プログラミング

プログラミングスクールを受講しても意味がない人の特徴と失敗しない方法

プログラミング初心者
プログラミング初心者
プログラミングスクールを受講しようか、かなり迷い中です。
受講費も10万円以上するので気軽に通えません。
そもそもプログラミングスクールって通う意味ありますか?
独学でも良いのでは?

この疑問を本記事で解決します。

 

本記事の内容まとめ
  • プログラミングスクールを受講するだけなら意味ない
  • プログラミングスクールは受け身の思考で受講しても意味がない
  • プログラミングスクールの受講費は1ヶ月で回収できる
  • 初心者がプログラミングスクール選びで失敗しない方法

 

こんにちはヒロキです。

2005年にITビジネスで起業してから、主にプログラミングを軸に稼いできました。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

最近はこのブログで「個人で稼ぐスキル」としてプログラミングを身に付けるメリットについて情報発信をしています。

一貫して、プログラミングスキルを効率的に身に付ける手順として

  • Progateなどの無料サービスで基礎知識を学習
  • テックアカデミーなどのスクールで学習効率をブースト
  • 自分のプロダクトをリリースして実績作り

と解説していますが、こうした正しい方法を実践して大きく伸びる人がいる一方で、挫折をしたり、手順や方法に文句を言ったり成長できない人がいます。

 

そこで本記事では「プログラミングスクールに通う意味はあるのか?」という視点からチャンスを掴める人の共通点について解説したいと思います。

 

  • プログラミングスクールはどういう位置付けなのか?
  • プログラミングスクールを批判する人の考え方
  • プログラミングスクールの受講費を1年で回収する方法
  • 失敗しないプログラミングスクールの選び方

といった内容で詳しく解説していきますので、チャンスを掴み人生を変えたい、稼げるスキルを身に付けたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

プログラミングスクールを受講するだけなら意味ないです【断言】

プログラミングスクールに限らず、自己投資をする際の大切な考え方があります。

それが

プログラミングスクールは挫折を防ぐ手段でしかない

ということです。

 

そもそも、プログラミングを独学しようとすると90%の初心者が挫折します。
この挫折を防ぐ効果的な手段の1つが「スクールを受講する」ことです。

 

スクールに自己投資をする本来の目的

プログラミング初心者の90%が挫折する大きな理由は以下の3つの壁の存在です。

  1. プログラミングの環境を構築する壁
  2. プログラミングのコードを理解する壁
  3. プログラミングのエラーを自力で解決できない壁

90%の人が、このどれかの壁を乗り越えられずに挫折しています。

この辺りはプログラミング初心者が挫折に繋がる3つの壁を簡単に乗り越える方法として別記事で解説しているくらい大切な視点です。

 

そしてプログラミングスクールに受講費を支払う意味とは、まさに「この壁を最短最速で乗り越えながら、自走できる力を付ける」ことです。

そのために自己投資をするということです。

 

しかし、大半の人は自己投資をする際に、間違った思考で取り組んでしまいます。

 

チャンスを掴めない人、稼げない人の間違った思考

その間違った思考が以下の通り。

  • スクールを受講すれば全部手取り足取り教えてくれる
  • スクールを受講すれば稼げるようにしてくれる
  • スクールを受講すれば就職まで導いてくれる

といった他人に頼った状態の思考です。

 

こういう思考の人は、プログラミングスクールに限らず、稼げる商売の話などにも同じ思考で飛びついてしまいます。

 

「これだけの受講費を支払ったのだから、講義が終わった時にはプログラミングスキルが身について稼げるようになっているに違いない!」

「スクールに受講費を支払ったのだから、講師は必死に自分にスキルを付けてくれるはず!これでスキルが身につかない場合は講師が悪いに違いない!

こんな期待を少なからず持っている場合は、自己投資として失敗していきます。

 

冷静に考えれば分かりますが、受講費を支払っただけでdスキルが身に付くなんてことはありません。

東大合格者を毎年出している学習塾に通ったからといって、東大に合格することは別問題ですよね。
でも、ビジネスの自己投資になると「東大合格者を出している先生が教えてくれるから、自分も東大に入学できる」と意味不明な期待を持って取り組み始める人が多くいます。

 

その結果、他人任せでスキルが身につかない現状に対して、失望してスクールを批判し始めます。

情報商材でもよくありますよね。

「●●の商材に50万円も出したのに稼げない」
「●●のグループに参加しているのに稼げない」
「あいつらは詐欺だ!」

こんな批判がビジネスの世界には蔓延していますが、その原因は「参加すれば稼げるようになる」といった他人任せの思考です。

 

この辺りは重要な思考になるので誰でも簡単に稼げる方法を求める人生を卒業【搾取されたくない人向け】も必ず一緒に読んでいただければと思います。
それくらい自己投資において重要となる思考です。

 

プログラミングスクールのテックアカデミーに対しても「テックアカデミー 評判」と検索すると、様々な批判記事が出てきますが、詳細を見てみると大半が「受講費を支払ったのにスキルが身につかない」といった内容ばかりでした。

残念ですが、お金と引き換えにスキルは手に入りません。
スクールは、プログラミングスキルを学習するために努力できる環境と挫折を防ぐ仕組みを提供してくれます。

もう一度言いますが、初心者の90%は挫折しています。その挫折を防げるだけでも、スクールを受講する価値は大きいと実感しています。

» 参考:【受講者の本音】テックアカデミーのネット上の評判を全て分析まとめ

 

プログラミング初心者によくある失敗2つ

プログラミング初心者の90%が挫折してしまうのですが、その大半が「独学で自力で頑張ろうとしてしまう」人たちです。

独学は可能ですが、多分厳しいです。
この辺りは初心者はプログラミングスクールか?独学か?ベストの学習方法を紹介で詳しく解説しましたのでどうぞ。

 

さらに多い失敗は「完全初心者の状態でプログラミングスクールを受講してしまう」ことです。

プログラミングについての知識が0の状態でスクールを受講するのは、NGです。

例えば、最初の受講時に「あれ?思っていたよりも面白くない」って感じてしまったらどうしますか?受講費は無駄になります。

だからこそ、最初はProgateなどで基礎知識を無料で学習しておくべきです。
そこで一度学習しておいて「プログラミングって面白いぞ」と思えば、そこから学習効率を高めるためにスクールを受講すればOKです。

 

無料サイトの使い方については【初心者向け】プログラミング学習時のProgateの正しい使い方をどうぞ。

 

初心者の独学が危険な理由

プログラミングは独学でも学習できますが、小さな溝につまづくだけで挫折につながるので危険です。

  • 大学時代にC言語を勉強して挫折
  • その後、独学でWeb制作の勉強をする
  • 参考書を買って勉強するも思うように進まない
  • 過去に100回以上は挫折

過去の私は自分のスキルの未熟さに絶望していました。自分にはプログラミングの才能がないと落胆ばかりしていました。

多分、100冊以上の参考書を買ってきましたが、学習が苦痛でした。
その理由は「独学なので、学習方法が合っているのか分からない状態で勉強を続けている」からです。

 

今振り返っても、よく挫折に負けてプログラミングを諦めなかったのが不思議なくらいです。

 

プログラミングスクールは受け身の思考で受講しても意味がない

プログラミングスクールは受け身の姿勢と思考で受講しても、スキルや知識は身につきません。

大切な視点は「自分で考えて、手を動かしまくる」ことです。

 

自分で考えて、手を動かしまくるとは?

「自分で考えて、手を動かす」とは、つまり「スクールのカリキュラムや講師を利用して、スキルを積極的に身に付ける」ということです。

 

例えば、勉強を進める中で「プログラミングエラー」が出てしまったとします。

受け身で受講するだけの人は

カリキュラムを進める → エラーが出る → 思考停止

ですが、自主的に考えて動ける人は

カリキュラムを進める → エラーが出る → 自分で考えて、ググって調べてみるそれでも分からない部分は講師に質問する

といった行動に繋げることができます。

どちらが実戦的なスキルが身につくかは明白ですね。

将来的に「自走できるエンジニア」になるために必要な「自分で考える+ググって解決策を探す」という行動力と、その過程をまとめて講師に質問する問題解決スキルが身につきます。

ここも重要な視点なので別記事として【初心者向け】プログラミングでつまづいた時の質問方法とテンプレ付きをどうぞ。

 

講師に積極的に質問をすることも重要です(講師を利用して成長する)

受け身で受講していると、用意されたカリキュラムをこなすだけになりますが、積極的に講師を利用するくらいの姿勢も大切です。

※もちろん不要な質問を受け付けないスクールもありますので、基本的には質疑応答が無制限のスクールを選びましょう!

 

エラーが出た時の質問以外にも

  • これから●●の業界で働いて1000万稼ごうと思った場合、どのプログラミング言語が良いですか?
  • こういうスキルは需要ってありますか?稼げますか?

みたいな、スキルを身につけた後の将来に関する質問を積極的にしてみるべきです。

 

とにかく、受け身ではなく自主的にスクールという仕組みを利用して成長する意識を持って取り組みましょう!

 

プログラミングスクールの受講費くらい1ヶ月で回収できます

受け身の姿勢でなく、自分から積極的に「スキルや知識を身に付ける」意識で取り組めば、プログラミングというスキルを使って個人で稼げるようになるはずです。

だからこそ、スクールでの受講が終われば即稼ぐために動きましょう!

スクールの受講費に20万円かかった場合は、2ヶ月動けば元が取れます!
30万円なら3ヶ月で回収できます!

 

これはファンタジー0ではなく、かなり現実的に考えての見積もりです。

この辺りの行動方法についてはプログラミング初心者が基礎学習を終えた後にやるべき3つ【稼ぎの道標】をどうぞ。

 

せっかく一生懸命に勉強してスキルが身についたのに、稼ぐことに繋げなければ、単なるノウハウコレクターで終わりますよ!

行動してこその学習に価値です!

なんとなくプログラミングができます!
よりも
プログラミングを勉強して、月10万稼げます!

という人生を目指しましょう!

 

初心者がプログラミングスクール選びで失敗しない方法

最後に記事をまとめます!

  • プログラミングスクールは挫折を防ぐ手段です
  • 受講するだけでスキルがつく、稼げる!はありえません
  • 他人に頼る人は常に搾取されて終わります
  • プログラミングの独学は90%が挫折します
  • スクールを受講する前に必ず基礎学習をしましょう
  • 受け身で受講してもスキルは身につきません
  • 受講費は1年あれば余裕で回収できます

という感じですね。

 

最後に、初心者がプログラミングスクール選びで失敗しない方法を解説します。

それは「最初に無料体験を受講してみる」ことです。

 

もちろん「オススメは?」と聞かれると「テックアカデミーが良いよ」と言えますが、それはあくまで私の主観です。

読者さんにとっても「良いスクールなのか?」と言われると、合う合わないがあります。

なので、最初は無料体験を受講してみて「おっ!良さそうだな」と思えば気になるコースを受講すればOKです。

そもそも無料なのでリスクないですし、テックアカデミーの無料体験の場合は本番同様のカリキュラムが受講できたり、特典もあります。

» テックアカデミーの無料体験を徹底レビュー【割引とアマギフ特典付き】

 

ということで本記事は以上です。

 

その他のプログラミングスクールの無料体験も下記に貼っておきますので、気になったらノーリスクなので全部体験しておきましょう!

 

人気記事【断言】初心者が最短で月20万を稼ぐ方法を解説【在宅でOKです】

人気記事プログラミングで月10万を稼ぐための学習時間【初心者向けに解説】

合わせて読みたい記事