プログラミング

プログラミング未経験でテックアカデミーは難しいは嘘【デマが流れる理由】

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

プログラミングについての情報発信をしていると、多くの批判が届きます。

それが以下の通りです。

  • プログラミングは初心者にはキツイから安易に勧めるな!
  • 未経験から勉強したからといって就職できるわけないだろ!
  • そもそもエンジニアはブラック労働なのでワリが合わないのでは?

 

そこで本記事ではプログラミングで稼ぎ続けて15年目の私が実際に感じている「職業エンジニア」についての本音を書いて行こうと思います。

 

特に初心者の場合は独学ではなく、プログラミングスクールの受講をオススメしています。

その理由は「挫折する可能性を大きく減らすことができるから」です。

» 参考:プログラミングの独学は正直にきつい【挫折しない3つの戦略も紹介】

 

ここでは、プログラミング初心者に1番オススメのスクール「TechAcademy(テックアカデミー)を事例に、

なぜ初心者こそプログラミングを学ぶべきなのか?
なぜプログラミングはキツイと批判されるのか?

について解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

プログラミング未経験でテックアカデミーは難しいは完全に嘘

プログラミング未経験でテックアカデミーは難しいは完全に嘘

まずもって、世の中は「新しい挑戦をする人の足を平気で引っ張る」わけです。

Twitterなどは大変ですよね。

無知だ!馬鹿だ!アホだ!

言いたいことを投げかけて、新しいチャレンジを引き止めることで、何も動かない自分を正当化している様子です。

そんな発言や忠告、ありがた迷惑なお節介は無視しましょう。

 

やりたい!

と少しでも心が感じたなら、挑戦しましょう!

失敗しても問題ないですよ。

 

プログラミング未経験者がエンジニアを目指そうとすると

未経験からエンジニアになれるわけないだろ

と批判する人がいます。

先に言いますね。

 

今、プログラミングで稼いでいる人も、最初は未経験でした。

そこから、少しづつ頑張ってスキルを伸ばして、失敗しながらも努力を続けたから今があるわけです。

何も、最初からいきなり「スペシャリストのエンジニアになれ」とは言ってません。

 

未経験から、少し理解できるビギナーエンジニアになり、そこから失敗と挫折を重ねて脱・初心者エンジニアになれます。

ここで1年くらいでしょうか。

2年も頑張れば、中級者の仲間入りです。この段階で十分にエンジニアとして稼ぐことができます。

 

ということで、「未経験からエンジニアを目指すことは無理」と批判する声に対して、論理的な思考で「いやいや・・・未経験からでも今すぐ勉強を始める方が良いよ」という理由を2つ解説したいと思います。

 

  1. IT人材は未だに不足しているので、始めたもの勝ちです
  2. コロナ時代だからこそ自由に稼ぐスキルは必須です

それぞれを私の独自視点を交えて解説します。

 

理由1:IT人材は未だに不足しているので、始めたもの勝ちです

いろいろな場所で言われていることですが、まずは経済産業省の出す数値から、見てみましょう。

2019年3月に「IT人材需給に関する調査」と題した報告書を公開し、そこではIT人材(エンジニア等)が不足するので、緊急でエンジニアを増やす施策をするべきとあります。

  • 2018年では不足数は22万人
  • 2019年は26万人
  • 2020年は30万人
  • 2021年は31万人
  • 2022年は32万人
  • 2030年には約45万人

 

最大シナリオでは2030年は約79万人のIT人材が不足するとも予測されているそうです。

なので、政府は小学校へのプログラミング教育のスタートだったり、IT人材の確保に向けて動いているそうです。

 

もちろん、こうした政府の発表数値に踊らされて

よっしゃ!人材が不足しているなら、収入も上がるはず!

とプログラミングに飛ぶ着くのはナンセンスです。

もちろん、こうした状況は現実的にあります。

 

15年以上、IT業界にいるので「いま、多くの企業でエンジニアが求められている」ことは肌で感じています。

ただ、1つ条件があるとすると

単なるプログラミングができる人ではなく、Webマーケティングやディレクションなどトータルで仕事ができるエンジニアが求められている

という条件が付きます。

 

正直にプログラミングスクールを卒業しただけの未経験エンジニアが簡単に稼げるほど、甘い世界ではありません。

あなたが20代の場合は、それこそ経験不足でもエンジニアとして就職(転職)することはできますが、30代以上になると「市場価値を高める付加価値」がほしいですね。

 

なので、未経験からのプログラミング就職(転職)はキツイ!辛い!と言われる理由も納得はできます。

 

ただ、将来性を考えれば、「Webマーケティングができるエンジニア」を目指せば良いだけなので、要するに「学習するモチベーション」が高ければ問題ありません。

 

IT人材は不足しています。それなら、企業が認める「市場価値の高いIT人材」になりましょう。

そのためには、当然ですが時間がかかります。

なので、今すぐ始めましょう!

 

テックアカデミーの無料体験を1週間本気で学んだら、どうなるのか?でも解説していますが、1週間勉強したからといって、エンジニアになれるわけはりません。

この辺りは未経験からでも市場価値の高いエンジニアになるためのステップ(手順)として記事後半で解説しますので、少々お待ちください。

 

理由2:コロナ時代だからこそ自由に稼ぐスキルは必須です

  • エンジニアはキツイ仕事だから辞めた方が良い!
  • エンジニアは昼と夜が逆転する仕事になるからブラックだ

もちろん、楽な仕事ではありません。

 

どこかの詐欺情報商材のように「未経験でも1クリックで毎月100万稼げます」なんて絶対に言えません。

そもそも1クリックで100万稼げる商売は世の中には存在していませんので、こういう情報商材には手を出さない方が良いですよ。
※過去にこういう商材を作った経験があるので、裏の仕組みを熟知している立場から言っておきます。ちなみに作りましたが販売はしていません。

» 参考:副業詐欺の実態と手口、見分け方を解説&安全な副業を見つける方法!

 

ただ、プログラミングで稼げるようになると下記の自由は確実に手に入ります。

  • 満員電車に乗って出社しなくても稼げる自由
  • 市場価値が高いので、どんな会社でも働ける自由
  • 好きな時間、場所で作業ができる自由
  • 効率的に短時間で稼げる自由

なぜ、こうしたお金の稼ぎ方ができるのか?というと、そこにプログラミングの旨味が詰まっているわけです。

 

どの会社でも通用するスキルになる

プログラミングは、どの会社でも、どの職業でも、どの業界でも「同じレベルで通用するスキル」になります。

1つの会社の中でしか通用しないスキルではないので、どの会社でも自由に働くことができます。

これって、すごいことですよね。

 

例えば、今のあなたが働いている会社で、身につけたスキル、知識、経験は他の会社に転職しても、通用しますか?
他の業界に「年収を上げる」ために転職しても、価値になりますか?

今の会社でしか通用しないのであれば、早急に変えるべき問題だと自分は思います。
なぜなら、その会社を辞めることができないからです。

 

あなたには「その会社を辞める自由」がないということです。

 

  • もし、会社が潰れて倒産した場合、あなたの人生も一緒に道連れになりますか?
  • もし、社内でパワハラとかを受けても、ローンの返済や家族がいるからと辞めれない状況ではありませんか?
  • もし、あなたが事故や怪我で働けなくなった場合に収入が0になってしまいませんか?

こうしたリスク、可能性が限りなく0だと自信がある場合は問題ありません。

ただ、少しでも懸念があるなら、あなたの立場は会社よりも弱いということです。

 

そうなると、業績が下がれば給料を下げられるのは当然です。長時間の労働になるのも仕方ありません。

いくら通勤時間が苦痛でも、会社に出社しないといけません。

 

話を戻しますが、プログラミングというスキルは、すべての会社で通用するスキルです。

今の会社が嫌なら、もっと好条件の会社を探して転職すればOKです。

 

上述した通り、エンジニアとしての経験値とスキルが高いエンジニアは重宝されるので、いくらでも年収を伸ばすことができます。

しかも、市場価値が高い人材なので、会社よりも有利に働き方を交渉できます。

 

今の時代ならリモートワークは当たり前なので、出社は不要で「家で働くこと」ができます。

ちなみに上記のツイートのように、自分が好きな場所でも、マジで働くことができます。

まぁ、旅行に行ってるのに、何で働くの?という声もありそうですが、温泉旅行に行って、旅館でブログを書いたり、プログラミング作業をすることで旅費代を稼げると、何か気分も良いですよね。

そういうことです。

 

プログラミングは効率的に稼げるスキルです

もう1点は、プログラミングの効率性です。

スキルが高くなれば、案件次第では1時間の作業で10万円稼げる!みたいなことはザラにあります。

» プログラミングは儲かります【時給で10万円を稼ぐ人の思考を解説】

 

それこそ、サイトの修正依頼がくれば「10分で修正できる内容」でも、「それでは修正作業に5万円です」って見積もりを出すことができます。

一般的に「難しい」と思われているプログラミングだからこそ、こうした稼ぎ方ができるということです。

 

お店の販売員が、「私の作業は10分で5万円です」なんて言ってたら、誰も雇ってくれませんが、プログラミングの世界では、時には「安いですね」と言われてしまうわけです。

 

ということで、未経験からのエンジニア、プログラマーは簡単ではありませんが、手に入れたその先では「おいしい未来」が待っているのは事実です。

あとは、自分がどうするのか?は、あなたが選べば良いと思います。

 

次に、未経験からエンジニアを目指す最短最速の方法を解説していきます。

 

未経験からエンジニアを目指すならTechAcademy(テックアカデミー)に課金せよ

未経験からエンジニアを目指すならTechAcademy(テックアカデミー)に課金せよ

まずは、未経験からエンジニアになるための最速の手順をお伝えします。

結論は以下のステップです。

  • プログラミングの基礎を無料体験で学ぶ
  • テックアカデミーは先割の特典で入学する
  • テックアカデミーの転職サポートを活用する

 

手順1:プログラミングの基礎を無料体験で学ぶ

TechAcademy(テックアカデミー)の場合は、プログラミングの基礎を無料で学べる「無料体験」がありますので、まずはこちらをどうぞ。

» TechAcademyのプログラミング無料体験【公式サイト】

 

無料体験についてはテックアカデミーの無料体験を1週間本気で学んだら、どうなるのか?をご覧ください。

 

手順2:テックアカデミーは先割の特典で入学する

無料体験は1週間で、Web系プログラミングの基礎「HTML/CSS/JavaScript」を学ぶことができます。

その後は、ご自身の目的に合わせたテックアカデミーのコースをどうぞ。

コースの選び方はテックアカデミーで自分に合ったコースを選ぶ方法【ゴールから逆算】をご覧ください。

 

また入学の際は「先割」が一番安く受講できるので、テックアカデミーはトモ割!よりも通常の先割の方が断然お得だった!を合わせてご覧ください。

 

手順3:テックアカデミーの転職サポートを活用する

テックアカデミーは受講生が無料で利用できる転職サポートサービス「TechAcademy(テックアカデミー)キャリア」があります。

TechAcademyキャリアは、受講生が登録したプロフィールや、学習で身につけたスキルを元に「企業やコンサルタントからスカウトメッセージ」が届きます。

この辺りの詳細はテックアカデミーの就職先と非公開求人を狙う方法【年収アップ可能】をご覧ください。

 

未経験からのテックアカデミーでのプログラミングはキツいけど、その先は明るい

未経験からのテックアカデミーでのプログラミングはキツいけど、その先は明るい

それでは、最後に本記事をまとめて、未経験であっても今すぐプログラミング学習をスタートさせましょう。

  • エンジニアは人材不足と言われているけど、市場価値は高める必要がある
  • プログラミングを学べば、様々な自由な働き方が手に入る
  • 未経験から最速でプログラミングを学び転職する手順

 

プログラミングは正直に簡単ではありません。

15年続けている今でも「分からないなー」ということが多々あります。

 

なので、未経験でも簡単に習得できますよ!とは口が裂けても言えません。

 

でも、自分はこう考えます。

難しいからこそ、多くの人が挫折をする
継続して学び続けて努力をすれば、自由な稼ぎ方が手に入る
成功する人は少数だからこそ、チャンスがある

まさに人生逆張り思考です。

 

その他大勢の人たちと同じ思考では、勝ち取れない人生があります。

多くの人は楽して稼ぎたいけど、そんな夢に描くお金が手に入ることは一生ありません。

楽して稼ぎたい!という欲求に負けて集まる人から、お金を奪う商売はあると思いますが、それってどうなのでしょうか。

ということで、まずは前進しましょう!

 

思い返してくださいね。

最初のステップはテックアカデミーの無料体験で基礎を学ぶことです。

» TechAcademyのプログラミング無料体験【公式サイト】

 

それでは、行動につなげていきましょう!

 

人気記事テックアカデミーのフロントエンドコース受講→副業で月20万稼ぐ手順

人気記事テックアカデミーの無料体験を徹底レビュー【割引とアマギフ特典付き】

合わせて読みたい記事