自由な人生について

できない理由を探す人に価値はない【挑戦は失敗してもメリットがある】

できない理由を探す人
できない理由を探す人
誰かの挑戦を見ると、すぐにできない理由を考えて足を引っ張ろうとしてしまう。
自分が挑戦できないから、せめて他人の足を引っ張ることで安心したい。
はぁ、どうしようもない人間だけど、辞められない。

この言葉にお応えします。

本記事の内容まとめ
  • できない理由を探す人は完全無視でOK
  • できない理由を探す人に価値はなし
  • 挑戦は失敗しても大きなメリットがある

 

こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。

GW中の帰省中に親戚との会話が面白かったので、ツイートしました。

GWの帰省中「最近株投資の勉強してます」と言ったら親戚から「危ないから辞めるべき」と、できない理由を説明されました。
しかし彼らは株投資をした事がありません。

自分はもし失敗して収入や貯金がなくなっても翌日から即回復できます。

なぜなら人生は経験値こそ価値があると知ってるからです。

 

ということで、本記事では「できない理由」を言ってくる人は確実に無視して生きよう!という話と、挑戦すれば失敗するけど、その失敗や挫折にこそ価値があるというお話をしていきます。

何かに挑戦したいけど、周囲の人に止められた。
否定的な意見を言われた。
そんな人向けに「前向きにチャレンジする勇気」につながる記事なので、ぜひとも最後までご覧ください。

 

世の中はできない理由を探す人が多いので完全無視でOK

自分が何か新しい挑戦を始めようとすると、必ずと言って良いほど「親切心から、できない理由」を忠告してくる人がいます。それも大量に。

  • 未経験だけど起業する → 未経験で起業は危険だから辞めておけ
  • 学生だけどフリーランスになる → 学生で稼げるほど甘くないから辞めておけ
  • FXのトレードで稼ぐ → 運良く稼げても最終的にお金が消えるから辞めておけ
  • 株投資で稼ぐ → 今まで多くの人が株で失敗しているから辞めておけ

面白いですよね。
一生懸命に「挑戦しても失敗する」ことを事前に心配して止めてくれるんですが、この止めにくる人には1つの共通点がありました。

それは「彼らは挑戦したことがない」ということです。

 

先日に以下のツイートが話題になっていましたが、まさにこれですね。

詳しくは、かいち氏のブログでも記事にされているのでどうぞ。
» 成功したいなら、成功している人の意見を真に受けろ

そしてさらに面白いことに「挑戦を否定する」人たちがいる一方で「挑戦の背中を思いっきり押してくれる人」も存在します。それは成功者たちです。

 

未経験の起業を後押ししてくれた起業家の母の存在

起業の経験もない、社会人としての経験も乏しい自分が、24歳の時に「会社を起業する」と宣言した時、多くの友人知人に反対されました。
当時、付き合っていた彼女にさえ「あなたが起業しても成功できるか分からない。結婚を考えるなら安定する会社に就職して欲しい!」と言われました。

そんな中で、唯一「やったら良いと思うよ。あなたは努力家だし上手くいくはず!」と背中を押してくれたのは、40代から起業して会社を経営していた母でした。

 

起業を経験したことがない人たちは「危険だ」と言うのに対して、起業を経験している人は「早く挑戦すべきだ」と背中を押すのです。

※ちなみに会社2社を経営する立場になった現在、若い子が「起業したい」と相談に来たら、今すぐ始めよう!と確実に伝えます。辞めておけ!と止めるメリットは1つもありません。

結論は自分が挑戦したいと思ったら挑戦すべき

今までの体験談として、どんな挑戦をしても失敗のダメージなんてほぼありません。

起業する → 失敗する → 数千万の借金をする → 自己破産をする → 家族が崩壊する

みたいな話なんて、起業のやり方次第では絶対にありえないです。

 

FXでもロスカットの設定をして資金管理を正しく行えば最悪は入金した軍資金が0になるくらいで、株投資もレバレッジをかけずに現物株に投資すれば、最悪その会社が倒産して株が紙くずになっても0になるだけです。

マイナスの借金を背負うみたいなことは、正しく「リスクの取り方」を勉強すれば、確実に回避できます。

 

そもそも軍資金が0になったり、収入や貯金が0になっても「挑戦したことで得られる経験」が大きく役立つので、いつでも再起して稼げるようになります。

さらに挑戦を繰り返すことで、失敗にも慣れてくるし、挑戦から得られる経験値とスキルがどんどん積み上がるので「人生の安定度は確実に増して行く」ことになります。

この辺りの考え方については自分の人生が不安だからこそ挑戦すべき理由【収入0でも不安はなし】も合わせてどうぞ。

 

つまり人生において一番重要なことは「お金」ではなく「経験」ということです。
もちろん挑戦すれば失敗することが多々ありますが、その挑戦から得られる経験値が豊富であればあるほどに、人生はいくらでもリカバリーできるのです。

24歳で起業。32歳で2社目の創業。ベンチャーキャピタルより出資を受けてサービスをリリース。事業の失敗も多数経験。
14年間のWebマーケティングや経営の知識とスキルがあり、上場企業の案件も多数請け負う実績がある。
現在は人間心理を学習しながらも投資家として挑戦している。

こんな人材がいれば、いかがですか?

多くの会社にとっても「欲しい人材」になるはず。実際にクライアントの上場企業からもヘッドハンティングをいただいております。

挑戦して失敗すればするほどに、その人の市場価値は実は大きく高まるということの証明です。

逆に1つの会社だけで長く勤めている人は、その会社以外では通用しないことが多々あります。
挑戦した回数が少ない人は市場価値も高まりにくいので、それこそ人生は安定しているとは言えませんよね。

 

できない理由を探す人に価値はなし。挑戦は失敗しても大きなメリットがある

挑戦すれば、はじめてのことにチャレンジするので大半が確実に失敗します。

成果を出す人の特徴と共通点が判明【圧倒的な努力量と失敗は想定内】でも解説していますが、そもそも失敗することなんて最初から想定内です。

成果を出す人の特徴と共通点が判明【圧倒的な努力量と失敗は想定内】 この疑問にお応えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 2005年に起業して...

 

私自身も過去のたくさん挑戦しては、ほとんど失敗してきました。

上記の感じでも、まだまだ一部です。

しかし、これらの経験が積み上がったことで、人生は徐々に切り開けてきました。

 

成功者の大半が10戦9負です

知り合いの経営者やフリーランス、投資家を見渡すと、みなさんの戦歴は大きく負け越しています。

つまり「挫折や失敗の経験の連続」ということです。

 

吐き気がするほどの損失に悩んだ日もあるし、仲間からの裏切りもあります。抱えきれないほどの責任を背負わされた時もあるけど、それでも挑戦を続けて生きています。

世間的に見れば「それはやばいでしょ!」というレベルの失敗事例でも「そうなんだよ!マジで死ぬかと思った(笑)」と過去の失敗をネタにしているので、やはり「人生の経験値が豊富な人は強い」と思うわけです。

正直、自分も「FXで300万を一瞬で吹っ飛ばした時は人生終わった」と思いましたが、今では完全に話のネタにしているので、人は挫折してもまた挑戦すれば問題ないことを体感しました。
それこそVCから2000万ほどの資金調達をした時は、日々資金が溶ける中で成果を出せずに株主に責任追及されるプレッシャーは半端なかったのですが、今となっては「2000万くらい何ともなかったな」と思うわけです。

 

できない理由を探す人よりも、できる方法を探して行動する人になろう

ということで、何か新しく頑張りたい人、挑戦したい人、成果を出したい人は「明日からとは言わずに、今から」行動してみましょう。先送りの人生って面白くないですよね。
口だけで行動しない人に価値なんて、本当にありませんので。

» 口だけで行動しない人とは距離を取り生きる【ストレスを減らす方法】

 

もちろん、自分も24歳で起業した時は、怖かったですし失敗に怯えていました。
だからこそ、例えば家族を抱えたサラリーマンの人がいきなり会社を辞めて起業なんて、する必要はありません。
まずは副業から始めるとか、収入を伸ばすために転職をするとか、リスクを細かく取って動いてみてください。

何より、この記事を読むだけで人生は変わりません。
行動して、自分の人生を昨日よりも少しでも良いので前に前進させましょう。

 

サラリーマンの副業方法であれば、このブログでもたくさん紹介しているので、気が向いた方はぜひ合わせて読んでみてくださいね。

大切なことは「明日からやろう」「明日に読もう」ではなく「今から行動する」ことですよ。

 

副業で稼ぐ方法を徹底分析【サラリーマンが月3万円を簡単に稼げる】 

副業で稼ぐ方法を徹底分析【サラリーマンが月3万円を簡単に稼げる】 この質問にお応えします。 こんにちはヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書いて...

 

人気記事仕事の付き合いの飲み会を断る人が勝ち組になれる時代【無駄は省く】

人気記事お金を使えば使うほどに増えるは完全に嘘【増やし方を論理的に解説】

あわせて読みたい