プログラミング

大学生が買うべきパソコンはMacbookの一択【稼ぎたい人向け】

大学生
大学生
大学生がパソコンを買おうとした際にオススメは何ですか?
WindowsかMacかで悩んでいます。
スマホはiPhoneを使っているのでMacの方が良さそうですか?それぞれのメリットとデメリットを教えて欲しいです。

この疑問を本記事で解決します。

 

本記事の内容まとめ
  • 大学生が買うべきパソコンはMacbookの一択

 

こんにちはヒロキです。

2001年からMacのパソコンを使っています。当時は大学生でしたが、大学の授業でiMacを使っていました。懐かしい。

その後は2005年に起業した際はDELL製のWindows PCを使ったりしましたが、2007年からはMacbookに乗り換えて、そこから10年以上はMacユーザーです。

先日にWindows PCしか使ったことがない今年、大学1年の親戚が「家で使えるパソコンが欲しい」ということで、Mac book airを薦めました。

最初は「Macは使ったことがないから不安だ」と言っていましたが、スマホはiPhoneを使いこなせているわけなので「問題なし!すぐに操作は慣れる」と説得して、新型のMacbook airを購入させました。

※私も新しいMacbook PROが欲しい(汗)

 

そこで本記事では「パソコンが欲しいけど、WindowsかMacか、どちらを買えば良いのか分からない」という人向けに「自分が今、大学生なら迷わずにMacを買う」理由について解説していこうと思います。

  • スマホはiPhoneだからMacが良いのかな?
  • Windowsしか使ったことがないけどMacでも大丈夫なの?
  • Macってオシャレだけど使いやすいの?
  • 大学生でもMacは買えるの?

それぞれの疑問を解決できる記事を書いていきますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

大学生が買うべきパソコンはMacbookの一択

大学生ならMacbook一択ですよ!

別にApple社のまわしものではありませんが、MacもWindowsも両方を使ってきた経験値から断言できます。

そこで、まずはWindowsとMacのメリットとデメリットをそれぞれに考えていきましょう。

 

Macのメリット

Macのメリットはズバリ以下の通りですね。

  • シンプルでオシャレ
  • i Phoneとの連携が完璧
  • 操作性が直感的

 

逆にデメリットを感じる場面は

  • 価格が若干Windowsより割高
  • 付属機器を付けるのが面倒

という感じです!サクっと解説します。

 

Macのメリット①シンプルでオシャレ

多分、一般的なMacのイメージは「オシャレ」ですよね。なぜオシャレに見えるのか?というと、スリムで薄いアルミボディに、シンプルなロゴマークのみ。とにかくSimple is BESTを貫き通すパソコンです。

 

カフェでMacを使っているだけでも「あの人はデザイン系の仕事をしているのかな?」と周囲に錯覚させる魔力がありますね(笑)。

 

Macのメリット②iPhoneとの連携が完璧

スマホでiPhoneを使っている場合は、Windowsよりも圧倒的にMacが便利です。

 

同期するにしてもAirDropなら一瞬でデータ転送できたり、パソコンでコピーした内容を、そのままスマホでペーストできるという操作の連携まで自動で行われます。

マジで便利ですね。

 

Macのメリット③操作性が直感的

ここがMacの一番の醍醐味ですね。とにかく操作する際に感覚的に「何をすれば良いのかがわかってしまう」のがMacのUXの素晴らしいところですね。

iPhoneを使っている人を見ると、必ずしもパソコンが得意そうではない人でも、直感的にiPhoneを使いこなしていますよね。

iPhoneには説明書なんてありません。全ては「触りながら覚える」という感じで、それはMacでも変わりません。

 

Macも取り扱い説明書なんて存在しません。とにかく1週間も触ればWindows PCの操作性がいかに使いにくいかを痛感できます。

ITビジネスを10年以上やっている私自身も、いまだにWindows PCだと

  • どこにファイルがあるのか分からない
  • アプリを入れても、どこから立ち上げるのか分からない
  • 画面に意味不明な広告が出てきまくりで使いにくい

という感覚の連発です。

パソコンを使っていて、いきなり「お使いのパソコンのウイルス対策ソフトの有効期限が・・・」とかポップアップで毎回出てくるの、うざくないですか?

Macは、そんな意味不明なことはありません。

とにかくシンプルなので、使えばすぐに慣れてしまいますよ!

 

しかしながら、Macにもデメリットを感じる場面は多々あります。その代表例が以下の通りですね。

 

Macのデメリット①価格が若干Windowsより割高

Macって値段が高いですね。安くなりません。

新型のMacbook Airでも12万くらしいます。多分、同じスペックの機種であれば、Windowsだと10万以下でも買えますね。

» Macbook airの価格比較

値段の差は、上記のMacのメリットの差ですね。ぶっちゃけ数万程度の違いなら、操作時のストレスを考えてもMacが割安だと思いますよ。

 

Macのデメリット②付属機器を付けるのが面倒

Macって、ノートパソコンの側面にUSBなどを取り付ける場所がありません。DVDなどを入れる場所もありません。

※厳密にはUSB-Cのポートがあります。

なので、外部の機器を繋げる際には、別途の接続機器を購入する必要があります。

とりあえず、Macの理念は「シンプル」です。

さらには未来を見越しています。

 

  • 将来はDVDを差し込むよりも、映像はnetflixとかYoutubeで見るから不要でしょ?
  • USB差し込むよりも通信で同期すれば、回線コードなんて不要でしょ?
  • インターネットに接続する穴っている?みんなwifiでしょ?

という感じです。

アプリをインストールするのに、わざわざCD-ROMを入れてインストールなんて、今時ないですよね。全部ダウンロード版です!

なので、DVDを入れる場所も不要で、その代わりに軽く、薄く!という感じです。

 

ちなみに私はモニターをデュアルで使っているのでUSB-Cの回線を1つだけ使っていますが、基本はシンプルです。

 

それでは、次にWindows PCのメリットとデメリットもサクッと紹介します。

メリットは以下の通りです。

  • Windowsは会社でも使われているので馴染みがある
  • Windowsに対応するアプリが多い(特に企業向け)

 

そしてデメリットは

  • 直感的に使いにくい
  • マジでダサい

という感じですね。

申し訳ないです!Windowsに関しては完全に独断と偏見ですが、自分のブログなので「好き勝手」に言わせてくださいね。

 

Windowsのメリット①Windowsは会社でも使われているので馴染みがある

企業は基本的にWindows PCを使いますよね。

業務で使えるソフト(アプリ)が、基本的にはWindowsにしか対応していないケースも多いので仕方ないですね。

会社でWindowsを使うから、自宅もWindowsの方が良いのでは?と一般的には感じてしまいますよね。使えるソフトが多いのはマジでメリットです。

 

Macを使っていると「おっ!このアプリ使いたいな」と思っても、Windows用のダウンロードリンクしかなくて萎える瞬間が多々ありますので、やはり世の中はWindosありきなのは仕方ないですね。

 

私の場合は株投資をやっているので証券会社のツールなどがMac使えないので、かなり不備です。これ用だけにWindows PCを買ってる始末なので、マジでMac版を作って欲しいです。

Windowsのメリット②Windowsに対応するアプリが多い(特に企業向け)

上記に繋がりますね。とにかく対応アプリが多いのは一番の特徴でありメリットだと思います。これは完敗です。

 

ただ、それでも操作性が微妙なのは、どうしようもない事実ではありますけどね。

 

大学生はWindowsかMacか、どちらを買えば良いのか?

大学生にとって、どちらのパソコンを買うべきか?は、結論としては「やりたいこと」によって大きく変わるので、以下を参考ください。

 

  • プログラミング、デザインなど「個人で稼げるスキル」を身につけたい人 → Mac
  • ネット閲覧やWord、Excelくらいしか使わない人 → Windows

です。

過去にプログラミングにオススメのパソコンはMacbook【初心者向け】という記事を書きましたが、プログラミングなどは圧倒的にMacが便利です。

プログラミングやブログ、SNSなどを頑張りたい人なら、MacでOKです。

 

あとはパソコンを持つたびにテンションが上がるって大事だと思います!

起動したくなるかどうか? = パソコンのスキルが伸びるかどうか?

につながるので、そういう意味でもWindowsよりMacの方がテンション上がりますよね。

 

余談ですが、プログラミングができるようになると将来は安泰です。

この辺りはプログラミングは儲かります【時給で10万円を稼ぐ人の思考を解説】でも解説していますので、合わせてご覧ください。

 

特にこだわりや、やりたいことがない人でもMacを買えば間違いない

記事を軽くまとめて終わります。

  • MacとWindowsはそれぞれにメリットとデメリットがある
  • プログラミングやデザインなど個人で稼ぎたい人はMac
  • 大学のレポート作成やネット閲覧程度ならWindows
  • Macは持つだけでテンション上がるのは事実

という感じです。

Macだと直感的に動画の制作も簡単にできるので、Youtuberとか目指したい人にもオススメですね。

その場合はMacbook AirよりもMacbook PROをどうぞ!

ということで、以上です。

 

ではMacbookを販売してアフィリエイトのリンク!という流れはやらないので、ご安心くださいね(笑)

単純にリンクだけ貼っておきますので、気になる方はどうぞ。

» https://www.apple.com/jp/mac/

 

人気記事【爆稼ぎ可能】大学生がプログラミングのバイトで稼ぐ方法【手順解説】

人気記事暇な大学生がバイトをすれば人生がオワコン化する件【人生の勝ち方】

ABOUT ME
ヒロキ【IT企業の経営者、株式投資家】
2005年にITビジネスで起業。経営者14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信中。 上場企業のWebマーケティングを行いながら、様々な企業のプログラミング案件を受注して稼いでいます。 現在は本業と合わせて、株式投資も行い資産を運用中。
あわせて読みたい