みはこちら

※無料説明会はお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに
※完全オンラインで対応しています

 

 

GEEK JOBでは、これまで通学による就職支援をしてきましたが、2020年4月の政府からの「緊急事態宣言」をうけ、今後はオンラインにて就職支援サービスを提供しています。

外出することなく、安心してプログラミングを学び就職できるサポート体制を整えていますので「緊急事態宣言」中でも安心して受講し、転職につなげていただく事が可能です。

  • 4月7日より体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施
  • GEEK JOBのWeb上には通学するとの記載がありますが、今後はオンラインでの面談・セミナー受講となります

※登録後の案内にて、オンライン体験会/説明会・セミナー等の受講方法について詳しく説明しています。
※オンライン体制は「緊急事態宣言」終結後も継続実施しますので、今後は自宅等で面談・セミナー受講を行える環境が継続します。

 

ギークジョブ(GEEK JOB)の受講料金について

まずは「無料・0円」と大々的に表示しているギークジョブの料金の実態について解説します。

 

ギークジョブには「転職コース」と「Webアプリケーションコース」の2コースがあります。

実は両コースともカリキュラム内容はほぼ同じになりますが、転職コースの場合だけ受講料が無料になります。

※ギークジョブ(GEEK JOB)は受講料が全て無料と言われますが、実は転職コースだけが無料となります。

 

また転職コースは受講料が無料になる代わりに、就職が必須という縛りがあります。

※後述しますが転職コースを受講後に就職しない場合に限り「違約金」が発生します。

 

ギークジョブの料金一覧

転職コース 料金無料(ギークジョブでの就職活動が必須)
Webアプリコース 一般132,000円/大学生66,000円

 

就職が条件となる転職コースが無料ということで、この辺りは同じ条件でも先に受講料の支払いが必要なテックアカデミーの「エンジニア転職保証コース」よりはGEEK JOBの方が好条件になります。

ただWebアプリケーションコースも一般社会人で13万円、大学生だと学割で6万6000円で受講できるので、こちらもコスパは全然悪くありません。

 

またギークジョブの転職コースでは「ギークジョブが紹介してくれるIT企業」に就職することを条件に学習費用が全額無料になりますが、もし求人の条件が微妙で就職活動をしなかった場合は「違約金」として、このWebアプリケーションコースの受講費だけ支払えばOKです。

ということは実際に他のプログラミングスクールよりも「割安価格で、リスクなくプログラミングスキルが身に付く&就職活動まで面倒を見てもらえる」と考えることができます。

 

なので転職コースで申し込みをして、プログラミングスキルを身につけて、就職支援を受けながらも、もし就職の条件が気に入らない場合は「学習費用を後払い」するというシステムということです。

 

※無料説明会はお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに
※完全オンラインで対応しています

 

  • 4月7日より体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施
  • GEEK JOBのWeb上には通学するとの記載がありますが、今後はオンラインでの面談・セミナー受講となります

※登録後の案内にて、オンライン体験会/説明会・セミナー等の受講方法について詳しく説明しています。
※オンライン体制は「緊急事態宣言」終結後も継続実施しますので、今後は自宅等で面談・セミナー受講を行える環境が継続します。

 

ギークジョブ(GEEK JOB)の評判を落とす違約金について

ギークジョブは「無料」でプログラミングを学習できるスクールですが、当然「無料」の代わりに何かしらのデメリットがあります。

それが「違約金」という制度です。

ギークジョブで身に付くプログラミングスキルや就職先などを深掘りする前に、先に「違約金」の条件について解説しておきますので、不安をこの段階で解決してもらえればと思います。

 

ギークジョブの違約金の条件

  • 開始日から14日間(土日祝日を除く)経過後に、本人が自主的に退学した場合
  • 終了日から30日間(土日祝日を除く)以内に、自己応募または他社サービスを経て面接もしくは転職された場合
  • 終了後一ヶ月以内に企業より採用内定通知が出たにも関わらず辞退した場合

ということです。

 

まず前提として「プログラミングの学習意欲がない人」はギークジョブはオススメしません。

「まずはプログラミングが自分に合ってるか感覚を掴みたい」という場合はプロゲートを使って事前に勉強しておきましょう。

 

また「自分で就職サイトを使って、就活をしたい」という人もギークジョブは不向きかもしれません。

 

なぜなら、ギークジョブで就活をしながらも、他で就活を自分で進めて、そこで前向きな内定を受けてしまうと、ギークジョブには違約金を支払わないといけなくなります。

これは勿体無いですよね。

 

しかも、ギークジョブでは紹介された就職案件は面接を受けることが必須です。

ちなみにギークジョブが紹介してくれる企業は、すでにギークジョブとの関係性があるので、「ギークジョブが紹介する人なら大丈夫だろう」という企業側の信頼もあるのでプログラミング初心者でも内定を簡単に取れることがあるそうです。

 

もちろん「紹介してくれた企業に面接を受けたけど不採用になった」という場合は違約金は発生しませんので、面接時に「ここは微妙だな」と感じた場合は、わざと「不採用になる」方向に持っていくのも大切な戦略です。

 

人生において「就職」は重要な決断の1つです。もちろん「就職するための手段」としてギークジョブのような無料でスキルを身につけて就職支援をしてくれる仕組みは前向きに利用すべきですが、何でも企業側の言いなりで動くのではなく、重要なポイントでは「自分の信念」を持ってしっかり行動してもらえればと思います。

 



※無料説明会はお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに
※完全オンラインで対応しています

 

  • 4月7日より体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施
  • GEEK JOBのWeb上には通学するとの記載がありますが、今後はオンラインでの面談・セミナー受講となります

※登録後の案内にて、オンライン体験会/説明会・セミナー等の受講方法について詳しく説明しています。
※オンライン体制は「緊急事態宣言」終結後も継続実施しますので、今後は自宅等で面談・セミナー受講を行える環境が継続します。

 

GEEK JOB(ギークジョブ)で身に付くプログラミングスキルが想像以上に実益がある

ギークジョブではRuby、PHP、Javaの3つのプログラミング言語を学ぶことができます。

 

先日にテックアカデミーは最悪で就職できない!その悪評が出回る4つの理由でも紹介しましたが、人気プログラミングスクールのテックアカデミーの場合は「転職支援コース」で学べる言語はJavaのみでした。

なので、この辺りも含めて考えてもギークジョブの方がかなり優位性があることが分かります。

とにかくRubyとPHPが無料で学べるのは、かなり大きい評価ポイントです。

 

なぜならRubyやPHPはWeb系エンジニアとしては必須となる需要の多いプログラミング言語だからです。

ちなみに以下はRubyエンジニアの求人が掲載されたレバテックフリーランスのページです。

いかがですか?
月収100万以上を現実的に目指せるのがRubyという言語の大きな魅力だと分かります。

この言語を無料で受講することができるのは、マジで大きな魅力だと感じます。

 

ただ、この「プログラミング言語」についてギークジョブに電話問い合わせで確認したところ「特に、どのプログラミング言語を勉強したいか決めていない方にはJavaを推薦している」とのことなので、ここは注意しておきましょう。

 

GEEK JOB
GEEK JOB
一番求人案件が多いのがJavaになるので、一番オススメはJavaを学習してもらうことです。

という感じで誘導してくるのですが、これは事前に知識として入れておいてくださいね。

JavaはNGです。

 

もちろんGEEK JOBの主張は間違っていません。Javaは求人案件が多くて就職しやすいプログラミング言語の1つです。

ただ将来的な需要と収入で考えたら、圧倒的にWeb系のRubyやPHPがオススメです。

 

わざわざ微妙なJavaを選ぶ必要はありません。というか、私なら死んでもJavaは選びません。

それこそRubyが使えるようになればフリーランスとして将来的に稼ぐことも可能です。

もう一度言いますがJavaだけは選ばないようにしてくださいね。

 

Javaを学びたいなら、他のスクールをどうぞ

ここで、Javaについて少しだけ解説しておきます。

Javaは主に企業が社内で使う業務アプリなどの開発に使用されるプログラミング言語です。

いわゆるシステムエンジニアと呼ばれる人たちですね。逆にRubyやPHPはWeb系エンジニアと呼ばれています。

 

なぜ「Javaを使うシステムエンジニアの求人が多いのか?」というと、その大半が「自社開発」ではなく、企業への出向によるものだからです。

 

かつては私の会社で働くエンジニアも、このJavaエンジニアとして出向先企業に常駐してプログラミングをゴリゴリやっていたそうです。

ちなみにプログラミング業務をするだけにも関わらず、クライアント企業に常駐して作業をするので毎日スーツ着用だったそうで、これが最大の苦痛と言ってました。

さらにギークジョブで学べるJavaのカリキュラムも確認しましたが、以下の通りです。

  1. パソコンの基礎学習
  2. ネットワークの基礎学習
  3. プログラミングの基礎学習
  4. プログラミングの思考と組み立て
  5. データベースとオブジェクト思考
  6. ソースコードの改修について

といった一般的なカリキュラム内容でしたので、そこまでGEEK JOBのJavaのカリキュラムには優位性を感じれませんでした。

 

GEEK JOB(ギークジョブ)のインフラエンジニアは微妙です

ちなみにギークジョブの転職コースでは、インフラエンジニアを希望することもできるそうです。

 

インフラコースではApache、MySQL、Linuxなどのサーバー環境だったりネットワーク周りのシステムが正常に動くプログラミングを学習することができます。

多分ですがWeb系エンジニアの大半が「インフラは分からない」というのが本音だと思います。

 

ただ私個人の意見としては「インフラ系のエンジニアに将来はない」と考えているので、やはりRubyやPHPなどのWeb系エンジニアを目指してもらえればと思います。

この辺りはバックエンドのサーバーエンジニアの将来性は低い【エンジニア不要論】でも解説しておりますので、合わせてご覧ください。

 

GEEK JOB(ギークジョブ)は就活前の大学生こそオススメできる

「ギークジョブは就活前の大学生でも受講できますか?」という疑問がある学生の方も多いはず。

 

もちろんギークジョブは大学生でも問題なく受講することができます。

転職コース 料金無料(ギークジョブでの就職活動が必須)
Webアプリコース 一般132,000円/大学生66,000円

受講費自体も大学生なら学割価格でお得です。

 

ただ就職活動の武器としてプログラミングスキルを身につけて内定を取れば、この受講費すら無料になります。

 

ギークジョブに電話質問にて「大学生は多いですか?」と確認したところ、全体の3割程度は大学生とのことです。

実際の受講期間は最短で1ヶ月から、通常は3ヶ月程度になるので、就職活動から逆算をすると大学3回生の1月から5月頃に申し込むと良さそうです。

 

特に日本社会の場合は大学生の新卒カードが今でも有効なので、プログラミングが未経験であってもエンジニアとして十分に就職が狙えます。

特に文系出身であってもメンターのサポートも徹底されているそうなので問題なくスキルが身に付くはずです。

この辺りは文系がプログラミング学習で稼ぐ方法【マーケティングの付加価値付き】も合わせてご覧ください。

 

あと「大学生からプログラミングを始めるのは遅いのでは?」と不安な方は【断言】大学生からプログラミング学習を始めても全然遅くない理由!もどうぞ。

【断言】大学生からプログラミング学習を始めても全然遅くない理由! この疑問を本記事で解決します。 こんにちはヒロキです。 大阪電気通信大学の情報通信学科を2004...

 

GEEK JOB(ギークジョブ)の就職先は東京近辺のIT企業です

気になるギークジョブが紹介してくれる就職先ですが、基本的に東京、神奈川、千葉、埼玉のIT企業になります。

Javaの場合は開発案件のクライアント先に常駐となりますが、何度もしつこいですがJavaエンジニアは辞めておきましょう!

 

オススメはRubyやPHPを使ってWeb開発をしている会社への就職です。

ただJavaに比べて、即戦力レベルがどうしても求められる言語になるので就活も簡単ではありませんよ。

 

ギークジョブで大阪や名古屋、福岡のエンジニア求人はあるのか?

実際にこの辺りも興味深かったのでギークジョブに問い合わせをしましたが、大阪や名古屋の求人案件は少ないですが、多少はあるそうです。

福岡などの九州はかなり少ないとのことです。

 

やはり基本は東京を中心として首都圏の求人がメインになるので、就職先として首都圏が物理的に不可の場合は、この時点でギークジョブの選択肢はなくなると思います。

 

ただ、最終的には地方(地元)に帰って働きたいという場合は、ギークジョブを利用して、先に首都圏の企業に就職する。

そこで2〜3年の職歴実績を作ってしまえば、地方での転職活動でも有利にキャリアアップをすることが可能です。

 

特にRubyやPHPのWeb系エンジニアの場合は自宅で作業をして納品するといったリモートワークが可能になるので、技術力さえ身につければ効率的に稼ぐことができます。

実際、地方のWeb制作会社だと、技術レベルは都心部ほど高くないので、フリーランスとしても十分に活躍できると思います。

 

ギークジョブの講義はオンラインでも受講できる

ギークジョブの講義はオンラインでも受講することができます。

なので、受講時は地方からでもオンラインで受講して、実際に就職が決まってから東京に出てくるのもアリだと思います。

 

無料でスキルを身につける → 就職支援を受けて東京で就職する → 無料の受講費を引っ越し代に使う

みたいな感じで、東京での新生活をスタートさせることもできますね。

 

私自身は都心部では、中野区→武蔵小杉→品川と引っ越しを何度かしましたが、今だとテラスハウスだったりいくらでも安い物件もあるので、10万以内の予算で探してみてくださいね。

 

まとめると、将来的にエンジニアとしての市場価値を考えてもRubyやPHPを勉強するのがベストです。

将来はフリーランスとして活動したい場合はWeb制作案件の中でも需要が多いWordpressの構築案件としてPHPがオススメです。

Rubyの場合は就職がベストですが地方だと、Rubyを使ってWebサービスを開発する会社が少ないので、どうしても都心部になってしまいます。

リモートワークで気軽に稼ぎたい場合はPHPを頑張りましょう!

 

またJavaに関しては会社の機関システム構築になるので、気軽に自宅やカフェでプログラミングということができません。基本的にスーツを着て、朝の9時から夜までプログラミングという生活が待っているので、やっぱり・・・微妙ですね。

» GEEK JOB(公式サイト)

 

RubyとPHPが無料で学べるのはGEEK JOB(ギークジョブ)だけ

無料でプログラミングを学べて就職支援があるスクールはギークジョブ以外にもあります。

それこそテックアカデミーの「エンジニア転職保証コース」も有名ですが、カリキュラムはJavaのみです。

 

RubyやPHPが無料で学べるのは、ギークジョブだけです。

 

RubyやPHPの有用性については、本記事で解説してきましたのでメリットが理解できたと思いますが、Webエンジニアの場合は、将来的にも有名なWebサービスを開発している会社への転職や、フリーランスも可能です。

それこそプログラミングは儲かります【時給で10万円を稼ぐ人の思考を解説】で紹介していますが「週2〜3日だけ自宅で働いて稼ぐ」みたいなライフスタイルも可能です。

 

ギークジョブはとにかくJavaオススメしてきますが、Javaを選んだらダメですよ。

とにかくRubyとPHPをマスターできれば、マジで将来キャリアの選択肢が広がります。

 

ということで、まだまだ不明点もあると思いますが、ここからはギークジョブの無料体験や説明会などを受講してみて「ギークジョブの雰囲気」を一度体感してみることも大切ですよ。

ぜひ自分の人生を、さらに良くする決断と行動をしてもらえればと思います。

 

※無料説明会はお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるのかわからないのでお早めに
※完全オンラインで対応しています

 

  • 4月7日より体験会や通学(セミナー受講)をオンラインで実施
  • GEEK JOBのWeb上には通学するとの記載がありますが、今後はオンラインでの面談・セミナー受講となります

※登録後の案内にて、オンライン体験会/説明会・セミナー等の受講方法について詳しく説明しています。
※オンライン体制は「緊急事態宣言」終結後も継続実施しますので、今後は自宅等で面談・セミナー受講を行える環境が継続します。

 

人気記事社会人におすすめのプログラミングスクールはテックアカデミー【比較】

人気記事【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由

合わせて読みたい記事