自由な人生について

【起業家の本音】大学生が唯一やるべきことはお金を自分で稼ぐこと!

意識高い大学生
意識高い大学生
大学生の4年間でやるべきことって何があるのかな?とりあえずサークルやアルバイトも頑張ろうと思うけど、それよりも就活や将来に向けて人脈を広げたり、自分でビジネスをした方が良いのかな?

この疑問にお応えします。

本記事の内容まとめ
  • 大学生がやるべきことはお金稼ぎです
  • やるべきことが分からない大学生は自分の常識を壊そう
  • 大学生の間に興味が見つかれば最強です
  • 今すぐ行動した人が勝てる!

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。

大学を卒業してから、2005年にITビジネスで起業して早14年が経ちました。
※大学はITビジネスとスキルを学ぶために大阪電気通信大学を卒業しました

ある意味で社会経験のないまま、起業家になってしまったので、いわゆる就活の経験がありません。
しかし、一応は会社経営者なので就活をする大学生の面接だけはたくさんしてきました。

ということで本記事では起業家の本音ベースで「大学生が将来のためにやるべきこと」について解説していこうと思います。

 

大学生の間でやるべきこと

  • 一人暮らし
  • 車の免許を取る
  • サークルに打ち込む
  • ボランティア活動
  • 趣味に取り組む
  • コミュニティーで人脈を広げる
  • 海外旅行や留学をする
  • 資格を取るために勉強する

といったランキングも別サイトでは書かれていますが、そんなランキングでは他の大学生と大きく差別化はできません。

だからこそ本記事の結論はたった1つ

大学生がやるべきことは自分の力でお金を稼げるようになること

だと断言します。

 

なぜ、大学生の間にお金を稼ぐ必要があるのか?
自分で稼げるようになると、どんなメリットがあるのか?

その答えについて、起業家の視点で具体的に解説していきますので、将来はお金持ちになりたいと思っている大学生、好きなことをやりながら生活したい大学生の方々は、ぜひ最後までご覧ください。

 

大学生がやるべきことはお金稼ぎのみです【断言】

大学生の間に「自分の力だけで稼いだ経験がある人」は、その後の人生で大きな差を付けることができます。

自分の力で稼ぐとは、アルバイトや企業のインターンで働いて給料を受け取ることではありません。
最後まで自分で考えて、自分で行動して、実際に稼ぐという経験です。

 

自分の力で稼いだ経験のある大学生は、働き方の選択肢が格段に増えます。
つまり、大学卒業後は企業に就職してサラリーマンとして働く以外に、フリーランスとして活動したり、起業するという選択肢も生まれます。

もちろん、全員が起業家やフリーランスになる必要はありませんが、現代は政府すら「サラリーマンの副業」を後押しする時代です。
サラリーマンの給料だけではどんどん生活が苦しくなる現状だからこそ、大学生の間から「自分でお金を稼ぐ」ことに取り組んでおくべきです。

» 参考:政府による副業の後押しで文句を言うだけの人と副業で稼げる人の違い

 

将来、お金に困らない人生を歩みたいなら、時給で稼ぐ働き方はNG

大学生に対して「将来、お金を稼げるようになろう」といった話をすると「お金が人生の全てではないですよね」といった意見が返ってきます。

その通りです。

 

お金が人生の全てではありませんが、お金があれば人生における生き方の選択肢は確実に増えます。
お金で幸せにはなれませんが、お金で不幸の大半は避けることは可能です。

お金がないよりは、お金がある人生の方が確実に素晴らしい人生になります。

 

だからこそ、全否定するわけではありませんが、サラリーマンという時給労働の働き方はお金を稼ぐ為に効率的とは言えません。

 

サラリーマンは時給労働なのか?

サラリーマンは会社に決められた時間に出社して、定時の時間まで働くことで毎月の固定給を受け取れます。

いわば、シフトが完全に固定化された時給労働者です。

 

30代サラリーマンの平均的な年収は手取り額で360万円です。

» 参考:サラリーマンの給料、年収や月収の手取り平均は?20代、30代、40代と男性は上がって見えても実はだだ下がり?!

1年間の平均労働時間は約2000時間(1日8時間に残業をプラスα)だとすると、時給は1800円です。
これが、サラリーマンが一生懸命に会社で働いて受け取れる給料の姿です。

「アルバイトで時給1000円だから、1800円も貰えるなら万歳だー」

と思った大学生の方は、ぜひ1800円でこのまま頑張って働き続けてください。

 

たったの1800円しか稼げないのか?と思った大学生の方へ

逆に「大学を卒業して6年以上もサラリーマンとして頑張ってきて、30代になっても時給1800円しか稼げないのか?」と危機感を感じた大学生の方は、正しい判断だと思います。

しかし、世の中の大半のサラリーマンは、こうした実態の中で思考停止で働き続けているのが現実です。
危機感を感じて当然です。

 

一方で、起業家(経営者)やフリーランスとして「自分でお金を稼げる人」の大半は、出社時間なども決められていない自由な時間の使い方をしながらも、時給10000円以上を稼いだりしています。

※現在の私は1日1時間程度しか労働しておりませんが月収7桁を稼いでいるので時給に換算すると時給10万円ほどになります。

 

つまり、大学を卒業した後の長い人生で、自由に働いてお金を稼ぎたいなら、時給労働(サラリーマンのような働き方)ではなく、フリーランスや起業家のように時給から逸脱したお金の稼ぎ方を目指す必要があるということです。

※フリーランスや起業家だけでなく、お金にレバレッジをかけて稼ぐトレーダーや投資家のような人も非常識レベルで稼いでいるので、こうした生き方も参考になって人生の選択肢は広がります。

大学生の間に自分で稼いでいた人は即採用を出します

私自身は大学時代はアルバイトをしていましたが、同時にプロとしてバンドで音楽活動もしていたので、常に経営者的な感覚で仕事をしていました。

決められた予算の中からスタジオに入ってレコーディングをして、その後にCDをリリース。ライブツアーで収益を生み出すためにグッズを作って売ったり、イベントを企画しては集客から運営までを経験しました。

 

こうした「自分でお金を稼ぐ経験」は、その後に起業してからも大きく役立っているのですが、経営者という立場から「実践的にお金を稼ぐことのできる学生」が会社に面接に来たら、即採用します。

理由は、稼ぐスキルがある人材は、会社に利益を生む人材になるからですね。

就職活動で内定が取れない学生の人は、採用の本質を理解していません。

 

会社が欲しい人材は、面白い経験をしてきた人や真面目な人ではなくて、会社に利益を残せる人

会社が人材を採用する理由は、会社に利益が残せる(もしくは将来的に利益を残す可能性を感じる)人が欲しいからです。

 

企業の理念に共感したなら、消費者として商品を買ってくれたらOKです。
事業内容に興味を感じても、その事業にあなたが一緒に取り組むことで、さらに利益を出せるのかは分かりません。

 

その点、大学生の間に「自分でお金を稼いできた人」は、他の学生と大きく差別化できるので市場価値が高くなります。

企業からすれば、こういう人材は絶対に欲しい人材なので、すぐに採用を獲得することができます。この辺りは経営者としての本音ですが、大半の企業も同じ考え方だと思います。

 

大学生こそお金を稼げるようになれば、就職活動で圧倒的に優位に立てると断言できます。

 

大学生がやるべきことが分からない人は、まずは自分の常識を壊そう

「大学生の間に、自分でお金を稼げるようになろう」と言われても、ほとんどの大学生は何をすれば良いか分からないと思います。

もちろん、Twitterなどで情報を調べると、

  • ブログを書いて稼ごう
  • アフィリエイトで稼ごう
  • noteを書いて稼ごう
  • Youtubeで稼ごう
  • 転売で稼ごう
  • FXで稼ごう

と色々と方法論は見つかります。

 

当ブログでも【就活に有利】大学生がブログを始めて稼ぐメリット解説【初心者向け】の記事は多くの大学生の方々に読んで頂けているので、こうした稼ぎ方に興味があるのだと思います。

 

しかし、まず最初にやるべきことは、稼ぎ方の方法論を調べることよりも「自分が何に興味を持っているのか?」を探して、自己理解を深めることです。

 

自分が何に興味があるのか?は自分より先に進んでいる人に会うことで見えてくる

人生には様々な出会いがありますが、その中でも「進むべき道」を示してくれる出会いは数少なく、とても重要な出会いです。

 

「類は友を呼ぶ」の本質は、自分と似た思考、収入、働き方の人と一緒にいる方が居心地が良くて楽に生きれるからです。

しかし、何か新しい挑戦や、今の自分より成長したいのであれば、その温かい輪の中から勇気を出して飛び出す必要があります。

 

例えば、私は大学を卒業後に中小企業同友会という中小企業の会社経営者のみが集まって、それぞれの経営手法や理念について勉強するコミュニティーに入り浸りました。

もちろんコミュニティーの大半は40代以上の会社経営者の方たちばかりなので、その中に20代前半の若造が入る違和感は強烈でした。
しかしながら、それ以上に先輩たちに可愛がっていただけ、大学生ながら本場の経営を教えてもらえたので、大きな経験となりました。

 

とにかく名だたる企業の会長さんや、30代で年収1億以上稼ぐ社長など、自分が今までに出会ったことのない人種の人たちに会うことで、自分の中で「進むべき道」が明確になっていく感覚がありました。

大学の仲良しの友達と一緒にいたら絶対に出会えない人たちとの出会いが、確実にその後の人生に大きな影響と選択肢を与えてくれたのです。

大学生の間に興味を持って取り組めるものが見つかれば最強です

私が大学時代は、とにかくバンド活動に必死でした。

そのバンド活動の中で、チラシ製作、ホームページ制作が必要だったので、そのためにプログラミング、デザインのスキルを身に付けました。
同時にライブドアブログを使ってブログも、その頃から毎日書いていました。

このように大学時代に一生懸命に活動していたことが、その後の将来に大きく結びつきました。

 

自分が興味を持てるものが見つかるまで行動し続ける

大学生の間は時間が膨大にあります。
その貴重な時間をアルバイトで消耗するのは完全にもったいない時間の使い方です。

※私は大学時代にアルバイトに消耗していたことを深く後悔しています

 

それよりも、自分が慣れ親しんだコミュニティーの外に飛び出して、自分の常識が壊れるような出会いから「興味を持てること」を見つけ出すべきです。

そうやって必死に大学生活を送って実際に行動し続ければ、その体験は就活の面接で話せる武器になるはず。

 

そもそも多数の就活生を面接している面接担当者は、同じような大学生活、趣味、話し方の学生の面談に飽きていますよ。
それなら、もっと格段にぶっ飛んだ非常識な話題の方が内定に繋がります。

 

お金よりもフォロワーが欲しい大学生へ

最近の大学生はお金よりも、SNSのフォロワーに価値を置いていますが、それは正しい判断です。

それこそSNSのフォロワーが1万人いる大学生であれば、その価値を理解できる企業であれば、それだけで内定が取れそうですね。

フォロワーが多ければ、SNSでの情報発信が上手ということです。企業にとっては「利益に繋がる欲しい人材」になるので重宝されますよね。

そもそも大学生を面接する担当者ですら、フォロワー100人も達成できていないので、企業にとっては本当に重要な価値です。

 

今すぐ行動した人が勝てる!大学生がやるべきことは今からお金を稼ぐこと

大学生がやるべきことは、何においてもまずは「自分でお金を稼ぐこと」です。

それが、将来にとっても役立つし、就活時の圧倒的な強みになります。
もし働きたい会社がない場合はフリーランスとして自分で稼ぐことだって可能です。

 

「経験が実績がないから不安」と思った人は間違っています!
大学生の間に自分で稼げるようになっているので、十分に経験もスキルも蓄積されています。すぐに稼げるようになるので大丈夫です。

 

そして自分で稼げるようになるためにも、今のコミュニティーの外へ飛び出して、自分が興味を持てる出会いを見つけましょう。
そのためにもアルバイトに時間を消耗しているとかマジで無駄ですよ。

 

【悲報】行動しても、すぐに見つかりません

「行動すれば人生変えられる」のは正解ですが、問題は「すぐに」答えが見つからないことです。

行動して、交差点を曲がったら出会えるようなものでもありません。

 

もしかしたら、行動して興味を持って取り組んでも、すぐに飽きて辞めてしまうかもしれません!それでもOKです!

「自分はこれには興味がなかったんだな」と分かった大成功です。

一度決めたことをすぐに変えるメリットを解説【信頼は行動力で得る】で解説していますが、決めたことを変えても全然OKです。
それ以上に行動を繰り返す方が価値があります!

あと「やりたいことがないから動けない」とか思ってる人は、先にやりたいことがない人はプライドを壊すと景色が変わる【人生の本質】も読んでみてください。

 

失敗を怖がって行動できない人と、とりあえず動きまくって、その後に考える人。
どちらの人生が結果を出せるのか?はもう理解できていますよね。

 

大学生が今からやるべき行動リンク

ということで、この記事を読み終えた後に行動するためのリンクを貼っておきます!

大学生の間にやるべき「お金を稼ぐ」ことに繋がる記事なので、興味が少しでも出てきたら行動してみましょう!

 

就活にも圧倒的に有利なプログラミングを勉強する

プログラミングのスキルがあれば、パソコン片手にどこでも働いて稼ぐことができます。

私は毎日自宅で働いていますが、時々は旅行に出かけて、そこでプログラミングをして稼いでいたりします。

プログラミングは初心者には難しそうで、英語だったり理数系の知識が必要なのでは?と不安に思うかもしれませんが、基本的に向き不向きはありませんよ。
» 参考:【初心者向け】プログラミングの学習に英語力は完全不要の理由を解説

 

学習方法については【無料でスキルを習得】Web制作スキルを独学で勉強する方法まとめ【完全初心者向け】で完璧にまとめていますのでどうぞ。

結構、本気で自分を追い込んで「プログラミングスキルを身に付けたい」という覚悟がある場合はプログラミングスクールに通うのもありです。
無料体験もあるので【無料あり】ネットで稼ぐためのおすすめプログラミングスクール3社もどうぞ。

【無料あり】ネットで稼ぐためのおすすめプログラミングスクール3社 この疑問にお答えします。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten)です。 世の中で...

 

大学生でも実践できるアフィリエイト

「アフィリエイトはお小遣いレベルでしか稼げない」というのは、本気で取り組めない人の言い訳にすぎません。

アフィリエイトは正しく行動を続ければ、確実に月5〜10万は稼ぐことができます。
しかも自動的に収益が生まれるので、大学生にとっては最高ですよね。

 

さらに最大のメリットはアフィリエイトに取り組むことでWebマーケティングのスキルや知識が身に付くことです。
正直、このWebマーケティングのスキルがあれば就活は余裕でクリアできますよ!
なぜなら、企業にWebマーケティングができる人が皆無だからです。

【現実的】Webマーケティング会社に就職すれば年収1000万は可能【おすすめの転職サイト紹介】でも解説していますので、合わせてどうぞ。

 

アフィリエイトに関しては初心者でも簡単に始めることができるので、まずは【初心者に最適】Wordpressでアフィリエイトを始める手順(サラリーマンの副業OK)を見ながら手を動かしてみましょう。

 

ということで、本記事は以上です。

大学生という貴重な時間を、アルバイトや無駄な遊び、飲み会で浪費して終わる人がいる一方で、自分で積極的に行動して「自分の力でお金を稼ぎ」、将来の働き方の選択肢を増やして成長する人もいます。

 

あなたは、このままページを閉じて終わるだけの大学生ですか?
100人中95人が、このままページを閉じて、今までと同じ学生生活に戻ります。

残りの5人だけが行動に移して、他の大学生とは差別化した市場価値の高い人間に成長していきます!

 

あとは、あなたがどちらの人生を選ぶのか決めてみましょう!
下記の人気記事も気になれば、合わせてご覧ください。

人気記事【2019年就活の人向け】就職したくない大学生が効率的に生きる方法

人気記事大学生がこれからどう生きるべきか徹底解説【新時代のお金の稼ぎ方】

あわせて読みたい