自由な人生について

手取り15万円の苦しい生活を抜け出す方法【人生を変える4つの手順】

生活が苦しい人
生活が苦しい人
手取り15万で、毎月の生活が苦しいです。とても贅沢なんてできないし、将来のための貯蓄もできません。
毎月を何とか乗り切ることで精一杯です。こんな人生を変えたいのですが、何をすれば良いのか全く分からない。

この不安を本記事で解決します。

 

本記事の内容まとめ
  • 手取り15万円の苦しい生活をすぐに抜け出す方法
  • 手取り15万円でも貯金を増やす方法

 

こんにちはヒロキです。

2005年に起業して社長になりました。

23歳にして会社の社長という肩書きです。周囲は「すごいね」と褒め称えてくれました。

しかし、当時の収入は月10万円です。売上が少ない月は給料0円の時も何度かありましたので、当時を思い返すと#手取り15万なら、わりかし良い方では?とも思ってしまう今日この頃です。

 

ということで、現在は本業の仕事からも、投資家としての収入も増えて、ようやく余裕が出てきましたので、本記事では偉そうにも「手取り15万から抜け出す方法」について解説していこうと思います。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

結論としては以下のステップですね。

  1. 給料が低い会社を辞める
  2. 生活をコストを下げる
  3. 国に頼って生活資金を受け取る
  4. 余裕が出てきたら、新しい挑戦をする

一度きりの人生です。
手取り15万に対して会社や国の制度に不満を言ってるだけでは何も変わりません。

だからこそ「どうやって行動すれば人生を変えれるのか?」を理解したら、ぜひ行動に移してもらえればと思います。

それでは記事を書いて行こうと思います。

 

手取り15万円の苦しい生活をすぐに抜け出す方法

SNSで話題の「#手取り15万円」ですが、普通に生活は苦しくなる収入額だと思います。

都心部で暮らしてしまうと【手取り23万問題を解決】東京でひとり暮らしは貯金できない【事実】でも解説しましたが、かなりの貧困に陥ってしまいます。

 

ただ「#手取り15万円」というキーワードでTwitterを見てみると、批判の意図がズレてるようにも感じます。

  • うちの会社の社長は最悪だ!
  • 日本という国は終わっている!
  • 政治家が終わっている!
  • 一部の富裕層が悪い!

これって、現状の悲惨さを他人の責任として擦りつけるだけですよね?

いくら批判をしたところ、現状を変えることはできません。

 

そもそも客観的に見ても、日本は若者が減少していて、将来の成長が期待できない中で、国民全員が「将来に向けて貯蓄」するだけで消費をしません。

その中で消費税は10%に増額されたので、さらに消費が押し下げられるでしょう。

そうなれば、当然ですが企業は売上が低下します。売上が低下すれば、従業員の賃金にも必ず影響し始めます。

 

もちろん、社長の経営努力がダメなのかもしれません!
国民を救うような政策をやらない政治家がダメなのかもしれません!

でも、会社の社長や国に期待して、改善を待っている間に、乗った船は沈没してしまうかもしれません。

 

だからこそ、現状を憂いているなら、まず自分自身が行動するべきです。

そこで冒頭でも紹介しましたが、手取り15万円の人生を変える手順を解説します。

 

  1. 給料が低い会社を辞める
  2. 生活をコストを下げる
  3. 国に頼って生活資金を受け取る
  4. 余裕が出てきたら、新しい挑戦をする

この記事は手取り15万円で、生活が苦しい人向けに書いていますが、人生を変えるためには当然、自分自身の決断が必要です。

本記事を読んでもらいながら、少しづつでも決断力を付けてもらえればと思います。

 

まず始めにやることは、今の会社を辞めること【勇気と決断が必要】

始めにやるべきことは、今の会社を辞めることです。

なお、手取り15万円で生活が苦しい状態から、会社を辞めると収入がなくなる不安があると思います。

しかしながら日本には国民の最低限の生活を守るセーフティーネットが存在しますので、それを活用すべきです。

 

問題の本質は「手取り15万円で苦しんでいる現状を変える」ことです。今の会社に勤める限りは、来月も再来月も変わりなく手取り15万円の苦しい人生が待っているだけです。

来月には手取りで30万円になることは120%ありえませんので、1日でも早く決断するべきではないでしょうか?

 

辞めたいが口癖で13年勤めた友人

サッカーが好きな松田くんという友人がいました。彼は高校を卒業以来にフットサル場で勤務していましたが、ちょうど手取りは15万円です。

当然、生活は常に苦しい状態で、彼の口癖は「この会社をもう辞める」でした。

しかしながら、勤務中は常にスマホゲームをしたり、他スタッフと喋ってるだけで、ぬるま湯に慣れきった状態なので「収入を上げたい!」と思いながらも行動に繋げる勇気がありません。

 

多分、彼の心の中には「仕事がしんどくなるくらいなら、月15万円で今の生活を続ける方が良い」と決めていたのかもしれません。

しかし年齢を重ねるに連れて、気力も体力も減っていきます。

彼が「会社を辞める」という決断ができたので、13年が経った時でした。理由は勤めているフットサル場が閉鎖するからです。

つまり、辞めざるおえなかった訳です。覚悟もないまま手取り15万円の生活が消えてしまい、途方にくれました。

 

収入が低くて激務の仕事に耐えても、報われません

言い切ることはできませんが「スタッフの収入が低い仕事」というのは、総じて将来に希望を持てない仕事だったりします。

もし売上がガンガン伸びていて、今後も成長する分野の仕事であれば、必ずスタッフの賃金は上がっていきますし、どんどん新しい人材を採用して拡大していきます。

 

なので、現時点で収入が下がってきていて、その売上をキープしようと「もっと頑張れ」とハッパをかけてくる会社であれば、今すぐ辞めて良いと思います。

穴が空いて水が船内に入ってきている船の乗組員に対して「必死に漕げ!穴をふさげ!」と言ってるようなものです。

かなりの確率で、船と一緒に沈む将来が待っています。

 

だからこそ、自分の人生を守るためにも、やるべきことは「まず会社を辞める」ことであり、同時に生活コストを下げていくことです。

 

会社を辞めると同時に生活コストを下げる方法

会社を辞めれば収入が無くなります。

しかし日本には失業保険や職業訓練など、人生を再起する方法が実は用意されています。

会社を辞めた後に、やるべきことは以下の通りですね。

 

  • 失業保険を受け取る手続きをする
  • 年金の支払い停止の手続きをする
  • 国民健康保険の減額申請をする
  • 職業訓練を受講する(IT系がおすすめ)
  • 生活が厳しい場合は生活保護を受け取る

まずは市役所に行って手続きをしましょう。

年金の停止と国民健康保険だけでも、かなり生活コストを軽減することができるはずです。

失業保険の金額が需給期間などは役所で確認しておきましょう!国が提供してくれる制度なので、使わないと損ですよ。

 

仕事には向き不向きがあるので、失敗しても気にしないこと

大半の人は「手取り15万円の会社を辞めましょう」と言うと「えっ!収入無くなると、今よりやばいから無理だよ」と反論します。

他にも「今の仕事以外にで、できることがない」という不安もあると思います。

 

前述した、フットサル場で働いていた松田くんも「10年以上、同じ仕事しかしていないので、他の仕事ができない」という恐怖心が強くありました。

だからこそ、手取りが少なくても、その仕事を続けるしか選択肢がないと思い込んでいました。

 

だた、現状を見てみると「仕事は山ほどあります」ので心配不要です。

どの業界でも「人材不足」が問題になるほど、働ける人が不足している状態です。

 

フットサル場が潰れた後に、友人の紹介で鉄工所で働き始めた松田くんですが、給料は2倍以上の40万円に増えたそうです。

しかも仕事における新しい目標もできたそうで、かなり高いモチベーションで楽しく働いています。

フットサル場では覇気のない顔で、勤務中もスマホゲームをしていた彼が、職場が変わっただけで仕事に対する姿勢まで変化しました。

 

今の仕事を辞めても、セーフティーネットがあります。
そして、今よりも給料の手取りが良くて、自分に合った仕事はいくらでもあります。

行動して、環境を変える決断をした人は思うはずです。

 

もっと早く行動すれば良かった

そういえば、松田くんは収入が増えて貯金もできてきたので、来月に結婚するそうです。今思えば、フットサル場が潰れて良かったですね(笑)。

 

手取り15万円でも貯金を増やす方法

手取り15万円の、今の仕事を辞めた後にやるべきことを紹介します。

 

下記の手順で言えば4番目の「余裕が出てきたら、新しい挑戦をする」という項目です。

  1. 給料が低い会社を辞める
  2. 生活をコストを下げる
  3. 国に頼って生活資金を受け取る
  4. 余裕が出てきたら、新しい挑戦をする

 

できることは無限にありそうですが、現実的なものをチョイスしておきます。

  • 生活費が低い(月8万くらい)田舎に移住して働く
  • IT系の職業訓練でプログラミングのスキルを付けて転職
  • 実家に住みながら、ゆっくり働いて貯金を増やす
  • シェアハウスで生活費を下げながら働く

どれも、生活コストを下げている状態なので、収入の絶対額が低くても大丈夫だと思います。

なお大切な思考としては「人生の一発逆転」を狙わないことです。

 

インターネット上では「手取り15万から一発逆転でネットビジネスで月100万稼ぐ」とか、色々とありますが、一発逆転を狙った瞬間に、搾取される側になることだけ理解しておきましょう。

この辺りは誰でも簡単に稼げる方法を求める人生を卒業【搾取されたくない人向け】も合わせて読んでいただければ、より理解が深まるはずです。

 

生活費が低い(月8万くらい)田舎に移住して働く

日本の地方の田舎であれば、マジで家賃安い物件はいくらでもあります。

庭付きの平屋で月3万の物件もありますよ!
それで1日1000円の食費なら3万なので、地方で働けば、十分に生活できるはずです。

 

  • 地方で働き収入20万円
  • 家賃3万、食費3万、生活費4万
  • 10万円の貯金が可能

とか

  • 地方でアルバイトで収入12万円
  • 家賃3万、食費3万、生活費3万
  • 3万円の貯金が可能

という感じですね。

ちなみに、時間に余裕が出てきたら副業するのもありですね。月3〜5万円ほど副業で稼げるようになれば、生活は劇的に豊かになるはずです。

» 副業で稼ぐ方法を徹底分析【サラリーマンが月3万円を簡単に稼げる】

 

IT系の職業訓練でプログラミングのスキルを付けて転職

職業訓練の制度は前向きに利用すべきですよ。

私自身も、以前に職業訓練で「プログラミングの講師」をしていた経験がありますが、受講者の年齢も20代から60代くらいまで幅広くいました。

皆さん、本気でスキルを付けて転職しようと考えているので、講義もスムーズに進めることができました。

 

なおプログラミングについては「年齢も若くない」と前向きになれない人も多くいますが、ぶっちゃけ年齢は関係ないですよ。

ということで40代からプログラミングを始めても稼げる理由【年齢は関係なかった】も合わせて読んでもらえればと思います。

 

実家に住みながら、ゆっくり働いて貯金を増やす

収入が低い状況の打開策として「実家」を活用できる人は、思いっきり甘えるべきです。

実家なら、基本的に寝食は無料ですよね。親に気まずい場合は月3万くらい支払えば許してもらえるはず。

あと、実家で生活する場合は、最低限でも生活費を稼げるくらいの仕事はやりましょう!

仕事しないのに、実家にいるとか、親からすると「何だ、こいつは」ってなりますよね。

 

シェアハウスで生活費を下げながら働く

実家には戻れない!という場合は、シェアハウスとかを使うのもありです。

住み込みバイトなども良いですよね。

とにかく思考としては「最低限の生活コストを下げる」ということです。

そして、生活に余裕が出てきた段階で「収入を増やす努力」を始めましょう!

 

副業なども、生活に余裕がある段階で、調べていきましょう!

 

手取り15万円を失うことを恐る価値はない

現時点で、手取り15万円で必死に暮らしている方には申し訳ないですが、本音で言うと「15万くらいしか稼げない仕事がなくなることを恐る意味は全くない」ということです。

「月15万しか支払われない仕事」というのは、言い換えると、誰でもできる仕事ということです。

あなたでなくても、他の誰でも変わりはいます。

つまり現時点で「失うものがない状態」だということを自覚するべきです。1円も稼げないプライドとか、どうでも良くないですか?

 

現状を否定されると、腹が立つかもしれませんが、勇気を持って一度受け入れてみてください。

「別に15万しか出ない仕事を辞めても、何も人生変わらないよな」

と思えたら、すぐに次の行動に向かえるはずです。

何度も申し訳ないですが、月15万で10年以上も奴隷のように働いていた松田くんは、あのままだと人生オワコンでしたが、運良く行動することができました。

 

行動したからこそ、結婚もできたし、収入も増えたし、仕事のモチベーションも高くなりました。

現時点で月収1000万くらいあるなら、変化することを怖がっても良いと思いますが、月15万の手取りで何を失うのが怖いのか理解できないです。

 

人生を変える商材を買っても救われませんよ

こういう「人生が苦しい状態」の人ほど、甘い罠に簡単にハマります。

人間心理の面白いところは

一度、詐欺に遭った人は、二度目の詐欺に引っかかりやすくなる

ということです。

「一度引っかかったから、もう大丈夫!」と思うかもしれませんが、騙されたマイナスをすぐに埋めようとして、もっと大きなワナに簡単にハマるのが人間心理です。

 

なので、ネットで検索して「●●の商材を買って人生を変える」みたいなものは100%意味がないです。

  • 副業の教材
  • 投資の教材
  • スキルの教材

マジで、どれも「買っただけで人生を変える」ことはできません。

 

「有名な●●さんの情報商材を買えば、自分の人生は変わる」と信じたい気持ちは理解できますが、商品を買っただけで人生が変わるなんてファンタジーです。

 

人生において、大切なことは「自分の頭で考えて、勇気を出して行動する」ことだけです。

自分の頭で考えて教材を買うのはありです。
その後に、教材を徹底的に研究して本当に稼げるようになるには、どうすれば良いのか?を実行できれば最高です。

 

何度も言いますね。

自分で考える!
変化を怖がらずに行動する!

努力を継続する!

そうすれば、必ず人生は良い方向に変化していきます!

 

ということで、本記事は以上です!

最後まで、読んでいただきましてありがとうございました!

 

人気記事【衝撃の真実】会社の仕事をどれだけ頑張ってもサラリーマンは報われない理由

人気記事お金の不安をなくす為に生活費を下げろ【月収100万でも実は不安】

ABOUT ME
ヒロキ【IT企業の経営者、株式投資家】
2005年にITビジネスで起業。経営者14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信中。 上場企業のWebマーケティングを行いながら、様々な企業のプログラミング案件を受注して稼いでいます。 現在は本業と合わせて、株式投資も行い資産を運用中。
あわせて読みたい