プログラミング入門

ノマドで稼ぐWeb系プログラミング言語を最短で学習する方法【実例で解説】

ノマドで稼ぐためにプログラミングスキルを付けたサラリーマン
ノマドで稼ぐためにプログラミングスキルを付けたサラリーマン
ノマドで稼ぐためにプログラミングスキルを付けたサラリーマンですが、プログラミング言語の選び方、プログラミングの学習法や期間を教えてください。

またプログラミングスキルを身につければノマドでどれくらい稼げますか?
ノマドで生活する人の実態も教えて欲しい。

この疑問にお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • ノマドで稼ぐプログラミング言語はWeb系
  • ノマドで稼ぐためにプログラミングの学習
  • まとめ:ノマドでプログラミングで稼ぐ人生は3ヶ月で手に入る

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten)です。

この記事を書いている私はIT企業2社の経営をしながらも、ほとんど会社には行かずに主に自宅で仕事をしながらノマド生活を満喫しています。

というのもパソコン1台あれば、どこでも仕事できる状態なので苦手な満員電車や雨の日を避けて生きているのですが、最近は「働き方改革」がサラリーマンの間でも意識されて「副業」や「ノマド生活」に関する質問が増えました。

 


そこで、上記のツイートに対してDMで「個人で稼ぐためのプログラミング言語について」の質問をいただきましたので、本記事では「ノマドで稼ぐためのプログラミング言語の選び方、学習法と学習期間」を具体的に解説します。

今後、ノマド生活を目指す方のご参考になれば幸いです。

 

ノマドで稼ぐプログラミング言語はWeb系がベスト

結論から言うと「ノマドで稼ぐためのプログラミング言語はWeb系」がテッパンです!

HTML/CSS/JavaScript/JQuery/Wordpress/BootstrapあたりのWeb系言語のスキルがあれば、余裕でノマドで月30〜50万を稼ぐことができます。

 

ノマドにWeb系のプログラミング言語をオススメする理由

ノマドとはフリーランスのことですよね。フリーランスで安定的に稼ぐには「案件数が多い」仕事を選ぶ必要があります。

つまりプログラミング言語の中で、案件数が最多なのが「Web系案件」です。

Web制作の案件はまだまだ多く、企業がプロモーションや広告を展開するのも全てWebサイトです。大企業の案件なら数百万円という予算もありますが、一般企業や個人事業主の案件なら数十万円が相場になります。

 

基本的にノマドは一般企業や個人の案件を請ける感じになりますが、月3件の仕事を請けるだけでも50万円ほどの売上を達成できます。

実際、広告代理店や営業マンと提携したり、大企業の案件も受注できれば月収で100万超えも可能になります。

※実際、私自身は代理店契約や営業マンとの提携、さらにフリーランスの外注等を組み合わせて月に500〜700万ほどを安定的に売り上げています。

 

ノマドで稼ぐためにプログラミングの学習を始めよう

ノマドで稼ぐためにはWeb系のプログラミング言語の学習が必要です。

学習は以下の3ステップです。

この辺りのステップは特に難しくないので順番に丁寧に行動していけば問題ありません。

焦らずに一歩一歩確実に進みながら、半年後にノマドで生活するくらいの目標でOKです。

プログラミングの基礎知識を学ぶ

Web系のプログラミング言語はHTML/CSS/JavaScript/JQuery/Wordpressを学びましょう。

順番としては「HTML/CSS → JQuery → Bootstrap → JavaScriptとWordpressを同時に」というイメージです。

ノマドで稼ぐためのスキルセットをまとめると

  • Webサイトの制作 → HTML/CSS
  • Webサイトに動きを付ける → JQueryやJavaScript
  • WebサイトをCMS化 → WordPress
  • Webサイトのフレームワーク使用 → Bootstrap

 

 初心者がWeb系プログラミングを学習する方法

初心者の場合の効率的に学習する方法はTechAcademyというオンライン型のプログラミングスクールが提供している無料体験コースを受講することです。
» TechAcademy無料体験コース

TechAcademyは無料体験ながら、HTML等のプログラミングの基礎スキルを習得することができます。
特に初心者の場合は「1箇所でも不明点ができた瞬間に挫折する」ということが往々にしてあるので、こういったメンター付きのサポート体制があるスクールを活用すれば挫折防止につながります。

この無料体験コースで基礎を学んだ後は、TechAcademyのWordpressコースを受講すれば完璧です。

 

初心者の場合は独学だと挫折リスクが大きいので、こういったプログラミングスクールを活用することをオススメします。やはり受講料が15から20万ほど必要になりますが、ぶっちゃけスキルを身につけて案件を1つ取れば余裕で元は回収可能です。

 

HTML/CSSが理解できれば、Bootstrapも合わせてスキル習得しておきましょう!
Bootstrapはドットインストールの無料動画で基礎的な知識は学習できるので、活用しましょう。
» ドットインストール|Bootstrap

 

初心者がWeb系のプログラミング言語を学習する期間

この辺りは時間がある人は学習期間は短くなりますが、サラリーマンが現実的にプログラミング学習できるスケジュールは下記のとおりです。

学習時間
TechAcademy無料体験 1週間(土日は5時間づつ学習する)
WordPressの学習 12週プラン(土日は6時間づつ学習する)
Bootstrapの学習 2日間(土日でマスターしましょう)

 

基本的に平日は軽く予習を行い、土日にガッツリとTechAcademyで学べば、3〜4ヶ月で基礎スキルをマスターすることができます。

この時点で、仕事として案件を請けて稼げるレベルになるので、お金を稼ぐスキルの費用対効果としては、かなり効果的だと思います。

 

クラウドソーシングで練習しながら稼ぐ

TechAcademyでの基礎学習が終われば、ここからはさっそくノマドで稼ぎましょう。

まずはランサーズを使って案件を探しますが、狙い目の案件は以下のとおりです。

  • LPコーディング案件
    → 単価は数万円と安いが初級編として請けやすい
  • WordPress構築案件
    → 単価は高いがTechAcademyのWordpressコースを受講すれば請けれる

 

ランサーズのLPコーディング案件を探そう

ランサーズでLPコーディングの案件を探してみましょう。

上記の案件はLP(ランディングページ)の構築案件ですが、これくらいの規模なら4時間ほどで完了するので、4時間で4〜5万円を稼げますね。

実際にプログラミングスキルがあるWebエンジニアの基本日給は3〜5万なので、短時間で数万円を稼ぐなんてことはザラにあります。

 

ランサーズのWordpress構築案件を探そう

次はランサーズでWordpress構築の案件を探してみましょう。

WordPressで構築する案件ですが、約10ページほどで10から20万円の案件です。

こういった案件を月に3件ほど受注するだけで月50万の収入達成です。

 

クラウドソーシングで効率的に案件を受注する方法

【受注テンプレを無料配布】ランサーズで受注できない人の特徴を解説 この疑問にお応えします。 こんにちは、『プログラミングの王様』編集部のヒロキ(@pgm_osama)です。...

上記の記事でクラウドソーシングで効率的に案件を受注するための方法の解説とテンプレの無料配布を行っております。

案件が受注できない人の特徴と解決法が理解できるので、ぜひブックマークに入れて何度も読み返してみましょう。

 

プログラミングスキルとセットでWebデザインのスキルは必要なのか?

結論としてはWebデザインは特に必要ではありません。

なぜなら、最近のWeb制作はBootstrapのテンプレでも十分に綺麗なウェブサイトを完成させることができます。
※綺麗な写真があればそれだけでも高クオリティなサイトになります。

 

Webデザインの本質とは?

私自身は2001年から個人でWebサイトを作っていたので、Webデザインも実践で学んできました。

しかし、Webデザインのスキル=PhotoshopやIllustratorのデザインスキルと誤解している人がいますが、本質は「UI/UX=ユーザーの体験」そのものです。Webサイトに訪れたユーザーが「いかにストレスなく欲しい情報にたどり着けるか?」「いかに直感的にサイトの操作方法が分かるか?」になります。

 

この辺りはWebデザインよりも「Webマーケティングとライティング」の方が重要になりますので、デザインを学習するよりも先にマーケティングとライティングを学習しておきましょう。

» 参考:Webマーケティングとライティングスキルの習得方法【お金を稼ぐための必読書9冊】

 

どうしてもWebデザインのスキルを身につけたい場合は、学習するのもありですが、それよりも優秀なWebデザイナーを見つけて業務提携した方が早いですよ。Web系のイベントに参加したりSNSでフォローして連絡してみましょう。

Webデザインでお困りの場合は私も相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。
» お問い合わせ

 

直接、企業に営業&外部パートナーと提携で売上拡大

最後にクラウドソーシングで案件を定期的に受注できるようになれば、次は営業マンと提携したり、地元のWeb制作会社に営業したり、直接自分で企業と打ち合わせをして案件を受注していきましょう。

この辺りはフリーランスエンジニアが年収1000万を簡単に稼ぐ5つの方法【環境を変える】で具体的に解説していますので、合わせてご覧ください。

 

まとめ:ノマドでプログラミングで稼ぐ人生は3ヶ月で手に入る

最後にノマドで稼ぐための本記事をまとめます。

  • ノマドで稼ぐにはプログラミングを学習しよう
  • 稼げるプログラミング言語はHTML/CSSなどのWeb系
  • 学習は基礎学習からクラウドソーシングがオススメ
  • 初心者はTechAcademyの無料体験コースを活用しよう
  • サラリーマンの場合は土日でガッツリ学習して、3ヶ月を目安にする
  • ノマドでも月50万は実際に稼げる

といった感じですね。

 

実際にサラリーマンの場合は、どのタイミングでフリーランスになるべきか?といった悩みもあると思います。この辺りは【独立への道】会社勤めのエンジニアがフリーランスになる最適なタイミングとはで解説しましたので、今の現状に疑問がある場合はぜひ読んでみてください。

また、実際にノマドで稼いでいる人に直接相談してみるのも、モチベーションアップの効果的な方法ですよ!

 

それでは、ノマドで稼げるようになるためにもプログラミングを学習していきましょう。

 

ノマドで稼ぐためのプログラミング学習

TechAcademy無料体験コースで、賢くWebプログラミングの基礎を学び始めましょう。
» TechAcademy無料体験コース

 

人気記事TechAcademyのフロントエンドコースをオススメする理由【副業で稼ぐスキル習得に最適】

人気記事【衝撃の真実】会社の仕事をどれだけ頑張ってもサラリーマンは報われない理由

合わせて読みたい記事

無料体験ができるプログラミングスクール