プログラミング

Tech Boostでプログラミングを学ぶと月50万は稼げる理由

こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。

ヒロキ
ヒロキ
経営者として14年の間に培ったITスキル(プログラミング・Webマーケティング)を活用して、個人が稼げる情報を毎日発信しています。
クライアントは主に東京の上場企業でWebマーケティングやプログラミング開発を行いながら、個人の活動としては株式投資で資産運用をしています。
ちなみに現在はコロナの影響で爆損をくらっておりますので、全然上手くないです(汗

 

この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2005年よりIT企業の経営をしています。

ITビジネスで稼ぎ続けて、今年で15年目になりました。

 

昨年はプログラミングで3000万ほどを稼ぎました。

» 参考:14年間諦めずに努力して年収3000万達成【挫折の乗り越え方】

 

そこで本記事ではプログラミングスクールのTech Boost(テックブースト)を受講すれば稼げるエンジニアになれるのか?について徹底的にどこよりも詳しく解説していきます。

 

本記事を最後まで読めばTech Boost(テックブースト)を受講することで「どんなプログラミングスキルが身に付くのか?」その結果、「どれくらい稼げるようになるのか?」について理解することができます。

 

4分ほどで読み終わりますので、最後までご覧ください。

※本記事の情報は2020年6月時点のものとなります。最新情報についてはTech Boostの公式サイトをご確認ください。

 

今すぐtech boost(テックブースト)
の無料カウンセリングを申し込む

※無料カウンセリングはお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

この記事の目次
  1. Tech Boost(テックブースト)でどんなプログラミングスキルが身に付くのか解説
    1. Tech Boost(テックブースト)で身に付くスキル1:HTML/CSS
    2. Tech Boost(テックブースト)で身に付くスキル2:Ruby/Ruby on Rails
    3. Tech Boost(テックブースト)で身に付くスキル3:PHP/Laravel
    4. Tech Boost(テックブースト)を受講すれば市場価値の高いエンジニアになれます
    5. Tech Boost(テックブースト)を受講してプログラミングスキルが身につけば年収1000万は可能か?【可能です】
  2. Tech Boost(テックブースト)でプログラミングを学ぶときの注意
    1. 注意1:プログラミングスクールの受講申し込みだけではスキルは付きません
    2. 注意2:プログラミングを学ぶ前にインターネットやパソコンに興味を持つ
    3. 注意3:プログラミングにエラーは当たり前です!自分で調べることが必須です
  3. Tech Boost(テックブースト)の受講が不安な人へ
    1. 悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます
    2. Tech Boost(テックブースト)の入学金はどんどん値上がりしています
  4. tech boost(テックブースト)の関連記事
    1. 副業で稼ぎたい人向けのtech boost(テックブースト)の関連記事
    2. 転職(就職)したい人向けのtech boost(テックブースト)の関連記事
    3. tech boost(テックブースト)の理解が深まる関連記事

Tech Boost(テックブースト)でどんなプログラミングスキルが身に付くのか解説

まずはTech Boost(テックブースト)の特徴を解説します。

Youtubeにアップされたtech boost(テックブースト)の紹介動画をどうぞ。

 

Tech Boost(テックブースト)は「稼げるエンジニアとして必要なスキル」を身に付けることに特化しているBranding Engineer社が運営するプログラミングスクールです。

そもそもBranding Engineerは「エンジニア専門の転職エージェント」なので、当然ですが「スクールを受講後はエンジニア転職のサポート」も徹底してくれます。

 

また、カリキュラムも特徴的で「AI」や「ブロックチェーン」などの今の流行りの言語を学ぶこともできます。

もちろん「AI」や「ブロックチェーン」だけでなく、プログラミング人材として必須となる下記のスキルを学ぶこともできますので、1つ1つ見ていきましょう。

 

Tech Boost(テックブースト)で身に付くスキル1:HTML/CSS

Tech Boost(テックブースト)ではWebエンジニアの基礎である「Webサイト構築」に必要な「HTML/CSS」のコーディングスキルを身に付けることができます。

このWebコーディングのスキルがあれば、副業レベルでも稼ぐことができるようになります。

この辺りはプログラミングと副業は相性抜群の理由と収入を3倍増やす副業の手順でも詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

 

Tech Boost(テックブースト)で身に付くスキル2:Ruby/Ruby on Rails

Tech Boost(テックブースト)ではWebアプリケーションを開発できるプログラミング言語のRubyと、フレームワークであるRuby on Railsを学習することもできます。

Rubyで開発できるWebアプリとして、有名なサービスだとクックパッドや食べログですね。

ちなみにTwitterのような相互フォローのコミュニケーションサービスも開発することができます。

 

他にもAmazonのように「Aの商品を見た人には関連商品としてBやCやDの商品を表示させる」など、ユーザーの属性ごとに表示する内容を変えることもできます。

Rubyに関しての理解を深めたい場合は初心者がRubyを使って作れるWebアプリを解説【実例から学ぶ】をどうぞ。

 

Tech Boost(テックブースト)で身に付くスキル3:PHP/Laravel

Tech Boost(テックブースト)ではPHPと、そのフレームワークであるLaravelも学習することができます。

PHPはWordpressやFacebookでも使用される有名なプログラミング言語ですね。

上述したHTML/CSSと合わせてPHPを理解できれば、副業で月50万ほどを稼げるようになりますよ。

» 参考:【2020年版】PHPエンジニアの需要と年収を解説!未経験から転職する方法

 

Tech Boost(テックブースト)を受講すれば市場価値の高いエンジニアになれます

上記をまとめるとTech Boost(テックブースト)を受講すれば

  • WebコーディングのHTML/CSSが身に付く
  • RubyやPHPなどのWebアプリ開発のスキルも身に付く

という感じで、自分で考えたWebサービスを「ゼロから開発できるカリキュラム」が用意されています。

Webサイトをゼロから開発できるレベルまでにプログラミングスキルが身につけば、余裕で「稼げるエンジニア」なれます。

 

Tech Boost(テックブースト)を受講してプログラミングスキルが身につけば年収1000万は可能か?【可能です】

Tech Boost(テックブースト)を受講してHTML/CSS、RubyやPHPのプログラミングスキルを身につければ「年収1000万は可能」になります。

 

下記はフリーランスエンジニアの求人案件を探せるレバテックフリーランスに掲載されている求人情報です。

いかがですか?
Tech Boost(テックブースト)で受講するRubyエンジニアの平均月収は100万以上です。

年収1000万以上が大量にいるのが、実は「Web系エンジニア」の業界です。

 

年収1000万を達成する手順としては

Tech Boost(テックブースト)でプログラミングスキルを磨く

Tech Boost(テックブースト)を受講後にエンジニアで転職する

実務経験を2~3年積んでレベルアップ

スキルが伸びたらフリーランスになる

この手順で年収1000万を目指すことができます。

 

それこそ、Tech Boost(テックブースト)は、エンジニア専門の転職エージェントが運営しているプログラミングスクールなので「エンジニアへの転職」が一番簡単なオススメのスクールということです。

 

※無料カウンセリングはお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

Tech Boost(テックブースト)でプログラミングを学ぶときの注意

Tech Boost(テックブースト)に限らず、どのプログラミングスクールでも受講費は10万円ほどかかってきます。

決して安い自己投資ではないので「プログラミングスクール選びで失敗」はしたくないですよね。

 

そこで「稼げるエンジニア」を目指すあなたに、プログラミング歴20年、IT企業を経営して15年の「エンジニア経営者」の視点から「Tech Boost(テックブースト)でプログラミングを学ぶときの注意点」について、アドバイスさせてもらえればと思います。

 

注意点は以下の3です。

  • プログラミングスクールの受講申し込みだけではスキルは付きません
  • プログラミングを学ぶ前にインターネットやパソコンに興味を持つ
  • プログラミングにエラーは当たり前です!自分で調べることが必須です

それぞれを解説します。

 

注意1:プログラミングスクールの受講申し込みだけではスキルは付きません

プログラミングスクールの受講を検討する段階では、「スキルを身につけてエンジニアになって収入を伸ばそう」という期待が大きく膨らんでいると思います。

ただ、1つ注意が必要なのが「スキルを身に付ける時の考え方」です。

 

もし、以下のような考えを持ってプログラミングスクールを受講しようと思っているなら、今すぐ辞めた方が良いです!お金の無駄になります。

  • プログラミングスクールにお金を支払えば、自分は何もしなくてもスキルが付くだろう
  • 講師に言われた通りにやれば問題なくスキルは身に付くだろう
  • 言われた通りにカリキュラムをこなせばエンジニアとして転職できるだろう

すみません。こうした考え方を持っている限りは、確実に挫折に繋がります。

 

いわゆる「依存思考」ですね。

「自分はお金を支払ったのだから、スクールが責任を持ってスキルを身につけさせるべきだ」というような「お客が神様」みたいな思考だと、絶対にスキルは身につきません。

 

プログラミングスクールは「初心者がプログラミング学習を挫折しないように、効率よく学べるカリキュラムを順番立てて提供してくれる」環境を用意してくれています。

その環境を活用して、スキルを身に付けるかどうかは、あなたの努力次第になります。

お金を支払えば、スクールがあなたに魔法をかけてくれて、スキルアップした自分になれる

なんてあり得ませんので。

 

教えてもらうというスタンスではなく、スクールの環境を利用して「自分から勉強していく」という意識とスタンスでないと、プログラミングスキルは身に付きません。

この辺りは「稼げる情報」を売っている情報商材に飛びついてしまう心理と同じなので、依存思考を辞めたい場合は誰でも簡単に稼げる方法を求める人生を卒業【搾取されたくない人向け】も合わせて読んでみてください。

 

注意2:プログラミングを学ぶ前にインターネットやパソコンに興味を持つ

プログラミングができるようになって「エンジニアとして稼ぎたい」というなら、当然ですがインターネットやパソコン、スマホ、タブレットなどに興味を持つべきです。

パソコンは興味ないけど、稼げるって聞いたのでエンジニアになろうかな

という感じだと、ほぼ確実に挫折します。

 

当然ですが、プログラミングはパソコンやスマホの仕組みを理解していないとできません。

WindowsとMacのOSの違い、ソフトウェアの種類、パソコンのスペックなどの基礎知識やスキルがないと、そもそもプログラミングを始めることすらできません。

最近はスマホがメインの端末になるので、自分のパソコンを持っていない人も増えています。まずは、最低限でも「コンピューター関連」に興味を持っておきましょう。

 

注意3:プログラミングにエラーは当たり前です!自分で調べることが必須です

プログラミングにエラーはつきものです。

プロとして稼いでいるエンジニアでも日々、頻繁にエラーを出しています。

その時に「稼げるエンジニア」は何をしているのか?というと「自分でググって調べて解決できそうな情報を集めて、実際にプログラミングを改修して試す」ということを延々とやってるだけです。

エラーが出れば、調べて試す!

これが出来ないと、エンジニアとして就職することも、フリーランスで稼ぐこともできません。

 

実際にエンジニアとして就職した後も、業務の中で「エラーが出る度に助けてくれる人」はいません。

もちろん、プログラミングスクールでは「エラーで分からない部分」を講師に質問すればサポートしてくれますが、スクールの「質問できる環境」に甘えてばかりいると、自力が伸びていきません。

 

ええ??プログラミングスクールに高い受講料を支払っているのだから、自分で考えるよりも講師に質問して聞いた方が時間も短縮できるし効率的でしょ?

と思うかもしれませんが、プログラミングスクールで学習する段階から「自分で調べる」ことをクセ付ておくと、エンジニアとして就職した後の業務で楽になります。

 

そもそも、エラーが出るたびに質問をしてくる後輩エンジニアがいると、社内の業務ははかどりますか?

先輩エンジニアの立場になればわかりますが「それくらいは自分でググって調べろよ!」と思うはずです。

 

この辺りはすぐに質問する人は知識が付かず相手の時間を奪うので仕事も減りますでも詳しく解説していますので、まずは「自分で調べる」ことをクセ付けることを意識しておきましょう。

 

※無料カウンセリングはお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

Tech Boost(テックブースト)の受講が不安な人へ

本記事ではプログラミング歴20年、そしてIT企業を15年経営する経営者視点で

Tech Boost(テックブースト)を受講することで稼げるエンジニアになれるのか?

について解説しました。

 

まとめると、Tech Boost(テックブースト)を受講することで「HTML/CSS」「Ruby」「PHP」などの市場価値の高いWebエンジニアとしてのスキルが身に付くので、最終的に年収1000万も達成できるということでした。

 

年収1000万を目指す手順は以下の通りでしたね。

Tech Boost(テックブースト)でプログラミングスキルを磨く

Tech Boost(テックブースト)を受講後にエンジニアで転職する

実務経験を2~3年積んでレベルアップ

スキルが伸びたらフリーランスになる

 

最後に「新しい挑戦」についての成功者の考え方を紹介して終わりたいと思います。

 

悩む時間でプログラミングのスキルは身につきます

現段階では「本当にTech Boost(テックブースト)を受講しようかな・・・」「自分には他にも安いスクールの方が良いのでは」など、色々と検討して悩んでいると思います。

もちろん、冷静に比較して「見極めること」は重要ですが、それ以上に注意があります。

それは「悩んでいる時間がめちゃくちゃもったいない」ということです。

 

先日に即行動で結果を出し続ける与沢翼さんが、すごく良いツイートをされました。

この言葉は「人生を変えるための本質」です。

 

  • 自分はTech Boost(テックブースト)を受講しても転職できるのだろうか?
  • 受講費を支払う価値があるのだろうか・・・
  • Tech Boost(テックブースト)で稼げるエンジニアになれるのだろうか?

色々とTech Boost(テックブースト)を受講する前に不安があると思います。

 

悩む気持ちも痛いほど理解できますが、事実として「悩んでいる間にスキルは身に付きます」ので時間がもったいないと思っています。

 

それこそTech Boost(テックブースト)は無料説明会でカウンセリングを受けることができます。

悩むくらいなら、まずは無料説明会を受けて、実際に「自分で不安点を講師に質問」したり、自分のスキルレベルでも問題なく受講できそうかを確かめれば良いだけです。

無料説明会をやってみて「自分には合いそうにないな」と思えば、そこで辞めたら良いだけです。

無料なのでリスクはありません。

 

そもそも、あなたが悩んでいる数週間で、他の人がプログラミングスキルを着々と身に付けてエンジニアになっていますよ。

行動する前から悩むのではなく、実際に行動して「自分で確かめて」から存分に悩んでみてくださいね。

 

» Tech Boost(無料カウンセリング申し込み) 

 

Tech Boost(テックブースト)の入学金はどんどん値上がりしています

もう一点だけ補足です。

Tech Boost(テックブースト)の無料カウンセリングは1日でも早く申し込みしてくださいね。

 

理由は副業やプログラミングが流行っていることから、プログラミングスクールを受講する人が急増しており、どのプログラミングスクールも値上げをしているからですね。

Tech Boost(テックブースト)も実際に1年前よりかなり値上げしています。

  • オンラインの入学金:134,800円 ⇒ 184,800円
  • オフラインの入学金:219,800円 ⇒ 269,800円

今後もITエンジニアの市場価値は高まり続けますので、こうしたプログラミングスクールの需要も増えます。そうなると、更なる値上げも十分に考えられますよね。

なので、行動は1日でも早く「少しでも興味がある」なら無料でできる範囲でも動いていきましょう。

 

それでは本記事は以上です。

 

※無料カウンセリングはお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

最後にtech boost(テックブースト)に突撃取材をしたユーチューバーの動画を貼っておきますので、ご参考ください。

教室の雰囲気なども伝わりますね。

tech boost(テックブースト)の関連記事

tech boost(テックブースト)のその他の関連記事のリンクを貼っておきますので、tech boostに関する情報をしっかり集めて、理解を深めてもらえればと思います。

 

副業で稼ぎたい人向けのtech boost(テックブースト)の関連記事

 

Tech Boostを受講して未経験がフリーランスで稼ぐ手順を解説

Tech Boostを受講して未経験がフリーランスで稼ぐ手順を解説こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2...

 

転職(就職)したい人向けのtech boost(テックブースト)の関連記事

 

Tech Boostを受講すれば未経験でもエンジニア転職できる理由

Tech Boostを受講すれば未経験でもエンジニア転職できる理由こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2...

 

30代でもTech Boostを受講すればエンジニア就職できるのか?

30代でもTech Boostを受講すればエンジニア就職できるのか?こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

Tech Boostを受講して就職する方法【就職先の注意点も解説】

Tech Boostを受講して就職する方法【就職先の注意点も解説】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

Tech Boostのオンライン受講と教室はどちらがエンジニアになれるの?

Tech Boostのオンライン受講と教室はどちらがエンジニアになれるの?こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

tech boost(テックブースト)の理解が深まる関連記事

 

【比較】Tech Boostの受講料は他のスクールより高いのか?【割引入学できる】

【比較】Tech Boostの受講料は他のスクールより高いのか?【割引入学できる】こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始めて、2...

 

Tech Boostのカリキュラム講座を現役エンジニア社長が分析

Tech Boostのカリキュラム講座を現役エンジニア社長が分析こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

Tech Boost|テックブーストの現役エンジニアメンターの評判まとめ

Tech Boost|テックブーストの現役エンジニアメンターの評判まとめこんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

Tech Boost(テックブースト)の教室の雰囲気や場所を解説

Tech Boost(テックブースト)の教室の雰囲気や場所を解説こんにちは、ヒロキ(@hiroking10ten )です。 この記事を書く私は2000年よりプログラミング学習を始...

 

» Tech Boost(無料カウンセリング申し込みはこちら)

 

人気記事CodeCampGATEで未経験からエンジニア転職を成功させる手順

人気記事CodeCamp|コードキャンプで初心者にオススメのコースは2つ

合わせて読みたい記事