プログラミング

テックアカデミーのフロントエンドコースを受講して副業で月15万を稼ぐ手順

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

本記事ではプログラミングスクールのTechAcademy(テックアカデミー)の人気コース「フロントエンドコース」を受講することで副業で稼ぐための手順をどこよりも詳しく丁寧に徹底解説します。

 

収入を増やしたい人
収入を増やしたい人
プログラミング副業で稼ぎたいけど、テックアカデミーのフロントエンドコースって、正直にどうなの?
テックアカデミーはコースが多いので、どれを選べば良いのか分からないから、初心者にオススメのコースを教えて欲しい。

このようなお悩みを本記事で解決することができます。

 

  • 副業で稼ぎたい
  • 初心者だけどプログラミングを学びたい
  • テックアカデミーのオススメコースを知りたい

という方向けに「テックアカデミーのフロントエンドコースを受講して月15万を副業で稼ぐ手順」を分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

記事の信頼性について

プログラミング歴20年、さらに1年ほど前にTechAcademy(テックアカデミー)のWebアプリケーションコースを受講した経験を踏まえて、この記事を書いておいます。内容については【まとめ】テックアカデミーのWebアプリケーションコースを完全網羅を合わせてご覧ください。

 

※本記事の情報は2020年5月時点のものとなります。最新情報についてはテックアカデミーの公式サイトをご確認ください。

 

今すぐテックアカデミーの
フロントエンドコースを受講したい方はこちら

※徐々に値上げしているので申し込みはお早めにどうぞ

 

目次
  1. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講して副業で稼ぐ手順
  2. TechAcademy(テックアカデミー)の膨大なコースに迷う人へのオススメ2つ
    1. 就職(転職)で収入を増やしたい人はWebアプリケーションコース
    2. 副業で稼ぎたい人はフロントエンドコース
  3. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースをオススメしたい人
    1. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで身に付くスキルまとめ
    2. できなくても副業では稼げるスキル(できれば、なお良し)
    3. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで学習できないスキルもあります
  4. TechAcademy(テックアカデミー)のスクールとしての良い点、微妙な点を本音で紹介
    1. TechAcademy(テックアカデミー)の良い点
    2. TechAcademy(テックアカデミー)の微妙な点
  5. TechAcademy(テックアカデミー)の受講期間は8週間がベストです
  6. TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の評価
    1. TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の良い評価
    2. TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の微妙な評価
  7. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後に副業案件を取る手順
    1. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後の手順
  8. Wordpressのスキルで高額案件を受注できます
  9. TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースでコーディングの副業案件を受注しよう
  10. TechAcademy(テックアカデミー)の受講が不安な方へ
    1. 悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます
    2. TechAcademy(テックアカデミー)の入学金はどんどん値上がりしています
  11. 合わせて読みたいTechAcademy(テックアカデミー)の関連記事
    1. 副業で稼ぎたい人、初心者向けのTechAcademy(テックアカデミー)の関連記事

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講して副業で稼ぐ手順

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講して副業で稼ぐ手順

テックアカデミーを受講した感想を本音で暴露【公式よりリアルな口コミ】ではテックアカデミーを実際に受講した生徒の本音を記事にしました。

 

そこで本記事では「TechAcademy(テックアカデミー)の人気コースであるフロントエンドコースを受講することで、どんなスキルが身につき、副業で稼げるようになるのか?」について具体的に詳しいスキルを伸ばす手順を交えて解説していきたいと思います。

 

読み損にならないように、先に結論をお伝えします。

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講すれば、副業案件で稼げるレベルのプログラミングスキルが身に付くので「コーディングの案件」を受注すれば月15万円以上は稼げるようになります。

ということです。

※本記事の情報は2020年5月時点での最新情報を含めて解説しております。
など詳しい情報はTechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトをご確認ください。

 

また、メンタリストのDaiGoさんもTechAcademy(テックアカデミー)の広告にて「プログラミングを学習することのメリット」について以下の動画でまとめています。

DaiGoさんのプログラミングを学ぶメリットをまとめると

  • 人生を豊かにするためにはIQを高める必要がある
  • IQは後からでも高めることができる
  • IQを高めるために必要なのがクリティカルシンキング(論理思考)
  • プログラミングはクリティカルシンキングを高めることができる
  • プログラミングができる人は「人生勝ち組になりやすい」

という感じですね。

是非、気になる方はDaiGoさんの動画をサクっと見ておきましょう。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の膨大なコースに迷う人へのオススメ2つ

TechAcademy(テックアカデミー)の膨大なコースで迷う人へのオススメ2つ

TechAcademy(テックアカデミー)ではプログラミングだけでも18個のコースが用意されています。

その中でも目的別にオススメの人気コースがあります。

 

就職(転職)で収入を増やしたい人はWebアプリケーションコース

エンジニアとしての就職(転職)を目指す人に一番人気があるのが、TechAcademy(テックアカデミー)のWebアプリケーションコースです。

WebアプリケーションコースではHTML5/CSS3の基礎コーディングスキルをはじめ、Webデザインが作れない人でもサイト開発ができるBootstrapやWebアプリが開発できるRubyを学習することができます。

 

ちなみに下記はフリーランスエンジニアの求人案件を探せるレバテックフリーランスに掲載されているRubyエンジニアの求人情報です。

いかがですか?

Rubyエンジニアになれば、月収100万円が現実的になります。

「エンジニア就職」でWebアプリケーションコースが人気の理由も納得できますね。

Webアプリケーションコースについては【まとめ】テックアカデミーのWebアプリケーションコースを完全網羅を合わせてご覧ください。

 

副業で稼ぎたい人はフロントエンドコース

副業で稼ぎたい人はフロントエンドコース

副業で稼ぐためには「コーディングスキル」を学習する必要があります。

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースであればコーディングに必須の「HTML5/CSS3」や、サイトに動きをつける「JavaScript/jQuery」などを初心者でも理解しやすいプログラミングスキルを徹底的に学ぶことができます。

 

また「副業でも効率よく、高単価の案件を狙いたい」という方は、フロントエンドコースを受講後にWordPressコースの受講もオススメです。

この辺りは【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由で詳しく解説しておりますので、合わせてご覧ください。

【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由 この悩みを本記事で解決します。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 ...

 

※徐々に値上げしているので申し込みはお早めにどうぞ

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースをオススメしたい人

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースをオススメしたい人

上述しましたが「副業で稼ぎたいならTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコース」が絶対にオススメです。

なぜなら「コーディング案件」を受注できるプログラミングスキルを短期間で身に付けることができるからです。

 

コーディング案件を受注するために必要となるスキルは

  • HTML/CSS
  • jQuery

の2つです。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで、下記の枠で囲んだスキルを習得すれば、副業で稼ぐことができるようになります。

それ以外のスキルは、ぶっちゃけ副業で稼ぐために必須のスキルではないので、そこまで深入りしなくても問題ありません。

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで副業向けスキル

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで身に付くスキルまとめ

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースでは「副業で稼ぐために必要なスキル」を初心者からでも安心して学ぶことができます。

そこで「副業に必要なスキル」だけをここでは詳しく解説していきたいと思います。

 

HTML/CSSのスキル

デザインされたWebページをブラウザで表示するために必要なプログラミングスキルとして「コーディング」ができるようになります。

ちなみに現代ではパソコン画面だけでなく、スマホ画面にも最適化された「レスポンシブサイト」が基本になるので、この辺りのスキルもフロントエンドコースでは学習することができます。

 

javascript/jQueryのスキル

javascriptはWebサイトに動きを付けるためのスキルです。

javascriptを全て理解する必要はありませんが、フレームワークとして活用できるjQueryについての理解やサイトへの組み込みは必ず身に付けておきましょう。

 

イメージとしては「HTML/CSS」で家の骨格を組み立てて、jQueryでエレベーターを付けたり、電気を付けるような感覚です。

作ったWebページを「よりリッチ」に仕上げるための必須スキルがjavascriptとjQueryになります。

 

Bootstrapのスキル

Bootstrap(ブートストラップ)はWebデザインができない人でも、綺麗なサイトを構築できるデザインのフレームワークです。

Bootstrapを使えば、自分でゼロからcssを書いてデザインを組み立てなくても、簡単にデザインの実装ができるようになります。

特にレスポンシブ対応のグリッドシステムが使えるようになると、コーディングの時間を大幅に短縮することができるようになります。

 

ちなみにBootstrapについての予習をしておきたい場合はドットインストールBootstrap4入門(全22回)で無料で学習できますので、お試しください。

 

理解しておくと便利なスキル1:サーバーのスキル

副業でWebサイトのコーディング案件を受注すると、必ずセットで求められるのが「Webサーバーの使い方」の知識とスキルです。

というのも、大半のクライアント(案件の発注者)はWebに関する知識やスキルがないからです。

レンタルサーバーは契約しておいたから、あとは設定なども合わせてお願いね

と丸投げされることが多々あります。

 

なので「サーバー」に関するスキルは必須になります。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースの場合は「さくらインターネット」というレンタルサーバーを契約して、そのサーバーにコーディングしたプログラミングデータを納品(アップロード)して表示させるという一連の作業も学習することができます。

実際の副業案件でも、借りているWebサーバーにコーディングデータをアップロードするという作業は「できて当たり前」のスキルになりますので、しっかり学習しておきましょう。

 

できなくても副業では稼げるスキル(できれば、なお良し)

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで学習する、これらのスキルは「できなくても副業で稼ぐことができる」ので、そこまで深入りして学習する必要はありません。

ちなみに、自分は「今でもほとんど使いません」ので、これらのスキルがなくても稼ぐことはできています。

 

ただ基礎的な知識やスキルを理解しておくと、高単価が狙えるWordpressで必要なPHPの学習にもスムーズに繋がるので「できるなら頑張ろう」という考え方で軽く解説しておきます。

 

Vue.jsのスキル

Vue.jsはJavaScriptのフレームワークの1つです。

フレームワークとは「開発速度を上げて、生産性を向上させる」目的で利用されるテンプレートのようなものです。

ちなみにプログラミングオタクになりたい方は、深掘りして学習してみてください。

» 参考:Vue.jsとは何かを現役エンジニアが解説【初心者向け】:TECHACADEMYmagazine

 

Web APIのスキル

Web APIとは外部サイトのデータを、自身のサイトに読み込んで表示させるスキルです。

例えばGoogle Mapをサイトに表示させたい場合もGoogleのAPIを使いますし、Amazonや楽天の商品も同じような仕組みで、自分のサイトに表示させることができます。

これらの外部サイト(サービス)のデータベースを抜き出して活用するスキルがWeb APIになります。

 

Firebaseのスキル

FirebaseはGoogleが提供しているモバイルおよび、Webアプリケーションのバックエンドサービスです。

簡単に言えば「Webの裏側で動くデータベース等の仕組み」を専門知識がなくても、簡単に使えるようになるスキルです。

使えないよりも、基礎を理解して使えるエンジニアになると市場価値は高まりますね。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで学習できないスキルもあります

副業で稼ぐために「できれば身につけておきたいスキル」があります。

それは「Webデザインのスキル」と「WordPressのスキル」になります。

この2つのスキルはTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースでは受講することができません。

 

WebデザインやWordpressが使えるようになると、副業でも「高単価」の案件を受注することができるようになります。

なのでフロントエンドコースで、基礎スキルを学んだ後に、プラスで学習することをオススメします。

気になる方は下記の記事を合わせてご覧ください。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のスクールとしての良い点、微妙な点を本音で紹介

TechAcademy(テックアカデミー)のスクールとしての良い点、微妙な点を本音で紹介

TechAcademy(テックアカデミー)のWebアプリケーションコースを受講した体験記事「【まとめ】テックアカデミーのWebアプリケーションコースを完全網羅

さらに、フロントエンドコースの受講者へのインタビュー記事「テックアカデミーのフロントエンドコースで身に付くスキル総合まとめ

この2記事からTechAcademy(テックアカデミー)の良い点、そして逆に微妙な点を本音ベースで解説していきます。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の良い点

  • チャット質問への返答速度がかなり速い(即レスしてくれる)
  • 週2回のメンタリングでモチベーションがキープできる
  • オリジナルのサイト制作があるのでポートフォリオができる
  • 卒業後もアップデートされるカリキュラムが永遠に見て勉強できる

という感じです。

特に重要な部分は「ポートフォリオ」が作れるということです。

このポートフォリオは「副業案件を受注するとき」や「エンジニア就職するとき」に必須になるのでプログラミング初心者に必須のポートフォリオの作り方【経営者の本音】も合わせてご覧ください。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の微妙な点

  • 最初はチャットでの質問の文章作りが難しい
  • メンターへの質問できる時間が短いので質疑応答を事前に整理する必要がある
  • 若干、コーディングスキルの内容が古い箇所がある
  • AWSエディタを使うが、あまり実用的ではない

この中で気になるのが「若干、コーディングスキルの内容が古い」という部分ですね。

例えばコンテンツ要素を横並びに配置する際にflex-boxというcssスタイルを使いますが、floatでの横配置がテックアカデミーのカリキュラムでは教えられていました。

特にコーディングにおいては問題ありませんが、若干「古い技術」を教えている感じもしましたので、この辺りは基礎スキルが身についたら個別に独学でも学習して、スキルの幅を広げていってくださいね。

 

※徐々に値上げしているので申し込みはお早めにどうぞ

 

TechAcademy(テックアカデミー)の受講期間は8週間がベストです

TechAcademy(テックアカデミー)の受講期間は8週間がベストです

TechAcademy(テックアカデミー)に限らず、プログラミングスクールを受講して「プログラミングスキル」を身に付けるためには「学習する時間の確保」が必須になります。

 

プログラミングスクールにお金を支払えば無条件でプログラミングのスキルが身に付くわけではありません。

必ず「毎日、勉強するための時間の確保」が必要になりますし、働きながらスキルを身につけたい社会人の場合は、この時間の確保が大きな難点になります。

 

またTechAcademy(テックアカデミー)では受講期間によって「受講金額」が変わるので、どの期間を選ぶのかが重要になります。

テックアカデミーを受講する初心者にオススメの期間と料金を徹底比較では学習プランの選び方について詳しく解説しています。

 

ポイントはテックアカデミーの学習プランの期間は、プログラミングスキルの有無や、1週間でどれくらい学習できる時間を作れるのか?で決まるということです。

おすすめ学習プランは8週間か12週間になります。

  • 4週間プラン:毎日4〜5時間の学習時間を確実に確保できる人 or プログラミング経験者のみ
  • 8週間プラン:1週間で4日くらい2時間程度の学習時間を確保できる人(初心者や大学生にオススメ)
  • 12週間プラン:平日は仕事が忙しいサラリーマン向け or 週末にまとめて学習したい人にオススメ
  • 16週間プラン:期間が長すぎて学習に適さないので完全にNGプラン

学習プランの期間で迷っている場合は下記の記事をぜひご参考ください。

「どの学習プランが自分に合っているのか?」が明確に理解できるようになりますよ。

テックアカデミーを受講する初心者にオススメの期間と料金を徹底比較 この疑問についてお答えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 先月に...

 

TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の評価

TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の評価

TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)は全員が「現役のエンジニア」なので、実際にプログラミングで稼いでいる人たちになります。

ただ「現役エンジニア=教えるのが上手な講師」ということではありません。

中には、教え方が微妙だったり、コミュニケーションが下手な講師もいました。

 

【受講者の本音】テックアカデミーのネット上の評判を全て分析まとめでも紹介していますが、講師(メンター)への評価も様々です。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の良い評価

  • 技術力が総合的に高いので、細かいスキルやバグへの質問も的確に対応してくれる
  • エンジニアとしてのキャリアや働き方についての相談もできる
  • 指導力が高い講師(メンター)に当たると、学習の理解力も飛躍的に伸びる

という感じです。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の講師(メンター)の微妙な評価

  • カリキュラム外の質疑応答には原因追求に時間がかかる
  • メンタリング時間が1回30分なので質疑応答を事前に用意しないといけない
  • 明確な目標がある場合は、それに合わない講師(メンター)に当たることもある

特に、注意はカリキュラム以外で、自分でオリジナルのサイト(ポートフォリオ)を開発する際に、バグが出たりすると、その原因追及に時間がかかってしまうので、メンタリングの時間が足りなくなる!ということです。

なので、こういう質疑応答などはチャットを使って対応した方が良いので注意しておきましょう。

 

この辺りのTechAcademy(テックアカデミー)の活用自体のコツを掴むのに、初心者の場合は少し時間がかかってしまいそうですね。

 

※徐々に値上げしているので申し込みはお早めにどうぞ

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後に副業案件を取る手順

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後に副業案件を取る手順

本記事で解説してきましたが、TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講すれば、副業で稼ぐために必要なプログラミングスキルが問題なく身につきます。

 

ここからは、TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後に実際に副業案件を受注するまでの技術的な手順を具体的に解説したいと思います。

ちなみに副業案件を受注するためにはフロントエンドコースで受講したスキルだけでは足りないので、別途でオススメの学習書籍を紹介しておきます。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後の手順

  1. Webデザインデータから画像の書き出しをする
  2. コーディングエディタを使いこなす
  3. 既存Webサイトのコーディングを模写して練習
  4. コーディングは必ずレスポンシブで対応する
  5. ポートフォリオを持って営業をする

この流れでスキルを身につけていくと、副業案件を受注することができます。

 

Webデザインデータから画像の書き出しをする

基本的に副業案件の場合は、デザイナーが作ったWebデザインデータをPhotoshopやIllustratorなどのデザインファイルで受け取り、そこからテキスト化する部分や写真(画像)として切り出して使用する部分を判断して編集していきます。

この辺りの画像編集スキルがないと、クライアントからデザインデータを渡された瞬間に思考停止でフリーズしてしまいますので、下記の書籍などを参考に知識やスキルを身につけておきましょう。

 

コーディングエディタを使いこなす

コーディングする際のエディターは自分が使いやすいものを選びましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)の講義ではAWS Cloud9というAmazonのクラウドサービスを利用しますが、あまり個人で使っているエンジニアを見たことがありません。

オススメはCoda2ですね。

 

既存Webサイトのコーディングを模写して練習

TechAcademy(テックアカデミー)の受講と合わせて、個人でも既存サイトのコーディングを模写してコーディングのスキルアップを計りましょう。

これをやるか、やらないかで、スキルの伸びが大きく変わります。

 

模写するべきサイトを下記にまとめておきます。

特に慶応大学病院ノートンのサイトは必ず模写しておきましょう。

その理由としては慶応大学病院のサイトは設計自体が逸品なので、コーディングの勉強になります。WebデザインやUI/UX系の書籍でも、頻繁に特集されるくらいの素晴らしいサイトです。

ノートンのサイトは、あなたのポートフォリオ(実績)として案件受注時にクライアントに提出した際に「ノートンのサイトをコーディングした」ということで、営業ツールとしても活用できるからです。

 

ちなみに、サイトのコーディング模写はトップページと下層の2ページだけで十分です。

模写の際は、単純にコーディングを真似するだけでなく

  • サイトの設計を分析してみる
  • cssの使い方などを分析してみる

など、コーディングの細部を意識しながら取り組んでいきましょう。

 

※ポートフォリオとして保管する際は、必ず一般のユーザーが見れないサイト環境(ログイン制)にしましょう。
たまに、ブログ等で「ポートフォリオ実績」として模写したサイトを掲載している人がいますが、最悪の場合、訴訟を受ける可能性もありますので、必ず「これは模写で、自分が練習用にコーディングしました」という表記をしておいてください。

 

WordPressのスキルで高額案件を受注できます

Wordpressのスキルで高額案件を受注できます

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講後に「Wordpress」のスキルを身に付けると、副業でも高額な案件を受注することができます。

  • 通常のコーディング案件:3万〜5万円
  • WordPressの構築案件:15万〜30万円

という感じが相場感ですね。

 

WordPressの学習は【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由でも解説している通り、TechAcademy(テックアカデミー)でも受講できますが、フロントエンドコースでプログラミングの基礎が理解できれば、独学でも学習は可能です。

オススメの教材はUdemyのPHP+MySQL(MariaDB) Webサーバーサイドプログラミング入門が一番分かりやすいです。

 

WordPress独自の理解を深めたい場合は初心者向けは文系でも解る! WordPressの基礎の理解と、独自デザインをWordpress化にするをどうぞ。

WordPressカスタマイズ講座【テーマ作成編】も古い内容になりますが初心者の方にとっては分かりやすい教材ですので、合わせてお試しください。

※これらのPHP、およびWordpress教材は最低限のフロントエンドのスキルがないと理解は厳しくなります。

 

書籍の場合は下記をどうぞ。上記のPHP+MySQL(MariaDB) Webサーバーサイドプログラミング入門の講師である谷口さんの書籍です。

初心者向けは下記のWordpress本が分かりやすいです。

実践的なスキルを身につけたい方は下記をどうぞ。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースでコーディングの副業案件を受注しよう

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースでコーディングの副業案件を受注しよう

本記事では「プログラミング初心者でも、副業で稼ぐためのプログラミングスキル」を身に付けるために、TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで学べる内容について具体例を交えて解説しました。

  • 副業レベルで安定して月10万以上は稼ぎたい人
  • プログラミングのスキルを身につけて稼ぎたい人
  • スキルが付いたら転職も考えたい人

そんな方は、ぜひTechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースでスキルを学習してもらえればと思います。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースで学べるスキルをまとめると以下の通りです。

  • HTML/CSS
  • javascript/jQuery
  • Bootstrap
  • サーバーでデータアップロード

これだけでも、副業の案件を受注して稼げるようになります。

余裕があればVue.js、Web API、Firebaseなどを学習してみるのもありです。

 

ただ、これだけだと「副業で稼ぐには物足りない」ということでしたね。

プラスアルファで必要なスキルは以下の手順で解説しました。

  1. Webデザインデータから画像の書き出しをする
  2. コーディングエディタを使いこなす
  3. 既存Webサイトのコーディングを模写して練習
  4. コーディングは必ずレスポンシブで対応する
  5. ポートフォリオを持って営業をする

この流れでスキルを身につけていくと、副業案件を受注することが十分に可能です。

 

営業方法に関してはプログラミングで稼げない人はスキルよりも営業方法を学習すべき理由で詳しく解説していますので、どうぞ。

 

ということで、フロントエンドコースの受講を希望の方は下記よりどうぞ。

» TechAcademyのフロントエンドコース(公式サイト)

 

TechAcademy(テックアカデミー)の受講が不安な方へ

本記事ではプログラミング歴20年、IT企業を15年経営するTechAcademy受講経験者の視点で

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコースを受講して副業で稼ぐ方法(月15万円以上を目指す)

について解説しました。

 

それでは最後に「人生を変える上で大切な本気の行動」という視点をお話して終わりたいと思います。

 

悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます

現段階では「本当にTechAcademy(テックアカデミー)を受講しようかな・・・」「自分には他のスクールの方が良いのでは」など、色々と検討して悩んでいると思います。

もちろん、冷静に比較して「見極めること」は重要ですが、それ以上に注意があります。

それは「悩んでいる時間こそが、めちゃくちゃもったいない」ということです。

 

先日に即行動で結果を出し続ける与沢翼さんが、すごく良いツイートをされました。

この言葉は「人生を変えるための本質」です。

 

  • 自分はTechAcademy(テックアカデミー)を受講して副業で稼げるのだろうか?
  • TechAcademy(テックアカデミー)の受講費を支払う価値があるのだろうか・・・
  • TechAcademy(テックアカデミー)で稼げるエンジニアになれるのだろうか?

色々とTechAcademy(テックアカデミー)を受講する前に不安があると思います。

 

悩む気持ちも痛いほど理解できますが、事実として「悩んでいる間にスキルは身に付きます」ので時間がもったいないと思っています。

 

それこそTechAcademy(テックアカデミー)は無料体験や無料キャリアカウンセリングをオンラインで受けることができます。

悩むくらいなら、まずは無料体験か無料キャリアカウンセリングを受けて、実際に「自分から不安点を講師に質問」したり、自分のスキルレベルでも問題なく受講できそうかを確かめれば良いだけです。

無料体験をやってみて「自分には合いそうにないな」と思えば、そこで辞めたら良いだけです。

無料なのでリスクはありません。

 

そもそも、あなたが悩んでいる数週間で、他の人がプログラミングスキルを着々と身に付けてエンジニアになっているわけです。

 

行動する前から悩むのではなく、実際に行動して「自分で確かめたあと」に存分に悩んでみてくださいね。

 

※無料カウンセリングはお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

無料体験についてはテックアカデミーの無料体験を徹底レビュー【割引とアマギフ特典付き】をどうぞ。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の入学金はどんどん値上がりしています

TechAcademy(テックアカデミー)に限った話ではなく、プログラミングスクール全体として、受講費が年々、値上がりしています。

理由は「プログラミングブーム」から相対的に需要が増えているので、スクール側が値上げをしているからです。

 

実際にTechAcademy(テックアカデミー)も1年前と比べて値上げしています。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコース

  • 4週間:129,000円 ⇒ 139,000円
  • 8週間:179,000円 ⇒ 189,000円
  • 12週間:229,000円 ⇒ 239,000円
  • 16週間:279,000円 ⇒ 289,000円

じわじわと価格が上がっているので、やはり「今すぐ」行動することが、金銭的にもベストと断言できます。

 

そもそもプログラミングができる人材は、今後も市場価値が高まり、圧倒的に稼げるようになります。
だからこそ1日でも早く決断して行動できる人が結果を出すことができるということです。

 

それでは本記事はこれで以上にしたいと思います。

是非「あなたの将来を良くするための行動」を今からしていきましょう。

 

※徐々に値上げしているので申し込みはお早めにどうぞ

 

合わせて読みたいTechAcademy(テックアカデミー)の関連記事

以下にTechAcademy(テックアカデミー)に関する、読むべき記事のリンクを貼っておきますので、それぞれの目的に合わせてご覧ください。

 

副業で稼ぎたい人、初心者向けのTechAcademy(テックアカデミー)の関連記事

 

テックアカデミーのフロントエンドコースで月10万を副業で稼ぐ方法

テックアカデミーのフロントエンドコースで月10万を副業で稼ぐ方法テックアカデミーのフロントエンドコース最新情報をまとめた記事を2020年度版としてテックアカデミーのフロントエンドコースを受講して副業で...

 

テックアカデミーで初心者にオススメの2コースをIT経営者が断言!

テックアカデミーで初心者にオススメの2コースをIT経営者が断言!こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2005年...

 

【完全版】テックアカデミーを受講してフリーランスで稼ぐ手順を解説

【完全版】テックアカデミーを受講してフリーランスで稼ぐ手順を解説 この疑問を本記事で解決します。 こんにちはヒロキです。 2005年にITビジネスで起業してから、...

 

【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由

【初心者向け】テックアカデミーのWordpressコースが一番稼ぎやすい理由 この悩みを本記事で解決します。 こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 ...

 

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースを徹底解説【初心者向け】

テックアカデミーのはじめてのプログラミングコースを徹底解説【初心者向け】 この疑問にお応えします。 こんにちはヒロキです。 本記事ではTechAcademy(テックアカデ...

 

プログラミング初心者の大学生にテックアカデミーをオススメする理由

プログラミング初心者の大学生にテックアカデミーをオススメする理由 この疑問についてお答えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 先日にこれから...

 

テックアカデミーを受講する初心者にオススメの期間と料金を徹底比較

テックアカデミーを受講する初心者にオススメの期間と料金を徹底比較 この疑問についてお答えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 先月に...

 

» TechAcademyのフロントエンドコース(公式サイト)

 

 

人気記事テックアカデミーを受講した感想を本音で暴露【公式よりリアルな口コミ】

人気記事【完全版】テックアカデミーを受講してフリーランスで稼ぐ手順を解説

関連記事