副業で稼ぐ

【サラリーマン必見】2020年に流行る副業ランキングベスト5を解説

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。

 

2018年から本格的に副業を始めるサラリーマンが増えました。

今でも多くのサラリーマンの方が副業について興味を持たれているのではないでしょうか?

まず結論をいうと「サラリーマンこそ副業で収入源を絶対に増やすべき」ということです。

 

この辺りの理由は給料が減っても大丈夫!サラリーマンがネット副業で月50万稼ぐ方法でも詳しく解説しています。

 

そこで本記事では2020年にサラリーマンが取り組める副業の中で「流行る副業」について、ランキング形式で5つ紹介したいと思います。

また記事の後半では、紹介するサラリーマンにオススメの副業に取り組む上での注意点を紹介しますので「副業で収入を増やしたいサラリーマン(社会人)」の方はぜひ最後までじっくり読んでいただければと思います。

 

2020年にサラリーマンに流行る副業ランキングベスト5

副業に取り組むサラリーマンが常識的にもなった2020年に流行る副業についてランキング形式で分かりやすく解説していきます。

 

サラリーマンの副業1位:アフィリエイト

やはり「初期投資が不要」かつ「すぐに始めることができる」という点でアフィリエイトは一番人気の副業です。

ちなみにアフィリエイトは成果報酬型ビジネスで、企業の商品やサービスをブログやYoutube、SNSを通じて紹介することで報酬が得られるビジネスモデルです。

 

多分、ほとんどの方が「アフィリエイトって今更ですか?」という感覚をお持ちだと思いますが、実は日本のアフィリエイト市場は2020年においても急拡大しています。

それこそYoutubeで情報発信をするユーチューバーの収益源は広告とアフィリエイトです。

 

今後も日本国内のインターネット広告市場が加速する中で、サラリーマンにとって「リスクがなく始めることができる」アフィリエイトが堂々の1位です。

 

またアフィリエイトの始め方や注意点に関しては【ネットビジネス初心者向け】アフィリエイトの仕組みを丁寧に解説をどうぞ。

 

ちなみに、このブログからも毎月のアフィリエイト収益が発生していますが、ざっくりで40万円ほどです。
※複数あるアフィリエイトASPのうちの1つです。つまりこの収益以外にも収入は入ってきています。

このASPでの先月の確定報酬は44万円でしたのでご参考ください。

» 参考:給料が減っても大丈夫!サラリーマンがネット副業で月50万稼ぐ方法

 

サラリーマンの副業2位:クラウドソーシング

副業に取り組む上で「会社の仕事以外で、どこから仕事を取ってくるの?」という疑問があると思います。

その答えが「クラウドソーシング」です。

クラウドソーシングとはランサーズクラウドワークスなどが有名で、サービス上では企業や個人が下記のような仕事を発注していますので、それを個人で受注して稼ぐという形です。

 

クラウドソーシングで稼げる仕事

  • ブログの記事代行
  • Webサイトの構築
  • LPページの構築
  • アプリ開発
  • Webやチラシのデザイン
  • ロゴ、バナー等のデザインなど

つまり上記のスキルがあれば、サラリーマンが休日に「クラウドソーシングで案件を受注して、空いた時間で稼ぐ」ということが可能になります。

2019年の12月にクラウドワークスが上場するなど、2020年もクラウドソーシング市場は利用者が拡大する見込みです。

 

特に「自分にはスキルがない」という方はご安心ください。

【在宅副業もOK】サラリーマンが副業込みで月100万稼ぐ方法を教えます!で詳しくクラウドソーシングで稼ぐ方法を解説していますので、合わせてご覧ください。

 

サラリーマンの副業3位:サイトを売却

実は「かなりの再現性を持って稼げる方法」がサイトM&Aです。

簡単に言えば、あなたが運営するサイトを企業に「サイトごと売る」ということです。

サービスだけではなく企業そのものを売却するM&Aは有名ですが、Webサイト(Webサービス)を売却することもできます。

 

もちろん個人が企業に対して売却を持ちかけて売るには、相当な専門スキルが必要になりますが、その分だけ売れれば大きな利益が手に入ります。

 

売れやすいサイトに関しては、例えば「料理が好きなので、男が一人暮らしでも簡単にできる料理レシピを紹介するブログ」を運営していたとします。

毎月のアクセスは10万PVで、広告収益などで毎月20万円ほどが入ってきます。

この場合はサイトの月収益の3年分くらいが売却相場になるので「20万×36ヶ月=720万」になります。

 

実際はサイトだけではなく、ブログ、Youtubeチャンネルなども売却することができるので、人気サイト(チャンネル)を作った先に1つの選択肢としてはありです。

 

もちろん個人では売却相手を探すなど難しいのでTRANBIバトンズを利用しましょう。

実際に、どういった案件が売却されているのかを見るだけでも参考になるので、無料会員登録をして確認してみてみましょう。

 

サラリーマンの副業4位:転売(せどり)

サラリーマンに人気の副業が「転売」です。

例えば、メルカリやヤフオクで家の不要なものを売って小銭を稼いでいる人も少なくないはずです。

2020年は、手軽にできる副業としての「転売やせどり」の利用者が増加していきます。

 

コツとしては現時点で販売されている商品や、売れている商品のリサーチと、仕入れですね。

ただ、私個人は転売などはオススメしておりません。

その理由は【初心者向けビジネス】無在庫転売を副業にするメリットとデメリットを解説をどうぞ。

 

サラリーマンの副業5位:治験

治験は「何のスキルがなくてもできる」ということで、なぜか2020年も人気です。

治験は一般に販売される前に、人体を使って薬の効果や副作用を試すことです。

もちろん、想定通りですが「体へのリスク」は常にあります。

 

治験では薬の投与後に病院から出られない(家に帰れない)という条件もあるので、長く休みが取れない場合は難しいと言えます。

特に大学生などに人気がありますが、サラリーマンでも参加されている方もいますので「簡単に稼げるバイト」感覚だと思います。

 

サラリーマンに一番オススメの副業はクラウドソーシングです

上記ではサラリーマンに人気の副業を解説してきましたが、ここからは私自身が確信している「2020年から副業をするなら、これに取り組むべし」というオススメ副業を厳選して紹介します。

 

副業において大切な考え方は

  • 自分の時間を切り売りして稼がないこと
  • 簡単に稼げる仕事はすぐに稼げなくなること
  • 取り組む期間に比例してスキルが身に付くこと
  • そのスキルを使い10年後も稼ぎ続けれること
  • スキルが身につけば、今の会社も辞めれるくらい稼げること

です。

 

副業の本質は「将来に大きな収入を作るためのスキル作り」です。

大学生でもできる治験に参加したところで、健康を損いながらも小銭が入るだけです。

では、あなたが小銭欲しさに手を出した治験をしたことで、10年後に役立ちますか?会社の飲み会のネタになるくらいですよ。

それで稼げるわけがありません。

 

それでは、上記の大切な考え方をすべて意識しながら副業を紹介します。

 

マーケティングスキルが伸びるアフィリエイト

1つ目はアフィリエイトです。

メリットは「リスクなく、お金をかけずに始めることができる」という点ですが、それ以上に「アフィリエイトを通じてマーケティングのスキルが伸びる」ということが重要です。

マーケティングのスキルがあれば【現実的】Webマーケティング会社に就職すれば年収1000万は可能【おすすめの転職サイト紹介】の通り、余裕で1000万プレイヤーの仲間入りですよ。

それくらい市場価値の高いスキルを、アフィリエイトという副業を通じて身に付けることができます。

 

最近だと「もうブログでアフィリは稼げないよ」と言ってる人が多数います。

それが事実であれば、私の実績が説明できなくなります。

 

真実をお伝えすると「簡単に始めれるけど、稼げるまで続ける人がいないので、続けた人に利益が集中している」ということです。

アフィリエイトは簡単に誰でもスタートすることができます。

今から、あなたも簡単に取り組み始めることができます。

 

ただ、簡単に始めることができる=簡単に稼げるではありません。

この理想と現実のギャップから、99%の人が1ヶ月くらい続けて「稼げない」ので、辞めてしまいます。

 

ちなみに私はこのブログを2018年の夏から1日も欠かすことなく「毎日更新して運営」しています。

稼げるようになって当然だと思いませんか?

 

月20万程度であれば、知識がない方でも努力をすれば十分に達成できる収入です。

もちろんブログやサイトを運営するのではなく、Youtubeを使ってアフィリエイトをしても良いと思います。それは手段の違いなので、どちらでもお好きな方を選んでください。

 

ということで、アフィリエイトを始めたい!興味がある!という方は副業初心者にアフィリエイトをおすすめする3つの理由【始め方も解説】をどうぞ。

 

クラウドソーシングの中でもプログラミング

2つ目がクラウドソーシングで稼ぐ副業です。

もちろんスマホ1台あれば、ライティングなどで稼ぐことはできますが、一番オススメはプログラミングで稼ぐ方法です。

 

プログラミングは1案件で10万円ほど稼げるので効率よく副業で稼ぐことができます。

» 参考:プログラミングは儲かります【時給で10万円を稼ぐ人の思考を解説】

 

もちろん、現時点で「プログラミングなんかできるわけがない」というサラリーマンの方も多いと思いますので、まず持って「何でプログラミングのスキルを身に付けるべきなのか?」について理解を深めていただければと思います。

»【2020年版】ビジネススキル3種の神器でプログラミングは必須です

 

サラリーマンが副業に失敗しない方法と稼ぎ方

サラリーマンにとって大切なのは、もちろん副業よりも「本業の収入」です。

本業の収入があってこそ、安心して「将来への自己投資としての副業」に取り組めるわけです。

 

それでは、サラリーマンが副業で稼ぐためには何をするべきなのか?どうすれば稼ぐことができるのか?どうすれば継続して稼ぎ続けることができるのか?

 

副業で稼ぐコツについて以下の2点

  • 目標金額を設定する
  • 最初は収益よりスキルを身に付ける

を解説していきます。

 

目標金額を設定する

最初にやるべきことは「どれくらい稼ぎたいのか?」を本気で考えて目標設定することです。

ほとんどの人が「月100万稼ぎたい」という漠然とした目標を設定しますが、正直に考えて「今の生活で月に100万円の副収入は必須ですか?」ということです。

 

大半が「そりゃ、あれば良いけど・・・そのために犠牲になるものがあるなら10万くらいでも良い」という感じで目標金額を下げます。

 

あなたにとって「現実的に必要とする、目標とする収入額」はいくらですか?

なぜなら、目標が月5万の人と、月50万の人と、何が何でも月100万の人なら、取り組むべき副業の選択肢が変わるからです。

 

「月5万稼ぎたい!」という人が、サイトM&Aを狙って副業を始めても、時間とコストがかかりすぎて、2ヶ月で挫折します。

もちろん2年ほど毎日頑張ってサイトを成長させることができれば、そこで大きく稼ぐことができますが、ほぼ99%の人はそこまで我慢して副業を継続することができません。

 

逆に月100万稼ぎたい人が、ブログやアフィリエイトに取り組んでも、Webビジネスが素人なら100%無理です。

それならプログラミングのスキルを身に付けて、案件を受注する方が「月100万を稼ぐ」という再現性は格段に高くなります。

 

まずは「自分は月に、どれくらいの副業収益を得たいのか?」について冷静に考えて、目標金額を設定しましょう。

 

最初は収益よりスキルを身に付ける

過去に副業に取り組んだことがあるけど、稼げずに辞めてしまった人の共通点は

稼げるまで継続できなかった

という1点のみです。

 

もちろん稼ぐための知識やスキルを身に付けることも「継続すること」の中に入ります。

それが、ほとんどの人ができません。

 

何かの副業セミナーとかに参加して、モチベーションが上がり「よっしゃー!副業に取り組むぞ」と勢い良くスタートできても、1ヶ月くらいしたら

あれ?全然稼げないんだけど・・・あのセミナーって詐欺じゃないの?

という感じになります。

 

前述しましたが「簡単に始めることができる=簡単に稼げる」ではありません。

 

だからこそ、副業で稼ぐために大切なポイントは「すぐに稼ごうとするのではなく、まずは稼ぐためのスキルを身に付ける」努力を続けることです。

何も知識もスキルもない人間が、ちょっと情報を見ながら始めたところで稼げる副業とか存在しませんので。

 

唯一、思考停止で作業量だけで稼げる方法としては【初心者でも可能】秒速で1円も使わずに10万円を稼ぐ方法(完全合法です)だけです。

 

継続的に稼ぐ続けたい!安定した副業収入が欲しい!と本気で考えている場合は、まずスキルや知識を勉強して身に付けることから始めましょう。

 

ちなみに私の場合は、このブログを2018年8月に始めましたが、2018年1月から「ブログで稼ぐ」ための情報収集、スキル、知識の習得をしていました。

まず最初の半年は「成果を出すための自己投資」として、ひたすらスキルアップをがんばりました。

だからこそ、ブログを継続しながら、今現在も安定的な収益を得ることができているわけです。

いきなり「最初の月から10万を稼ぎたい」という欲望にかられて副業に取り組んでいれば、確実に挫折して辞めていました。

 

この観点はすごく重く重要な視点ですので、しっかりと理解していただければと思います。

 

サラリーマンが副業で稼げるようになった場合の注意点

サラリーマンが副業に取り組む際に、2点だけ注意すべきことがあります。

それは「確定申告」と「会社にバレないようにする」ことです。

 

確定申告については、副業収入が年間で20万を超えると必要になります。

特に「会社の給料から自動的に税金を天引きされているサラリーマン」は税金への認識が甘いので、副業収入は「税務署にはバレない」と本気で思っていたりします。

まずもって、個人への収入は全てバレています。

 

個人の通帳への入金などは、銀行を通じて税務署はマイナンバーと合わせて把握しています。なので、個人の副業収入の確定申告をしない場合は、勤める会社に通知が行ってしまいます。

もし副業禁止の会社に勤めていながら「バレなければOK」と副業に取り組んでしまっていたら大惨事です。

 

サラリーマンが会社に副業をバレないようにする方法

まずは会社が副業を禁止しているかどうか?の確認は必要です。

最近では「会社が副業を解禁する」動きが盛んですが、それでもいまだに副業禁止にしている古い価値観の会社はありますので、注意です。

 

ただ、副業禁止されている会社でも、会社にバレずに副業で稼ぐ方法があります。

サラリーマンの副業が会社にバレない簡単な方法【普通徴収にするだけ】でも解説していますが、住民税の通知と内部告発の2点だけを対策すれば問題ありません。

手順については上記の記事で詳しく解説していますので是非、合わせて読んでみてください。

サラリーマンの副業が会社にバレない簡単な方法【普通徴収にするだけ】 この疑問にお応えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 2005年にITビジ...

 

ということで、本記事は以上です。

 

サラリーマンにとって副業は「できればやりたい」ことから「やらなければ将来が不安になる」という必須になり始めています。

だからこそ、2020年から副業を始めたいというサラリーマンは増加しているわけです。

 

ただ、記事内でも紹介しましたが「90%の人はやりたいけど、行動しない」ままです。

行動しない人は、残念ながら「求めた結果」は永遠に手に入りません。

人生は因果で成り立っているので、行動することで結果が出ます。

 

ただ、行動も「正しい行動」が必要で、さらに言えば「正しい行動を継続する」ことでしか、結果を出すことはできません。

 

それでは、あなたは今から何をすべきなのか?というと、今すぐ稼ごうとするのではなく「副業で稼ぐために必要なスキルを身に付ける」ことです。

 

この辺りは下記に参考記事のリンクを貼っておきますので、引き続き学習を継続してもらえればと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

副業したいサラリーマンへ!稼ぐスキルとキャリアを伸ばす9ステップ

副業したいサラリーマンへ!稼ぐスキルとキャリアを伸ばす9ステップ この不安を本記事で解決します。 こんにちは、副業の王様を運営するヒロキ(@hiroking10te...

 

人気記事【初心者向け】サラリーマンが在宅でできるオススメ副業を完全まとめ

人気記事【土日で稼ぐ】副業サラリーマンの70%が失敗!バイトもNGの理由

合わせて読みたい記事