プログラミング

プログラミングの独学のリアルな体験談を公開【実践環境に飛び込む】

プログラミングを独学したい人
プログラミングを独学したい人
プログラミンの学習を独学で勉強したいと思っていますが、独学で習得してお金を稼いでいる人の生の体験談が聞きたい。

プログラミングを最短で習得できる手順などあれば、教えてくださいー。

この質問にお応えします。

 

本記事の内容まとめ
  • プログラミング独学の体験談をインタビューで解説
  • プログラミングの独学で、よくある質問に回答

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。

2004年からプログラミングを独学で習得して、今では年収8桁まで稼げるようになりました。

ちなみに、私自身がプログラミングを習得した手順は以下の通りです。

  • 仕事案件を獲得する
  • その案件を納品するためのスキルを習得しながら作る
  • 学習したスキルをブログに書いてアウトプットする

 

かなり危ない橋を渡りながら独学で習得してきたのですが、重要な点は「案件を納品しないといけない(学習するしかない)環境を先に作る」ということです。

 

ということで、本記事では「プログラミング独学の体験談」として、私の会社に就職してきた完全プログラミング初心者だったザキオカ氏のインタビューも交えながら解説していきます。

ザキオカ氏はプログラミングなんてやったことがなかった状態で、2005年に入社してきましたが、3日後にはFlashのプログラマーとして開発の仕事に参加していました。

 

今やフロントエンドもサーバー周りのバックエンドも何でも対応できるスーパースキル持ちのザキオカ氏が短期間でプログラミングスキルを習得できたのは「基礎学習→実践環境に飛び込む」ということをひたすらに繰り返してきたからでした。

 

それでは「プログラミング独学のリアルな体験談」として参考になると思いますので、最後までご覧ください。

 

プログラミングを独学したザキオカ氏の体験談をインタビュー形式で解説

まずは、私自身がプログラミングを独学で習得した手順をおさらいしましょう。

  • 仕事案件を獲得する
  • その案件を納品するためのスキルを習得しながら作る
  • 学習したスキルをブログに書いてアウトプットする

 

この手順を元に、完全初心者の状態で入社してきたザキオカ氏のインタビューを交えて解説していきます。

 

仕事案件を獲得した後に、必要なスキルを学習しながら構築する

基本的に人は「目的」がなければ、学習のモチベーションを継続することができません。

どこに向かって走っているのか分からない状態で走り続けるよりも、ゴールが明確に見えている方が走りやすいですよね。

 

ということで「案件を提供」することをゴールに設定した上で、学習の方向性を決めるところからスタートします。

ヒロキ(社長)
ヒロキ(社長)
ザキオカ氏はヤフオクしかやったことがない超初心者の状態で入社してきたよね!

そして初めての出社日にいきなり分厚いFlashの技術本を渡されてたね。

ザキオカ
ザキオカ
Flashって何?という状態から、とにかく参考書を読み進めて手を動かしていきました。

でも、逆に初心者だったのが良かったのか、変な先入観がない状態だったので、どんどん頭に入ってきました。

ヒロキ(社長)
ヒロキ(社長)
当時はFlashを使ったリッチなWebサイトを作るのが流行っていたので、Flashプログラマーの育成が急務だった。

でも、いきなり本番案件を初心者のスタッフに渡すやり方は博打だったね(笑)。見事に期待値以上に成長してくれて良かった!

 

知識不足でも、実践環境にいきなり飛び込むメリットとは?

この時の経験から分かったことは「人はやらないといけない環境に飛び込めば何とかなる!」ということです。

もちろん、企業から受注したお金が発生している案件です。
3日前から勉強し始めた初心者のスタッフが作っているので「バグがあっても多めに見てください」なんて通用しません。

 

もちろん、ザキオカ氏が急成長できた背景には、社内に優秀なプログラマーが複数人いて、彼らにフォローしてもらいながらも、分からない部分は教えてもらい、迅速に問題解決できる社内環境があったことも大きかったのは事実です。

ちなみに、大半の人は「案件を受注する」という一歩を怖がって踏み出せなずに、挫折してしまいます。

※ザキオカ氏がどんな感じで独学を進めていったのかは【無料でスキルを習得】Web制作スキルを独学で勉強する方法まとめ【完全初心者向け】にてまとめていますのでご覧ください。

 

案件を納品するための独学で意識したこと

ザキオカ氏が急成長した理由は何よりも「圧倒的な独学の時間」だと思っています。

ヒロキ(社長)
ヒロキ(社長)
ザキオカ氏は入社してから会社での業務時間以外でも、休みの日に自宅でプログラミングを勉強していたよね。

ザキオカ
ザキオカ
休日はひたすら12時間ほどは毎週勉強していました。

最初の1年は理解できていない部分が多くて、仕事でも行き詰まって苦しかったけど、継続して勉強して案件をこなしていくとプログラミングが楽しいと思えてきました。

当時は先輩エンジニアに追いつきたい気持ちが強かったので、社内で誰も持っていないスキルを勉強しようとサーバー周りのインフラ系を勉強したり、Movable Typeが主流の時代にWordpressをインストールしてPHPも独学で勉強していきました。

ヒロキ(社長)
ヒロキ(社長)
社内で誰もWordpressを使っていない時期に、自分のブログを開設したり、貪欲に新しい技術を学んで自分自身の価値を高めて行ってたのが印象的だった。

結局は、こうしたザキオカ氏の自分という市場価値を高める意識がある人間は、常に学習して知識とスキルを高める努力をするので、結果的には給料もどんどん上がっていったしね!

 

学習したスキルをブログでアウトプットする価値とは

知識を定着させる効果的な方法は、アウトプットすることです。

アウトプットすることのメリットは以下の通りです。

  • インプットした知識がアウトプットで定着する
  • 情報発信することで他プログラマーと繋がれる
  • 情報発信することで仕事の依頼に繋がる
  • ブログでアウトプットすれば広告収益が生まれる
  • セミナー講師になりアウトプットすればブランド価値が出る
  • 自分のブログをカスタマイズすれば、さらにスキルが身に付く

ヒロキ(社長)
ヒロキ(社長)
ザキオカ氏は自分でWordpressを使いブログを作って早くから情報発信をしていたよね。

ザキオカ
ザキオカ
自分のブログだと、好き勝手にカスタマイズできるので、そこでWordpressのプラグインの作り方を勉強したり、どの場所にGoogle Adsenseの広告を貼れば収益に繋がるのかを研究したりできるので楽しんでやっていました。

ヒロキ(社長)
ヒロキ(社長)
例えばブログで情報発信してきたことで、どんなメリットが今までにあったの?
ザキオカ
ザキオカ
ブログ経由で、Wordpressのプログラミング勉強会の講師で登壇して欲しいといった依頼がありました。

あとは関西のエンジニアと繋がれたことですね。社内でエンジニアをしていると基本的に会社にこもりっぱなしになるので、こうした外部との繋がりは情報交換だったり刺激を貰えるので積極的に参加したいので。

 

やはり、プログラマーがブログで情報発信をすることで得られるメリットは計り知れないですね。

学んだことを「自分なりの視点でまとめて発信する」習慣をつけるだけでも、プログラミングの独学精度が上がると実感しています。

※ブログを作っていない人はWordPressでサイトアフィリエイトを始めよう!収益アップとSEO対策もセットで解説【決定版】をどうぞ!

 

また、エンジニアの副業としてのブログについては【Web系エンジニア向け】サラリーマンのエンジニアが会社にバレずに副業ブログで毎月30万の収入を稼ぐ方法をご覧ください。

 

プログラミングの独学を始めて1年後に、前職の3倍の給料を稼いでいた

今回は、完全プログラミング初心者ながらも、圧倒的な学習量と行動でスキルを急上昇させていったザキオカ氏の事例を紹介しましたが、もちろん順風満帆だったわけではありません。

ザキオカ
ザキオカ
最初の1年は何度も心が挫折したし、辞めたいって何度も思いました。

 

最初からいきなり完璧にこなそうとするのではなく、分からないことはその都度で解決して、一歩づつ前進していく。そのためのモチベーションとして案件を受注して「学ぶ環境に飛び込む」ことが重要です。

 

このブログでは何度も書いていますが、独学における基礎学習の期間は3ヶ月くらいでOKです。それ以上もダラダラとひたすら勉強するなんてモチベーション落ちますよ。

冒頭で言いましたがゴールが明確に見えている方が走りやすい!ということです。

 

必要最低限の知識とスキルが身についた段階で、実践環境に怖くても飛び込むべき。それが最短で成長する確実な方法です。

 

プログラミングの独学で、よくある質問にお答えします

プログラミングの独学前に、初心者の人が気になる質問について回答します。

 

プログラミングの初心者でも雇ってくれる会社はあるの?

私の会社がそうだったように、初心者でも成長意欲があって、自分でスキルを伸ばす覚悟があるなら雇ってくれる会社はあると思います。

なので、初心者なので「スキルがない」「経験がない」もしくは「30歳を過ぎているから」という理由だけで諦めるのは残念です。

 

ただ現実的には30代よりも20代の方が初心者でも採用されやすいのは事実なので、30代の方は必要最低限の知識とスキルを学習した上で戦略的に転職先を探すべきです。

この辺りは【行動編】30代の未経験がプログラミングスクールで学びフリーランスで稼ぐ方法で詳しくまとめていますので該当する方はご覧ください。

 

また、この記事を読んでいる大学生の方は、絶対にプログラミングスキルは学習しておきましょう!圧倒的に将来性も有利です。

»【就活向け】将来が不安な学生は今すぐプログラミングを学ぶべき理由

 

行動すれば、確実に人生は切り開けますよ!
行動しなければ、昨日までと同じ日常が明日もやってくるだけですね。

 

初心者を雇ってくれそうな会社の探し方はあるの?

この辺りは実際に行動してみないと分かりません。

会社って、世間体があるので「外見」と「中身」が違うことって多々あります。

大切なことは「初心者にとって成長できる環境」を探すことですが、業務内容に大差はないので、とにかく実践スキルができて、成長できそうな仕事環境を探しましょう。

 

プログラマーとしての転職を考えているサラリーマンの人は、大手の転職エージェントとして「リクルートエージェント」あたりを使えば間違いないです。

 

独学に自信がない場合はプログラミングスクールはあり?

最後に、プログラミングスクールについてのご質問ですが、ぶっちゃけどっちでも良いです。

プログラミングは独学でも十分に習得できます。
スクールを使う理由は以下の2つ。

  1. お金を払う事で挫折防止になりやすい
  2. スクールの体系的なカリキュラムで効率的に学習できる

なので、お金をプログラミングスクールに支払うことで、学習時間を短縮したい人にとっては1つの選択肢としてありだと思います。

 

あと、プログラミングスクールに関しては「どのプログラミングスクールがオススメですか?」とよく聞かれますが、この辺りも「どこも同じ」というのが本音です。

この辺りに関しては参考までに「【無料あり】ネットで稼ぐためのおすすめプログラミングスクール3社」をどうぞ!

 

また、最近では「転職が保証されているスクール」も話題になっていますね。

  • スクールに通う
  • スクールが紹介する転職先に入社する
  • スクールに支払った費用が全額キャッシュバックされる
  • 無料でスキルが習得できる

という流れです。

たまに「転職保証のスクールが紹介する企業はブラック企業ばかり」みたいな噂がありますが、普通に考えてみましょう。

プログラミングスクールがブラック企業に人を流しまくって、紹介料で儲けているって話が本当なら、すぐに口コミでスクールの評判が落ちると思いませんか?
そこまでのリスクを取ってまでスクールはブラック企業を紹介しませんよ。

 

万が一、就職した先の企業が最悪な環境だったら「すぐに辞めたらOK」です。

この辺りの就職サポート付きのスクールに関しては【行動する】プログラミングスクールを卒業→フリーランスで稼ぐ方法でまとめています。

 

ということで、プログラミング独学の体験談として、完全初心者からスーパーエンジニアに短期間で成長したザキオカ氏の事例を元に解説しました。

大切なことは「基礎知識を勉強する → 実践環境に飛び込む → インプットした知識とスキルはブログ等で積極的にアウトプットする」ということです。

 

是非、行動することに怖がらずに、チャンスを掴むために動いていきましょう!
自分の人生を変えるのは、いつだってあなたの行動だけですよ!

 

人気記事プログラミングで月10万を稼ぐための学習時間【初心者向けに解説】

人気記事【無料あり】ネットで稼ぐためのおすすめプログラミングスクール3社

あわせて読みたい